二次_ヨン周年企画

ここでは、「二次_ヨン周年企画」 に関する記事を紹介しています。
お知らせ

   
   慈雨 ~ほぼ信義~ アメブロにて二次小説の記事を更新中です。  
 
   〇信義関連のインデックス一覧
      二次小説
      ドラマあらすじ
      登場人物一覧(作成中) 
      高麗末期の年表 
      50問50答  限定公開(パスワードが必要です)
      小説の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
      台本の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
            
【初めてのご訪問の方へ】
   一部の記事は、限定公開となっています。(パスワード認証が必要)
   パスワードをご希望の方は、お手数ですがパスワード希望のコメントをお送り願います
   コメントを入れる記事はこちらです(申請方法の記事にジャンプします)
     ↓
   こちら  この記事の右下にある「コメント」をクリックして申請願います
 
  


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらは、シンイヨン周年期間限定ぐるっぽの企画「画像でSSを書こう」に
投稿したお話です。

加筆修正しております。

画像提供:チェヨン1さん

答えは出ていた。
だが、その答えを選びたくないばかりに幾度も考え直した。それが最善の策だと
頭ではわかっていても、その手段を選ばなければならぬ心が重く、もどかしかった。

俯いたまま朝霧が立ち込める中を歩いていると、萩の花に目が留まった。視線は
今が盛りの紅紫の花弁を通り過ぎ、生い茂った葉の間にかかる蜘蛛の巣に到達する。
蜘蛛の巣は、霧に濡れて規則正しい文様を浮かび上がらせている。
その巣には、一羽の黄色い蝶がかかっていた。蝶は羽ではなく、脚が糸にかかって
おり、逃れるためにしきりに羽を動かしてもがいていた。
先ほど己の目の端に留まったのは、その羽の動きだったようだ。そのまま立ち去ろうと
したヨンの傍を、白い蝶が通り過ぎる。蝶は、蜘蛛の巣にかかった黄色い蝶の周りを
飛んで離れようとしなかった。
しばらく二羽の蝶を眺める。そののちに、おもむろに黄色い蝶に手を伸ばす。すると、
白い蝶が目の前を何度も行き交ってその邪魔をした。
「待て」
傷つけぬよう、細心の注意を払って、蝶をそっと巣から外してやる。蝶はもがき疲れた
のか、手の平に載せてもすぐには飛ばず、ゆっくりと羽を広げたり畳んだりしていた。
そのうち、白い蝶がやってきて同じように手の平に留まる。
頬に温もりを感じて顔を上げると、朝陽が王宮の屋根の向こうから昇り始めていた。
霧は朝陽の中へと溶けるように消えて、空が晴れていく。
蜘蛛の巣に、ようやく主が戻ってくる。蜘蛛は、目当ての餌が見当たらず、辺りを成す
すべなく探し回っていた。
陽の温もりに力を取り戻したのか、やがて二羽の蝶はそろって手の平から飛び立つと、
晴れた空の彼方へと飛んでいく。

ヨンは、それを無言で見送る。
『あの方も・・・』
ヨンは拳をぐっと握る。
『あの方も長くかかれば、奴に喰われてしまう。今はこの術しかないのだ』
心は決まった。
『必ず、取り戻してみせる』

ヨンは見覚えのある門の前に立つと、訪いを告げる。
「ウダルチテジャン、チェ・ヨン。こちらの屋敷に預けているものを取り戻しに参った。主に
取り次ぎを願う」

****
幻想的な風景にヨンが一人たたずむこの画。その視線の先に舞う二羽の蝶。
このお話は、9話でキチョルの屋敷にいるウンスに、ヨンが会いに行く直前の心情を
描いたものです。(「嘘は得意ですか?」と聞くシーンですね)

 ※次はイタkissさんの天音子をアップ予定です。

こちらは、シンイヨン周年期間限定ぐるっぽの企画「画像でSSを書こう」に
投稿したお話です。

今回は大幅加筆修正しました。

画像提供:h-imajinさん 画像保管庫

チュソク(秋冬)の夜。

月明かりが煌々(こうこう)と王宮の屋根に降り注ぐ。
御前を下がってきたヨンは、兵舎前の砂場に部下たちがたむろしているのを目に留めた。

トルベを中心にして、皆が周りを囲むように地面に座り込んでいる。
『あいつら・・・』
さっさと休めばいいものを、何をしているのか。
腕を組んでしばらく眺める。少し離れているとはいえ、仁王立ちで立つ己の姿は見えて
いないようだ。そのうち、トルベの声が耳に届いてくる。
「チュソクの夜のことだ。ケギョンのある橋の欄干に、首の長い無地の壺が置いてある
のを、通りがかった若い男が見つけた。誰が置いたのか不思議に思って、その壺を手に
とって揺すってみたが、何の音もしない。中身は空っぽだったんだ」
「それで?」
「まあ、慌てるな。その男が、何気なく月明かりに照らしてみた。すると、なんと艶めかしい
天女の絵が、壺の表面に浮き上がってきたんだ。ひと目でその絵に魅入られた男は、辺り
に誰もいないのを確かめると、その壺を素早く懐に隠して家に持ち帰ると、生身の女を
撫でるように壺を何度も撫でた。するとだな、空っぽの壺の中から白い煙がスーッと立ち
上って、何と絵の女が抜け出てきたんだ。女は絵姿と同じ、赤い薄衣を一枚身に着けた
だけの肌も露わな格好だ。女は何にも言わず、笑ってその男を誘うんだ」
聴衆がどよめくと、トルベが満足げにそれを眺め回す。と、ようやくこちらに気づいたようだ。
「テ、テジャン!」
トルベの言葉に、皆慌てて立ち上がろうとするのを手で制する。
「続けろ」
テジャンは近づきもしなければ、立ち去りもしない。
「え?は、はい。えーっと、男は女に誘われるまま、その肢体にむしゃぶりついて我を
忘れて恍惚になります。それで、己がいつの間にか壺の中にズルズルと引きずり込まれて
いることにも気づかないんですよ。引きずりこまれた男はやがて壺の絵になるのですが、
絵になった男は見る前に薄くなって消えて、あとには満足げな天女の姿だけが残っている
という・・・妖魔の話でした。はい」
本当のところは、天女の恰好をした妖魔が色っぽく迫ってくる様を身振り手振りでもって
表現するのがトルベの真骨頂だったが、全て端折った。命が惜しかった。
「お前たち」
皆一斉に立ち上がる。
「はい」
「もう寝ろ」
「はい!」
ウダルチは我先にと宿舎の戸口に群がる。

月明かりの下、ヨンは一人立つ。
「まぐわいながら喰われるのか。それは何とも・・・倖せだな」
呟きが漏れる。
声に出した途端、己に呆れてフッと笑う。

ふと、誰かに見られている気がして顔を引き締める。
一瞬のちに頬を緩めた。
「ああ、そうか。お前が見ていたな」
柔らかい色合いの月を、ヨンはしばらく見上げていた。

****
私、最初ウンスが身につけている羽衣を、煙と勘違い(笑)
「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン♪」
こっち方向に妄想が爆走して、魔法のランプならぬ壺が出てきました。
ちょこちょこ触った結果、発表したお話とは違うテイストになったかも(汗)
それもご愛嬌ってことで・・・

次はチェヨン1さんのお話をアップ予定です。
こちらは、シンイヨン周年期間限定ぐるっぽの企画「画像でSSを書こう」に
投稿したお話です。
1000文字の制限がありましたので、少し内容を加筆修正しました。

画像提供:くまみやさん 画像保管庫

夢を見た。
貴女は泣いていた。泣きじゃくりながらオレの胸を叩いて怒っていた。
目を覚ましたあとも、その泣き顔がいつまでも頭にこびりついて離れなかった。

「ああ。そう言えば、そんなことあったわね」
あっさりと言われて呆然とした。
「・・・覚えがありません」
「そりゃそうよ。あなたは危篤状態だったもの。大変だったのよ。心臓マッサージに
人口呼吸に」
「・・・それは何ですか?」
聞き慣れない言葉に面食らう。
「心臓をこうやってグッグッって強く押して、外から動かすの。それから、鼻をつまんで
口に直接空気を送り込むのよ」
ウンスは、手を組み合わせて押す動作をやって見せたあと、唇をすぼめてフーッと
息を吐き出す。
「!」
思い出すと、今でも足が震える。
「あのときは必死だったし、怖かったわ」
呼ぶ声に、心が引き戻された。
泣きじゃくりながら己を呼んでいたウンスの声が耳にこだまする。
『あれは・・・あの声は、夢ではなかったのだ』
「もう傍を離れません」
「うん」
二人は見つめあう。

ヨンが咳払いを一つする。
「ところで。どのようにしたのですか?」
「何を?」
「処置を」
「は?」
だからさっきやって見せたじゃないの。
当惑したウンスだったが、ヨンの何食わぬ表情にやがて気づく。
『すました顔して何を言うのかと思えば・・・』
今度はウンスが唖然とする番だ。
ウンスはヨンの前に立つと、
「こうして・・・」
目を閉じながら顔を傾けると、ヨンも半ば目を閉じながら、頭を傾げて顔を寄せてくる。
ウンスの息遣いを感じられる距離まで近づいたとき、
「うっ!」
いきなり左胸を拳で叩かれる。
不意を突かれて目を見張るヨンに、ウンスが笑う。
「これが心臓マッサージ」
あんな怖い目に遭わせておいて、何が「再現して見せろ」よ。まったく、男って俗物だわ。
「で、これが人口呼吸よ」
胸を押さえて上体を屈めたままのヨンの袂を両手でつかんで引き寄せると、ウンスの
方から口づけた。
『ま、私も俗物だけど』
背中と腰に回された腕に身体を預け、ウンスは再現という名の行為に没頭した。

****
画像を拝見したとき、「あ~、ヨンがウンスとキスしたエピ、まだ書いてなかったなぁ」と
思って。もしも、テマンやウダルチたちがヨン本人にこのことを教えなければ、ヨンは
知らないままだったのかもしれないと思い、そこから話を思いつきました。

別の機会にテマンやウダルチからそのことを知らされたエピも書いてみたいです。

次はh-imajinさんの画像で書いたSS(壺の話)をアップする予定です。
最後までヨンで頂き、ありがとうございました♪

②から続く設定で・・・
///////////////
 あとに残されたウダルチの面々は、単純に喜んでいるものもいれば、嘆く者もいて
ちょっとした修羅場と化していた。
「オレたちのテジャンが・・・」
「さすがはオレたちのテジャン。天の医仙を娶るのも近いのではないか」
「お守りするために傍に居るだけだろう?違うのか?」
 副長のチュンソクも不在で止める者がいない。皆好き勝手に言いたい放題だった。
トクマンも何か言おうと遠巻きに様子を見ていたが、いつもなら誰よりも先んじて
この手の話に入ってくるトルベが何やら難しい顔をしていたのが目に入った。
「ヒョン、どうかしたんですか?」
 腕を組んで考え込んでいるトルベに声をかける。
「先ほどのテジャン、何かおかしくなかったか?」
「・・・何がですか?」
 問いかけに問いかけで返したトクマンにトルベが苛立つ。
「だからだな、うまく言えないのだが・・・なんかこう、いつもと違う・・・」
 トルベは己の違和感をうまく伝えられず、もどかしいのだが、聞いているほうの
トクマンもまた、トルベが何をおかしいと思っているのかわからずに困ってしまった。
 それで先ほど宿舎を出ていく二人のことを思い出してみる。
「あ!わかりました」
「何だ?」
「テジャンが、笑っていらっしゃいました」
「はぁ・・・それはわかっている」
 認めたくないが、テジャンはオレたちと共に居るよりも医仙様と一緒に居る方が
好きなのだ。そんなことは言われなくても承知している。オレだったらテジャンと女を
天秤にかけたら、当然テジャンを選ぶ・・・と思うのに。
「それに、何だかこう、いつにも増して愛嬌がありました」
「それもわかっている。テジャンが惚れた御方なんだから・・・」
「いえ」
 トルベがまだ何か言い募ろうとするのをトクマンが制する。
「テジャンの方です」
「は?」
 トクマンも自分で言ってみたものの、首を傾げる。
「どうしてそう思ったんでしょうね・・・」
「あ!」
 トルベはようやく気付いた。
「まずいぞ・・・しかし、誰がそれを言う?」
 オレは御免だ。でもあのまま行けば、さらにまずいことになる。
 その場を行ったり戻ったりとウロウロするトルベを、トクマンはしばらくきょとんと
眺めていた。

ウンスとヨンが典醫寺に向かっていると、回廊で二人のムガクシとすれ違った。会釈を
して道を開けたムガクシの一人がウォルだったので、ウンスが手を振って通り過ぎる。
ヨンも一瞥して通り過ぎた。
 姿勢を戻して再び回廊を歩き出したムガクシのウォルは、先ほどすれ違ったウダルチ
テジャンの姿が妙に頭に残って仕方なかった。
 近寄りがたい雰囲気のあの方が、いつもと違う親しみやすい雰囲気を醸し出していた。
気になってもう一度振り返ったウォルは、ようやく合点がいった。
『医仙様がなさったのだろうか?』
 首を傾げながら、ウォルはしばらくその場に佇んでいた。

 二人が並んで歩く姿を、物陰から呆れた顔で見ている者がいた。その人物は手に
持っていた小さな塊を、ヨンの後頭部めがけて投げつける。狙いは的確で狂いはなかった
はずだが、当のヨンは素早く振り向いて片手でウンスをかばうと、もう片手で投げつけ
られたものを素手で受け止めていた。
「コモ、物騒だな」
 ヨンの手の中にあったのは小石だった。
「物騒はお前だよ。何の真似だい?」
「・・・何がだ?」
 見当がつかない。そんな甥の顔つきに、チェ尚宮は大仰なため息をつく。
「己の形(なり)に気づかぬとは・・・嘆かわしいものだ」
 チラリと向けた視線は頭で止まる。隣に立っていたウンスが先に気づいた。
「あっ!・・・パートナー・・・ごめん」
 ヨンがハッと気づいて、ひったくるようにしてトゥゴンを外すと、結び目のところには
見たこともない飾り結びが施されていた。先ほどトゥゴンを結ぶ際に、ウンスは何の気なしに
リボン結びでくくってしまっていた。

 慌てるウンスと羞恥で石の如く固まった甥を眺めながら、チェ尚宮はもう一度ため息をつく。
「やれやれ。まったく」
「テジャンの身支度は、医仙様がなさっているそうだ」
「ではもう二人は夫婦同然の間柄なのか?」
「テジャンは、医仙様に頭が上がらないそうよ。愛嬌のある恰好をさせられても我慢
なさっているって噂よ」
「私も聞いたわ。トゥゴンを飾り結びにするんでしょう?それって天界では、「この人は、
私のものよ」っていう印だそうよ」
「へえぇ・・・」
ありもしない噂が宮の中を駆け巡る。

「勘弁してくれ(腕組みして渋面)」
「・・・ごめん(リボン結びのヨンを思い出して半笑い)」
「笑っているのですか?(気づいた)」
「・・・ううん(バレた。慌てて顔を引き締める)」
「(じーっと疑いの眼差し)」
「でも、意外と似合ってたわよ」
「!!」

<おわり>
トゥゴンに使われていた布地はシルクっぽいのでそんなにコシがないかもですね。
なので、そんなに目立つわけではなかったかも。
そんな想像も楽しいです。

最後までヨンで頂きましてありがとうございました。

このお話の設定は13話で手を怪我したヨンを治療した後日談設定です。
では、どうぞ~

************

「たのもー!」
 その声に、卓の上に広げた警護の配置図を囲んで立っていたウダルチの動きが   
一斉に止まる。間を置いて、ヨンが顔を上げないままで静かに尋ねる。
「オレの空耳ではないな?」
 まごまごしている部下たちの気配を察したヨンは、足早に宿舎の入り口へと向かう。
「あ!きたきた!!」
 ウンスのその声に、背を向けて立っていた歩哨の二人が、同時に振り向いて軽く頭を
下げる。己が来たことに、明らかに安堵している顔つきだった。
「何ですか」
「勝手に入れたらあなたに叱られるって言うから。それで呼んだのよ」
 二人に視線を向けると、身を縮こまらせていた。
「何の用ですか?」
「言ったでしょ?縫った傷の様子を見るって」
 ウンスは歩哨の脇を抜けて、ヨンの傍を通り、宿舎に入ろうとする。ヨンは、幾分
慌ててウンスの前を塞いで立つ。
「医仙」
「待ち合わせの場所にあなたが来ないから、ここまで訪ねてきたのよ。さ、行きましょ」
 この前ヨンの部屋に行ったので、勝手はわかっている。すたすたと歩いていくウンスに、
隊員たちは慌てて避けて道を作る。振り返って「早く来い」と手招きするウンスを、ヨンは
暫く呆れて見ている。
 部下たちは、目を逸らしつつも動向が気になるのか、そわそわと動きが落ち着かない。
『オレの体面も考慮してくれと言ったのに、このザマだ』
 ため息を一つ吐くと、ヨンは渋々部屋へと歩いて行った。

 消毒が終わり、道具を片づけ終わったウンスは、腕抜きの紐を巻くヨンの手に視線を
這わせる。無駄のない手の動きは美しく、しばらく見惚れていた。ふとヨンが顔を上げる。
「?」
 問いかけの表情で見つめられ、ウンスは内心で焦った。咄嗟に前から気になっていた
ことが口を突いて出た。
「それって、何ていうの?」
「それとは?」
 ウンスは、自身のこめかみを指で差し示す。
「・・・トゥゴン(頭巾:두건)のことですか?」
「トゥゴン・・・バンダナなの?」
 目をぱちくりさせるウンスを見て、ヨンはトゥゴンの結び目に手を掛けた。
『何がこの方の興味を引いたのだろうか』
 そのことが気になった。
「あ、待って!とらないで」
 慌てた様子のウンスに、ヨンは手を止めてウンスを見つめる。
「わざわざ取ってもらうのは悪いから・・・」
 変なことを言った気がして急に腰が引けた。そんなウンスに、ヨンはフッと小さく笑うと
トゥゴンを解いてそのまま差し出す。
 ウンスは、トゥゴンを手に取ることはせず、ヨンの手の中に置いたまま手を伸ばして
布地を触る。布は正方形ではなく、細長い帯状だった。
「バンダナじゃなくて、テ(帯:띠)に近い感じね」※1
 ウンスは、布地から手を滑らせてヨンの手の平に収まっている銀の額金(ひたいがね)に
そっと触れる。差し出された手を掴みたい。そんな衝動に駆られて、空いているほうの
手をグッと握る。
「これは・・・チョナから賜りました」
 気詰まりで、自分のほうから口を開く。
「イムグムニム(王様)から?」
「ええ。この額金の文様はウダルチテジャンの証だそうです」
 ヨン自身は取り立てて証というものに特別な感慨を感じたわけではない。チョナから直に
頂いたわけでもなかった故、頂いてもしばらくはつけなかったのだが、度々チョナの視線が
額に留まるのを感じて、つけることにした。
 ウンスがスルリとトゥゴンを抜き取る。
「ねえ、今度は私が結んであげるわ」
「結構です」
 間髪入れずにヨンは断ったが、時既に遅しだった。
「いいから、いいから」
 ウンスはさっと立ち上がって椅子に腰かけたヨンの背後に回る。
「額のところを合わせて」
 断ったところで、押し問答の末に押し切られる。それなら早く終わらせたほうがましだ。
結論を出したヨンは、渋々ながらも指で額金を押さえる。
「締め具合はこれぐらいでいい?」
「もう少し、締めてください」
「オーケー」
 ウンスはトゥゴンを持った両手に力を込める。ぎゅっと握っていないと、ヨンの髪に触れ
たい衝動が抑えられない。
『硬くて張りのある髪・・・撫でたらどんな感じかしら?意外と柔らかいのかも・・・』
 髪を撫でたい衝動を生唾を飲んで堪える。顔が火照っているのが自分でもわかる。

ウンスはトゥゴンを素早く結ぶ。
「できたわ」
 その声にヨンが立ち上がる。
「典醫寺まで送ります」
「うん。あなたはこの後どうするの?」
「チョナの元に参ります。ソヨン(書筵)の配備についてご報告をしに」
「わかったわ」
 二人は連れだって宿舎をあとにする。

その後ろ姿を見送るウダルチらは・・・複雑だ。

(完)

----------
<あとがき>

キーワード、どこにあったかですって。
えーっとね・・・「とらないで」≒「とっちゃ、やだ」ってことでご勘弁を(^_^;)

※1
トゥゴン(두건)は台本に載っていた単語です。画像検索するとバンダナが
出てきますが・・・あれってチョグォルテのものとはちがって、紐というか帯に
近いように見えます。

ハチマキは머리띠(モリッティ)っていうみたいですが・・・この単語だけで
検索するとカチューシャがほとんどです(笑)

チェ尚宮はこの두건のことを紐(끈 ックン)と言っていました。
ドラマ設定では、細く裂いて剣にくくりつけている設定だったのかな?

額金は銀色みたいですが、何の紋章かは不明。(よく見えない~)
なので設定は(いつものごとく)テキトーです。

ぐるっぽで、かずちゃんさんがアップされた画像をみていて、ハチマキをとったら・・・という
発想がパッと思い浮かびました。
かずちゃん、ありがとうございます♪

あと、ハチマキを取っている状態のヨンの画を恋藍さんから頂きました。
恋藍さん、ありがとうございます♪

私、ウェービー派なのですが・・・
この横顔たまらん(///∇//)
(ハチマキヨンによろめいちゃう(はぁ~)



もし、他の書き手さんとハチマキを取る設定がカブっていたら・・・
それはとても光栄且つ、嬉しいシンクロでございまする(*^_^*)

次のお話は、この二人が宿舎を出て行ったところから始まります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。