韓国ドラマ もう止まらない~涙の復讐 46~50話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「韓国ドラマ もう止まらない~涙の復讐 46~50話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第46回
その場を何とかしのいだヨンシだけどボンジャはヨンシが写真を見たんだと確信。
ヨンシは元従業員に電話するけど夫婦とも社長の下の名前も社長夫人の名前も知らないので、オンマに
会って確かめようと出かける準備するのに、ボンジャがあたしも一緒に出かけると言い出すので困って。
で、ノ会長のところを辞めて編み物専門店を開いたから会いに行くというのでついて行くボンジャ。

スリはインチャンにここの仕事をどうしたいのか確認しますが、顔を見ると辛いのか気持ちは半々だと
答えます。

ジョンヒはボン繊維に対する新しい貸し出し書類を、あなたの指示で作成したわと見せます。
ここからスリに疑われず、なおかつ会長を陥れるためのワナを張るジョンヒ。
金利を下げて引継ぎもあったから委任状だけでは相手は信用しないと言い出して、会長に直接会社に
来るようにしたら?と持ちかけますが、父を引退させたいスリがそれを望まないことは承知してて。
案の定スリは父に一筆書いてもらえば解決すると答えて・・・ひそかにニンマリするジョンヒ。

ジュアは出かけるボンジャに無理矢理連れて行かれてブスッとしてて(笑)
途中でヒョスクが店のおばさん相手に困ってるところをジュアが助けに入るんだけどケンカになって
しまい、余計な口を出さないでと怒るヒョスク。
一方的にやられてるから我慢できなかったとジュアが自分を助けにはいってくれたことを理解すると
ヒョスクも悪い気はしなくて・・・つかまれてグシャグシャになったお互いの髪を直しあう二人。

ボンジャはヨンシがいないところでヒョソンに、ヨンシが何か勘付いたみたいだからごまかしてと言い、
家に帰ればビョンジュにも同じように指示します。
昔のことでゴタゴタはごめんっていうけどそれは全部あんたが撒いたタネなのに、他の人に対処させて
るボンジャさん(笑)
ビョンジュはうまくごまかしたつもりでいるけど、ヨンシは疑念がふくらむばかりで眠れず、自分が
確信に近づいてることになんだか怖い気持ちもしてて・・・自分も犯人のことが何となく記憶に残って
いるからそういうのをひっくるめて考えるとボンジャが犯人としか思えなくて。

スリが自分からノ会長に一筆書いてくれと頼むのを固唾を飲んで見守るジョンヒ。
ノ会長も自分が足を運ぶのはイヤだから『事実確認済み』とスリの作成した書類に記載します。
スリに印鑑を預けるノ会長、それをほくそ笑んで見てるジョンヒで。

ビョンジュはジョンヒが何か企んでいることを承知の上でそれに乗るつもりで、そのことをオンマにも
話します。
二人ともジョンヒは冷静さを欠いてるから操りやすいと判断してるんだよね~
ノ会長が一筆書いた書類で契約を交わしたスリとビョンジュ。


ビョンジュは何かとスリにいちゃもんつけて彼を怒らせてて・・・ヨンシはもう自分のものなのに
何かとスリが気に食わないビョンジュはどっかでスリを出し抜きたくてしょうがない様子。
とりあえず上場は監査で問題ないと判断したのであとは実務者に任せるというからスリがこの会社で
ウロウロすることはもうないのかな?

ジョンヒはそんなビョンジュに先ほど交わした契約書類を一旦預かるとビョンジュに言います。
何をするかっていうと・・・ノ会長の筆跡を上からなぞって白紙に書き込んでて。
これで悪事の準備は万端。

ジヌは長年夢だったケーキ屋さんを始めるらしく、ミオクはその店舗を見にいって方角がどうのこうの
とアドバイスをしてて。商売も恋?もうまくいったらいいのにね~

ヒョソンに会ったヨンシは工場の件を聞きますが、忘れたいというヒョソンの言葉にオンマが全部思い
出しているんだとわかるんだけど・・・沈黙を守るには理由があると余計に悪い予感が働きます。

ビョンジュはヨンシが来たら何も言わないで欲しいと元従業員のおじさんに頼みますが、おばさんが
それを見てて・・・自分を訪ねてきたヨンシにビョンジュが夫にお金を渡していたと教えます。
ヨンシは震えながら家から持ってきたボンジャの写真をおばさんに見せ、この人が社長の奥さんだと
いうおばさんの言葉に衝撃を受けるヨンシ。
---------
第47回
ヒョソンと会ったヨンシは自分とお腹の子供のためにオンマが我慢していたことを知って、そんなの
ちっともありがたくないと泣きながら怒るヨンシですが、記憶が戻ったとにはあなたはあの家の嫁で、
お腹には子供がいたからどうしようもなかった、守ってあげたかったのとヒョソン。
ボンジャがしたことは許せないけど目をつぶって生きるしかないのよというオンマに、自分はこれから
あの家に入ってどんな顔してボンジャと目を合わせたらいいのかわからないと途方に暮れるヨンシで。

ビョンジュはジョンヒがスリたちに何かワナを仕掛けたと知ってるからスリのところにわざわざ行って
神経を逆撫でするような発言してて。

スリはアボジが他の件で検察から召還を受けていると知って心配します。
まあこういうことはよく経験してるから大丈夫だというアボジに、年齢と健康を考えてみろよ!と心配
のあまり、怒鳴る息子スリ。
「お前がいて心強いよ」
と言いつつ、ここは我を通すつもりのノ会長。

で、閉店後の編み物の店に行ったノ会長は暗い店の中でヒョソンが泣いているのを見つけます。
ノ会長はヒョソンが全身全霊をかけて守りたい娘さんのそばに犯人がいたんだなと言い、自分の推測が
あたっていたと言います。
これからどうしたらいいのかとヒョソンもまた途方に暮れちゃって、そのヒョソンを慰める言葉が無い
ノ会長。

この日からヨンシはなんかもう投げやり。
子供は動いたことを感じるほど大きくなってきたのに、すべてが煩わしくって。
ジュアは髪の毛を切って心機一転やり直すつもりで「どう?」って聞いてるのに見もしないヨンシ。
自分の意思で切ったんならいいじゃない、いつまでも被害者ぶらないでときついこと言っちゃうし、
グラスを割ったヨンシにいつものようにボンジャがイヤミを言っても無視!
そのことでボンジャが文句を言えば割れたグラスのかけらを握って反抗的な態度に出るし、ビョンジュ
に触れられるのも「やめて!」って感じで突っぱねて葛藤し続けて。

ヨンシが気づいたと知ったボンジャは編み物の店に行くんだけど、先にノ会長と会ってしまい彼から
過去にボンジャがしたことは見当がついてるんだという感じで思わせぶりなことを言われ、ヒョソンと
ヨンシ母子がノ会長を抱きこんでこっちに圧力をかけようとしてると勝手に思い、忌々しく思ってて。

検察からアボジが召還を受けたと知ったスリはアボジに言われたように編み物の店に行きます。
ノ会長は自宅の帳簿と印鑑を持ち出してコインロッカーに預けて、そのカギをスリに渡そうとしたけど
それよりも早く検察がきたのでヒョソンにそっとそのカギを預けたノ会長。
あとでやってきたスリにカギを渡そうかと思ったヒョソンですが、スリには言わなくていいという
会長の意図的な発言を思い出して渡すのを止めてしまいます。

ビョンジュはヨンシが真実を知ったことに気づいて彼女を探しますが、ヨンシはもう一緒に暮らせない
と言い出して・・・
----------
第48回
ビョンジュは自分も最近になって真実を知ったんだと打ち明けます。
子供が結婚してすぐに授かったのは理由がある、母とは別居してもいいし、気持ちが晴れるまで僕に
当たってもいいとヨンシと別れるつもりはないビョンジュに対して、ヨンシはもう自分の気持ちを
見失ってしまったと泣いてしまいます。

ジヌはミオクを手伝わせてケーキ店を開店させるために道具を安く譲り受けたり、お店を改装したりと
大忙しなんだけど・・・ミオクはなんとなくジヌを男として意識しちゃって、それを知ってか知らずか
ジヌはミオクをからかってて。(この二人、うまくいくといいのに~)

ノ会長が今回連行されたのはどうやらマネーロンダリング(資金洗浄)のことで検察から狙い撃ちされ
たらしく、ちょっとやそっとでは戻ってこれない様子。
ヒョソンから事情を聞いたジヌがスリの力になり、会長は尻尾を簡単に出したりしないさと安心させ
ようとしますが、そうとわかっていても家宅捜索とかされたりしたら気が気じゃないスリ。

ジョンヒはノ会長が逮捕されたことをボンジャに話し、ボン繊維に貸し付けたお金が今回の逮捕で回収
できなくったって会長の資産は莫大だから別に痛くもかゆくもないはずだと話します。
だけど会長がもし、契約詐欺を起こしたら・・・さすがによろめくかもとほくそ笑むジョンヒ。
ボンジャはジョンヒが何をするかは聞いてないけど、この先彼女がどうするかはスリへの執着次第だと
思ってて。

ヨンシはボンジャに反抗的な態度をとり、姑に刃向かうなんて母親がそう教えたの!?と怒れば、
私は9歳のときからオンマに育てられてない、自分がなってないのは私のせいだから母を侮辱するのは
やめて下さいとことあるごとに反抗し、許してくれるまで待つと言ってたビョンジュがさすがに注意
してもたった数日で根をあげるの?と神経を逆撫でするヨンシ(笑)
自分でもトゲトゲする感情を持て余しているヨンシだけど自分で自分を抑えられない感じで、自分を
苦しめてるんだけど・・・ボンジャが心から謝るまで収まりがつかないよね。

父に面会に行ったスリですが、アボジはおばさん(ヒョソン)の面倒を見るようにとしきりに言います。
これには深い意味があるんだというアボジの真意をまだ知らないスリ。
ボン繊維が上場したら貸付金を全て株に換えるようにと指示するアボジに、スリはしばらく会えないの
かと不安になっちゃって。

あとでインチャンから検察が秘密帳簿を探していると聞きますが、スリはその帳簿はまだ見たことが
なかったらしくて知らないと答えます。
話を立ち聞きしたビョンジュはノ会長が連行されたことを知り、インチャンから事情を聞き出します。

一方ボンジャはヨンシとヒョソンが会ってるところを見かけ、ヒョソンが会長からなにやら預かった
らしいとピンときます。
あとで調べてみると連行されたのも編み物の店だったと知ったボンジャは、会社のためにそのことを
もう少し詳しく調査する必要があると言います。

ビョンジュは家に帰ってノ会長が連行されたことをヨンシに話しますが、そのことを既にオンマから
聞いていたと答えたヨンシに、余計な一言を付け加えたビョンジュ。
(ボンジャの話を少しでもオンマの都合のいいように思いたいビョンジュはヒョソンを色メガネで
 見てるところがあって、それがヨンシをイラッとさせてて)
ヨンシとビョンジュはそのことで言い争いになり、いっそ被害者の息子だったほうが気が楽だった、
自分だって毎日が生き地獄なんだ!とアホなことをいう夫にカチーンときたヨンシは二人で撮影した
結婚式のパネルを床にたたきつけてガシャーンと割っちゃった(笑)
------------
第49回
「私を追いつめないでよ!」とケンカして家を飛び出しちゃったヨンシ。

スリはジョンヒに父のことで疑問があると言われて家に呼び出され、ノ会長が没収された財産だけど
あれのまだ10~20倍ほどは絶対に持っているはずだというジョンヒ。
彼女もまた秘密帳簿のことを口にして、何かヒントをもらったはずよと言いますが、それがヌナと何の
関係があるんだ?と冷たいスリに、私はあなたのパートナーになりたいともう一度言うジョンヒに
その提案は断る、既に遠くになりすぎたと答えるスリ。
裏切るのはいつも身近な人だからそれを考えながら父のことを相談できないと去ったスリに、ジョンヒ
は手をブルブルさせて怒りに震えます。

ヒョスクはジヌが仕事してたのが有名な高利貸しで、ヒョソンも店番してたと知って不思議な縁だとは
思いつつも係わり合いになっちゃだめ!と妹にクギを刺します。

ボンジャはビョンジュとヨンシがケンカしてヨンシが家を飛び出したと知って、それなら自分とヨンシ
のどちらかを選べと息子に迫るオンマに、自分で撒いたタネは自分で刈り取れよと静かに怒る息子。

みんなが知ってる秘密帳簿のことを自分が知らなかったことにショックを受けてて、これならもっと
早くアボジの仕事を引き継ぐんだったと後悔してるスリ。
ジヌはそんなスリを慰めはするけど、それ以上の協力は出来ないと答え、それがまたスリを寂しく
させてて。

スリはアボジの言葉にピンと来てヒョソンを訪ね、何か預かっていないか?と聞きますがヒョソンは
ノ会長の言葉を守って知らないと答えます。
ヨンシの様子を聞こうとヒョソンを訪ねたビョンジュはそんなスリとヒョソンの会話を聞いてて。
あとでヒョソンと話をしたビョンジュですが、家出をしたヨンシがヒョソンのところに言ってないと
知って慌てる二人。

ジョンヒはボンジャに最後の追加融資に関してノ会長を融資詐欺で訴えようと言い、作ったニセの契約
書類をボンジャに見せます。
会長の筆跡を真似て、印鑑も押してある書類にニヤつくボンジャ。
容疑が増えれば刑罰が重くなるから会長もこれで終わりだとジョンヒ。
(でもノ会長はジョンヒがそう易々と陥れられるようなタマかなぁ・・・)

ヨンシは憩いの場にいて・・・迎えにきたビョンジュに実家に行かなかったのか?と聞かれたヨンシは
実家に行けば伯母と叔父に母の話をするわよ、いいの?とケンカ腰で。
母を大目に見てくれと頼むビョンジュ、あなたが今でもお義母様をかばうその態度がイヤなのと怒る
ヨンシに・・・自分が病気になったせいであんなことが起こってしまったんだと彼女にひざまづき、
許してくれと謝る、許せないなら全部忘れよう、胸にしまっておくと君もつらいだろ?という夫の言葉
に力なく座り込んでしまうヨンシ。
(人を憎み続けるなんて慣れてないヨンシは心がくたびれちゃったんだろうね)
ビョンジュはヨンシを抱きしめて「すまない」と謝るしかなくて。

ボンジャはノ会長がもうすぐ破滅するならヒョソンに遠慮はいらないと感じ、ヨンシが家出したことを
批難し、子供が生まれたら養育権を奪ってやると言い出します。

ヨンシは本当に憎むべき相手であり、張本人のボンジャを呼び出して二人で話をすることにして・・・
---------
第50回
お義母さんのせいで自分と母は地獄だった。孤児と病人でどれだけつらい思いをしたことかと怒りを
ぶつけるヨンシに対し、自分たちだけが被害者だと思わないでと反論のボンジャ。
夫を誘惑して土地を奪われ、末の子供は死ぬし、ビョンジュには手術が必要だった、それで土地を取り
戻したのよ、息子のためだったら私は何でもするわというボンジャのオンマ迫力にちょっと負けてる
感じのヨンシ。
ビョンジュと別れてというボンジャに、一言でもいいからあの事故は過ちだった、後悔してると言って
くれたら憎しみも恨みも消してしまいますとヨンシ。
自分の家庭と子供を守りたいと願うヨンシに、あなたの幸せは私の犠牲の上に成り立ってるのを忘れ
ないでと謝るつもりもないボンジャ。

ボンジャはヨンシが裕福な暮らしをしたいからそんな風に夫や子供を言い訳にしてると誤解してて、
カケラでもいいから彼女の良心を期待していたヨンシはすごくショック。

株式の上場も終わったので事務所を整理するスリとインチャン。
ボンジャはソヨン(ジュアの友人)の父が自分の会社に興味があると聞いてなにやら嬉そう。
もともとソヨンはずっとビョンジュを狙ってたし、離婚したら即アピールしそうな勢い。

ジヌは才能があったみたいでミオクが味見係にと連れてきたジュアにも評判よくて大喜び。

アボジに面会に行ったスリはおばさん(ヒョソン)の面倒を見るにはどうしたらいい?とアボジの意図
を理解したことを匂わせます。
ノ会長はただ見守ってくれればいいと息子の言葉にウムウムと頷いてて。

ヒョソンはヨンシのことを心配して留守電にメッセージを残します。
「あなたが不幸になったら私が生き返った意味がない、だから家に帰りなさい」というオンマの言葉に
結局ヨンシは・・・ビョンジュに会いに行ってもう一度やってみると言います。
死ぬほど頑張ればなんとかなるからもしれない、感情に振り回されて家庭を壊したくないと産まれて
来る子供のために出きるところまで頑張ろうとするヨンシ。

ジュアとミオクはジヌのパンを宣伝して回るんだけど、ジュアが幼稚園で配ろうとして怒られている
ところへヒョスクが通りがかって、結局ジュアをかばってケンカになって。
しかもジュアが足をくじいたのでおんぶするヒョスク(笑)
ジヌのパンを宣伝して回ってたと聞いて悪い気はしないヒョスクかな?
インチャンはオンマがジュアをおんぶしてるところを見かけてけげんな顔(笑)

スリと食事をしたインチャンからノ会長が明日出てくると聞いたヒョソンはカギを返そうとしますが、
どっかにカギをやっちゃったらしくて慌てて探し始めます。
で、店にあるかもしれないと向かって・・・ちょうど店にはスリがいたんだけど、酔っ払ったジョンヒ
もいて、不用意なことにヒョソンは会長から信頼されて預けられているとカギを見せてしまいます。
ジョンヒはそれを奪おうとしますがジヌが姉を迎えにきたのでそれが出来ずじまい。
そこでボンジャにノ会長の破滅を願うなら隠し財産も奪うべきだと言い出して、それをヒョソンが
もっていることを匂わせます。

ノ会長は証拠不十分で釈放されるはずだったのにボン繊維に対する詐欺の疑いで再逮捕?されて、
ジョンヒの裏切りに気づいたノ会長はショックで倒れてしまいます。

ボンジャは本当にヒョソンが証拠を持っているのか確かめにいき、ちょうどヒョソンがヨンシにその
カギを見せているところに出くわして・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。