ファッション70’s 第5回

ここでは、「ファッション70’s 第5回」 に関する記事を紹介しています。
<5>許されぬ願い

ジュニはガンヒ母と島で海女をして生計をたてているみたい。
(母からはドミと呼ばれている)

ドミは本土に行って学校とか工場に行きたいのに、オンマは絶対ダメだと許してくれず
島のヤングンの嫁になれと言ってるみたい。

で、さっき獲った海産物が入った袋をドンヨンのヘリに飛ばされて文句を言いにいきます。
ドンヨンにむかって「おじさん」呼ばわりしてそばをグルグル歩いて近づかないんですが
止まって話そうと言われてちょっと照れるわりに、「本土の人はみんなハンサムなの?」
ってストレートなこと聞いてドンヨンを笑わせてるし・・・

「驚かせてすまない」とドンヨンに大金をもらってちょっとホクホク顔のドミ。

ガンヒ母は新聞で「テウル紡績のコ・ジュニ嬢がファッションショーのモデルに」という
記事をみて「ガンヒ、愛しい私の子・・・」ってつぶやいてて・・・
(コ・ジュニとして生きていることを知ってるの?)

ガンヒはあれからコ・ジュニという名前で生きていて、母の生死だけでも知りたいと
思っているようで・・・

ドンヨンが島を調査しているとドミがお金を返しにきます。ちょっと高くふっかけたので
返すというドミに思わず笑ってしまうドンヨン。
でドンヨンはドミに島を案内してくれるように頼みます。
二人っきりで島のいろんな場所を歩く二人。

ドンヨンはドミがカバンから落とした弾丸を拾ってあげます。
それが軍事用の銃の弾丸だと教えてあげますが、それを何でドミがもってるのか聞くと
「子供の頃からのオモチャ」と答えるドミに「危ないオモチャだなぁ」とドンヨン。

おじさんは何者?と聞くドミに釣り人と嘘をいってすぐに見破られるドンヨン。
ドミは島にいると海ばっかりで息が詰まると言い、ドンヨンにじゃあ何が好きなの?
と聞かれたドミは新聞の切抜きを見せます。
それは「テウル紡織 縫い子募集」の広告で・・・

ガンヒ母は昔を回想中。
1953年7月。ジュニを引き取って間もない頃?
母が自分のそばからちょっとでも離れるのがイヤですぐに服の裾を掴んで話さない
ジュニを置いてガンヒ母は出かけます。
(どうやらコ社長の家を見つけたようです)

ですが、ちょうどその時コ社長がガンヒをコ・ジュニとして、ジュニを捜してくれた
ビンとチャン・ボンシル親子、そしてドンヨンと将軍親子に紹介します。
「この子がジュニだと信じて行きます」というコ社長。

偽ジュニのことを認めたくないビンはその場を飛び出し、ドンヨンも彼女がジュニと
一緒にいたガンヒだとわかったようです。

その光景を門の外から見ていたガンヒ母は驚くんですが、あれはどう見ても自分の娘。
眠っているガンヒの部屋に忍びこんでお嬢様になったガンヒに驚きながらもガンヒを
起こして感激の親子の対面を果たします。

母が生きていたと嬉し泣きのガンヒですが、母が逃げようと言い出して荷物をまとめ始め
るとここに住んじゃダメ?と母に聞きます。
「ジュニにもなりたいし、ガンヒにもなりたい」というガンヒにジュニが生きて自分が
面倒をみていることを話そうとしますが、おじさんがかわいそうだ、おじさんが好きなの
という言葉を聞いて母はガンヒを連れて行く決心が鈍ります。

おじさんに最後の挨拶をしてくるというガンヒですが、その娘を見送りながら自分と一緒に
いても娘は幸せにはなれないと思い「幸せになるんだよ」と言い、ガンヒを残して家を
出ていきます。
母に捨てられて慌てて追いかけるガンヒですが、あんたはここに残るの!コ・ジュニとして
生きるんだ!と母はしがみつくガンヒをつき離して走り去ります。

家では母の帰りが遅くて捨てられたと思ったジュニが部屋を散らかしていて「捨てないで」
というジュニの言葉に哀れになって抱きしめる母。

で、現在。コ・ジュニとして生きるガンヒの活躍を新聞でずっと見守っていた母。

ドミは泊まるところを捜すドンヨンを家に泊めます。
その代わりに頼みたいことがあるというドミ。
ドンヨンを家に連れてきた途端母に怒られて追い掛け回されるドミですが、母もお金を
もらって渋々泊めてあげます。
ただドンヨンに「沙里院(ジュニ親子が住んでいた所)にいませんでしたか?」
と聞かれてギクリとしたようで・・・

ビン?はヤバイ仕事をしているらしく警察に追いかけられて逃げてて・・・

-------------------------
感想コメント

二人が入れ替わってしまったのは偶然のすれ違いじゃなくて、ガンヒ母がガンヒのためを
思ってやったことだったんですね。
身勝手すぎるガンヒ母。
ジュニが生きていることを隠しておくために島から出さないつもりなのかな?
一人で生きて行くのは淋しいからジュニを手元に残したの?

それはもうホントにエゴとしか思えなくて・・・
でもこの母は多分ドミがいたからまっとうな人生を歩んできたのかもしれないと思います。
だからってドミをその犠牲にしていいわけないんですが。

ガンヒもビンも登場してきてあとは偶然の再会を待つのみですね
この人たちはいつどうやって出会うのかなぁ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://madakankoku.blog25.fc2.com/tb.php/55-b42816b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック