韓国ドラマ エンジョイライフ 43~44話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「韓国ドラマ エンジョイライフ 43~44話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第43回
誰がこれを?と聞くユジンだけど、口を割らないミンスに言わなくても想像はつくと言って、自分に
任せてくれと病院を出ます。
父親がなぜミンスと二人で新居を見に行きたがったのか合点がいったユジンはまたもやミンスを守れず、
そして信じていた父親にまたもや裏切られた気持ちでショックと腹立たしさを隠せず。
家に帰って家具は自分で用意すると言いますが、インシクはミンスがユジンに告げ口したと思って、
口の軽い嫁は困るなぁと皮肉るし、ユジンがミンスの肩をもつので気にいらなくて怒鳴るインシク。

自分だって泣く泣く三流女に息子を取られるうえに新居まで用意しろと言われたんだぞ!と反論。
(それはインシクに問題があるからだよっ!)
とにかくお前があの女の味方をするなら逆効果だ!こうなったら結婚の贈り物も省略しないぞ!と
頑なになるインシクに困った家族たち。
オクボンはどうせこんなことだろうと思ったと想定の範囲内の出来事にあんまり驚かず。
さっそくミンスに電話したインシクは家具を用意できなかったらこの結婚はなかったと思え!と
一方的に怒鳴っちゃってさ~ イヤな奴だよ。

ミンス母は家に帰って夫に、あなたがあっちのお父さんを相手に独立させてくれなんていうから怒って
新居の家具をそろえろと言ってるわよ!と半分八つ当たり。
さすがにミンス父もそこまであっちがやるとは思ってなかったんだよね、娘の幸せを考えてしたことが
結果として娘を苦しめることになっちゃって・・・支払いが出来ないと結婚を白紙にされるから妹の
ギョンスも友人にお金を借りようとしてて、ギウクもギョンスの姉が結婚するって聞いてもミンスとは
到底結びつけてない様子。ギョンスは弟ジンスを雇用してくれたお礼にと何くれなくギウクに贈り物を
してるんだけど・・・あとで自分に腹が立つと思うよ~(ニヤリ)

ジンスとイェジュは一緒にごはんを食べて楽しい雰囲気で過ごしてて。
イェジュはジンスさんといるとすごく楽しくて笑えると彼に心を許してるんだけど・・・自分の見合い
が勝手に進行中とは夢にも思わず。
姉を心配するジンスに、今までもなんとか乗り越えられたんだから大丈夫よと励まします。

ユジンはミンスの家にやってきます。
こっちがお金を用意できる財力がなくてごめんねと謝るミンス母にユジンは自分が融資を受けた一億が
入金された通帳を渡します。
慌てて断るミンス家族に、自分が父を説得できない力不足のせいだから受け取って欲しいという話を
しているときにミンス父が帰宅します。
そのお金は受け取らない、お金はこっちで用意できるという思わせぶりな夫の発言に、ミンス母は
もしかしてこの家を売るつもり?と夫を問いただしますが・・・返事しないミンス父。

ミンスオンマは夫がどれだけ苦労してこの家を手にいれたかわかってるからすごく泣けてきて、ユジン
と一緒に車で外に出たミンスもずっと泣いてて。
どんなに苦労して両親があの家を手に入れたかわかってるのに、自分の結婚のせいでそれを手放す
ことになるっていうのに自分は結婚を諦められない、諦めたらそれで解決するのにと。
「どうしてもユジンと別れられないの、こんなに親不孝な娘はいないわ。
 親のことを考えない、自分勝手で最低の娘だわ。情けなくて・・・涙が出る」
と泣いてばっかりのミンスを自分の胸に抱き寄せるユジン。
「ごめんよ、ヌナ。ごめん」
親不孝しでても自分のことをあきらめないと言ってくれるミンスにありがたい気持ちだし、そのせい
で彼女が苦しんでるのも申し訳ないユジン。(まあ・・・ユジンの力不足なんだけどね~)

後日。ミンスはインシクを訪ねてクリニックに行き・・・
-----------
第44回
ミンスは自分をお父様に認めてもらいたいけどあんな大金は到底用意できないと白旗をあげます。
このことでユジンや家族を苦しめてしまいっているから自分はどうすればいいですか?とインシクに
聞き、道は二つだと答えるインシク。
ひとつはユジンと別れることだと言い、それが出来たらここにはいないと即答で断るミンスに、
なら同居させて欲しいと跪いて頼めと要求してくるインシク。
そのころユジンは新居になる予定の部屋を父がまだ契約してないことを確認し、父の真の狙いが何か
やっとわかったんだけど・・・

インシクは最初からミンスやミンス家族を屈服させるのが目的で、インシクの要求どおりミンスは
跪いてインシクが言う通りに「生意気言ってすみませんでした、同居させてください」と謝罪して。
自分に逆らえばどうなるかわかっただろう?これからはオレの言葉に従ってもらうと主導権を握って
満足げ(ケッ・・・いやな奴)

ユジンはその直後にクリニックに来て、ミンスから自分の意思でここに来て同居をお願いしたと聞き、
(どうせミンスに屈辱的なことをさせたんだろうと想像はついたらしく)怒ってインシクのところへ
行き、予定通り自分たちで部屋を借りて独立すると言い出します。
最初から騙すつもりで独立を許可したんだろ!?とユジンに痛いところを突かれたインシクは、
なんで自分の息子を騙す必要があるんだ?と怒鳴り返しながらも、二度と自分に生意気な口を利けない
ように、我が家の嫁として守るべき道理を教えたんだ!と意図的にやったことを認めて。
インシクにもう我慢ができないユジンは思い通りになんかならない!と出ていって、ミンスに部屋を
探そうと言います。

だけどミンスはもう決めたことだからと同居する考えを覆さず、今度はユジンとミンスがケンカに。
苦労させたくないというユジンと自分はうまくやる自信があるから言う通りにしてとミンス。
「ダメです。今回は譲りません。独立しますよ」
「決めたことなの、気持ちの整理をつけたからもう蒸し返さないで私の言う通りにしてよ」
「なんで僕に何の相談もしてくれないんですか?一人で悩んで勝手に決めるなら僕は何なんですか?
 必要ないってこと?」
「私はユジンのために・・・」
「僕のため?子ども扱いしてるだけです!結婚は考え直しましょう!」
と怒って帰っちゃったユジンに家族も心配してて。
家のことなら心配ないからと両親がミンスを説得しますが、
「親の家を奪って一人で幸せになんかなれない、独立したらユジンも親と縁を切ることになる。
 この方法しかないの、だから許して」
と自分の決断したとおりにして欲しいと頼むミンス。
あの父親と同居したら苦労するに決まってると反対する母を、あのお父さんとは正面から向き合わない
と対処できないとミンス。
「ママ、私はユジンを愛してる。初めは妊娠がきっかけだったけど今はかけがえのない人なの。
 だから私がそばにいて楽になれるなら、辛くてもそばにいる」
と悲壮な決意のミンス、いつかはインシクに最高の嫁だと思わせてみせると乗り越えようとしてて。

怒って帰ったユジンはミンスの家の近所で飲んでて、ミンスが彼の前に座りますが何にも言わなくて。
「怒ってるの?」
「僕は4歳のときから母さんの泣いてる姿を見て育ちました。それが一番つらかった。
 だから嫌なんです。辛い思いをするのは目に見えてます」
愛する人を母の二の舞にさせたくなくてユジンなりに必死で、ミンスはユジンの手を握り、
「ユジン、私たちいろいろあったわよね、でもあなたがいたから乗り越えられたの。
 だから今のまま隣にいてさえくれればどんなに辛くても手を離さない。心配しないで。
 ヌナを信じて、自信はあるのよ」
と、ユジンがそばにいれば大丈夫!というミンスにユジンも負けたかな?

オモオモ!ユジンの結婚式に知人の誘いで出席するらしいギウク。
ギウクは見合い相手のイェジュとの浅からぬ縁を感じてるみたいだけど・・・ミンスが一番幸せな
日にギウクと再会するのは気の毒すぎる。
ジンスはイェジュと結婚式で歌う曲を選んでて、イェジュがオンチなのが笑えるし、でも一生懸命
歌ってるのがかわいいみたいで顔がニヤケるジンス。

結婚式当日。
ギウクは弁護士事務所の先輩と一緒に式場に来て、ウエディングドレス姿のミンスに驚いてて!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する