ファsッション70’s 第4回 入れ代わる人生

ここでは、「ファsッション70’s 第4回 入れ代わる人生」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<4>入れ代わる人生

盗みに入ってアメリカ兵たちに見つかってしまった二人。
彼らの上司は優しい人で「もう来るんじゃないよ」とチョコレートをくれますが、英語で
言われても二人は当たり前だけど理解不能。
部下は今度見つけたら子供でも射殺するって鼻息荒いし・・・
そんな雰囲気はまったく読めない二人は、また入っても「アイラブユー」って言えば
何とか許してもらえるだろうとかなり楽観的で・・・
(英語でアイラブユーというのがごめんなさいという意味だと誤解して覚えちゃった)

ジュニ父はジュニが旅館にいないので途方にくれます。旅館の女将はしらばっくれますが
ビンがジュニ母が編んだジュニのマフラーを見つけてきて、これを忘れてジュニが出て
行くはずがないと女将に食い下がりますが、追い出しちゃったので居場所なんてわかる
わけないから、やっぱり知らないの一点張り。

ジュニとガンヒが解放してもらい、帰る途中でドンヨンが二人を偶然見つけます。
「オッパ~」って会えたジュニは喜びでいっぱいだし、ドンヨンも僕も会いたかったよと
再会出来たことを喜ぶんですが、ガンヒからジュニの両親が死んだと聞き、二人が住んで
いる部屋を見たドンヨンは父に相談して迎えにくるよとジュニに約束します。

でも連れていくのはジュニだけ・・・
ガンヒにむかって「母の指輪を返せ」というドンヨン。
ジュニがガンヒの母も亡くなったと言うとそれ以上はキツイことが言えなかったみたい。

ガンヒ母は自分のお金と物資をネコババした二人を見つけて追いかけまくります。

ジュニに必ず迎えに来るからここにいるんだよと約束してドンヨンは帰ります。
一緒に行けるように話すからねとジュニがガンヒに言うんですが、カチンときたガンヒ。
「指輪さえ返せばいいんでしょ!それで気が済むなら!」
と言い出します。(でも売っちゃったんだよねあの真珠)

ガンヒ母に追いかけられた二人は慌てて家に戻って逃げる算段をしますが、ガンヒ母が
乗り込んできて二人に殴りかかってきます。
で、男の方が娘のガンヒがいた場所を教えて、ガンヒ母の気がそれた瞬間に二人で素早く
逃げ出します。

慌てて二人を追いかけたガンヒ母が投げたトランクが階段を下りていた女に当たってしまい
女が死んでしまいます。呆然とするガンヒ母。
結局ガンヒ母はガンヒには会えないまま警察に捕まって連行されて行きます。

ガンヒは真珠を取り返そうとするんですが、質屋のオヤジから薬きょうを箱で持って
来たら交換してやると言われて、今度は危険な場所のほうへと忍びこむガンヒ。

ドンヨンは将軍(父)が帰ってきたのでお出迎えします。
で、父が用意した家にジュニと二人で住むと聞いておかしな顔をする将軍。
ジュニの両親が亡くなったことを父に説明するドンヨンですが、ジュニ父(コ社長)なら
今こっちに向かっていると父から聞いて・・・

ジュニとガンヒは軍の敷地に忍び込んで薬きょうを拾っている最中。

将軍のところへジュニの居所を捜して欲しいと頼みにきたジュニ父ですが、ドンヨンが
ジュニの居場所を知っていると聞いて思わず笑顔がこぼれます。
さっそくジュニを迎えに車で出発するジュニ父とドンヨン。

薬きょうを拾っていたジュニとガンヒをアメリカ兵が見つけて威嚇射撃をします。
「止まれ!」と言われても、英語がわからない二人は慌てて逃げ出すばかり。

ジュニが銃声に驚いて転んでしまい立てなくて「オンニー」といってるのにガンヒも
パニクって立ち止まってしまい、さっさと逃げられない状況に。
二人への攻撃がどんどん近づいてきて、ジュニは何とか立ち上がってガンヒのいるほうへ
走り出します。

そして一発の弾丸が二人を貫き・・・

アメリカ兵が死体を処理するようにいいますが、ジュニは何とか生きていました。
ガンヒは這うようにして何とか自力でその場から離れたらしく、激しい痛みの中で
「ジュニ、ごめん」とつぶやき泣きじゃくりながら気を失い・・・

ジュニ父とドンヨンは帰ってこないジュニをそうとは知らずに二人が暮らしていた部屋で
待ちつづけて・・・

そして三年後。
ガンヒ母はどうやら戦争が終わったおかげで牢からでられたみたい。
娘の消息がわからず途方にくれちゃったガンヒ母。

ジュニ父も養護施設などをまわってジュニを捜しつづける毎日みたい。
ある施設で子供たちの中に、テグでジュニと一緒にいたはずのガンヒを見つけたジュニ父。

逃げ出したガンヒを捕まえてジュニはどこだと聞きます。
ジュニが銃で撃たれて死んだとガンヒから聞いて生きる望みがなくなってしまい、妻に
謝った後で、死のうとしますがそれを見ていたガンヒが必死で引き止めます。

「ジュニだけ死んでごめんなさい。私が代わればよかった。本当にごめんなさい!」
自分の膝にしがみついて泣きじゃくりながら必死に引き止めるガンヒに、この子も母親を
失って一人なんだと再認識し、二人で生きていこうとガンヒを抱きしめます。

ガンヒ母はある施設でやっとガンヒを見つけたと思ったら、ジュニだったので驚きます。
で、ジュニにガンヒがどこにいるのか聞くんですが、ジュニはゆさぶっても全く反応なし。
(手の中に弾丸を持ってた?)

シスターにこの子は赤の他人ですって言ってるガンヒ母を、母親だと思い込んだジュニは
「オンマ~」としがみついて離れない。

どうやらジュニは撃たれたケガの痛みと恐怖で記憶をなくしてしまっているよう。
結局ガンヒ母はジュニの家がお金持ちだったので謝礼目当てでジュニを引き取ります。

それからまたいっきに何年か過ぎたのかな?
すご~く偉い人になってそうなドンヨン父(将軍)。
島をヘリでまわりながら、原子力発電所の候補地を探してたのがドンヨン?
その島で弾丸を手の中で遊ばせながら「テウル紡績 縫い子募集」の切抜きを握りしめて
いたのがジュニ?

ドンヨンのヘリがジュニの近くを飛んだもんだからジュニが持ってた袋が飛んでいって
しまいます。
で、ジュニが文句を言おうと近くに降りたヘリに向かって走ってきます。
そこで二人は出会って・・・

---------------------------
感想コメント

今回はかなりストーリーがテンポアップしていっきに大人になっちゃいました。

みんなすれ違っちゃったんですが、でもまた運命が4人を引き寄せ始めたみたいですね。

恋愛モードの展開を期待している私にとっては「待ってました~」という感じです。

ドンヨン父(将軍)の職業がなんなのかよくわかりません。
でもドンヨンは原子力発電所を作りたいのかな?
それに父ともう一人の偉い人が賛同してるみたいな?

この辺りはの展開をあんまりよく見てなかったので、内容とは関係ないことを祈ります。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://madakankoku.blog25.fc2.com/tb.php/54-05c6d3d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。