韓国ドラマ 迷わないで 73~76話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「韓国ドラマ 迷わないで 73~76話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第73回
驚きから解放された途端に「何を企んでるのよっ!!」とつかみかかりそうな勢いでスヒョンをなじる
ジョンスですが・・・当然ながらミニョンはスヒョンをかばうし、スヒョンは彼を愛しているし、やり
直したいんですといいます。
そっちの家族はご存知なの?と痛いところを突かれ、家族は自分が説得するとスヒョンは答えます。

ジョンスは怒って先に帰ってしまいますが、あとから帰宅したミニョンはなぜスヒョンとの結婚に反対
するんだ?とわざわざ聞きます。
昔は貧乏で母子家庭だったけど今はその条件はクリアされてるから何が気に入らない?とミニョン。
こっちは子持ちで離婚歴があるから向こうの両親が反対するならともかくオモニが反対するのはおかしい
と言い出すミニョンに負け気味のジョンス。
しかも今度は前みたいに言いなりになんかならない、絶対に彼女と結婚してみせると毅然とした態度を
示すミニョンに困るジョンスさん。

ミスンは夫からスヒョンが婚約式をスッぽかしたのはジョンスがテウの出生の秘密を武器に脅したから
だと聞いてめっちゃ驚いてて。
やっぱりあの女は性悪だったのよ!とテウ父に悪口言いまくったあと・・・早く言ってくれればいい
のにこれじゃ私が悪者じゃないといたたまれない様子。

ソナはマスコミから今の心境を語って欲しいと番組の出演依頼がきますが即答で断ってて。
だけどオンマはどうせ人の離婚話なんですぐに忘れるんだからお金貰ってしゃべればいいのにと
またもやソナを怒らせるようなこと言ってて。

ジョンスはスヒョンの職場までやってきてスヒョンをいきなり平手打ち。
スヒョンは何も知らないフリしてミニョンさんと結婚させて欲しいだけなんですと3年前と同じように
訴えますが・・・記憶が戻ってるんでしょ?とぼけるのはやめなさいと追いつめるジョンス。
息子は騙せても私は騙されないわよ!今さら何も変わらない、あなたなんかに負ける私じゃないから
今度息子に近づいたらあんたか私のどっちかが滅びるわよと警告。
同僚が見ているのを承知のうえで、復讐ってなんのことですか?記憶が戻ったってどういうこと?と
とぼけ続けるスヒョン。

ソンミはジョンスに記憶が戻ったことがバレちゃったんなら計画は失敗じゃ?と言いますが、彼女が
勘付くのは先刻承知の上だったようで、今度はあの女の大事なものを奪ってやるとスヒョン。

ミニョンは同僚からスヒョンがオモニに職場で平手打ちされたことを知り、オモニに猛抗議。
彼女はあなたを愛してなんかないわ、目を覚ましなさい!と言いますが・・・その理由はなんだよ?
と息子に聞かれ、真相が言えないジョンスは説得力も鈍くって(笑)
復讐が目的で彼女は近づいているんだと言いますが、もうオンマの言いなりにならない、何があっても
彼女と離れるもんかと息子の意志は固くって。
自分よりも彼女を選ぶ、オンマに自分の人生を台無しにされたくないという息子の言葉に絶句して
しまうジョンス。

テウとミニョンは会社の方針を巡って対立。
加盟店の撤収を推し進めるミニョンと、簡単に加盟店をつぶすべきではないと反発するテウ。
テウは加盟店の売上を倍にすることで撤収をさせないようにミニョンと約束をし、さっそくテウは
スヒョンを連れて店を見にいきます。
高級感がありすぎて近隣の人が近寄りがたいのでは?とスヒョンは推察し、昔売っていたパンを限定で
販売してみてはどうかとアイデアを出します。

屋台で並んでうどんをすする姿はなんだか懐かしくて・・・とスヒョンが言えば、時間的には遠く
なったかもだけど距離は近づいたとテウが言います。
あなたに申し訳ないというスヒョンに、どんな犠牲を払ってもお前を守りたいんだとスヒョンの手を
握って言うテウ。

スヒョンと連絡がとれずイライラしまくるミニョン。(焦らす作戦のスヒョンかな?)

ソナは毎日酒びたりの日々で・・・
----------
第74回
ミスンは仕事ばっかりで家にあんまり夫がいなかったから自宅療養しているのもなんだか嬉しそう。
ジョンスがついに息子の嫁を追い出したという話を嬉々として話していたら夫に注意される始末(笑)

ミニョンはテウに自分が離婚したことを勝ち誇ったように報告してて。(知らぬが仏だよ)
あとでスヒョンからいきなり別れ話を持ち出されてしまい、慌てまくるミニョン。
覚悟はしてたけどいざ直面してみたらやっぱムリだった、自信がなくなったから結婚の話は白紙に
戻させて欲しいといわれちゃって呆然のミニョン。

テウは二人の離婚に関係してるのか?と率直にスヒョンに尋ねます。
そうだと答えるスヒョンに、ヒョンとやり直すつもりか?と不安になって聞くテウ。
その覚悟も辞さない構えだから苦しめることになると思ったとスヒョンはそばにいてくれるテウに
申し訳ないといいます。
だけどあなたがいる限りは心配させるようなことはしない、私を信じてくれる?ともいうスヒョンに
手を引けとは言えなくなってしまうテウ。

帰宅したミニョンはさっさと荷物をまとめ始め、ジョンスは話し合おうと引き止めます。
オモニのせいで彼女が別れ話を持ち出したんだと怒るミニョンに、スヒョンは怖い女なの、あなたの
人生を壊すに違いないとジョンスが言えば、僕の人生を壊したのはオモニだ!と断言するミニョン。
自分は何一つ自由に出来なかった、もうウンザリなんだ、仕事も女性も好きに選びたいといい、
どちらかを選ぶならスヒョンを選ぶ、オモニには悪いけどこれが僕の答えだとさっさと出ていく息子
を必死に呼び止めるジョンスですがさっさと出ていっちゃうミニョン。

ホテルから家を出たことを嬉そうにスヒョンに連絡するミニョン、それに対して口ではいいこと言い
ながら冷たい顔のスヒョン。

ジョンスはチュンヒに結婚を止めて欲しいといいますが・・・いくら親でも子供の結婚に口を出すのは
よくない、止めるなら息子さんを止めたほうがいいんじゃないですかとにべもない態度。
(一番手ごわいチュンヒにスヒョンを止めろというのはムリな頼みなのにね~)

ヨンランはテウを会社まで訪ねていき、スヒョンのことが心配だと話します。
テウは自分がなにがあっても守るからとヨンランを安心させてくれて・・・でもその後偶然ミニョンと
会ってしまったヨンラン!
あんなに捜して会えなかったミニョンにいとも簡単に再会しちゃったヨンランはミニョンが挨拶を
しようとしているところをいきなりビンタ。
「誰があなたの『お母さん』よ、娘に何をしたのか忘れたの?」
と怒りまくるヨンラン。(肝臓移植のことを言ってるんだけどミニョンは知らないもんね)

自分はスヒョンを愛してるとミニョンが言いますが・・・記憶のない娘に近づいたくせに!とそのこと
を責めます。
娘を裏切ってソナと結婚して子供まで作ったくせにと責められますが、それでもスヒョンを愛してると
ミニョンは涙ながらに訴えて。
肝臓移植の話をしようとしたところへジョンスがやってきてロビーで騒がないでと怒ります。

で、ちょっと二人で話そうとヨンランを誘ったジョンスは娘さんが息子と結婚したいと言ってるのよと
話を切り出します。
テウ君の出生の秘密で娘を脅したくせになにをヘンなこというの?というヨンランに、ミニョンはソナ
と離婚し、スヒョンは結婚させてくれって私に言ってるのよと言います。
その話に驚愕のヨンラン。

スヒョンはロビーでひと騒動あったと聞いてジョンスのところへ行き、なんと土下座します。
彼がまだ私を愛してくれているから結婚したい、お義母様の承諾をもらえるまで待ちますと殊勝な態度
を示すスヒョン。
そんな彼女にあなたのことがホントに嫌いだわ!とジョンスは強硬な態度を崩さず、ヨンランの悪口を
いう有り様。

そっちがその態度なら・・・と、スヒョンはミニョンにペアのペンダントをつき返します。
やっぱりムリなのよ、私たちはもう終わりなの、お願いだからもう電話もしないで会いにもこないでと
言ってさっさと部屋を出ていきます。

帰宅したスヒョンはオンマにどういうことだ?と聞かれ・・・自分たちと同じ目にあわせるために
そうしているんだと答えます。
あの家族への恨みは私のほうが大きい、ミニョンには会うのはおろか結婚なんてして欲しくない、
復讐なら私があの人たちを殺して終わらせてやると怒るヨンラン。
だけど復讐が終わらないと生きてる気がしない、今辞めたらどうせまたあの人たちにひどい目に
あわされる、今までの苦痛から解放されたいのよ、幸せになる権利は私にもあるでしょ?と涙ながらに
復讐の気持ちを語るスヒョンに・・・負けてしまうヨンラン。

スヒョンが一方的に連絡を絶ってしまったのでミニョンはそれが辛くって酒浸り。
ジョンスは息子が出勤してこないのでめっちゃ心配してて・・・ホテルから連絡があり駆けつけると
飲んだくれた息子の姿が。
しかも薬を飲もうとしてたらしく、オモニのせいでスヒョンとダメになったからこれで全部を終わらせ
ようとしたけどジホがいるからと思いとどまったと言います。
自分にとって女性はスヒョンだけ、彼女がいなかったら生きていく自信がないと泣くミニョンに・・・

スヒョンを呼び出したジョンス。
疲れ果てて別れを切り出したというスヒョンに、私は話を鵜呑みになんかしないわよとジョンス。
最後に本音を聞かせてというジョンスに・・・おっしゃる通り復讐のためでした、彼のことが憎くて
結婚したかったと言い出すスヒョン。
だけど私は彼を心から愛してるんです、だから結婚を諦めたんです、愛してるからと涙を流すスヒョン。
------------
第75回
息子が憎かったけど、愛してるから結婚を諦めたと言うスヒョンの言葉に迷いが生じたジョンス。
これこそがスヒョンが狙ってた効果らしく・・・ジョンスは考えた末にスヒョンとの結婚を許可します。
デリーシューさえどうでもいいというミニョンでしたが、オモニから結婚を承諾してくれると聞くと
感謝の涙を流してて(笑)

チュンヒは会社に行って溜まってた仕事を片付け、帰宅してヨンランが出迎えてくれることが嬉しくて
しょうがないみたい。
テウ父もまた一緒にいたがるミスンを微笑ましく思ってて(笑)

ミニョンは早速スヒョンにオモニが許してくれたと大喜びで報告にいきます。
だけどオンマが反対してるから・・・と心配そうにスヒョンが言えば、僕が説得するよと前向きな
ミニョン。(説得する自信があるって・・・知らぬが仏だよ)

スヒョンを呼び出したジョンスは3年前も今もあなたを信用なんかしてないといいます。
承諾したのは息子のためであって、あなたの愛は信用してないというジョンス。

善は急げとミニョンはヨンランに挨拶に行きますが・・・良心があるならここにはこないはずよと
いうヨンランに、土下座したミニョンは挽回するチャンスを下さいとスヒョンとの結婚を承諾して
欲しいとお願いしてきて、怒ったヨンランはいきなり水をぶっかけます。
そんなもん絶対に許せるはずのないヨンランは私が生きてる限りはムリよと許してはくれず。

ジョンスはミニョンが断られるとは思ってもみなかったらしく、両家の顔合わせのこととか話題を
出してきて・・・スヒョンの家族が断るなんてとんでもないって思ってるみたい(笑)
ミニョンはせっかく賛成してくれたのでここで反対されてるなんて言うのはマズいと思ったらしく
話をあわせてしまいます。

ミネはミニョンとスヒョンが一緒にいるところをみてビックリしてて。
お前に紹介するのが遅れたなとスヒョンと結婚することを嬉そうに言う兄に呆れるミネ。
何にも知らないミネはスヒョンを悪い女扱いしちゃって、テウオッパの次はオッパがあの女に
たぶらかされたんだと怒りまくります。
で、ミニョンはスヒョンが初恋の相手だったことをミネに初めて語り、ビックリなミネ。

早速ミネはテウに連絡し、スヒョンさんとお兄ちゃんが結婚することになった、オンマも承諾したのよ
と報告します。

その話に驚いたテウはスヒョンを呼び出し、何も言わずに彼女を車に乗せてミニョンの家のマンション
まで連れてきて。
ヒョンに全てを話す、結婚は復讐のためだと教えて全部終わらせるというテウを必死で止めるスヒョン。
お前にはオレが見えてないのか?ヒョンと会うだけでもイヤなのに結婚なんてと憤慨のテウ。

結婚なんてするわけない、私は彼を憎んでるのよ、だけどあの人たちに復讐しない悔しくて胸が張り
裂けそうなの、分かってる、復讐したって私が受けた傷は消えることない、でもどうしようもないの
こうするしかないのよと全てをやり遂げてしまわないと動くことができないというスヒョン。
テウを愛してるけどこのままじゃ幸せになれない、私を信じてもう少しだけ待ってて欲しいと懇願する
スヒョンを・・・結局諦めて抱きしめるしかないテウ。
(ジョンスの家の近所でそんな抱擁してちゃダメなのでは?)

ソナは息子のジホから夫が結婚すると聞いて驚きます。
職場まで行ってそのことを確かめたソナは、あんたの狙いはこれだったの?!と問い詰めますが、
そうよとアッサリ認めたスヒョン。
あなたは一人になって私はミニョンオッパと結婚する、これで元通りでしょ?と勝ち誇るスヒョン。
そんなスヒョンの胸ぐらを掴んで「まだ気がすまないの?」と聞けば、当たり前でしょと冷たく答える
スヒョンで・・・そこへミニョンがやってきて。
---------
第76回
自分と離婚したばかりなのに再婚するつもり!?とミニョンを問い詰めるソナ。
ジホはまだ幼いのにと理由を持ち出しますが、スヒョンがなついてるし、オモニも承諾してくれたと
聞いて呆然のソナに、またスヒョンを苦しめるようなことがあったらタダじゃおかないと怒る元夫。
悔しいソナはジョンスに言いつけにいきますが・・・復讐かどうかは結婚させてみればわかるわと
様子をみてみるというジョンスに我慢できないソナ。

もうあんたは離婚したんだからアンタの考えなんて聞きたくないとソナを相手にしないジョンスに
またもや「オモニ!」と声をあげるソナ。
帰宅してみればナリョンがジホに花札を教えてて・・・ま、模様とかを教えてただけなのに神経質に
なったソナは「あーーーっ!!」とヒスを起こして逆にジホを泣かせる始末。

両家の顔合わせの日。
ジョンスとミニョンは待ってるのにチュンヒとヨンランがいっこうにこなくて・・・それもそのはず
スヒョンがそのことを教えてないんだよね。
で、両親がこないことを知ったジョンスは激昂。
スヒョン両親が結婚に反対していることを知って大いにプライドを傷つけられたジョンスは呆れて
口が塞がらず。(ざまーみろ)
自分が承諾してやったのに反対してるとはどういうことよ!と怒りまくってて。

ミスンは夫に洋服を買ってもらってご満悦。
なのに帰宅したテウからも「ついでに買ったんだけど・・・」と言いながらおみやげをくれたので
ものすごく喜んじゃって。
あなたはスヒョンさんに会ってから優しくなったわねと自分が誤解してたことを話すミスン。
いいこと尽くしのテウ一家だわねぇ。

両親が反対していることをなんで言わなかったのよ!とジョンスの怒りの矛先はスヒョンへ。
で、スヒョンからミニョンが結婚を承諾してもらうためにヨンランに会って土下座までしてたことを
知って余計に血圧が上がるジョンスさん(笑)
あんたはプライドがないの!?水までかけられたんですってと怒りまくったジョンスはもう絶対に
結婚を許可しないわと興奮しまくり(笑)

困ったミニョンはチュンヒのところに行って結婚を許して欲しいとお願いします。
顔合わせがあったことなんて初耳ですが、それをおくびにも出さないチュンヒ。
妻が猛反対してるから君の望む返事はしてあげられないと答えたチュンヒですが・・・ミニョンが心の
底からスヒョンのことを愛してるのは間違いないみたいで・・・腑に落ちないチュンヒ。

家に帰ってヨンランにそのことを話しますが、当然ながらヨンランはそんなことないわと否定。
心から愛してるなら昏睡状態の娘を放っておいて渡米なんかしないという妻に、それでもなんかやはり
腑に落ちない、スッキリしないと鋭い考えのチュンヒ。

社内でテウとスヒョンが仲良さげに話をしているところを見かけてしまったミニョン。
彼とはもう無関係だというスヒョンに、いっそのこと会社を辞めてくれと言い出すミニョンに、結婚
しても仕事は辞めるつもりがないとスヒョンも主張します。
テウと一緒のチームっていうのがイヤだとゴネるミニョンに、お互い時間が必要みたいねとまたもや
結婚を考え直すような発言をスヒョンからされてもう振り回されまくりのミニョン。

スヒョンに冷たくされるとまたもや酒を浴びるように飲んでしまうミニョン。(めんどくさっ)
だけどこのあとミニョンの容態が悪くなって・・・どうやら過度のストレスで体が悲鳴を上げている
と医者から診断されます。

結局ミニョンが一番大事なジョンスは・・・ヨンランを訪ねていって二人の結婚を承諾して欲しいと
今度は自分が土下座します。
そのことに対してヨンランは以前自分が受けた仕打ちを返すように、母子家庭で育った子なんてイヤ、
バツイチで子持ちの婿なんてゴメンよと言いたい放題。

そことぐっとこらえるジョンスに・・・入院費用はあげるから結婚はダメよとお金で頬を引っ叩くよう
なマネを、以前自分が彼女から受けたことをそっくり返してあげるヨンラン。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する