韓国ドラマ 迷わないで 65~68話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「韓国ドラマ 迷わないで 65~68話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第65回
遺伝子検査の書類をミニョンに見られて動遥しまくりのソナはうまい言い訳を言えないまま。
ミニョンは激怒して書類を持っていっちゃって・・・結局ジホとの親子関係はどうだったの?

秘書からの報告でビョンスを指名したのはテウ父だったものの、ビョンスの離婚の原因になった女が
ソナだったということを知ってしまいます。

早速ビョンスに会ったミニョンは「お前の目的は何だ!?」と詰め寄ります。
悪気はないとしても自分の不幸はソナがあなたを選んだせいだというと、お前は人間のクズだと言う
ミニョンですが・・・あんたは妻の友だちと浮気してもうすぐ離婚しようっていうのにと皮肉ります。

ソナはミニョンが書斎に捨てた書類からジホとミニョンが親子であることを確認して安心します。
でも帰宅したミニョンから離婚しようと言われちゃった。
実は昔つきあってた男に脅迫されてしかたなく検査をしたのと必死に言い訳するソナですが、ミニョン
はビョンスとソナが写っている写真を叩きつけて何もかも知っているだと大声出して。
結局ミニョンはソナがビョンスと関係してて、ジホとの親子関係を疑うぐらいに心当たりがあったって
ことにつくづく愛想が尽きたんだよね。
自分に対してあんなに執着したくせにちっとも誠実じゃなかったってことで。

母が知る前にさっさと別れようと結婚指輪を外しちゃったミニョン。
そのままスヒョンに電話したミニョンはソナと結婚するべきじゃなかったと言います。
詳しく話したら君まで汚されそうだから言わないよといい、離婚をこれ以上長引かせる必要はない、
さっさと別れて君と一緒になりたいよとソナにウンザリ。
離婚できても私との結婚は理事長が許さないわとスヒョンがいいますが、ミニョンはすっかりスヒョン
の術中に落ちちゃってオンマまで捨てる覚悟。
(ま、前にはそんな覚悟が出来なくて後悔の日々だったからね)

ヨンランはスヒョンに事情があったとしてもテウ君が傷ついているんじゃないかと心配してチュンヒが
彼を会社に呼んで近況を聞きます。
スヒョンは理由があってそうしたんだ、今でも君のことを愛しているんだよ、本心を隠して今は生きて
いるんだ、だからスヒョンを憎まないで欲しいと言います。

スヒョンはテウがいない間にケータイを見て・・・彼が既に自分との写真を削除してしまったことを
知ります。
淋しいけれどそうするのが彼のためにはいいと自分を納得させるスヒョン。

ソナはビョンスを呼び出しますが、ビョンスはソナのために公金横領までして人生を台無しにしたので
彼女にもそれなりの苦しみを味わわせたいみたい。
加害者だった君が今度は被害者になる番だとこれからのソナの悲劇を暗示してほほ笑むビョンス。

ボツにしたはずなのに結局生放送で肝臓移植のことを取り扱うことになっちゃってソナはイライラ。
放送がすすむうちにその女性とスヒョンがカブってしまい、ソナは一方的に女性を批判し始めます。
その放送を見ていたミネの話に動遥したジョンスはミニョンが帰ったとたんにテレビを切って(笑)

放送後にソナはその女性からビンタされちゃって。
知ったかぶったフリして人を批判しないで!と女性が泣きながら抗議してるのに、二度と同情を引こう
となんてしないでよ、自分の意志で提供したんでしょと言い放つソナ。
なのに女性から「だからあなたも友だちの恋人を奪って結婚できたのよね?」といわれてギクリ!
こりゃ絶対スヒョンが送りつけてきたんだと追及しますが、上司がそれをとめた上に彼女に謝罪しろと
迫ります。
結局ソナは最後まで謝罪しなかったんだけど・・・被害者に対してあんまりな態度に懲戒も覚悟して
おけと上司に言われます。

ソナはいてもたってもいられずスヒョンの職場へ行って、絶対にミニョンさんは渡さないと宣言。
あの女はあんたが送ったんでしょ?とぼけないでよというソナにとぼけるスヒョン。
で、肝臓を提供したことを思い出したんでしょ?とスヒョンにくらいつくソナをテウが目撃してて。
----------
第66回
結局スヒョンは記憶が戻ったことを認めないままで。

テウはさっきの話が気になって・・・ダルスに聞きにいきます。
で、ついダルスも口を滑らせてしまって、交通事故じゃなかったことを確信したテウ。
病院に行ってスヒョンが交通事故じゃなくて移植手術による昏睡状態に陥ったことを確認したテウは
今度はチュンヒに事情を聞きに行きます。

それでチュンヒからスヒョンが3年前にミニョンに肝臓を提供し、昏睡状態に陥ったとたんにミニョン
や家族、ソナまでもが姿を消したんだと教えてもらいます。
自分を遠ざけたのは記憶が戻ったスヒョンが理事長やミニョン、ソナに復讐するためだったんだと
知ったテウですが・・・チュンヒにそのことを口止めされます。

その直後に会ったミニョンはスヒョンと完全にヨリを戻した、ソナとは離婚する、彼女にプロポーズ
したんだとテウに勝ち誇ったように話して。

テウはスヒョンを呼び出しますが、スヒョンは冷たい態度をとります。
そんな彼女を何も言わず抱きしめたテウ。
ヒョンに肝臓を提供したのはお前だったんだな?と言う問いかけに無言のスヒョン。
スヒョンが受けた苦痛は自分が背負うから復讐なんてやめてオレの元に戻ってきてくれとスヒョンの
復讐をやめさせようとするテウ。
もうすべてを知ってしまったんだからお前のそばを一歩も離れない、だから復讐なんかしないでくれと
懇願するテウですが・・・スヒョンという女は3年前にあの人たちに踏みつけられて心だの、あの人
たちに私が味わった苦しみを思い知らせたいの、だからあなたとわかれたの、あなたを巻き込みたく
ないから、あの三人を順番に自分の手でつぶすわ、あなたはみないフリしてとスヒョンの意志は固くて
テウには止められず。

自分のそばにいたら傷つくからもうこんな風に私を訪ねてこないでとスヒョンはテウのそばから離れて
去っていきます。
簡単じゃない道を選んだスヒョンにテウは・・・どうするかな?

ネットで有名女子アナが親子鑑定をしたらしいという話題でもちきりになり、ソナは戦々恐々。

ビョンスはジョンスを呼び出しますが、どうせ金の話だろうとしょっぱなから噛み付きます。
だけどビョンスからソナが親子鑑定をした証拠を突きつけられ、デリーシューの株を5%要求されて
追いつめられます。
だけどジョンスはソナを離婚させれば問題は解決するのよとビョンスの要求を飲むつもりはなし!

帰宅したソナはジョンスからいきなりビンタされ、親子鑑定したことを責められます。
ジホはミニョンの子だと証明されたとソナが言い返しても、肝臓移植のことをミニョンに話すと言って
もジョンスはソナを追い出そうという気持ちに変わりはなし。

あとでビョンスに会ったソナは要求を飲むと思ったけどすげぇ姑さんだなぁと他人事。
夫にも姑にも捨てられそうなお前ってなんか哀れだなと言われる始末。

ヨンランを見舞ったミスンはヨンランが回復したことを喜んでくれたものの、テウが哀れで見ていられ
ないのと言い出し、ついついテウが実子じゃないことを話してしまいます。
ヨンランはそのことでジョンスがスヒョンを脅したに違いないと確信してチュンヒに話します。
チュンヒもそのことを聞いて驚くんだけど・・・

テウはチュンヒを訪ね、復讐を止めさせて欲しいとチュンヒにも頼みます。
自分たちだって必死に説得したけどダメだったんだ、婚約式も理事長がスヒョンを脅迫してやめさせた
みたいだとチュンヒから聞いたテウはすごく驚いて。
------------
第67回
復讐をやめさせるつもりだったテウなのに、ジョンスがスヒョンを脅迫したせいで婚約式がダメに
なったと聞き、何を言って彼女を脅したんだ!?とジョンスに詰め寄ります。

まさか自分に出生の秘密があるとは思ってもいないテウ。
ジョンスも最終兵器は最後までとっておくつもりみたいで、婚約しないでと言ったけど決断したのは
スヒョンだし、肝臓の移植だって彼女がすすんでやると言ったからしてもらったまでよと開き直り。

その上テウに肝臓を他の男に提供したってあなたの家族が聞いたらそれでも結婚を承諾してくれるか
しらねとイヤミ言ってて。
彼女を冒涜するようなことをいうジョンスに反発するテウですが、力のない奴には何も出来ないのよと
後継者の座を失っているテウをバカにするジョンス。
良心の呵責を感じもしていないジョンスに対してテウはこれで奮起することになりそうかなぁ。

ミニョンはスヒョンにプロポーズするためにレストランに彼女を招待して指輪を見せてて。
そこへジョンスがミニョンに連絡してきて席を外し、その間にテウがスヒョンを連れ出します。
テウは車の中でいきなりスヒョンを抱きしめてキスしてきて・・・
「君が許すと言ってもオレが奴らを許さない、お前を傷つけて全く反省しない連中をオレは許さない。
 オレは絶対にお前から離れない」
スヒョンが味わった屈辱を目の当たりにしたテウはやっぱりジョンスたちを許せなくて。
だけどスヒョンが復讐でボロボロになっていくのも見てられないから守りたいと言います。
ミニョンにプロポーズさせようとしてるのもちゃんとわかってる上でのことなんだよね~

テウがそばにいてくれると力強くてありがたいんだけど・・・でもこの件は自分で解決したいスヒョン。
だからテウには自分を信じて待っててもらうしかなくて。

帰宅したソナですが、ジョンスがさっさと荷物をまとめてて。
ソナは必死にとりすがって許しを乞いますが、ジョンスはジホを親戚に預けてソナがジホを口実に家に
執着しようとするのを許してくれず。
そこへミニョンが帰宅してきて・・・泣いて母に取りすがるソナにうんざりの表情を見せるミニョン。
あなたからお義母さんに話してととりすがるソナに冷たい態度をとりつづけるミニョンはスヒョンに
渡す指輪を落とします。

で、悪びれることなくお前と離婚してスヒョンと結婚すると言い出すミニョン。
いつの間に二人がそうなったのか理解できずその場に崩れ落ちるソナ。

チュンヒはスヒョンとテウのために一肌脱いでくれました。
テウ父を訪ね、スヒョンが婚約式から姿を消したのは理由があったと話します。
あの日理事長(ジョンス)のせいで娘スヒョンは姿を消した、娘はテウ君のことで脅迫されて式場から
逃げるしかなかったんだ、君とテウの親子関係のことで脅されたんだと。
テウ父は信頼していたジョンスの裏切りにかなりのショック。

この直後の会議でミニョンはテウの開発チームを解散させようと言い出します。
人員を削減するっていう名目なんだけど、スヒョンとテウを一緒にいさせたくないっていう私情も十分
に絡んでのことだよね。
でもこの方針はテウ父が一番嫌うやり方で・・・その席上でめっちゃ怒られるミニョン。

あとからジョンスがテウ父にフォローしてくださいなと頼みますが・・・自分たちのことを他人に口外
しただろうと怒ります。
動遥するジョンスに・・・そっちがそういう考えならミニョンを後継者からはずすことも考えていると
いうテウ父。
ジョンスは他の理事からテウがジョンスの周辺をかぎまわっていると教えられて危機感を感じてて。
あっちが動く前に何とかしなきゃって感じかな?

結局ジョンスが何の手も打たなかったのでビョンスは親子鑑定を行うソナの写真を雑誌に送りつけ、
スキャンダルにまみれることになっちゃったソナ。

ビョンスには絶対に離婚しないわ!と宣言するソナですが・・・僕はこれぐらいで満足だけどそうじゃ
ない人もいるみたいだぜとソナの苦境がこれで終わるわけじゃないと言い出すビョンス。
驚くソナに・・・ビョンスはスヒョンの名前を口にします。
彼女はまだまだこれからだって言ってたぞ、一体何をしたんだ?彼女の恨みは深いみたいだぞ。
だから人の恨みを買うようなマネはするもんじゃないぜとからかうビョンス。

スヒョンはビョンスに自分の名前を出すように話したみたいで・・・次の展開も準備万端のスヒョンの
ところへソナがやってきます。
いつものようにビンタしようとしたソナを制して、今度はスヒョンがビンタをお見舞いします。

これでスヒョンの記憶が戻ったことを知ったソナ。
「ペンダントを見せながら3年前に言ったわよね、子供ができたから二度と目を覚ますなって。
 今まで面白かった、ソナ?」
------------
第68回
そしてスヒョンはこの駐車場でオンマを殺そうとしたわよね?とソナを追及します。
とぼけるソナに、スヒョンはオンマが意識はもう戻ってるのよと教えられ、アワアワするソナ。
警察に届けようかしら?それともミニョンオッパに言いつけようかな?といたぶるスヒョン。
離婚しようって言われなかった?あなたとの結婚生活はウンザリなんだって、もっと努力するべき
だったわねとスヒョンが言えば、彼に近づいたら殺すわよと脅すソナ。

どうせ3年前に殺されてるんだもの、今さら殺すって言われても何も感じないわと動じないスヒョンに
形勢不利を感じたソナ。
ソナはソンミに記憶が全て戻ったことを話し、ビョンスと組んで自分を離婚させようとしているのと
相談します。
で、ソンミは姑とミニョンさんに全てを話すしかないわよとアドバイス。(スヒョンの台本どおりに)

ジョンスはミニョンが離婚を口にしてもまあ不思議はないから反対するつもりはないみたい。
だけどスヒョンと結婚したがってるところまでは読めてないみたい(笑)
スキャンダルまみれの嫁なんてもう顔を見るのもイヤなんだろうね。

テウ父はスヒョンを呼び、テウの母親の話を聞いたのならテウには黙っていて欲しいと改めて頼みます。
スヒョンが黙っていてくれるつもりだから式場から姿を消したんだろうけどとテウに秘密にしてくれた
ことで感謝してくれて。

ソンミはスヒョンとミニョンのヨリが戻ったことを祝福(笑)⇒いい芝居してますなぁ
で、ソンミはソナがうつ病の傾向があるとミニョンに言います。
以前からうちの病院に通院してて、最近は妄想がひどいの、復讐のためにミニョンさんに近づいてる、
他の男と組んで自分を破滅させようとしているとか・・・だからソナが何を言っても気にしないでねと
言いくるめてて(笑)

その話を先に聞いてるミニョンは帰宅した途端にすがりついてきたソナが、スヒョンは復讐のために
あなたに近づいてるのよと必死に言っても信じてくれず。
ジョンスにも同じようにスヒョンが復讐のためにミニョンに近づいてると話しても相手にしてもらえず。

でもちょっと気になったジョンスはスヒョンを呼び出して彼女の記憶が戻ったのかどうか試してみます。
スヒョンはそれをうまいこと切り抜けてジョンスの疑いをなんとかかわしたかな?

テウは父にパンの材料に不良米が紛れ込んでいたことを報告します。
キム理事が契約していないところから粉を購入していたことを報告したので、さすがにテウ父も激怒。
このキム理事はジョンスと組んでる奴だから・・・この先どんな展開になるのかな?

スヒョンはこれを聞いてちょっと心配してて。
テウが自分のためにジョンスを攻撃したんじゃないか、それならジョンスがなにかやり返してこないか
とテウに言いますが、心配ないよとテウ。
テウ父はキム理事を解雇じゃなくて他の工場に出向させたんだよね。
でもそんな父のやり方を甘い、このままじゃまた問題が起きると糾弾するテウ。
会社の創立時のメンバーだから簡単には解雇できないという父に、彼の背後にはジョンスがいるし、
広報の費用と寄付金が全然合ってない、内部監査をするべきだと父に要求してて。

ジョンスってばお金をネコババしてたみたいで・・・テウ父から内部監査をするといわれてさすがに
気色ばむジョンス。
テウが入れ知恵したんだと勘付いたジョンスはテウに、やられっぱなしではいないわよと宣戦布告。

ソナは自分が信用されないもんだからビョンスを呼び、夫と姑にスヒョンのことを話してと頼みます。
復讐のために近づいたことやあなたたちがグルだってことを言ってちょうだいと言います。
簡単には信用してくれないだろ?というビョンスに、まずあなたがスヒョンに会ってスヒョンがあなた
に指示するところを録音すればいいと悪知恵を働かせてきたソナ!

ビョンスはスヒョンにソナを離婚させたあとどうするのかと聞きます。
彼とは結婚しない、捨てられる苦しみを彼にも味わわせてやるというスヒョンにこれからも協力を
するというビョンスですが・・・その会話を録音していたビョンス!

オットケー!! スヒョン、ピーンチ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する