敬語の違い

ここでは、「敬語の違い」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
儒教の国とよばれる韓国では年長の方に対してきちんと礼儀を尽くさなくてはならないと
韓国旅行のガイドブックにも書いてあるのをよく見ます。
「それなら日本と同じでは?」と思ったけど、年長者との話し方はもちろん、やってはいけない
こともたくさんあるようですね。
酒の席で杯を飲み干すときに横を向いて飲むシーンをよく見かけたので「あれは何?」と思って
調べたら、酒の席の礼儀のひとつでした。
年長者にお酒を飲んでいる姿を見られないように横を向いて口元を隠して素早く飲むそうです。

日本と韓国の敬語(尊敬語)は使い方が少し違います。

日本は「相対敬語」
自分の会社の部長あてに社外から電話がかかってきたら「○○は席を外しております」と応対。
上司であっても社外の方に対して部長のことを話すときには、へりくだった言い方をします。

韓国は「絶対敬語」
同じシュチュエーションでも韓国では「○○部長様は席を外しております」と応対します。
年齢や地位が自分より上であれば無条件に敬語を使うことから「絶対敬語」というそうです。

韓国では初対面の人にいきなり年齢を聞かれることがあると聞きます。
自分より年上なら尊敬語、年下なら丁寧語かパンマル(タメ口)で会話を進めるのでどの言葉遣い
で応対するのかを早く確認したいというのが理由なんだそうです。な~るほどねと納得。

ところでメル友のチーちゃんは中学校二年生なので、下手したら私のほうがチーちゃんのご両親
よりも年上なのかもしれない(汗)。
もしも韓国に行く機会があって、もしもチーちゃんの家にお邪魔することがあって、もしも挨拶で
年齢を聞かれたら・・・ちょっとイヤだなぁ(笑)
でも、チーちゃんとメル友になった時に、私の年齢は教えてあるので聞かれることはないか~と
思ったりもする。

独学なのでスピーキング能力は皆無に近い私が流暢に会話できるにはまだまだかかりそうなので
当分チーちゃんの家には行けそうにもないけどね。(はあ・・・)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://madakankoku.blog25.fc2.com/tb.php/9-7b569d65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。