ファッション70’s 第28回 愛の結末<最終回>

ここでは、「ファッション70’s 第28回 愛の結末<最終回>」 に関する記事を紹介しています。
<28>愛の結末

3年後。
ドミは自身のブランド"東春"で、社長として活躍して、学院にいた生徒も店を手伝ってる。

母のことも諦めてなくて、海女をしていたから絶対溺れたりしないと張り紙をしてずっと
捜している様子。

ドイツに渡ったドンヨンのもとにビンが訪ねてきます。
カンペキではないけれど右腕が動くようになったビンのことを喜ぶドンヨン。
ビンに「いつ帰るの?」と聞かれても「どうかな」とはぐらかして答えるドンヨン。
輸出業をしているらしいビンは世界のあちこちを飛び回っているらしい。

ビンはどうやらドンヨンに、ドミにプロポーズすることを言いにやってきたようで・・・
でもそれについては何も言わず、ビンが眠ってからドミからの手紙を読むドンヨン。

ドミは母らしい人が見つかったと聞いて会いにいきますが、痴呆になっていた母にはドミ
がわからなくて、ガンヒだと思い込んだ様子。
子供のようになってしまった母でも、二度と離れないというドミ。

ドミは母を連れてガンヒの墓参りへ・・・

ボンシルのブランドは既製品が流行る世の中に取り残されて、経営危機に陥っていた。
アンサンブルさえ手放そうという母のことを助手から知って自分が援助するというビン。
二人は互いを思いあい、やっと親子の絆が深まり・・・

ドンヨンはドイツから帰国して父に会いにいきます。
しばらく旅行にいくというドンヨンにジュニに会ってこいという父の言葉に笑って
「あとで会いにいきます」というドンヨンに、ジュニが父宛てに送ってくれたガンヒの
遺作展の招待状を渡す父。

ガンヒの墓参りにいったドンヨンはそこでドミが置いて行った招待状をみつけます。
「感じてるだろ?どれだけみんなに愛されていたかを」そう語りかけるドンヨン。

ガンヒの遺作ショーにはドンヨンもビンも来ているんですが、ドンヨンは誰にも気づかれず
に会場をあとにします。
ビンは自分の腕が治ったことをドミに証明してプロポーズしますが、結婚はできないと
いうドミ。
ビンへの気持ちは「一生の友だち」だというドミ。家族愛のようなものだと。
「やっぱりドンヨンか」というビン。ガンヒの影は一生二人につきまとうというビンに
つらくてもやはり彼といっしょにいるというドミ。
彼が帰ってこなくてもそれが私の愛のカタチだと・・・

母はショーの途中でガンヒの写真を見て何となくモヤモヤして会場から出ていき、行方が
わからなくなってドミが捜しにいくと海にいた母。

母が島に帰りたがっているのではないかと思ったドミは母と島に帰ります。

ちょうどドンヨンも島にきていて・・・二人は再会し抱きしめあいます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメありがとうございます。

> 実は、今話題の5人組に(現在活動休止)はまってまして、
ものすごく残念ですよね。
私は彼らにあまり関心がなかったのですが、CMで歌を
聴いてすごい衝撃でした。
アイドルには疎いアジュンマな私なのでいまだに顔と名前が
一致しないのですが、彼らが作り上げる音楽は最高。
(『呪文』の入ってる韓国版のアルバムを即買いしました)
アップテンポもバラードもいいですよね♪

何とかいい方向へ解決していってほしいものです。
2010/04/25(日) 19:58 | URL | おりーぶ<別室> #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://madakankoku.blog25.fc2.com/tb.php/90-4a632734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック