韓国ドラマ 迷わないで 49~52話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「韓国ドラマ 迷わないで 49~52話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第49回
しみったれて未練がましいミニョンに、これ以上近づいたらたとえヒョンでも許さないと毅然とした
態度のテウ。
テウに送ってもらう車のなかでスヒョンは自分でなんとか解決しようとしたのにかえって心配させて
しまったことを謝ります。
そんなスヒョンに、自分にとってスヒョンがどんなに大切な存在なのか、自分の全てをかけて守りたい
存在なんだと彼女を抱きしめて語るテウ。(愛されてるね~ スヒョン)

ミネはテウがスヒョンにプロポーズしたと聞いて酔っ払って家に帰ってくるし、ミニョンは漢江で誰か
とケンカしたと警察から連絡が入ってきて焦るジョンス。
いずれはデリーシューの経営権をとるような男がケンカなんかしてと説教するジョンスに、そんなもの
は欲しくない、スヒョンと平凡な暮らしがしたかったんだとジョンスに刃向かうミニョン。

酔ったついでにソナにもお前がでしゃばってくるからだと八つ当たりしますが、あなたはいつだって
お母さまや私のせいにするのよ、家族の反対にあって諦めたのはあなたなんだから、テウさんはあなた
と違って家族の反対にあってもスヒョンと結婚すると思うわ、あなたの今の気持ちは執着に過ぎないの
とキビしーことを言われます。(図星だよね、図星)
そんなこと言われてもやっぱテウにはスヒョンもデリーシューも渡したくない未練タラタラのミニョン。

スヒョンとテウが一緒に出勤したのをみたジョンスはイライラしちゃって。
行動に気をつけなさいよ、会社でいちゃいちゃしてたら別れたときに会社にいづらくなるわよといらん
ことをいうジョンス。
で、テウがそんな心配はご無用ですし、今後彼女に話があるときは僕が伺います、いずれにしろ彼女の
問題は僕の問題でもあるわけですからとジョンスを牽制します。
自分のせいでジョンスを敵に回したことを謝るスヒョンに、君さえ味方でいてくれたらいいんだとテウ
は気にしないようにと元気づけて。

テウ父はヨンランを呼び出して・・・テウは独りで生きてきたようなところがあるから頑固だけど、
それじゃ困るんです、同じような家柄の娘さんと結婚させたいと言われちゃって。
自分の結婚には反対したんですが、テウ君の気持ちが固いみたいで見守ることにしたと答えます。
家柄のことはさておいてまず娘の人柄を見て欲しいとお願いしたヨンランですが・・・やっぱり悔しい
気持ちになっちゃったみたいで、チュンヒを訪ねていってデリーシューのテウ君が娘と結婚したいと
いってるんだけどやっぱり家柄がジャマをするのとグチります。
自分が娘のために何もしてやれない、親の自分が足を引っ張ってるなんてというヨンランに、それなら
力になってやれるとチュンヒ。
私と結婚すれば解決するさと口にしたチュンヒに、冗談ばっかりと本気にしないヨンラン。

お昼休み。
スヒョンを見かけたミニョンはまたもや未練がましいことを口にします。
8年も君に愛されていたのに・・・それを壊したのは君だとグチるミニョンに、もうお願いだから
こんなことやめてと頼むスヒョン。
そこへテウがやってきて・・・スヒョンの手を握りしめます。
ヒョンが認めなくてもオレたちの絆は固いんだとスヒョンを連れていってしまうテウを睨みつける
しょーもない男に成り下がったミニョン。

ヨンランはミスンを訪ねるけど、友達だったけど婚姻関係はごめんだわとバカにした態度で。

ジョンスはチュンヒとヨンランが故郷の知り合いだと知ってこれ以上接近されたら困ると思ったのか、
自分から行動してミスンの家にいきます。
そこにいたヨンランは理事長=ジョンスだと知って衝撃で・・・指輪騒動もそうだけど、スヒョンが
彼女の下で働いているということがすごーくショックだったみたい。(当たり前だよね)

テウのところに保安室から連絡が入り・・・他にもカメラがあったみたいでスヒョンとテウがそれを
確認しにいきます。
なんとそこに写っていたのはソンミともめているソンミ、そしてしばらくして動遥したように一人で
立ち去るソナが!

ソナを呼び出してとぼける彼女に監視カメラに二人が写っていた事実をつきつけるスヒョン。
問い詰めるスヒョンにソンミの意識が戻ったと連絡が入って・・・
-------
第50回
病室に駆けつけたスヒョンに意識が戻ったソンミは・・・ソナを許せと口にします。
ミニョンオッパとは終わったけど私はソナを許せないというスヒョンに表情でもう許せとソンミ。

スヒョンが3年前のことを思い出したことをジョンスから聞いてしまったヨンラン。
肝臓を移植したことまではまだ思い出してないみたいだからいつまでもそのことを持ち出すのはやめて
とえらそうにジョンスに言われてしまって・・・

帰宅したスヒョンにミニョンのことを思い出したってなぜ言わなかったの?と問い詰めます。
オンマが心配するから言えなかったのというスヒョンに、この家の家主があの女だったこと、酷い目に
あったのにあの女の下で働いてたなんて!と娘がずっと我慢していたことを怒りまくるヨンラン。

あの女と同じ会社にいるって思うだけで頭に血が上るわよ!と怒るヨンランに、自分が悪くもないのに
辞めるのはイヤだとスヒョンは後ろめたいことなんてひとつもないんだと説得します。
私が心配だろうけどもう子供じゃないの、逃げ回るのはイヤよ、今回だけは私を信じて欲しいという
頼もしい娘の言葉に泣きじゃくるヨンランで。

ソナはミニョンを選んだせいで親友だったソンミもスヒョンも失うことになったと半分八つ当たりで
ミニョンを刺激するんだけど・・・ミニョンも昼間の出来事で虫の居所が悪くって、お前はもう二度と
スヒョンの名前を口にするなとソナのむなぐらを掴んで警告します。

ヨンランはチュンヒを呼び出し、自分が捜していた男の母親がジョンスだったことを打ち明けます。
あの母子にうちの娘は人間じゃない扱いをうけた、記憶がない娘はあの女の会社で働いていたのに
罪悪感ももってないし一言も謝罪の言葉がなかった、なぜ私は金持ちじゃなかったの?なぜ私には力が
ないんだろうと悔しさを口にするヨンラン。
そんなヨンランに自分の前でだけ泣いて、子供たちの前ではいつでも元気なオンマでいなさいと諭して
くれるチュンヒ。

ジョンスはスヒョンを会社でいたぶるけど全然へこたれないスヒョンにイライラしまくり(笑)

スヒョンはテウにオンマが家主が理事長だと知ってしまったと話します。
オンマはすぐにでも家を出ていきたいみたいだというスヒョンに、それなら引越し先を探そうか?と
提案するテウですが、ただそばにいてくれるだけでいいとスヒョンは言います。
テウに助けてもらうんじゃなくて自分でがんばりたいというスヒョンに、いっそのことこの機会に結婚
しちゃおうかと言い出すテウですが、逃げるみたいに結婚したくないとスヒョンは手段で結婚したく
ないとがんばるつもりみたい。

チュンヒはヨンランを自宅に誘います。
で、ヨンランに指輪を差し出して・・・君の子供たちを私が守ろうとプロポーズするチュンヒ。

ソンミからあの日のことを聞くスヒョン。
ソナと会って言い争いをしたことを認めたソンミですが、ソナがなんだか哀れになったと言います。
気が強いようにみえて弱い子なの、奪い返される恐怖に怯えてるのよ、もうソナを許してテウさんと
幸せになってというソンミ。
(肝移植のことはもう自分の胸にしまうことにしちゃったのね、ソンミ)

迷うスヒョンですが・・・ソナへの恨みを忘れる時期がきたかもしれないといいます。
テウもソンミさんに同感だといい、君にはオレがいるからこれ以上そのことで悩むべきではないと
優しく言ってくれて。

チュンヒのプロポーズに二の足を踏むヨンランですが・・・ジョンスが家までやってきます。
今日は家主としてやってきたというジョンス、でも肝臓をもらって何が悪かったの?と言い出して。
スヒョンが昏睡状態にならなきゃ結婚させてたけどああなったんだから仕方ないじゃないと開き直り、
私たちの悪い因縁を切るために今日はこれを持ってきたのよと家の権利証を差し出すジョンス。
---------------
第51回
あなたから施しをもらうつもりはない、それなら明日にでもこの家を出ていくわとヨンラン。
で、ミニョンを呼んで自分に謝罪させろというヨンランに・・・それじゃそうしましょうと言い出した
ジョンス!
スヒョンも当事者だから同席させて、自分がなぜ昏睡状態になったのか真実を知ればいいわとジョンス
が言い出し、そこへちょうどスヒョンが帰ってきたので慌てるヨンラン。

結局ヨンランがジョンスを追い出したんだけど・・・この勝負は完全にヨンランが負けちゃったね。
すぐにでもこの家を出て行くというヨンランに、そんな母親が子供を幸せにできるとでも?とジョンス
に言われ、痛いところをつかれて黙り込んでしまうヨンラン。
スヒョンは自分が知るべき真実があるとジョンスに言われたものの・・・オンマには聞けず。

この出来事がきっかけでヨンランはチュンヒのプロポーズを受けることに。
ジョンスは自分がいらぬ一押しをしてしまったことに気づかないまま(笑)
今まで苦労してきた分、これからは幸せに暮らそうとヨンランを温かく見つめるチュンヒで。

チュンヒはスヒョンを呼び出してきみのお母さんにプロポーズしたんだと打ち明けます。
新しい家族として君たち家族と一緒に暮らしたい、君の家族になることを許可して欲しいと真摯に
頼むチュンヒ。

その夜ヨンランの手料理を食べにきたチュンヒ。
チュンヒを家に送ったあとでヨンランが帰宅すると深刻そうなムードの家族たち。
再婚の話があるんだって?と聞くダルスたちに、一人でも反対するならと言い出したヨンランですが、
とーぜん家族は今まで一人でがんばって生きてきたヨンランが幸せになるならと大賛成!
驚かされて怒るヨンランですがすぐに笑顔になって。

ミンクの毛皮を着て家を訪ねてきたヨンランに、「最近のニセモノはよくできてるわね~」とミスン。
お金を返しにきたヨンランに微妙な顔のミスンですが・・・ヨンランがチュンヒとの結婚式の招待状を
もってきたので言葉もないミスン(笑)

チュンヒはジョンスにも結婚式の招待状を渡します。
ジョンスは招待状の名前を見てもあのヨンランだとは夢にも思わず、お祝いの言葉を述べてて。
奥様とも親密になりたいと口にしてて(笑)
このあとテウ父のところにいって、自分がスヒョンの母親と結婚することになったと言います。
先輩後輩の仲であるチュンヒに、お前とお前の家族とは縁があるなぁと言われちゃうとスヒョンとテウ
の結婚を反対する理由が突然なくなっちゃったわけであ然とするテウ父。
(チュンヒは人が悪いよなぁ・・・ジョンスがヨンランをいじめてたのを知ってて驚かせようとする
 んだもんね)

ところでジョンスはテウ父から移植を扱う病院の後援を頼まれて。
微妙な顔して引き受けてたけど・・・これってどうなの?

ソンミはソナを呼び出して、スヒョンにすべてを話してくれたら許すと言います。
だけど自分は悪くないから謝らないと強硬な態度のソナに、自分から言わないなら私から話すしかない
とソンミも言いますが・・・スヒョンが思い出したくないから忘れてることをムリにあんたが話すの?
と意地でもスヒョンに謝らないとソナも突っぱねます。

それならと、ソンミはスヒョンではなくミニョンに会いに会社に行き、そのことをソナに電話で伝え
たので、慌てたソナはジョンスに電話を。
----------
第52回
ソンミはミニョンに会って、よくもこんなマネができたわね!と激昂。
二人が友人の間柄だと知ってて結婚するなんて、記憶のないスヒョンに近づいて不倫騒ぎを起こして
彼女の評判を落とすなんて!と怒ります。
で、ミニョンが知らない肝移植の話を持ち出そうとしたところでジョンスが来て追い出されたソンミ。

ジョンスはソンミにスヒョンの母親さえ言わなかったことをあんたがなんでしゃしゃりでてきていう
のよと言い、韓国の病院で働きたかったからおとなしくしてることね!と脅迫します。

ひとまず騒ぎを押さえ込んだジョンスですが・・・そうやってムリに押さえ込むとあとで余計に大きな
傷を負うことになるのはミニョンなのにね~

スヒョンは会社を訪ねてきたおばあさんの頼みで、昔デリーシューで食べた亡き夫との思い出のケーキ
をリクエストで作ります。

テウのチームが新商品をブラインドテストで出すことになりますが、ミニョンはそれに対抗して他の
開発チームにも同じように新商品を用意させているとテウ父に言い出します。
もし他の開発チームが勝ったならテウのチームはいりませんよね?とえらいこと言い出したミニョン。
自分は公私混同なんてしてない!と言い切るミニョンですが・・・嫉妬だよ、嫉妬!

ジョンスはチュンヒの結婚式で奥様を紹介されますが・・・それがヨンランだと知って声も出ないほど
驚くジョンス(笑)
で、あとからきたミニョンを慌てて連れてかえるジョンス。(ヘヘ、ざまぁみろ)

チュンヒの家に移り住んだ家族たちはその大きさにビックリして。
掃除が大変だなぁとヨンランを心配するダルスに、家政婦さんはいるから大丈夫だよとヨンランには
女主人として管理して欲しいとチュンヒが言葉をはさみます。
で、それならとスホが庭の掃除は自分と叔父さんでやると申し出ますが・・・それは他にやってくれる
人がいるから大丈夫だよとチュンヒがいいます。
働かざるもの食うべからずっていう暮らしをしてきたスホたちにはなんかヘンな感じなんですが・・・
これからは夢を実現するために時間を使いなさいとモデルの仕事に精進するようにとチュンヒ。
家族たちの笑顔にヨンランも幸せで・・・

ヨンランはチュンヒがわざとジョンスを式に呼んだだのだとあとで知ります。
自分の妻になる人が侮辱されないように警告のつもりで呼んだんだよとニコニコしていうチュンヒ。
(怖いなぁ・・・チュンヒを怒らせると怖いとジョンスが言ってたけど、そのとおりになりそう)
その気持ちに素直に感謝するヨンラン。

スヒョンはチュンヒを「アボジ」と呼び、スホは照れるから呼ぶまで時間を欲しいと言えば、ダルスは
そんなの全然難しくないのにとさっそく「義兄さん」と呼んでて。
で、ヨンランにも「オッパ」じゃなくて「ヨボ(あなた)」って呼んで欲しいと朝から幸せなひととき
を過ごしてるスヒョンたち。

ブラインドテスト当日。
ハラハラするチームの前で深刻そうな表情をして入ってきたテウですが・・・スヒョンのパンが見事に
評価されたそうで解散の危機を見事に切り抜けたチーム。

ミスンは同窓会でデリーシューのパンを持っていって点数稼ぎしてて(笑)
ヨンランはシンデレラみたいね~とみんながヨンランを羨ましがると、ミスンはカチーン。
子供を差し置いて再婚するなんてと言い出し、みんなにあなたも再婚したじゃないと言われる始末。
で、ヨンランがサランの化粧品をみんなの手土産にと持ってきたので完全にミスンの負け~

スヒョンがケーキを作ってあげたハルモニが会社にお礼の手紙を書いたらしく、テウ父はその手紙を
読んでいたく感激した様子。
ブラインドテストでもスヒョンのアイデアが光ってたし・・・

息子を呼んだテウ父は婚約式は簡素にして今年中にでも式を挙げろと結婚を賛成してくれ、思わず
笑みがこぼれるテウ。

うわ・・・そろそろ?
そろそろスヒョンが真実を知る瞬間がきそうな感じ?
だいたい幸せの絶頂で不幸のどん底に突き落とされる展開になるっていう決まりだし。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する