韓国ドラマ 迷わないで 81~84話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「韓国ドラマ 迷わないで 81~84話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第81回
いよいよミニョンに全てを明らかにする日がやってきて・・・

新婚旅行もドレスも結婚写真もすべて花嫁がキャンセルされていることを知ったミニョンはスヒョンに
そのことを尋ねます。
手違いだよね?と聞くミニョンに、「私がしたのよ、オッパとは結婚しないから」
と婚約指輪も結婚指輪も投げ捨てるスヒョン。

突然の態度豹変に声も出ないミニョンですが・・・最初から復讐するつもりで近づいたとスヒョン。

私にあんなことしおいてよくもまた近づけたわよねと肝臓移植したのに昏睡状態になったとたんに
自分を捨ててアメリカに家族で逃げたことを非難します。
そのせいで自分の家族が苦労したことを教えますが・・・ミニョンは知らなかったからものすごい
ショック受けてしまいます。

知らなかったと口にしたものの・・・とぼけるなんて図々しいわねとスヒョンは怒ります。

ソナと結婚したことも移植のことも再会したときに正直に話して謝ってくれればよかったのに、それを
黙ってるから復讐したのとスヒョン。

ミニョンは自分が手術した病院へ確かめに行き・・・スヒョンがドナーだったことを確かめます。
他の人はみんな知ってるのに本人だけが知らなかったなんてまあ気の毒な話。
それも知らずに自分は再会したスヒョンとまた恋仲になろうと思ってたのがいたたまれぬミニョン。

ミニョンは次にソナのところに行き、お前も知ってたんだろ!?と追及し、仕方なかったのよと弁解
するソナ。
お義母さんが隠してたし、ジホがおなかにいたからあなたには生きてもらわなきゃいけなかったのと
自分も共謀してかくしていたことを正当化するソナはついでに子供ができたことも言おうとしたのに
触れようとしただけで、虫唾が走ると嫌われちゃって(笑)

ジョンスはミニョンを何とかとりなそうとしてたのに・・・帰宅していきなり肝臓移植のことを口に
したミニョン。
あれだけ罵倒したスヒョンになんで頼んだんだ?頼むべきじゃなかっただろ!?と怒れば、やっぱり
ジョンスは移植してくれたから結婚させるつもりだったけど昏睡状態になっちゃったんだから仕方
なかったのよ、看病で人生を台無しになんてして欲しくなかったとジョンス。

お前を愛してるからこそしたことなのよと自分の行動を正当化するオモニに、
「もう僕を愛さないでくれ!オモニがしたことで僕は不幸になった!!
 愛されれば愛されるほど苦しいんだ!」
と叫ぶミニョン。
結局自分のために全部やったことじゃないか、これから僕の人生は台無しになっていくんだ、
僕の人生はカラッポというよりクズだよ、僕の人生は落ちるところまで落ちた、オモニが彼女にした
ことは絶対許さないと言い捨てて家を出てしまったミニョン。

テウはこのままジョンスをなんとかするべきだといいますが、焦りは禁物だとテウ父は警告します。
彼女が大株主であることを忘れてはいけない、準備ができてからこそ攻撃するべきだと。

スヒョンはオンマに全て終わったと話します。
ソナも理事長もミニョンも・・・全部おわったと聞いて安心したヨンランに笑顔を見せるスヒョン。

だけど・・・ミネが改めて自分の家族がしでかしたことを謝り、知ってたらテウオッパとのことも
ジャマなんてしなかったと心から詫び、スヒョンは何も知らなかったんだからと許します。
そしてスヒョンはミネから、あれは全部オンマがしたことでお兄ちゃんは何も知らなかったのと聞いて
すごいショック受けて。

ソナに確認してみたら勝ち誇ったようにあんな復讐したのに知らなかったの?とスヒョンを非難。
話したらあなたと彼が結ばれることになったからわざと黙ってたのよとイジワルなソナ。

スヒョンは急いでホテルに滞在しているミニョンに会いに行き・・・
---------
第82回
酒を浴びるように飲んでヨレヨレ状態のミニョンに会いに行ったスヒョンは昔のようにミニョンを
オッパと呼びますが・・・元々自分が病気にならなきゃこんなことにならなかったと全部自分のせい
だと謝るミニョン。

何も知らずに再会して君との結婚を夢見ていた自分が憎くてたまらないと自分を責めるミニョンに、
スヒョンは耐えられず泣いてしまって。
ソナとジョンスに復讐の刃を向けたまではよかったものの、ミニョンは何も知らなかったんだから
刃を向けるべきではなかったんだよね~
罪の意識に苦しめられるミニョンを見て、スヒョンもまた復讐した代償を払うことになって心が痛く
てしょうがない状態に。

テウはミネから兄が本当に何も知らなかったんだと聞いて驚きます。
ミネは兄もスヒョンさんも傷ついて放心状態になってるはずだから慰めてあげてと言いにきたみたい。

お前は何も悪くない、自分を責めるな、もう終わったんだからあとは自分を慰めて心の中のしこりを
とるんだと優しく声をかけるテウに泣きじゃくるスヒョン。

ジョンスは息子と連絡がとれず心配してホテルに行きますが、ミニョンはホテルを引き払ったあとで。
どこに行ったのかな?

マンスが復刻版のパンをネットで販売したおかげで売上が伸びたらしくチームは大盛り上がりなのに、
スヒョン一人が沈んだまま。
しかも心が空しくてこのまま会社で働いていられないと辞表を提出するありさまで・・・そんな風に
ヘコんだままのスヒョンをみていられないテウは彼女を連れて車を走らせます。

なぜか海までやってきたテウはいやがるスヒョンをグイグイ引っぱっていき・・・ザブーンと海に
放り投げちゃって。
お前のそんな姿をこれ以上見ていたくない!お前の目の前にいるオレを見ろ、オレを見てくれよ!と
必死に訴えるテウに・・・スヒョンは思いっきり泣いて。

その日はそのまま海辺の宿に泊まります。
オンマに今日は泊まって帰ることを連絡したスヒョンから電話を奪って自分が一緒にいるから安心して
くださいとテウ。
ヨンランは朝スヒョンが泣いてたみたいだから心配してたんだけど安心したとチュンヒに言います。

思い切り泣いて疲れたのかスヒョンは寝ちゃって・・・幸せそうに添い寝するテウ。

ジョンスはテウとテウ父の株の保有数を調査、ついでに他の有力株主の調査も急がせます。
(おー まだまだ諦めてはいないみたいね)

テウはこれからは自分のやりたいようにやるとスヒョンに宣言。
で、スヒョンにお嫁に来て欲しいと言います。
ためらうスヒョンに、オレを苦しめた償いにオレの元へ嫁にきてくれたら今までのことは許すと。
それでやっと罪の意識に捕われていたスヒョンもテウとの未来を考えて歩き出して・・・

夜になってやっと帰ってきたテウとスヒョンをさすがに叱るヨンラン。
テウはその場でチュンヒとヨンランにスヒョンと結婚させて欲しいと頼み・・・
---------
第83回
膝をついたテウをチュンヒが手を延ばして起こし、いつ結婚させようかと考えていたんだと賛成して
くれて。
で、式はいつにしようとヨンランが聞くと・・・なんとテウは10日後に結婚したいと言い出して
さすがに唖然のスヒョンたち(笑)
待ちすぎてたのでもうこれ以上は待てないとテウはすぐにでも嫁に来て欲しいんだってさ~

帰宅したテウは顔が嬉そうだとミスンにからかわれてて。
そんな両親にスヒョンと結婚することを話し、彼女が同意してくれたことを報告します。
向こうのご両親も了解してくれたと言えば、ミスンもテウ父も喜んでくれて・・・

早速ヨンランがミスンを訪ねてきて、ミスンと二人でジョンスの話で大盛り上がり。
まあでも気分が悪くだけだからと結婚式場や新婚旅行のことを話題にしますが・・・ミスンは同居
するつもり、ヨンランは新婚なんだからと別居させるつもりでいきなり意見が分かれます。
早速嫁の母親と姑の対決になっちゃってて(笑)

ジョンスはミニョンの居所がわからなくてイライラしてるんだけど、ミネにはちゃんとメールが来て。
地方で心の整理してるからという内容だったらしいのに、地方のどこよ!と捜しにいきかねない様子
のジョンス。
お願いだからオッパをそっとしておいてよ!とミネもオンマにはきつく言ったものの、気になって
ソナにミニョンが行きそうなところを訪ねます。
心当たりがあったソナはスヒョンとミニョンの思い出の場所に行き、ミニョンを見つけます。
だけどミニョンはソウルにはまだ戻るつもりはないみたい。
ソナはこの機にすべてを忘れて一緒に再出発しようといいますが・・・まだそんな気になんかなれない
ミニョン。
そこでソナは二人目ができたと喜んで報告します。
てっきり喜んでくれると思ってたのに、ミニョンはまた妊娠で僕の足を引っ張る気なのか!?とソナ
を思いっきり拒絶。

ソナはミニョンに会ってきたことをジョンスに報告します。
元気だから心配いらないけど今は行かないようがいい、誰にも会いたくないらしくて私も追い出された
とソナが言ってるのにまだ行こうとするジョンス(笑)
お義母様がいけば彼は他に行ってしまうとソナがやっと引き止めて。

テウとスヒョン両家の顔合わせ。
いつまでもチュンヒを「オッパ」と呼ぶミスンを注意するヨンラン(笑)
で、ミスンは式場の予約はこっちでするし、同居させるって言い出してヨンランと対立。
お互いの父親は苦笑気味(笑)
今から姑風を吹かせないでよとヨンランが文句言えば、私はテウの母親なんだからとミスンも主張。
ま、スヒョンは別に同居しても全然構わないらしいからこの件は同居で解決ってことで。
テウが家族と仲良くしてくれてるから嬉しいし、もっと仲良くなるために同居するのは大賛成だって。

指輪を一緒に選んで、結婚写真を撮って、家具も楽しそうに選ぶ二人。
結婚したら何がしたい?というスヒョンの質問に、ラフな服装で二人で缶ビールでも飲むっていう
夫婦として当たり前のような光景を夢見てるテウ。
ちなみにスヒョンは朝寝坊して、ダンナが朝食を作ってくれるのがいいんだってさ。

そんな幸せな二人をよそ目にジョンスは株主の調査を続けていて。
ジョンスは総会議決権をおもな個人株主たちから委任させようと画策してまわってる様子。
経営戦争に関わるつもりはないという人にはその人の弱味をつかんで脅迫してまで委任状にサイン
させてまわってて。

脅迫する材料のない株主にはお金でなんとか協力を要請してて・・・だけどその中にはチュンヒの部下
がいるんだよね~ まだジョンスは気づいてないみたいだけど。
---------
第84回
今のところテウ父に教えるのは時期尚早だから自分たちで動こうとチュンヒは指示をだします。

テウとスヒョンは同僚たちに結婚を報告し、またもやガルは何も知らなかったと泣くガル(笑)

ソナはジョンスに会ってジホを父親に会わせたいと許可をもらいにいきます。
これはチャンスだとジョンスはソナを尾行させてミニョンの居場所を探るつもり。
ジホを連れていったけどミニョンの態度は前とあんまり変わらず。
それでソナはテウとスヒョンが結婚することを話してミニョンに諦めさせようとしますが、よかったと
口にするミニョン。(スヒョンが幸せになってくれることを心から喜んでる感じで)

ジョンスはテウとスヒョンが結婚することを会社の掲示板で知ります。
で、スヒョンの前に現れたジョンスは息子を不幸にしておいて自分は結婚するなんて許されるとでも
思ってるの!?と言います。
だけど今度は私も黙っていませんとスヒョンも応戦してて。

テウは秘書から最近ジョンスがデリーシューの株を買い占めていることを報告します。
不良米の件をマスコミに流して株価を下落させたのもこの買占めが目的だったのでは?とテウが父に
報告したので、テウ父はジョンスに問いただします。
だけどやっぱりジョンスはとぼけちゃってさー
来週まで待つから退職してはどうかとテウ父はジョンスに最後通牒をつきつけます。

スヒョンはジョンスが何をしてくるのかちょっと心配になっちゃって。
そんな心配そうな娘にチュンヒが何か心配事でも?と聞き・・・ジョンスがスヒョンを脅していること
を知るチュンヒ。

ジョンスは前に会った個人株主が実は本当の持ち主じゃないと知ります。
実質的な持ち主が会いたがっていると聞いて会いにいったジョンスはチュンヒが出てきて動遥。
こっちも株を買い占めてるという話を持ち出し、テウとスヒョンの結婚について妨害でもしようもの
ならあの本の主人公はあなただってことを暴露するとジョンスを脅します。
婚約式のようにムダなあがきはやめておくことだとチュンヒはジョンスを止めたつもりなんだけど。

ジョンスは財団への支援金についてもチュンヒが裏で手を引いて支援を止めたらしく、今度の件でも
チュンヒが妨害したことで絶対倒してやると思ったみたい。
彼の弱点を探るようにと部下に命じる一方で、値段に関わらず株を買い占めろと指示を出すジョンス。

明日は結婚式という前夜。
ヨンランは母親らしくスヒョンの手術痕のことを気にしてて、このことで二人の仲にヒビが入らないか
心配してるんだよね。
スヒョンもやっぱちょっと引っかかってはいるんだけど・・・テウはそんなこと気にしたりしないね。

テウ父もまたこんな息子をもってよかったと言えば、テウも父さんがいてくれて心強いよと素直に自分
の気持ちを伝えます。
ミスンも加わってなんだか感慨深い夜を過ごすテウの家族たち。

結婚式当日。
スヒョンはソンミたちと楽しく写真撮ったりして過ごしてるのに水をさすようにジョンスがきて。
今後うちの家族たちと縁が切れるかしらねと意味深なことを言って立ち去っていきます。

ミニョンは物陰から幸せそうなスヒョンの様子を見てて・・・テウが気づいて追いかけます。
ヒョンを誤解していたと謝るテウに、スヒョンを頼むとミニョンは言います。
お前ならスヒョンを守ってやれるからと。

ミニョンはジョンスに声をかけられ、彼女を妨害しにきたのかと警戒します。
ジョンスはあなたに会いにきただけよといいミニョンのやつれた様子に心配しますが・・・好きな
ように生きるからほっといてくれ、テウとスヒョンを今度苦しめたりしたら僕は何をするかわからない
ぞとジョンスに警告して去っていきます。

二人の結婚式は何事もなく無事にすみ、新婚旅行へと旅立っていきます。

ジョンスは動かせる資産を総動員して株を買い占め、なんとかテウ父より4%多い状態にもちこみます
が、チュンヒの分が入ると7%足りないと報告を受けます。
じゃあ不動産を処分してでも株を買い占めてと指示を出しますが・・・市場にデリーシューの株が
出てこないと言われちゃって。(チュンヒが買占めを防いでくれてるみたい)

で、他にデリーシューの株を持ってる人はいるけどリスクのある取引だと部下は言います。
損をする取引はしない人だと言ってるんだけど・・・10%も株を持ってるならぜひ会いたいとその
人物と会う約束を取り付けるように指示するジョンス。

こっちの状況を知ってるみたいだから足元を見られるに違いないと取引をやめるように言ってるのに
それだとスヒョンたちに一杯食わせるのはムリだと判断したジョンスは自分の持ち株全てを担保にして
取引を成立させて。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する