韓国ドラマ 最近視聴してるドラマなど <ネタバレあり>

ここでは、「韓国ドラマ 最近視聴してるドラマなど <ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
「愛情万々歳~ブラボー!マイ・ラブ」
 このドラマは4話まで見たんですが、今のところイチオシです!めっちゃ面白い!
「愛情万々歳~ブラボー!マイ・ラブ」
 このドラマは4話まで見たんですが、今のところイチオシです!めっちゃ面白い!

 主人公のジュミ(イ・ボヨン)は父親が不倫して愛人と出ていったことがトラウマで、自分は絶対に
 そんな人とは結婚しない!と固く決心し、ジョンス(チン・イハン)という平凡で優しい男性と結婚
 して夫婦でお粥屋をきりもりしてて、幸せいっぱいな毎日。

 ある日夫の強い勧めで母や叔母と一緒にグアム旅行へと行ったジュミですが・・・行きの飛行機で
 ジュミはアクシデントからドンウ(イ・テソン)にキスされ大騒ぎ!
 しかも旅先のグアムでは母を裏切った父ヒョンド(チョン・ホジン)とバッタリ出会ってしまい、
 ジュミはほろ苦い気分。
 
 そんなジュミを慰めてくれるのは愛する夫ジョンスのはずだったのに・・・
 帰国したジュミは夫が勝手にお金を持ち逃げし、離婚届けも出されていることを知って呆然。
 実はジョンスは浮気相手ヒスが妊娠したのでジュミと離婚したかったけど、簡単には離婚してもらえ
 ないだろうと綿密に離婚計画を練って実行してて。

 ドンウは弁護士なんだけどオンマが金持ちだから仕事がなくても困らないので遊びほうけてたけど、
 独身主義を気取って女をとっかえひっかえしてることにドンウ母が激怒!
 ドンウ母(キム・スミ)は息子ドンウを溺愛してるけど自分が稼いだお金を、ドンウもドンウ姉の
 ジュリ(ビョン・ジョンス)も浪費していることにあきれ果て、二人のカードを取り上げます。

 今後は弁護士事務所の維持費まで自分で稼がなければならなくなったドンウに危機感を抱いた
 事務所の所員が街角で勧誘して連れてきたのがジュミ!
 ドンウはジュミの離婚を無効にするために奔走することになるっていう展開でストーリーは進んで
 いってます。

 このドラマの何が面白いってドンウの家族のキャラが最高です♪
 特にドンウ母は最高で最強のキャラ!!
 英語まじりで息子とケンカするところなんか最高だし、そんなオンマに甘えまくってるドンウが
 可愛いし、働く妻を支えるために主夫に徹してるドンウ父(パク・イヌァン)も最高♪
 ドンウ姉のジュリも浪費さえなきゃけっこういい人なんだけど・・・実はこのジュリがキーマン。

 ジュリはジュミの両親を引き裂いた張本人なんだよね。
 16歳も年上のヒョンドに恋して一方的に惚れてアタックしまくって不倫関係になり、自殺未遂を
 起こしてやっと彼を手に入れ、その後彼との間に娘セラを授かりますが・・・
 娘との関係を見てるとまるで子供が子供を産んだような有り様。

 世間で働いたことがないみたいで、夫ヒョンドの給料じゃ賄えないぐらいの浪費をバンバンしてて。
 でもオンマの家でオンマのスネをかじって生きてるから夫に浪費のことを注意されても全然平気。
 夫に甘えるのも上手でなにかとこき使ってる様子。

 別れた元妻ジョンヒ(ペ・ジョンオク)とグアムで偶然再会してからは頻繁に思い出にふけっている
 ヒョンドですが・・・ジョンヒは体調の異変を感じて病院に行って検査を受けることにしますが、
 その担当医がヒョンドで、二人はまたも再会してしまいます。
 別れたとは言いつつもジョンヒもヒョンドもまだお互いを愛してるようだけど・・・どうなるかな?

 イ・ボヨンさんが冴えないアジュンマ役をしてるのも新鮮だし、イ・テソンがチャラい役を見事に
 好演してるのも見ごたえがあるし・・・子役で可愛い子を見つけちゃった♪

 ドンウの弁護士事務所の所員には小さい女の子がいて・・・ダルムっていう名前の子なんだけど
 とにかく可愛い~ あたしはこの子役ちゃんにメロメロよ~(笑)
 すごく幼いのに父親想いでいじらしいわぁ・・・ちなみに母親は死んだってことになってるみたい
 だけど、この所員がダルムに見せたオンマの写真がなんとジュミ叔母のジョンシム。
 ジョンシム(ユン・ヒョンスク)はこんな可愛い子を置いて離婚しちゃったの?
 
 過去に何があったのか気になる~~


「千回のキス」は20話半ばまで見ました。
 ついにジュヨンとウビンは自分たちの関係がもっと難しいものだと知ってしまい・・・絶望。

 従兄ウジン(リュ・ジン)に呼び出されたウビン(チ・ヒョヌ)と妹ジュミ(キム・ソウン)に
 呼ばれたジュヨン(ソ・ヨンヒ)。
 結婚の写真撮影でそれぞれ呼び出されたわけですが、その場に行った瞬間相手の人を見て愕然と
 します。
 ウジンの結婚相手がジュヨンの妹だったと知ったウビン、その後やってきたジュヨンもウジンの
 従弟がウジンだと知って呆然。

 ウビンの家族はウビンがバツイチで子持ちの女と付き合っていることを知って当然ながら大反対。
 やんわり反対していたウビン父でさえも、ウジンの嫁になる人の姉だとわかって強く反対。
 (韓国では一旦姻戚になっちゃうと結婚が難しいみたいですね~)

 誰にも祝福されない恋なのに・・・ジュヨンとウビンは相手を諦めきれず。
 ウビンもジュヨンもお互いの家族に大反対されたけど、どうしても別れられず。
 とくにウビンに至っては怒り狂ったオンマに家を追い出されたにも関わらず、さっさと部屋をみつ
 けてジュヨンと新婚みたいに買い物してるし(笑)
 当然ながら息子をたぶらかしたジュヨンをなじるウビンオンマ、自分のせいで彼女を苦しめてると
 苦悩するウビンは酔って警察沙汰にもなっちゃったりして・・・ついにオンマはジュヨンとの結婚を
 許しちゃって。

 ウビン側の家族の誰もが祝福しない結婚だってのに、ウビンは嬉そう。
 でもそんな環境で暮らすジュヨンが気の毒すぎるわぁ

 ウビンとジュヨンの結婚を両親が承諾したと知ったジソンはまさに顔面蒼白。
 ここに至ってついにジュヨン&ジュミのハルモニにウビンの母親が例の相手の姉だと教えます。
 ハルモニはそりゃもう驚くんだけど、それよりもウジン父のジソンに対する執着の深さに驚くし、
 さすがにジソンに同情してる感じ。
 <ジソンは夫の大学の教え子だったウビン母の弟と不倫?して離婚することになり、それが原因で
  弟は韓国から出されたらしく、最近アメリカで不慮の事故により亡くなってて。
  ウビン母はジソンとのことがなければアメリカで寂しく死ぬことはなかったとジソンを恨んでる。
 
  なのにウジン父はすべてを承知でジソンに執着して自分の後妻に迎えたもんだから、ウビン母は
  彼女を恨みながらも「義姉さん」と呼ばないといけない関係になって、恨みはますます晴れず> 
 
 薄氷を踏むような心境のジソンに追い討ちをかけるような出来事が知らないところで起こります。
 
 ウジンはジュミとすごく幸せに暮らしてて・・・オンマの顔さえ覚えていないというジュミのために
 ひそかに姉妹のオンマを捜し始め、調査結果はあっさり出ます。

 彼女のオンマだという人の写真を見たウジンは驚愕。
 だってそれは自分の継母で・・・

 これからはウジン&ジュミも苦悩するだろうけれど、結婚の話がまとまりかけてたジュヨンとウビン
 はより一層難しい展開になっちゃうね~ 

 「かぼちゃの花の純情」は30話近くまで視聴したんですが、ちょっと挫折しそう(苦)
 日々ドラマには珍しく子役時代があって、その子役がめっちゃ有名な子で好演だったので先の展開が
 気になり、ぐいぐいとのめり込んだのですが・・・

 このドラマって主役はジュンソン(ペ・ジョンオク)なのかな?
 あたしはずっとスンジョン(イ・チョンア)だと思ってたんだけど、出演時間もジュンソンのほうが
 圧倒的に多くて、困難にもめげずにがんばるヒロインのドラマだとおもってみてたこっちは戸惑う
 ばかり。
 ミンス(チン・テヒョン)もなぁ・・・好きになれないキャラなんだよね。

 で、一番の問題はこのドラマのキャラの誰にも魅力を感じないってこと(笑)
 あんなに序盤を盛り上げた子役ちゃんと入れ替わりになったイ・チョンアさんが嫌いってわけじゃ
 なくてヒロインの性格があまりにも素直じゃなくて好きになれない。

 ジュンソンはスンジョンの父ヒョンムクとグァンウン(『妻の誘惑』のウンジェ兄役)を天秤にかけ
 てヒョンムクを選んでグァンウンを捨て、その後妊娠して娘スンジョンを出産するものの、食品会社
 のミンス父と出会い、さっさとヒョンムクを捨てます。

 スンジョンは実はグァンウンとの間に出来た子で、ヒョンムクはその事実を知りながらもスンジョン
 を実の娘として苦労しながらも育て上げます。
 
 その間ジュンソンはグァンウンをうまくあしらいながら悪事の片棒を担がせつつミンス父の心を手玉
 にとってミンスとミンス父を仲たがいさせるようにして会社を自分のものにしようと画策中。
 
 手玉にとってると思ってたグァンウンが自分の立場に退屈して手に負えなくなったりしていますが
 今のところはまあまあジュンソンの計画どおりかな?
 でもまあ彼女の野望なんてどうでもいいんだよね~ 社長になったとしてそれからどうするの?って
 いう展望が見えない。
 こういう場合は自分の子供とかに跡を継がせるもんだけど、彼女には捨てた子供しかいないしね。
 自分を一番に考えてる人だから、後継者問題なんてもっと先のことだと考えてるんだろうけど。
 
 スンジョンは今のところミンスが大会社の御曹司だとは知らないままだし、ミンスと一緒に働き始め
 たレストランの社長が実の母親のジュンソンだとは夢にも思ってない状況。

 いつバレるのかとヒヤヒヤするほどのスリルもないんだよね。
 ジュンソンが娘の出現にビビるようなキャラじゃないし、欲と情を天秤にかけたら今はまだ欲のほう
 が強いんだもん。

 ま、プロローグでは喪失感に襲われてるジュンソンがフラフラして歩いてたからいつかはそんな日が
 来るとは思うけど、それを楽しみにみるほど魅力ないなぁ・・・
 
 ストーリーの展開もまあそんなに気になるほどじゃないし・・・とりあえずスンジョンが間借りして
 いたオ家の人たちの騒動を中心に見てます。そのうち挫折しちゃいそう。 

「栄光のジェイン」★★★★★★★★☆☆
 「シンデレラのお姉さん」で前よりも好きになったチョン・ジョンミョン氏と「シティハンター」で
 一気に好きになったパク・ミニョンさんが出演するというので必見だったこのドラマ。

 ウギョルではティアラのウンジョンといいコンビのイ・ジャンウ君の演技もはじめてみました。
 (彼の出世作「笑ってトンヘ」はまだ見てないので)
 
 子役があんまり可愛くないのにはちょっと笑えたし、野球のシーンがけっこう多いからスポーツもの
 なのかしらと思ってましたが違いましたね~
 
 ヨングァン(チョン・ジョンミョン)はプロ野球の2軍選手。子供のころに父が運転手をしていた
 会社の娘ジェイン(パク・ミニョン)と出会い、野球の面白さに惹かれてプロへと進みます。
 だけど情熱とは裏腹に今じゃクビ寸前。
 幼いころからヨングァンを見下していた裕福な家庭の息子イヌ(イ・ジャンウ)はプロ野球のスター
 選手なのに・・・父親に幼い頃から暴力をふるわれて育ったために緊張すると吃音になるわ、父に
 全く反抗できない状態。
 ジェインは子供の頃に交通事故に遭い、記憶をなくした状態で養護施設で育ちますが、境遇には
 ちっとも負けずに明るく前向きな性格で看護婦として忙しく毎日を過ごしてて。

 ジェイン父イルグ(アン・ネサン)とイヌ父ジェミョン(ソン・チャンミン)は親友同士でコデ商事
 を共同経営?していたんだけどジェミョンが裏金を作ってて。
 それを知ったイルグがジェミョンを自首させようとして車内でモメて交通事故を起こし、イルグは
 その事故で死んでしまいます。
 車を運転していたヨングァン父インベ(イ・ギヨン)はジェミョンに命を助けられたので彼の悪事に
 ついては口をつぐむしかなく、別の事故で記憶をなくしたジェインもジェミョンの命令で養護施設に
 預けてしまいます。

 成長したジェインはインベが父だと勘違いして彼を訪ねて行き、ヨングァンと自分は異母兄妹なのだ
 と思い込み、お互いを意識しあう仲に発展してもそれを決して口に出せない二人。
 インベはジェインを元の場所に戻そうと思い、真実を明らかにしようとしますがそれをジェミョンが
 黙っているはずもなく、不慮の事故でインベは命を落とすことに・・・。

 ヨングァンとジェインは自分たちの父の死の真相について知らず知らずのうちに近づいていくわけ
 ですが、ジェミョンの陰謀を知ってからは敢然と立ち向かっていきます。

 インベと旧知の仲だったコデ商事の営業チーム部長ヨンド(イ・ムンシク)のキャラクターもいいし、
 彼の部下たちもひとクセあっていいですね(笑)

 「製パン王キム・タック」の脚本家&演出家が手がけているので内容については退屈しませんね~
 
 だけどやっぱり「シンデレラのお姉さん」のチョン・ジョンミョン氏が忘れられないわぁ♪
    

「きらきら光る」★★★★★★☆☆☆☆

出版社の社長の娘として何不自由なく生きてきたジョンウォン(キム・ヒョンジュ)と書店で働いてて
ギャンブル好きな父親にいつも苦労させられているクムラン(イ・ユリ)。

ある日クムランが自分と両親の血液型が合わないことに気づき、やがて自分とジョンウォンが病院で
取り違えられていたということを知ります。

当然ながらお互いの家族はショックを受けますが・・・クムランは自分の人生に嫌気がさしていた
ので裕福な実の両親のところに行って暮らし始め、今までジョンウォンが自分の代わりにこんないい目
にあっていたのかと恨みを抱くように。

仲の良かったジョンウォンと両親の仲を策略で引き裂いたクムランはそれだけでは飽き足らず、編集長
でジョンウォンの恋人スンジュン(キム・ソックン)までも自分のものにしようと画策し始めます。

ジョンウォンの叔父としてJYJのユチョンの弟パク・ユファン氏が出ていますが、まあ爽やか(笑)
叔父ってことはジョンウォン父の弟になるんだけど・・・ジョンウォンよりも年下なんだよね~
ここもけっこう家族構成がややこしいです。

イ・ユリさんの前作「大胆な彼女」でのけなげで明るい演技が大好きだっただけに、今回の陰険で
自分勝手な復讐に走ってしまうクムラン役にはトホホという気持ちが正直ありましたが、終盤で自分が
ある人物にいいように利用されていることに気づいて改心してくれました。
ま、悪役とかいろんなキャラを演じてみないと演技の幅も広がらないしね~




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する