画像でSSを書こう ある昼下がり

ここでは、「画像でSSを書こう ある昼下がり」 に関する記事を紹介しています。
こちらは、シンイヨン周年期間限定ぐるっぽの企画「画像でSSを書こう」に
投稿したお話です。

加筆修正しております。

画像提供:とこちゃんさん 画像保管庫

画像の二次加工、コピー、転載、捕獲はおやめください

マンボの店先。
通りに出ている卓に二人はいた。
ヨンが小刀で生栗を器用に剥く。ウンスはヨンの隣で、剥き終わるのを今か今かとその
手つきを見守っている。
「さあ」
差し出された栗を手の平に受け取ると、ウンスはすぐにぱくっと口に入れる。
「生栗って意外とおいしいのね」
先ほどから一つ食べては、繰り返しその言葉を口にしているのだが、気づいていないようだ。ヨンは手を止めずにウンスの話を聞く。
「でも、栗って火を通したらほっくりしてすごく甘くなるのよ。そりゃもうおいしいんだから」
ウンスが、口に入れたままモゴモゴと喋る。
「話すか、食べるかしないと喉に詰めます」
栗に視線を落としたままヨンが言う。
静かになる。
気になったヨンは手を止めて顔を上げてクスリと笑う。食べることに集中したらしい。
固い栗をもごもごと食べているその姿は、頬袋に団栗(どんくり)を入れた栗鼠(りす)を
思わせた。
「ほら、手を止めないで。次を剥いて」
食いしん坊の栗鼠はまだまだ食べたいらしい。ヨンは黙って、そんな栗鼠のためにせっせと
栗を剥く。

「なんだありゃ?」
「見ないことだよ。こっちが馬鹿馬鹿しくなるからさ」
隣の卓の自分たちなどまるで目に入らない二人にマンボが呆れると、ヨンと同じように
生栗を剥いているアジュンマがピシャリと言う。
一つ栗を剥き終わると、アジュンマは隣の栗鼠に見つからないよう剥き終わった生栗を
鬼皮の中に紛れ込ませて隠す。
「やれやれ。食いしん坊な栗鼠がいたもんだ」

秋の昼下がりの陽だまりのなか。
時はゆっくりと流れていく。

*********
とこちゃんさんの、リスとウンスの画像が可愛くてパッと思いついたお話です。
別板でjさんが生栗を食べるシーンにビックリしたというコメをあげてくださって、そこから
みんなでワイワイと話が盛り上がりました。

jさん、ありがとう。おかげで可愛い話が出来上がりましたヨン♪


※今日で画像でSSを書こうに投稿したお話は終わります。
  ヨンで下さってありがとうございました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する