韓国ドラマ エンジョイライフ 53~54話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「韓国ドラマ エンジョイライフ 53~54話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第53回
ギウクは今ここでミンスに会う前にまだやることがあると思い、イェジュに仕事だと言って抜け出して
ジンスにわざと残業させます。

ミンスとユジンはコンサートを楽しみ、食事に行って。
ユジンは気の強いところのあるミンスが父に合わせて自分を殺してくれてることに感謝しますが、
自分がそうなれるのはユジンのおかげよと人間的に成長できたのはユジンがいたからと言って。

ジンスは本当のことをイェジュが知ったらショックを受けるかもしれないと思い、自分が無職だという
ことを明日告白しようと思ってイェジュと会う約束をします。

だけどギウクがイェジュをコンサートが終わったあとで用事があるからと事務所に立ち寄らせて、
バイトが残ってるんですと説明しちゃって!
そのバイトにコーヒーを頼んだギウク、何も知らないジンスがコーヒーを持っていき、相手がイェジュ
だと知ってお互いに驚く二人に平然と「うちのバイトと知り合いですか?」と聞くギウク。

事務所を飛び出したイェジュを家まで追いかけたジンスだけど、無職だと自分を騙したわねと聞く耳を
もたないイェジュ。(嘘をつかれたのがショックだったんだろうね~)
モメてる二人をユジンとミンスが見つけちゃって・・・これでイェジュとジンスがつきあっていたこと
がバレちゃった。
話を聞いたミンスはすぐに別れなさいと言います。嘘をついていたのは自分が釣りあわないと思ってた
からであって、隠してたのも反対されるのがわかってるからでしょ?だからすぐ別れろというミンス。
ユジンがフォローしてもイェジュが真実を知ってしまってショックを受けてるからジンスも動遥して
あんまり話ができる状態じゃないみたいで・・・

ユジンはすぐに結婚どうのこうのするわけじゃないんだから別れろなんていわないで少し見守って
あげようと言うけど、ミンスはインシクが知ったらまた自分みたいに両親も周囲の人も苦しむことに
なると大反対。
同じ経験をした僕らが味方になればいいとユジンが言っても、お義父様は私たちを寄生虫扱いにする、
両親がまた苦しむのは見たくないと突っぱねるミンス。

好きなら別れるべきじゃない、本当に好きなら父と闘う価値はあるとユジンも主張し・・・二人が
段々大声出してたらしく、インシクとオクボンが何事だと部屋にはいってきちゃって!
ピタッと話をやめる二人。
その夜眠れないイェジュとジンス、ユジンも途中で起きてみるとミンスがソファで考えこんでて。

ミンスは朝から実家に電話し、ジンスにイェジュと別れるように言ったから慰めてあげて欲しいと
オンマにお願いします。

チャンスはジスクに騙されてるのでは?
なんかおかしいよね?
なのに会社のお金に手をつけちゃって・・・どうなるんだ~?

ギョンスはジスクが美人局してると知って、チャンスに連絡するんだけど・・・
---------
第54回
ギョンスが連絡してくれたのにチャンスはその電話の内容がちゃんと聞き取れず、結局お金をジスク
に渡しちゃったよ~

ミンスとユジンは昨日は怒鳴ってごめんとお互いに謝って仲直り。
ユジンは仲直りのしるしにほっぺにキスを要求し、それで機嫌が直るの?と笑いながらミンスが唇に
チュッとキスしちゃって~ 今は幸せなんだけどギウクが段々近づいてきてるんだよね。

ジンスはイェジュの病院に行って話をしようとしますが、その姿を見かけたギウクは二人を写真に
撮ってインシクに送信しちゃって!

ジンスはイェジュを呼び出して・・・一晩中どうやって弁解しようか、どうやって謝ろうか考えたけど
それも全部やめると言います。
「君とつきあって幸せだった、でもつらかった。会うたびに申し訳なくて苦しんできたんだ。
 好きになるほど自分に資格があるのかと悩んだ」
「それで・・・どうしたいの?どうするつもり?」
「・・・もう終わりにするよ。僕が君を好きでいるとイェジュさんにも、姉さんにも迷惑をかける。
 卑怯だけどそうするよ。君やみんなのためにも・・・これしかない」
「ようするに別れるってこと?本当に卑怯なのね。説得もできないの?
 今日は情けない弁解でもいいから私を説得して欲しかった。昨日一晩中考えて理解しようと思った。
 私に言えなくて苦しかっただろうって。だけど何もせずに別れるというのね。わかったわ。
 私がその程度の存在なら言う通りにする。もう二度と私に連絡しないで」
二人はこうして別れちゃったわけで・・・

あとでインシクに呼び出されたイェジュはジンスとつきあってることが伯父にバレて驚きはするものの
ジンスを無能な男呼ばわりされてカチンときてかばうし、弁護士とも付き合う気はない!と断言。
イェジュはまだジンスとやり直せると思ってるのかな?

オジンはボングから自転車をプレゼントしてもらったけどオンマと結婚したいからって買収なんか
されないぞと頑張ってて(笑)
でもまあそのうちにボングにほだされるだろうけど。

インシクは実家にいるミンスを呼び出してジンスとあわせるように要求。
で、ミンスとジンスはインシクと話をするんだけど・・・いきなりジンスをぶったインシクにさすがに
ミンスも「何をなさるんですか!」と怒っちゃって。
ミンスの両親をやっぱり寄生虫扱いするインシクに、両親は関係ありませんとジンス。
自分たちは別れたから二度とご心配はおかけしませんというジンスに、そうやって結婚した事例もある
から信用できん、今すぐここでもう一度電話しろと要求するインシク。

イェジュはそのときユジンに慰めてもらってるんだけど・・・ジンスから電話がかかってきて。
「二度と連絡することはない、きっぱり別れるよ」
といわれてさすがにショックなイェジュ。
イェジュは弁護士と結婚するから二度と連絡するなとクギを指すインシクに黙って去るジンス。

ミンスはジンスを追いかけて・・・抱きしめます。
「わかってるわ。言わなくてもわかる・・・ごめん、ごめんね、ジンス」
「謝らないで、大丈夫だよ。ごめん、僕のせいで。僕がいけないんだ、立場が悪くなっちゃうね」
自分のせいでイェジュを諦めたんだと申し訳ないミンスと自分たちがつきあったせいでミンスがまた
あのインシクにイビられるのが申し訳ないジンス。
二人とも今日のことは両親に内緒にしておこうと約束して。

イェジュはユジンに伴われてフラフラになるまで酔って帰ってきて・・・なんてザマだとはき捨てる
ように言うインシクに反抗的な目をむけたイェジュは「卑しい人」とインシクに言っちゃって!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する