ファッション70’s 第23回 明かせない真実

ここでは、「ファッション70’s 第23回 明かせない真実」 に関する記事を紹介しています。
<23>明かせない真実

ドミはジュニを抱きしめて、また前みたいに仲良くしたいというんですが、ガンヒはドミに
会わないほうがよかったと言います。

やっとビンが韓国に帰国してきます。
ドンヨンがビンを手伝おうとすると激しい言葉で跳ねのけるビン。
「同情でドミを譲ろうなんて思うな。同情で愛を求めるほどおちぶれてない」
そう話すビンに、ドンヨンはふと「ジュニのこと憶えてるか?」と聞きます。
そういえばジュニもちびっこジュニの話を前に出したことがあるので、ビンはドンヨンにも
それを聞かれて「何かあるのか?」と聞きます。

ドミは前に勤めていた洋品店でテウル紡績からハイネックを卸してもらうことに成功し、
女社長に感謝されます。

結局ドンヨンはビンには打ち明けなかったようで、ビンはなぜチビの話を出したのか、
理由があるんだろう?と聞きますが、ドンヨンは何となく気になったからとだけ言います。
ビンが、チビはファーストキスの相手だったと言い、「会いたいな」という言葉を聞いて
ちょっと切なくなった様子。

ビンと別れて帰るドンヨンを見つけたドミ。
やっぱり記憶が戻ったことを誰にも言わないで欲しいとドンヨンに頼むドミ。
「自分でも知らなかった私を見つけてくれてありがとう」
そういわれるとドンヨンはもうそれ以上なにもいえなくて・・・いつかみんなが笑いあえる
日が来るさと慰めるドンヨン。

ビンが帰ったと聞いて学院に帰るとちょうどビンと出会って、蘇った記憶から彼が自分に
すごく親切にしてくれたことを思い出します。
感慨深げな顔をするドミに少し嬉しそうな顔のビンですが、ドミに腕のことを知られそうに
なって思わず声を荒げてしまいます。

ファッションショーは結局ジュニが他の生徒を味方につけて準備し、ドミは他の生徒の
気持ちを思って単独でがんばることにした様子。

ジュニ父は遺言書を書いてまで自分の気持ちを表わそうとするんですが、ジュニとは
気持ちが離れていってしまうばかりで・・・なんでこんなことになったのか落ち込む始末。

その帰りにドミに出会って喫茶店に行く二人。
そこでジュニ父がパンを食べられないと聞いたドミは、離れ離れになる直前に父がパンを
くれたことを思い出して泣いてしまい、ハンカチを出すジュニ父。

やっとビンが帰ってきて喜んだ先生。なのにビンの腕が使えなくなっていることを知って
ものすごいショックをうけます。
ビンを抱きしめる母に、ここを出て行くというビン。一緒にいると互いにつらいだけだと
いうビンの言葉に泣くしかないビン母。

ドンヨンはビンにちびっこジュニのことを話そうとするんですが、ちょうどドミから電話が
かかってきて言いそびれます。
ビンはドンヨンとドミが2人でいるところが見たいからといい・・・

そのころジュニはドミのカバンにあの出納帳が入っているのをみつけ、ドミが全て思い
出したことを知るジュニ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://madakankoku.blog25.fc2.com/tb.php/85-2b2b5e23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック