韓国ドラマ もう止まらない~涙の復讐 51~55話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「韓国ドラマ もう止まらない~涙の復讐 51~55話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第51回
ボンジャはちょっと寄ってみただけよと言い訳し、あとから慌ててきたジョンヒと店を出ます。
ジョンヒはあとからヨンシに、会長とスリの心を動かしたあなたたちは母子してすごいわねとイヤミを
言ってて、初対面の人にそんなこと言われて気が悪いヨンシ。

スリは父が意識不明だと聞いて慌てて病院にやってきます。
弁護士から父が融資詐欺をしたらしいという話を聞いて驚いたスリは父が融資している会社に問題が
ないかを調べ始めます。

ジョンヒもボンジャも会長の隠し財産を自分たちのものにしようと画策。
ボンジャはお金が目的だけど、ジョンヒはそれを使ってスリを自分のものにしようとしてるのかな?
ビョンジュにもノ会長の隠し財産を手にいれると言ったボンジャ、ビョンジュはその話に乗って義母が
どうやら証拠を握ってるらしいと聞いて協力するつもり??

ヨンシが店番をしているときにスリがヒョソンを訪ねてきます。
ノ会長が倒れたと聞いて驚くヨンシですが、スリが出ていったのと入れ違いにオンマが戻ってきて
そのことを話し、ヒョソンはスリにカギのことを言おうとします。
ヨンシはオンマの周りが急にざわつき始めたので、このカギが重要なことになっていると勘が働くのに
それを自分が預かるとは言い出さないんだよね。

ミオクはパンを宣伝してまわったついでに女性たちに占いをしてあげたことがきっかけでパン屋が
オープンする前から占って欲しい女の子たちでにぎわう有り様。
もっとまともなやりかたでパン屋を繁盛させたいとジヌが文句を言うと、どうせ自分は変人よ!と
怒って、嫁入り前なのに占い師の真似事なんかしたのはジヌさんのためなのにと泣いちゃうミオク。

ジョンヒはスリに自分は何も知らないという態度を貫きしらばっくれてて。
これでもう会長とは絶縁になることを実感するジョンヒ。

ボンジャはヒョソンのカギを手に入れるために自分の家に招待します。
何も知らないヒョソンは喜んで、ヨンシたちの部屋を見せてもらったり話をして安心してて。

ジヌが泣いて出て行ったミオクを追いかけたあと、ジュアはミオクに会いにきて、インチャンはジヌに
会いにきて二人きりになり、無言のまま。
ジヌを訪ねてきたヒョスクがそんな二人を見かけて・・・心が揺れたのかそのままにしておきます。

インチャンはオレたちこのまま終わりなのか?と言い出し、ジュアが今さら何を言ってるのと当然の
ように言います。
別れてもちょくちょく会ってるから別れた実感がしないというインチャンに、会わないようにしたくて
会社のバイトは辞めたとジュアが言えば、じゃあこの店にもくるなとインチャン(当然ですな)
ヨリを戻す勇気もないくせに・・・とジュアが恨みがましく言い、取り戻せたら?とジュアを引き寄せ
たインチャン!
でもやっぱジュアはオンマが薬を飲んだことを肝に銘じてて・・・手を離しました(あ~あ)

ジヌはスリの電話でノ会長が倒れたことを聞いて慌てて出ていきます。
スリは編み物の店が何者かに荒らされているところに出くわして追いかけますが逃げられて。
(ジョンヒの指示で何か隠してないか男が侵入したらしい)
スリはジヌに父が融資詐欺で捕まりそうだと話し、心当たりはないかと聞かれます。
「違う、きっと違う・・・」と口にしてるところをみれば、ジョンヒを疑いはじめてるのかな?

ボンジャは食事をしてるときにノ会長が倒れた話題を出し、あのまま死んだら遺言もなくて残された
スリが気の毒だと同情するそぶりをみせ、何か聞いてない?とさりげなくヒョソンに探りを入れます。
それに対してあきらかに動遥してるヒョソン。

ヒョソンがカギを持ってると推理したジョンヒは男を雇ってヒョソンのカバンを強奪させますが、
ヨンシがその男に突き飛ばされちゃった!
----------
第52回
突き飛ばされたけど大したことないというヨンシを店に連れていったヒョソン。
だけど店の中は荒らされていてさらに驚くヒョソンに、ヨンシはさっきのひったくりもこの泥棒もあの
カギが目的なんだとオンマの身の危険を感じ、家に帰ろうと言い出しますがヒョソンは身重の娘が心配
で病院へ行こうと聞かず。

スリは弁護士からボン繊維が融資詐欺を訴えていると聞いて驚きます。
自分と交わした契約よりもこっちの契約書のほうが新しいからスリの主張は通らず、ワナにはまったと
悔しがるスリ。

ボンジャはヨンシからオンマが引ったくりにあって、店もあらされたと聞いてジョンヒが単独行動を
していると知ります。
それでジョンヒを訪ねていったんだけど・・・ジョンヒはカギはなかったとヒョソンから奪ったカバン
を見せて、まだ二人のどちらもカギを手に入れられてないことを主張。

スリはジョンヒを訪ねて行ってよくも父を裏切ってくれたなと怒りますが、私は何度も警告したけど
これはあなたが招いた結果なのよと自分は悪くないと主張。
(ボンジャがジョンヒのマンションから出てきてるから二人が結託してることを知るスリ)
オレを手に入れるのが目的ならオレを相手にしろと父を巻き込んだことを怒り、この代償は必ず社長と
お前に払わせると言い捨て、すがるジョンヒと完全に決別。

ついでにボン繊維にまで乗り込んだスリはボンジャに、このままではやられないと報復を宣言。
スリはビョンジュに文書偽造に虚偽告訴で訴えると言い、今までは平和的に解決させようとしていた
態度を一変させます。
いずれはヨンシ対ボンジャ、ビョンジュ対スリっていう構図になるのかな?

ジヌのせいでミオクがスネてしまい、家事までしなくなったとヒョスクが文句を言うので、仕方なく
譲歩したジヌはパン屋で一ヶ月だけ占いの仕事をしてもいいとミオクに言い、それでやっと機嫌が
直ったミオクでした~

他のことに気をとられていたボンジャはうっかりジュアに自分の薬をもらってくるように頼み、医者
と話をしたジュアはオンマが飲んだのが精神安定剤だったと聞き、オンマに騙されたと知ります。
ショックを受けたジュアが行ったのは・・・ヒョスクのところ(笑)
ヒョスクも前のことがあったので邪険にせず、家にあげてとうもろこしを食べさせたんだけど急に
ジュアが泣き出したので慌てます。
いろいろあったみたいだけどインチャンとの別れは時間が解決してくれるからと慰めるヒョスクに、
母を抜きにして考えたら私はどうでしょう?と聞くジュア。
おてんば娘だけど教育をすれば・・・と答えたヒョスクですが、慌てて否定(笑)
一度は帰ったジュアですが、ボンジャが訪ねてきたので慌てて戻ってきて、ヒョスクはジュアに息子
の部屋に隠れていろと指示!

インチャンは帰宅して部屋にジュアがいるから驚いてて。
ジュアはオンマの薬のことがなかったら、もう一度私をつかまえてくれる?とインチャンに聞きます。

ボンジャはヒョソンの家のほうを探りにきたってところで・・・
ヒョソンが帰宅して単刀直入にカギを持ってるわよね?と聞くボンジャ!
-----------
第53回
ボンジャはヒョソンに・・・カギはちゃんと持っててと言います。
自分に渡せとは言わない、ただジョンヒやスリには渡さないでと忠告し、特にスリに渡るとボン繊維に
都合が悪いから、カギはなくしたとみんなに言うほうがいいと。

ジュアとインチャンはヨリを戻すことにしたらしく、ジュアを抱きしめてキスしようとしたところに、
心配したヒョスクが来て「アイゴー」な展開に嘆きまくり(笑)

ヨンシはしばらく実家で静養することにしてやってきますが、ボンジャがいるので驚きます。
ヒョソンは流産の危険もあるヨンシに心配をかけたくないのか、カギのことでボンジャに忠告された
ことを言わないまま一人の胸に収めてしまいます。

ジヌはスリに契約書の原本を見たいと言い出します。
とにかくノ会長が意識を取り戻すまではトリックを見つけ出してそれで食い下がって時間を稼ぐしか
ないんだとジヌがアドバイスし、それに従うスリ。
ジヌは一人でいるスリを心配して前々から何度か誘ってたように自分の家にくるようにいい、ついに
スリもうんと答えます。(ヨンシが実家に戻ってるって知らないスリだもんね)

二人のところへジョンヒが訪ねてきて、ジヌは君の動きに気づくべきだったとジョンヒに怪しいところ
があったのに見過ごした自分の勘が鈍ったことを苦笑します。
ジョンヒはスリに、ノ会長が連行される前にヒョソンに何か預けたという情報を提供し、自分はまだ
あなたを裏切ってない、挽回するチャンスをくれと言いますが突き放しちゃったスリ。
アボジが以前にジョンヒのことで「先に突き放すな」と自分に忠告していたことを思い出したスリは
あの頃からアボジがジョンヒの裏切りに気づいていたんだと知って・・・意識のない父に、確かめて
しまうとやっぱり堪えるよと口にするスリ。
スリが帰ったあとでノ会長の手がちょっと動いたから、もうすぐ意識を取り戻すかな?

ジョンヒはボンジャよりもビョンジュを動かすほうが簡単だと思ったらしく、彼に義母がカギを持って
いることを話し、それをあなたが手に入れられたらオンマに認めてもらえるチャンスだとたきつけて。

それでビョンジュはヒョソンのところへ言って、何か相談ごとがあるなら娘の婿である自分が一番だ
とアピールし、そこへスリが帰ってきたので余計にアピールするビョンジュ。

何も知らないヨンシにボン繊維とスリは訴訟関係にあると教えたビョンジュ。
君もお義母さんもボン繊維の家族だからバランスを取れと意味深な言い方をして帰っていきます。

ヒョソンはスリに会長からカギを預かってたのに、なくしちゃったみたいなのと謝ります。
お店を荒らされたことは知ってたけど引ったくりにあってたと知って驚くスリですが、失くしたと
聞いてさすがに落胆。
でも誰かに奪われたんじゃなくて単純になくしたのなら救いはあると思ったのか、カギは父が意識を
取り戻したら必要ないからとヒョソンを慰めます。

ヨンシが聞いてもヒョソンはカギをなくしたと言うばかり。
ほんとになくしたのかそれとも義母の入れ知恵でそうしているのか悩むヨンシ。

ヨンシはここでジョンヒに連絡とっちゃって・・・
ノ会長はワナにはまったんだと言い出したジョンヒはボンジャにカギを渡さずに会長に、もしくは自分
に渡してくれたら全てが解決するとヨンシを騙します。

ボンジャはヒョソンを利用し、ジョンヒはヨンシを利用して自分に有利な方向へ導こうと必死。

ヨンシはオンマをサウナに誘ってカギを盗み出し、それをジョンヒに渡そうとします。
だけどジョンヒがボンジャと一緒に行動しているのを見たヨンシはジョンヒの言ってることが怪しいと
思い、スリを呼び出します。
事情を聞いたスリは「彼女を信じていいの?」と聞くヨンシに「信じるな」と答えて。
-------------
第54回
どうせなくしたものだからカギについては知らないほうがいいと言いながら、10年間も姉弟同然の
仲だったジョンヒを信じるなというスリ。

そのころジョンヒは検察に呼び出されてて。
なんとノ会長はボン繊維と契約を交わした日に印鑑証明を変更してて、検察は告訴を取り下げたほうが
いいと言い出して慌てるジョンヒ。
当然ながら新しい契約のほうではその印鑑が使われるべきなのに前の印鑑だから矛盾が生じるってこと
で・・・ノ会長は執行猶予で釈放されるだろうと検察の担当は言います。

ヨンシはオンマにカギはなくしてないでしょ?と話を切り出します。
とぼけるヒョソンですが、ヨンシがカギを持ち出したと知って驚いて・・・
誰もがあのカギを欲しがるからには危険が伴うと言いつつヒョソンにカギを返すヨンシ。
実はそのカギはニセモノで本物は自分が持っておくと話し、義母の言うとおり会長が戻ってきたら返す
べきだという結論に達したヨンシ。(誰がどう動いてるのかよくわからなくて不安だもんね)
ヒョソンにそう言い含めた義母だけど裏に何かある、そうなったら自分が相手になってやるとオンマを
守るつもりのヨンシで。

ジョンヒはノ会長が印鑑を変えていたことをボンジャに話します。
これじゃノ会長を破滅させる計画が不発に終わるというジョンヒに、どうすればいいの?とボンジャが
聞き、ひとまず告訴を取り下げるべきだと答えたジョンヒ。
スリに対抗するためには秘密帳簿を手に入れるべきだというジョンヒに結局あのカギがネックになる
わけかと思ったボンジャはヒョソンを訪ね、彼女が首からカギを下げているのを見せてもらいます。

ビョンジュはヨンシが自分たち一族の味方をしないのを歯がゆく思ってるみたいだけど、ヨンシにして
みればどっちが正しいのかと考えてみるとどうしてもビョンジュたちが間違ったことをしているとしか
思えなくて・・・ここで夫婦の溝が大きくなっちゃった感じ。

スリは弁護士から告訴の取り下げの話を聞き、逆にボン繊維を文書偽造と詐欺で訴えることにします。
父が何かに感づいて印鑑を変えていたことに脱帽するスリですが、こんなことをいつまで続けるんだと
病床の父に話しかけるスリ。
でも前に叩き潰さないとこっちがやられるぞと忠告されたこともあって・・・どうすべきか悩んでて。

ミオクとジヌはなかなかいい感じで(笑)
二人でお店の中にいるとなんかお互いを意識しちゃってて・・・ジヌはミオクにタロット占いをして
もらいますが、誰かが心の中に入ろうとしていると聞いてズバリ的中してるもんだから慌てて逃げ
出してしまって・・・だけどミオクがジヌに言ったのはホントは自分の心境だったんだよね~

ジョンヒに呼び出されたスリはボン繊維を文書偽造などの罪で訴えると言いますが、ジョンヒは先に
裏切ったのは会長だとしゃあしゃあと答えて。
自分を信用せずに印鑑を替えたから私たちはいっぱい食わされたとスリにかまし、そのままジョンヒの
ペースで話は進みます。
ヒョソンがなくしたカギをこっちは持ってるのよ、あれが世の中に出たらどうなるかしらねとスリを
脅して去っていくジョンヒ、スリはすっかり負けムードだし。

ヒョスクはジュアにインチャンとはヨリを戻さないでと言いますが、すっかりジュアのペースに巻き
こまれてて。半分攻略されてる感じ。
だけど自分の分と取り違えてヒョスクにTバックの下着を渡すあたりは詰めが甘いね(笑)

ボンジャは自分たちの事業のために流通関係の仕事をしてる親がいるソヨンが欠かせないと感じてて、
ジュアからソヨンはビョンジュが好きだったと聞いていろいろ考えてる様子。

スリは告訴を取り下げられたのに完全に負けムードで打ちひしがれて、ヒョソンの店の近くで雨に
打たれて立っているところをヨンシに発見されて彼女に促されて店まで一緒に行きます。
いつもの自分の姿を忘れたと話すスリに、いつも堂々として自分の主義を曲げない人だったとヨンシは
言い、今は大変だけどきっと乗り越えられると励まします。
そんな話をしてるところへまたもやビョンジュがタイミング悪くやってきて・・・気まずい雰囲気。

ついに、とうとう、ノ会長が目を覚まして、その報告を受けたボンジャ!
-----------
第55回
ビョンジュはスリを連れ出してヨンシの周りをウロつくなと忠告しますが、裁判のことを一切口に
しないビョンジュに、有利なときとは態度が違うなと皮肉るスリ。
不利になると母親の後ろに隠れてるじゃないかと図星を突かれたビョンジュがスリを殴り、二人は
殴り合いへと発展。

このあとビョンジュにソヨンが電話をかけてくるんだけど、嫉妬もしないヨンシに怒るビョンジュ。
自分はむやみやたらに嫉妬したりしないわとヨンシが言えばそれも憎たらしく聞こえるだけで。

ノ会長の意識は戻るしこのままじゃスリがボン繊維の大株主になる、どうしたらいいと焦るビョンジュ
に冷静になれというボンジャ。
(極端な手に出るしかないなら自分が手を汚すつもりなボンジャさんで・・・)

ノ会長のところに・・・今さらだけど顔を出すジョンヒですが、10年の歳月を仇で返したなと会長に
言われ、自分を信用してくれなかったからですと言い訳するジョンヒ。
認めていたから秘書にもしていたけれど信用は出来なかった、裏切りの兆候が見えたからとノ会長は
ジョンヒに言います。
彼女の目的がスリだったこともお見通しで・・・自分の器よりも欲が大きいと一刀両断。
だけどジョンヒはヒョソンが持ってるカギを手に入れたとその話をしちゃってさすがにそこまでする
とは思わなかったノ会長はビックリしてて。

スリはヒョソンに父の意識が戻ったことを話し、カギを無くしたことはショックを受けるといけない
から黙ってて欲しいと頼みます。
ボンジャは会長が目を覚ましたことは計算外だったことで、ヒョソンにカギのことを聞いたら会長に
返すと言い出すからちょっと焦ってて。

ヨンシはボンジャがヒョソンに会いに来たのを知って、あのカギがどこのカギなのかをさがしあてて
誰よりも早く秘密帳簿のことを知ってしまいます。

ヒョソンはノ会長から連絡が入って彼に会うために店を出ますがジョンヒに呼び止められます。
カギを渡してくれというジョンヒの言葉にも、カギはなくしたと突っぱねるヒョソン。

ヨンシはヒョソンに連絡を取り、会長が目覚めたとたんにスリやボンジャやジョンヒがオンマに接触
をはかってきたことに危険を感じてオンマと待ち合わせしますが、そのヨンシの目前でヒョソンは
知らない人の車に乗りこんでしまいます。

それを見て慌てたヨンシは道路に飛び出し、その拍子に転んでしまい・・・お腹に激痛が走るヨンシ。
道ばたで苦しむヨンシをスリが見つけてくれて・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する