年表の補足記事(1351~1355年まで)

ここでは、「年表の補足記事(1351~1355年まで)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高麗末期について年表の続きを作って大まかに説明しようと思ったのですが・・・

韓国や日本のウィキペディアの情報だけでもかなり量があって、記事として
書きたい出来事がいくつかあるので、何回かに分けて書いていくことにします。

内容にはネタバレというかドラマのその後の史実が書いてあるので、
知りたくない、まだ見たくないという方は読み飛ばして下さいね。

なお、この記事にはちょいちょいというか頻繁に私の妄想が登場します。
それについてはあまり気にせずスルーしてくださいナ。

まずは、1351~1355年までの出来事をご紹介。

1351 忠定王(慶昌君:キョンチャン君)14歳で廃位
   恭愍王(第31代)が高麗に帰国して即位<20歳>
   ヨン、ウンスと出会う【ドラマ設定】
   キョンチャン君が毒を飲んで死ぬ【ドラマ設定】
   チョ・イルシンが謀反を企てた末に殺される【ドラマ設定】
   キ・チョルが死亡する【ドラマ設定】
1352 キョンチャン君が毒殺される。
   チョ・イルシンが謀反を企てて、ヨンたちが制圧する。
    ⇒この出来事でによりチェ・ヨンは護軍(호군ホグン)になる。
1353 奇皇后が生んだアユルシリダラが皇太子として冊立[於:元]
1354 ワンゴの孫トッタブラ?が瀋王の座に就く。
   元の山東省で紅巾賊の反乱が起き、元はコンミン王に討伐のための援軍を要請。
    ⇒チェ・ヨンは大護軍(대호군テホグン)の大将軍として二千人を率いて遠征。
     元で待機中だった高麗人二万人と合流して指揮した。
1355 遠征から戻ったヨンに王は失地回復を命じる。
    ⇒鴨緑江を越えて遼東半島まで元に奪われていた高麗の土地を取り戻す。
     この失地回復の際に活躍したのがイ・ソンゲとその父だった。
   (ドラマでウンスが戻ってきたのはこの失地を奪い返したあとのことです)
   ウンス、ヨンの元へ戻る【ドラマ設定】

ドラマはフィクションなのでいろんな出来事がいっぺんに起こっていますが実際の出来事は
もう少し時間が開いています。

ドラマ的な話をするとウンスが百年前に飛ばされている間にヨンはずっと遠征に出ていた
ようですね。
遠征先でふとしたときに彼女を思い出したりしていたはず・・・と、妄想(笑)

紅巾賊は漢民族で構成されていたそうです。
元という国がモンゴル族から興ったことを考えるとその反勢力ということですね。
恭愍王はまだ奇皇后の力が強いと判断したのか、後に紅巾賊が高麗にも侵攻してきたら
困ると考えたのか、元の要請に応じてヨンを大将として援軍を出しました。
奇皇后の息子が皇太子になったのが1353年。キ・チョルたち奇一族はまだまだ元を後ろ盾に
した勢力が強い感じですね。
なので王はまだ彼らの勢力を排除していません。

元の遠征から戻ったヨンを今度は失地回復へと行かせた恭愍王。
鴨緑江の近くにあった天の門はドラマの当初は元の土地でしたよね?
もうすぐ高麗なのになんでここで留まるのかとチョ・イルシンが怒っていましたから。
ウンスが傍にいない間にヨンはイ・ソンゲたちの活躍もあって元々は高麗の土地だった
遼東半島などの土地を奪い返します。
なので最終回でウンスが天の門をくぐって1355年に戻った際には天の門があった場所は
高麗の土地になっていたということです。
ウンスに質問された下っ端のウダルチが
「そんなことも知らないなんて山にでもこもっていたんですか?」みたいなことを
言うのはそういう経緯があったからです。
あのとき天の門の近くにウダルチたちやヨンがいたのは取り戻した土地の巡回査察でも
していたのかなぁと思います。

1355年であれば失地回復直後だからヨンやウダルチたちが天の門の近くを通っても不自然
じゃないはずということでソン・ジナ女史はウンスが戻る時間を1355年にしたのかも
しれませんね。

【おまけ】
キョンチャン君には子供がいたという記述を見つけました。

王濟(ワンジェ왕제)生没年不明。

「高麗史」、「高麗史節要」のどちらにも記載はありませんが、王(왕ワン)家の家系図には
名が残っているようです。
従一品の官職についていたという記録がありますのでそこそこの要職についていたのでは
ないでしょうか。(上から二番目の官職なので)

キョンチャン君が忠定王として在位していた間ずーーっと母であるユン氏が摂政をして
いたそうです。
王が幼いからという理由でユン氏が政(まつりごと)を執り行っていたわけですね。
8歳で亡くなった前王の忠穆王もやはり母の徳寧公主が摂政をしていました。
なのでキョンチャン君が在位していた間は元の勢力を後ろ盾にした先王の母徳寧公主と現王の
母ユン氏の親戚が勢力争いを繰り広げていたわけです。

キョンチャン君が病弱だったという記述は見つけられませんでした。
ドラマ設定なのかな?もう少し詳しく調べれば判ったかもしれません。

【その他】
「高麗史」と「高麗史節要」は高麗王朝の初代から末代までのことを記した記録のことです。
高麗史は137巻、高麗史節要は35巻から成ります。
高麗史節要は高麗史の節要(ダイジェスト)ということでそんな名前になっていますが、
高麗史を編纂した人とは別の人が独自に編纂しているので高麗史に記載されていない内容が
あったり、高麗史より詳しく記述されている記録があるそうです。

李子朝鮮時代にイ・ソンゲが高麗史を編纂するように命じ、60年をかけて編纂されました。
この高麗史の編纂の際には高麗王の歴代の記録をはじめとして公的なものから私的な文書や
書籍を参照して作られたとされています。

しっかーし・・・「高麗史」と「高麗史節要」が成立した後にそれらの基になった資料は
大部分が消失または焚書(焼き捨てること)されてしまい現存していません。
朝鮮王朝は出来上がった「高麗史」と「高麗史節要」が国によって編纂された正式な歴史書
だと広める一方で、明からの歴史書は禁輸し、所持することも許しませんでした。

ご紹介する情報のほとんどはこの二つの正史からのものだと思われます。
でも朝鮮王朝の成り立ちを考えたとき、特に高麗末期についてはその内容について疑問視
される部分があるようです。

次は1356年から1364年までを辿っていきたいと思います。

なお、内容についてはネットの情報を拾って集めて訳しているので(私が)間違って
いることが多いですし、そもそもの情報源(ウィキペディア)が間違っている
こともあると思われます。
なので信義のドラマや小説を見たり読んだりする際の参考程度に留めて頂ければと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。

> このブログに出会えて本当に感謝しています。コメント欄でさえ私にとっては感動です。知らないことばかりですが、皆さんがシンイを心から愛していることが溢れんばかりなのがよくわかります。

そうなのです。
信義からまだしばらくは離れがたい方々がたくさん集まっていらっしゃいます(笑)
コメントは信義に対する愛にあふれていて読めば読むほど信義の世界に入り込んでしまいます。

寝不足にならないようご注意を♪
2014/06/13(金) 05:05 | URL | おりーぶ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/12(木) 16:27 | | #[ 編集]
おはようございます。

体調を崩されていたとのこと。
大丈夫ですか?
二月も半分以上過ぎましたがまだまだ寒いですので
お身体をいたわってくださいね。

またもや苦手分野なのにもかかわらずコメント下さってありがとうございます♪
やはりヨンには中央の政治に関する争いごとにまみれるよりも武士として戦地に
赴くほうが似合っていたかもしれません。
実在のチェ・ヨンも晩年までムサ(武士)として北へ南へと民を守りに出かけて
いたようです。

> また、一番驚いたのは、キョンチャン君に子供がいたかも?っという史実で!!
家系図にちゃんと載ってたみたいですよ。
15歳になるまでに子供をもうけているのはやはり本人の健康状態に問題があるから
周囲の人々が跡継ぎを急いだのかなぁと考えたりします。

病弱な記述がないのは私が調べた情報だけで、もしかしたらちゃんとした資料や
本にはそういった記載があるかもしれませんね。
それをソン・ジナ女史が参考にされたのかもしれません。
私のネット情報は薄っぺらいので・・・信ぴょう性に欠けるなぁと思う今日この頃です。
しかも高麗びいきでイ・ソンゲには冷たいワタシ(笑)

> ウンスが、ヨムル扱いされることまで考えてませんでした(汗)。
これは心配症な私の勝手な憶測なので、こんな意見はポイと捨てて下さい。


ウンスが残った高麗時代の行く末がどうなっていったのか、それが知りたくていろいろと
情報を検索して年表を書いています。
(私の妄想が半分ほど占めているのでその部分は適当にささっと読んで下さいな)
時代の末期ですので、これからアップする記事はわりと暗い内容ばかりになりそうです。
歴史には疎いとはいえ記憶力はよかったウンスです。
それをわかっていながらヨンの傍で高麗の時代を生きることにした彼女の決意に心を
動かされます。
2014/02/22(土) 01:09 | URL | おりーぶ #-[ 編集]
おはようございます。

情報ありがとうございました♪

> チェヨンは娘が王妃として用いられる事を嫌い
> 固辞しましたが、王はチェヨンとの縁を結びたく娘を召し出したようですね。しかしチェヨンは、
> 娘の力を一切借りなかったそうです。
>
> あくまで清廉で潔白だったから、かれが殺された事を知った高麗の人々は門を固く閉め、部屋の奥で高

麗のために長く戦ってくれた老将軍を思い嘆き悲しんだそうです。
>
> 又高麗の重臣達は、文臣72名武臣42名は杜門洞向かう峠で満月台に向かい一斉に礼を捧げそのまま東門

洞に向かいそこの村からイソンゲの呼びかけに一切答えず最後通牒を突きつけられ村の周りに薪を置かれ2

箇所の出口を作り一斉に火をつけたそうです。114名の彼らは、正座をして燃え尽きたそうです。
>
> イ ソンゲは太祖になりましたが、高麗の麗臣たちを一切取り込めなかったそうです。
>
> 今の、李朝を継承する韓国を見て、高麗王朝の礼をつくした忠臣達の精神は燃え尽きたままなのでしょ

うか?それとも、フェニックスのように焼けた後からの再生があったのでしょうか?
> 私には分かりません。

チェ・ヨンの娘の話は以前ネットで見つけたので知っていましたが、高麗の重臣たちのエピソードは
知りませんでした。
教えて頂き、ありがとうございます。
「二君に仕えず」という言葉通りの態度を貫いた人々がこんなにもいたのかと驚きました。
私はドラマで見たイ・ミンホ氏が演じるチェ・ヨンが大好きなのでやっぱりどうしても高麗びいきに
なってしまい、李氏朝鮮を興したイ・ソンゲには辛口評価になってしまいます。

あんまり偏るのもいけないなぁ・・・と思いつつ、それでもやっぱり好きになれないイ・ソンゲ(笑)
でも彼が李氏朝鮮を興したのは時代が彼を呼んだからですよね。
それなのに、彼の晩年を知って「ふふん」と笑ったイジワルな私です。

私はいまだにイ・ミンホ氏が演じた他の作品を見ることができません。
どうやら重い「信義病」に罹患したらしく、新しい作品にも過去の作品にも興味がわかないのです。
それでも話題で上がるたびに「見ようかなぁ」と思うのですが、信義に関連した記事を書いている
せいなのか、どうしてもそちらに気持ちが持っていかれてしまいます。
翻訳記事の作業も終わり、時間ができたから溜まっているドラマや映画を見ようと思っても選ぶのは
全然関係ない洋画だったり邦画だったりします。
多分「信義」に関連した記事をアップし終わったら韓国ドラマや韓国映画に関心が持てるかもしれません。

前にソン・ジナ女史が「キャスティングは縁」だと言っていました。
作品が演じる人々を呼び寄せるのか、それとも演じる人々が作品を呼び寄せるのかはわかりません。
もしかしたら演じる人々と作品がお互いに呼び合っているのかもしれません。
そうして私たちに素晴らしいドラマを届けてくれるのかも。

キム・ヒソンさんがイ・ミンホ氏を推してくれて本当によかったです。
彼女のダンナさんが嫉妬してラブシーンを減らしたという話も聞きました。
本当かどうかわかりませんが、もしそうならば私はダンナ様に感謝することがあります。

最終回で連れ去られたウンスをヨンが見つけたシーンではキスシーンが台本に盛り込まれていました。
どういう経緯でなくなったのかはわかりませんが、私としては「なくなってよかった」と思います。
ヨンは剣を放りだしてウンスを抱きしめてキスという台本だったと思いますが、キ・チョルがまだ
その辺にいるかもしれないのに剣を放りだすのはどうかと思うし、抱きしめるのは正解ですが
ヨンのキャラ設定上このタイミングでキスはないよなぁと。

ソン・ジナ女史はドラマでいろいろ変更されて脚本家として「カットされたのは惜しい」と思う
部分があったからこそ小説を新たに書いたのかもしれません。
そう思うといっぱい変更してくれた監督に感謝せねば(笑)
いろんな人が携わって、いろんな人の想いが交錯して「信義」というひとつの素晴らしい作品が
成り立ったのだなぁとしみじみ思います。
その作品を通じてma2008さんやこのブログに訪問下さる方々とも交流することが出来ましたし・・・

どうやら私は重度の「信義病」にかかっちゃったみたいです。
作品に携わった方々に(もしかしたらヒソンさんのダンナさんも含めて)感謝せずにはいられない
という副作用がかなり出ていますね(笑)

2014/02/21(金) 06:25 | URL | おりーぶ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/21(金) 02:50 | | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/20(木) 22:05 | | #[ 編集]
おはようございます
お久しぶりです♪

> 巻末に3巻が8月発売予定とありました。って事はそれまでに韓国版の3巻が発売になると言う事なのですよね。。。
多分そうだと思うのですが・・・もしかしたら韓国での発売からすぐに日本版も出るのかも
しれませんね。(今までは韓国の発売から半年以上たっていましたから)
引き続き日本版も出るんだなぁという気持ちぐらいにしておいて、あまり期待しないようにしています。
夏に出版されなかったらショックなので(笑)

> 私は昨日ついにハングルキーボードをネットで購入しました。
文字化けするのは参りましたね。
これで入力が速くなり、ストレスとはおさらばですね♪
私はノートPCを使っています。
しばらく韓国語を使わないでいたら途端に「あれ?あれれ・・・」と文字を探すために
思い当たるキーを押してあちこちウロウロすることになります(笑)

早く届くといいですね
2014/02/19(水) 04:17 | URL | おりーぶ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/18(火) 21:55 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。