韓国ドラマ あらすじと感想「信義」第5回 <ネタバレあり>

ここでは、「韓国ドラマ あらすじと感想「信義」第5回 <ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
05_000.png

第5回
怒鳴りつけるキチョルにビビって思わず逃げようとしたウンスですが、チャン侍医に今逃げたら殺され
てしまうと言われ・・・まさか本気で殺すつもりじゃないよね?と小声で聞き返すウンス。

ここで王はキチョルの妹で元のキ皇后のことを持ち出してきて。
元を離れるときにキ皇后はキチョルが王の一挙一動を見ているから心配ないと言ってくれた、だから
王や臣下を怒鳴りつけることがあったとしても、それは忠誠心が深すぎて出たことだからわかって
欲しいと言われたと。
で、今駆けつけてきてくれたのは私が騙されているのではと思ったからだろう?と聞く王。
(礼儀をわきまえないのは理由があるからなのよ、だから怒らないでねと王に言ってるあたりが失礼
 な話だし)

おやおや困った、ほんとにそんな話を信じてるんですか?とキチョルがからかい口調で王に聞いた時、
「信じます」と王妃が立ち上がります。
自分は高麗に来る途中に何者かに襲撃されて首を斬られたけど、その医仙が私の首を繋いだ、
この地にそんな医術を持った医員が二人といるか?と言い、自分の首のキズを家臣たちに見せて。
チャン侍医からは天界から来たフリをしないといけないと言われ「じゃあどうしろと?」と、
困るウンス。
で、チェ尚宮からは「泣くな、動揺するな」と。

王と王妃にそんな話を信じさせるなんて、ウダルチのチェヨンがそう信じ込ませたんですか?
「ウダルチのチェヨンはどこだ?その奸臣チェヨンをすぐに呼び出せ!」
「それはダメです!その・・・ウダルチのチェ・ヨンは私の患者です。私の許可がなければ誰も
 連れていけません」
勇気を振り絞ってウンスが発言を。
「なんだこいつは人の言葉を話すのか、このアマ」
っていうキチョルの「アマ」発言に反応したウンス(笑)
「言葉に気をつけて!タメ口なんて許さないわよ!あ~もうチンチャ!このアンドロメダ男をどう
 やって黙らせてやろうかしら。私に汚い言葉使うなんて。あなた何歳よ」
自分は江南の整形外科医よ、だから患者やその家族と毎日やりあってるっていうことよ。
今は王の前だから我慢してるの、今日はここまでにしておいてあげるわとキチョルに言い、患者が
いるから先に失礼してもいいですよね?と王に聞きます。
王はキチョルが押されてる状況なので笑みを浮かべて許可してくれたけど・・・ウンスの前に立ち
ふさがったキチョル。

自分に無礼を働くウンスに「お前は死にたいのか?」と脅すキチョルに、「あ~思い出した!」と
ウンスはキチョルのことをしゃべります。
「(元をバックにしているキチョルに)どうせ元はそろそろ滅亡するわ・・・あーそうだ明だ!
 もうすぐ元が滅亡して明が建国されるわ。それにキチョル氏、あんたがどんな風に死んだかも
 思い出したわ。でも教えないわ。なぜならあんたが無礼だからよ」
なんとか毅然とした態度で退場したウンスですが・・・その場を離れた途端に緊張が解けてフラフラ
しちゃって。
「よくできました。少しやりすぎですが・・・いいですよ」
とチャン侍医に褒めてもらうウンス。

ヨンの主治医になるのですか?と聞かれたウンスは、
「私はこんなところにいたくないの。もう十分よ。帰らないと・・・でもこの人しかないの。私が
 帰るのを手伝ってくれる人は・・・だからどうにかして助けないと」
ヨンの腹部のキズは化膿して膿が出ている状態だからそれを全部除去する処置を行うウンスたち。

ヨンはまたあのモノクロの世界にいて・・・
「まだ(彼女がお前の)心の中にいるのか?」
「まだ・・・います。忘れることはできません」

メヒと過ごした日々を回想するヨン。
「ヨン、後ろは心配しないで。あたしはずっとあなたの後ろにいる」
「絶対にオレの目が届くところから消えるな、そうすればお前を守ってやれるから」
  ※メヒは自分をかばった隊長の死に責任を感じて自ら命を絶ってしまったのかな?
   彼女がしていたチェウォルデのスカーフがヨンの剣の柄に巻きつけられてるですね。

ヨンは痙攣を起こして・・・ウンスは「わからない・・・いったいどうして」とつぶやいて外へ。
イライラするあまりバケツを蹴飛ばしますが、それをもとに戻すチャン侍医。

「あのサイコよ!徹夜で膿を処置して血流も血圧も問題ないし、熱も下がったのにどうして意識が
 戻らないの?なぜ!?」
チャン侍医は隊長がケガしたのは今に始まったことじゃないと言います。内功が並はずれているから
自力で体を回復できますと言います。
「そりゃたいしたもんね、じゃ今回はどうして治らないのよ」
と聞くウンスに、隊長の体は治したけど心は治せなかったとチャン侍医は答えます。

「教授にもそう言われたわ、どんな完璧な手術をしたって患者に生きる気がないならどうしようも
 ないって」
「天にも生きる気がない人がいるのですか?」
ウンスが外科から整形外科に専門を変えたのはまさにそれが理由だったみたいで。
胸部外科が専門だったウンスはオペの腕前もすごかったのに患者が嫌いで美容整形に変わったと。
何時間もかかる外科手術しても報酬はすくないのというウンスでしたが・・・
彼女が外科をやめたのは自分がどんなにがんばって手術しても生きる気力がなくて死ぬ人とかがいて
それに失望したからじゃないのかな?美容整形なら患者は前向きに手術に臨むから。
「あなたは患者を死なせたことがありますか?」
「ないわ。ドラマでもあるまいし・・・私が患者を殺したから心に傷を持ってるとでも?
 私がオペした患者は誰一人死んでないわ」
「では(彼を)殺してしまうのではと怖れているんですか?隊長が死んだら医仙が殺した最初の患者
 になると」
立ち去ろうとしていたウンスは思わずチャン侍医を振り返って・・・
ウンスが不安な気持ちでいるをチャン侍医は感じてるんだよね。

ヨンは夢の中でどんどん凍っていってて・・・

キチョルの屋敷ではキチョル弟たちが医仙の話で盛り上がってて。
デタラメだと言いつつも彼女の言動に恐れを感じている様子。
キチョルはもう一度ウンスに会わないといけないと言いますが、ウンスの身柄はウダルチが王命に
より守ってるから連れだせないと訴えるキウォン(キチョル弟)
キチョルはチェヨンもほしいのに全然話が進んでないじゃないかと弟に文句言ってて。
ヤンサ(キチョル手下)はチェヨンは医仙に呪われて生死をさまよっているらしいと報告すると、
とにかく王に会わないと!と王に謁見します。

例の文書について報告しますと毒殺事件の真相について語り始めたキチョル。
これは前王(慶昌君)が書いたもので、コンミン王が王位に就けば自分は死ぬ、だから忠臣たちよ
私を助けてくれという意味だと。
それをもらった大臣たちが集まったというのは理解できたけどじゃあ殺したのは?と聞く王に、
「私です」とアッサリ白状したキチョル。
王と高麗のために自分が始末してやったとぬけぬけというキチョルに、これはねつ造された証拠だと
王が言うと・・・しばし驚いたものの「誰がそんなことをしたんでしょう」ととぼけたキチョル。

自分のために反対勢力を殺してくれたお前に褒美を授けなければならないなと王が言うと、すかさず
華陀を遣わしてくれと要求したキチョルに顔がこわばる王。
自分の家に華陀しか治せない重病人がいる、天界から来たというのが本当なら治せるだろう、もし
治せないなら自分が秘密裏にあの女を始末するというキチョル。

ウンスはそのころ慣れないながらもヨンのために薬草を作ってて・・・

あの女人を殺すというのか?彼女がこちら側の人間だから怖いのか?と聞かれたキチョルは怖いのは
王だと答えます。
自分がほしいのは王の心で、自分と王を隔てているものをひとつずつ消していくというキチョル。
私の趣味は人の心を集めること、これが人生の醍醐味だっていうキチョルに、王はひとつ提案をだし
てきます。
医仙の心を7日以内に掴んでみろといい、(キチョルが)掴めたら彼女はそちら側の人間になる、
掴めなければキズひとつつけずに無事に返してほしいという王の賭けに乗ったキチョル。

ヨンにつきっきりのテマンは隊長の体が冷たくて脈もないとウンスに訴えますが、ウンスにはもう
打つ手がなくて・・・これ以上自分にできることがないというと、医仙なのに!とテマンが抗議。
「それはあなたたちがここへ私を呼んだからよ、頼んでもいないのに・・・」
テマンとトギは医仙の処置をあきらめてチャン侍医を呼びにいったのかな?

意識のないヨンに語りかけるウンス。
「ちょっと、王とあなたの話を聞いちゃったわ。こんな野蛮な世界で生きていくのがつらくなった
 のはわかるわ。あんなサイコみたいになったのも理解できるわ。でもあなた一人じゃないのよ。
 みんな生きて・・・遮二無二生きてる・・・なぜなら・・・なぜなら」

そのときヨンが心肺停止状態だと気付いたウンスは急いで人工呼吸を!
そこへチャン侍医とテマンが戻ってきますが・・・脈は感じられず・・・頭を抱えるテマン。

もう息がないからやめて下さいというチャンを振り払い、人工呼吸と心臓マッサージを続けるウンス。
「こんなのダメよ!どこへ行くのよ!こんな世界に私を置いて、それに刺したのは私なのよ!
 ダメよ!」
ウンスは必死にヨンに呼びかけます。
「言ったじゃないの!傍にぴったりくっついてろって、守ってやるって。
 だからここまで来たのに・・・」

泣きながら心臓マッサージを続けるウンス・・・そしてその涙がヨンの頬に落ち・・・
05_004.png
05_005.png

凍りついた世界にいたヨンにも彼女の声が聞こえてきて・・・
「守ってくれるって言ったじゃない!!」

そしてウンスの涙がヨンの氷を溶かし・・・
(この瞬間にウンスを守ることがヨンの生きる目的になったってことで)

チャン侍医は呼吸が戻ったとウンスに言い、戻ってきてくれたんだと笑みを浮かべてヨンを見つめる
ウンス。

王がウンスをキチョルに渡すと聞いた王妃は王を批判します。
どうして味方を敵に渡すのか到底理解できない、王は誰を守れば生きられるのかをわかっていないの
かと。
医仙を渡したら瀕死のヨンが死んでしまうかもしれないと心配する王妃に、あなたは私のことを心配
しているのか?以前極秘にヨンと会ったそうだけどと嫉妬してる王(笑)
私に関心を持ってくれているのですか?と質問する王妃もまたちょっとかわいいなぁ。
王が倒れれば自分も倒れるからといいながら、もちろん王を心配しているからだと王妃。
そう思うといてもたってもいられず夜中に礼儀もわきまえずにここへ来たと言う王妃に歩み寄ろうと
した王ですが・・・私が悪かったのです、もう二度と訪ねません。質問もしませんと部屋を出ていく
王妃。

キチョル弟が兵を伴ってウンスを奪いに典医寺までやってきてウダルチともめます。
チャン侍医が医仙は患者を世話しているからと引き取ってもらおうとしますが、これは王命だからと
その場で剣を抜き、いざこざに・・・
騒ぎに気づいたウンスが出てきたのでチャン侍医が中に入っててくださいというものの、ウンスは
傍で倒れている兵士を手当てしようとして。
キチョル弟はそれを手伝おうとしたチャン侍医を人質にしてウンスを無理やり連れていこうとし、
ウダルチがそれを阻止しようとしたものの、そこに副隊長がやってきてウンスに王命だからあなたは
彼らと一緒に行かなければならないとウンスを促し・・・兵士たちに連れて行かれてしまうウンス。

昨夜ウンスが引きずられるように連れていかれたと聞いた王妃はチェ尚宮に彼女は死ぬのか?
と聞きます。
利用価値があればしばらくは生かすでしょうとチェ尚宮は答え、価値がなければ死ぬことになる、
そうなればチェ・ヨンはどうなる?彼も死ぬのか?とつぶやく王妃。

翌朝ようやく意識を取り戻したらしいヨンに駆け寄るテマン。
「隊長!・・・隊長?」
呼びかけても目を開かないヨンに焦るテマンですが・・・
「目が・・・眩しすぎる」→きゃ~~ なんてことないシーンなのにときめくわ~♪
テマンが降り注ぐ光をさえぎってやると、ゆっくりと目を開けたヨン。
05_006.png

「それで全部話したのか?医仙が連れて行かれたことまで?」
チャン侍医に叱られているテマンですが・・・
「じゃあ聞かれても答えちゃダメだったのですか?隊長が聞いてるのに?」
と無邪気なテマン。
(テマンはさー隊長が死にかけたから医仙が口移しに息を吹き込んだって教えたのかな?
 ヨンに聞かれてないからその辺は言わなかったのかな?)

チャン侍医が案じた通り、さっさと出かける支度をしているヨンがそこにいて。

昏睡状態で生死をさまよっていたんです、医仙じゃなければあなたはもう死んでいたかもしれない。
脈が弱いから絶対安静にしててとチャン侍医が言いますが・・・
「ただ見ていたんですか?医仙が連れて行かれるのを」
と自分を非難するヨンに、王命だからと答えたチャン侍医。
「針を使うとか、殴るとかして彼女を気絶させて(彼女を)動かせないと言えばいいじゃないですか」
みすみす彼女を渡してしまったとチャン侍医を責めたヨンは以前奪った警察の盾を手に出ていこうと
したので制止するチャン侍医。
(ウンスのこととなると冷静ではいられないヨンなんだよね~ ニヤリ)

「王を守るウダルチが王命に逆らうつもりですか?」
「そうでなくても力が出ないんですから余計な体力は使わせないで、どいてください」
そんなヨンにチャン侍医は自分が処方した脈が安定する薬を渡し、内功は極力使わないようにと
(そうしないと内功が枯渇して使えなくなる)指示して。
キチョルは今名分を作ろうとしている、医仙が化け物だと民に公表し、それを操っているのは隊長だと
主張するでしょうから何か対策とかあるんですか?と聞くチャン侍医に、
「正面突破」
とだけ答えて出かけたヨン。(テマンもついていってました)

自分の屋敷を訪ねて来たヨンに驚くキチョルたち。
重病だったはずだけど医仙が治したらしいという報告をにわかには信じがたいキチョル。
ヨンがどれほどの実力の持ち主なのかも試してみることに。
(ウンスは本当に華陀の弟子かもしれないと少し思い始めてるキチョル)

立つのもやっとのはずのヨンが一人でキチョルの屋敷に行ったと聞いた王は彼が自分にガッカリして
いるからだと内官にグチります。
自分はヨンを信用しているけれど、彼は自分を信用していない。王妃もまた私を信じていないから
部屋まで来て私を非難したんだと。
自分に何を言っても無駄だから何も言わずに行った、医仙を渡したのには理由があるっていうことを
誰もわかってくれないのだと弱音を吐く王。

しばらく待たされたあとでやっと屋敷内に入れてもらえたヨンですが・・・中庭にウンスらしき人物
が椅子に縛られているのを見てそちらに向かい、阻む兵士たちを次々になぎ倒します。

でもそれはウンスの格好していたスインで・・・ヨンはスインの攻撃をかわします。
なんでわかったの?と面白そうに尋ねるスインに、
「オレが知ってるあの方はこんな風におとなしく座って待ってるだけの方じゃない」
(ウンスなら当然文句言って、暴れてるってことで・・・)

正面突破で兵士を倒すヨンを観察したキチョルは彼が病み上がりで内功をあえて使ってないことを
察知し、ヨンの内功見たさにウムジャに笛を吹かせて音功を繰り出させます。
使ってはいけないと言われてた内功を使いその音功をバリケードで防ぎながらウムジャに立ち向かった
ヨンですが、テマンが笛を吹いて・・・

そのころ宮殿では副隊長チュンソクが王に自分たちを隊長のもとに行かせてほしいと懇願してて。
7年間隊長のもとで代々の王を守ってきた隊長には忠誠心がある、王命に逆らったのも理由があるから
まずは彼を助けに行かせてほしいと。
そんなウダルチを王は一喝します。
自分が命令を出したときにお前たちも同席していたから命令を知っていて背くならそれは反逆罪に値
するから死ぬことになる、チェヨンは王命を知らないから反逆罪にはならないが、自分が医仙を渡すと
王命を出した以上は助けに行くことはできない、なんでお前たちはそれがわからないんだと。

ヨンは自分が暴れている間にテマンに屋敷内を捜索させていたらしく、テマンが案内します。
ウンスが監禁されている部屋の前で・・・さっきウムジャに攻撃されて出血した口と耳の血をぬぐって
からヨンは鍵を壊して中へと入ります。
ウンスはやってきたヨンを見て・・・
「・・・サイコ」
「遅くなりました」
ヨンの前に歩み寄ったウンス。
「・・・生きてるのね」
「大丈夫でしたか?」
ヨンの頬に触れて・・・
「熱も下がってる、助かったのね、サイコ。私が助けたのね・・・」
05_007.png

昨夜ここへ連れてこられて一晩中監禁されたとヨンに事情を説明しているウンスのところにキチョルが
ウムジャとスイン、ヤンサを伴って登場。
またお会いしましたねとヨンが言うと、キチョルがウンスを「お前」呼ばわりしたのでヨンは王が
医仙と呼んでいる方だから礼儀をはらってくださいと言います。
お前は命よりも礼儀のほうが大事なのか?と今この場でそのことを話すヨンに質問したキチョル。
「まさか・・・私はただその話を持ち出して、時間を稼いでいます」
「なぜ時間をかせぐ必要が?」
「後ろにいる方を連れて逃げることを考えています」
「私やこのたちを超えて、しかもあの子を連れてどうやって?」
「ダメですか?」
「もしやお前はウダルチ部隊を私の屋敷に配備させたか?」
「いいえ。私は個人的なことで動いたので王はご存じありません。ウダルチは王の命令なしには
 動きません」
「個人的なことで来たと?なぜだ?」
「個人的なことという言葉の意味をご存じないのですか?」
「私が個人的に・・・(後ろにいるウンスのほうに視線をやって)後ろにいる方に恋慕したからです」
ヨンの発言にウンスもテマンもビックリ。
05_008.png
05_009.png

「今・・なんと言った?」
キチョルもビックリ。
「恋慕する女性が昨晩連れて行かれたと聞いて黙っている男がどこにいますか?
 だからきました。それにもう人を傷つけたくありませんので私たちを自由にして下さいませんか?」


夏の撮影だったらしく・・・扇風機をミノ氏にあててあげるヒソンさん。
05_003.png
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する