韓国ドラマ もう止まらない~涙の復讐 16~20話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「韓国ドラマ もう止まらない~涙の復讐 16~20話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第16回
「生きてたなんて・・・」と驚愕のボンジャですが・・・ヒョソンは記憶を失ってるからボンジャが
誰だかわからない、だけど自分にとってすごく怖い人だっていうことはわかるんだよね。
で、いきなり倒れてしまったヒョソン。

ノ会長を尾行してた男がジヌに追われてボンジャの前まできて「逃げてください!」といい、その場を
離れるしかなかったボンジャ。
男を追いかけていたジヌは道に倒れているヌナを発見して、タクシーで病院へ急行。

ボンジャはチン社長(ジヌ)がヒョソンを連れていくのをみてたのかな?
それも気になるけど、尾行してた男に陽平(ヤンピョン)で起きた20年前のひき逃げのことについて
調べろといいます。(生きてたとは思わなかったんだもんね)
ノ会長が最近「憩いの場」に行ってるという報告も受けるボンジャですが、あのケチが奉仕活動でも
してるの?と関連性は全く思いつかず。
ちなみにノ会長は何も知らないので待ちぼうけ~

スリはビョンジュに会計書類を渡して、仕事は出来ないからと社長に断ると伝えて欲しいと頼みます。
ビョンジュはスリがそう言ってるのにイヤミたらたらで、念のために言っておくけど自分とヨンシさん
は何の関係もないと念押ししたスリにあの家を出ていけといいます。
裕福なのに間借りなんかしたら誤解を招くだけだろ?というビョンジュに、考えておくと答えるスリ。

ジョンヒはミオクの部屋を借りるつもりなんだけど・・・スリは出ていけばすれ違いになるよ(笑)
ミオクは自分の部屋がなくなるからガックリ。

ヒョスクはジヌからヒョソンが道ばたで倒れたと聞いて慌てて駆けつけます。
ボンジャはヒョソンをわざとひいたらしくて・・・それも自分の夫に色目を使ったと勝手に誤解して、
ヒョソンがいくら違うと言っても責めたてたみたいで。
記憶が戻って混乱してひどい状態になっているヌナを見たジヌは姉が引き逃げ事故の記憶も甦ったんだ
とわかり、ヌナをこんな目にあわせた奴を絶対に許さないと怒ってて。

ボンジャはスリが辞退すると息子から聞いて、なんでよ?って怒り出して。
やりたがらないんだからしょうがないじゃないかというビョンジュに、ヨンシとの仲を疑ってるから
あんたが過剰反応してるんでしょ?ノ・スリを連れ戻して、でなきゃヨンシとの仲を疑うからね!
とヒステリックに怒るので気圧されるビョンジュ。

インチャンはジュアに恋愛計画書を提示。
どうやら今までいろいろ計画をたててから行動してきたインチャン、こういう計画がないからこじれる
んだと言い、ジュアに内容を見せます。
週に三回以上会うとか、デートの費用は男が三割プラス払うとかいろいろ書いてあるんだけど、
ジュアは「スキンシップのお代わりは無制限」と書き込みます。
おい!と焦るインチャンだけど、書類を取られそうになって慌てて署名してて(笑)

ヨンシがフトンとでっかいタライで足でふみふみしながら洗濯してるのを見てたビョンジュ。
面白そうだと自分もふみふみしだしてめっちゃラブラブな感じ。
それを見ていたジュアは・・・インチャンに「一緒に洗濯する」を計画書に追加するようにメール。
インチャンはなんのことだ?と頭をひねります。(ジュアは兄が羨ましかったんだよ~)

ジヌはインチャンの部屋へ行きますが、恋愛してるのに夜に家にいる甥をちょっとからかいます。
インチャンはヨンシの母の記憶は全然ないらしいんだけど・・・ジヌは女は美人でも善人でなくても
いいと言い出します。
「女は運が強ければ・・・」とヌナのことを思い出して感慨深げに言うジヌに、女性はいい男に出会う
ことが一番大事さとインチャン。

姉が気の毒すぎて時効になってても犯人を追いつめたいジヌはスリの部屋に行きますが、スリもヨンシ
のことを考えてるらしく考え込んでて。
スリに警察や検察にコネはないかと尋ねますが、スリは仕事柄どうしても財界の知人がほとんどで。
アボジならそっち方面ばっかりにコネがあると答えるスリに、それはもう考えてたジヌ。
でもやっぱジヌはノ会長には頼めないと思ってるんだよね。
そんなジヌに僕を使って頼めばいいと協力してくれるつもりがあるスリ。
ジヌからアボジを尾行してるのは興信所の男みたいだから命を狙われてるわけじゃない、安心しろと
言われても父を心配してるから引き続き警護を頼むスリ。この父子の仲はほんとにいいんだよね~

ボンジャはヨンシに実家に行こうと言い出して、ビョンジュはオンマに誤解されないようにしろと注意。
だけどボンジャの狙いはずばりスリ!
ヒョスクに会いに行ったら間借り人としてスリがいて驚くという芝居をして、なんで知り合いだった
ことを黙っていたの?とまたもや責めて・・・その話をスリにも聞こえるように言ってて、スリは自分
とヨンシが写真に撮られていたことも知ります。
彼の収入はものすごいのになんで間借りなんかする必要がある?家が貧乏なのはあなたのせいじゃない
けど男性問題は別よ!と言い放つボンジャ。
(スリがノ会長の息子だとは知らないからやりたい放題のボンジャさんだなぁ)
---------
第17回
彼は昨日までは仕事を受ける気だったのに・・・断った理由はあなたでしょ?とボンジャに言われて
「え?」って顔のヨンシ。ボンジャはヨンシが彼にやめさせたんだろうと言い、自分が断ったことで
ヨンシに迷惑になったと思ったスリは部屋に入り、「僕が働けば・・・」とヨンシを救おうとします。
ボンジャは当然スリに聞こえよがしに言ってるのに、「あら、驚いたわ」と猿芝居しちゃって。

スリも財務管理士は大勢いるのになんで自分なんですか?とボンジャにいいますが、会計帳簿まで見た
のに断るのも変じゃない?と言い返されちゃって。
息子はあなたに過剰反応するし、あなたたち二人は知らない間柄っていうフリしてたのはどうなの?
とチクリチクリと二人をいじめるボンジャ。

ジヌはノ会長のところに行って編物の先生が自分の実の姉で、彼女は20年前にひき逃げ事故にあって
記憶をなくしたけど徐々に戻りつつあると話します。
それで検察や警察に事件を調べるための口利きをして欲しいと頼むジヌに、代償としてお前は何を
してくれるんだ?と聞くノ会長。
ジヌは「スリを動かします」と答えます。(前にスリがそうしろよと言ってくれたから)
ノ会長のアキレス腱がスリだから自分がスリを動かすというジヌの言葉に、あくまでも自分の下では
働かないつもりなんだなとちょっと寂しそうなノ会長。
(ジヌとノ会長って袂を分かつような具体的な出来事があったのかな?仲が悪そうには見えないし)

インチャンとジュアはジュアの希望どおり洗濯ものを一緒に洗ってるんだけど・・・自分が理想した
イメージじゃないとブウブウ怒るジュア(笑)
でもがんばったからとインチャンに足を洗ってもらうジュアは嬉そうだし、インチャンにペディキュア
を注意されると「先輩も塗ろう!」と言い出してイヤがるインチャン(笑)

ボンジャはヨンシを実家に泊まらせてきて、ビョンジュはやっぱそれが不満。
スリが間借りしていたことに驚いたわと言いつつもスリは雇うというオンマに怒るビョンジュ。
ヨンシは目元に色気があふれてるわ、ああいう女にあんたの父親も誘惑されて工場が倒産し、お父さん
も倒れて女手ひとつで二人を育てることになった、だからヨンシを見てると不愉快で悔しいという母に、
似てるだけで嫌うなよとビョンジュ。
他人の空似じゃなかったら・・・とちょっと不安なボンジャさん。

ヨンシは謝られるのは嫌いだろうけどと前置きしてごめんなさいと謝ります。
仕事を断っても請けてもどっちにしろ誤解される状況にスリもどうしていいかわからず、そんな風に
彼を悩ませる原因を作ったのは自分だからとまた謝るヨンシ。
「結婚生活が思ったより悪くないだと?最悪なんだろ?オレのせいで疑われてるんだろ?」
と心配のあまりきつい口調になるスリに、あなたが口出しする問題じゃない私の信用問題よとあくまで
自分が悪いんだからと自分一人で抱え込むヨンシ。
そんなイライラ爆発のスリですが、心配しないでとヨンシは立ち去ろうとします。
「心配?なぜ心配をかける?よく笑って、元気よく頑張っていた君は結婚して生気を失った。
 疑われて言い訳して、その繰り返しか?努力で人を好きにはなれないんだ」
「じゃあどうしろと?」
「金が問題なら・・・」
と言いかけたスリは途中で言うのをやめてしまいます。
(人をお金で操るのをあんなに嫌ってたのに、それを言葉に出すとは・・・)
スリが実はお金を持ってたのに自分を助けてはくれなかったことにちょっと怒るヨンシ。
「お金持ちだってわかってたらあなたを選んだのに、どうせ売られるなら気楽なほうに・・・」
というヨンシに、本心か?とスリ。
三千万をだしてくれたからそれを返そうとして結婚したんだと本人の口から聞いてショックなスリ。
(あのとき出してれば・・・と歯がゆい気持ちだよね)
この二人の言い争いをいてもたってもいられなくて実家に迎えにきたビョンジュが聞いてしまって。

ミオクはヨンシ夫婦が険悪そうなムードで帰ったことと、スリが機嫌悪そうだったことからスリが
ヨンシを好きなんじゃ?と口にしますが、ヒョスクはそんなことを口にしないでと注意します。

家に帰ったビョンジュは当然ヨンシを責めますが、自分には冷静に話をしようとするヨンシの態度に
イラつくビョンジュ。
感情むきだしでスリとケンカしてたヨンシの顔が見たいと言うビョンジュに、
あなたこそ洗濯を一緒にする優しい人があなた?それとも私を疑う怖い顔があなたなの?とヨンシ。
こじれちゃった二人はどうしていいのかわからなくなっちゃったみたい。

ボンジャはあなたのお母さんの墓参りに行きたいからとヨンシから母親の情報を引き出そうとします。
でもヨンシも事故のことであんまり覚えてないからか、名前がク・ヒョソンで年齢ははっきりとは
わからないと答えます。それを手がかりにしてボンジャは居場所をつきとめようとして。

ノ会長はヒョソンが記憶を取り戻したがっていると知って思い出さないほうがいいといいます。
(記憶を戻して辛い思いをすることになるヒョソンをノ会長は心配してくれてるんだね)
悔しくても復讐する力がないなら胸にしまったほうがいい場合もあると諭すノ会長に、自分の人生は
つまらないものだったけど娘のシアのために真相を知りたいとヒョソン。

ミオクのところに下着の試作品を持っていったヨンシはお守りをくれない?と頼みます。
この前のこともあるし夫婦がうまくいってないのを知ってるミオクは、なんでもいいからダンナ様に
買ってほしいものがあるとねだりなさいとアドバイス。
で、ヨンシはさっそく髪留めとかちょっとしたものを買ってほしいとねだり、ビョンジュはそれだけで
なにやら距離が縮まった気がするのか嬉そうで(単純だなぁ・・・でも人ってそういうもんだよね)

スリはボンジャに仕事は断るし、あの家も出る、ヨンシさんの前から永遠に消えると宣言します。
誤解されて無駄な衝突を避けたいというスリを挑発するボンジャですが・・・スリの決心は固いみたい。
さて・・・どうするボンジャ?

ヨンシとビョンジュは一緒にラーメン食べてグンと距離も縮まった感じ。
子供のころはラーメンが主食だったけど裕福になってからはオンマがラーメンを食べるのを禁じたので
家ではラーメンを食べたいといえなかったというビョンジュ。
帰ってきたボンジャは仲良く二人でラーメン食べてる夫婦を見て途方に暮れちゃって。
スリしか切り札がないからこんな風に彼に去られるのは困るんだよね~

ジヌは姉のことでヤンピョンに行きたいらしくて、スリにノ会長の警護を頼みます。
どうやらスリには担保価値はなかったようでノ会長に断られちゃったので自分で調べてみるジヌ。
会長は憩いの場にしか行かないからというジヌの言葉にキョトンなスリ。
(この段階ではヒョソンが自分の姉だとは明らかにしないジヌなんだよね)

ボンジャはノ会長が憩いの場に行ったと聞いてそこに向かいますが、スリを見かけたあとでなんと
ヨンシまでそこに入っていくのを見て・・・自分が仕組んだんじゃないのに?と驚いてて。
-----------
第18回
ここで二人を問い詰めたってシラを切られるだけだから対策が必要だと感じたボンジャはそのまま
施設をあとにします。(ま~ 運命の再会はもうちょっと先かな?)
ヨンシはシアオンマとビルの大家さん(ノ会長)が編物仲間だと知って驚きますが、スリがそこにいた
ことにも驚いちゃって・・・スリは最初大家さんだから知ってると言いますが、ヨンシに嘘はつきたく
ないのか、実は父なんだと打ち明けます。

で、帰ろうとするヨンシに「もう一度会いたかった」と声をかけるスリ。
社長に仕事も辞めるし、実家に戻る、目の前から消えると言ったと話して、僕ができることはそれしか
ないといい、「ありがとう」とヨンシ。
「それだけ?(いつものように)ごめんなさいは?」と聞くスリに、「ごめんなさい」と謝るヨンシ。
この二人をヒョソンが見かけてジャマしないようにとノ会長に言いますが、ヨンシはミオクの名前で
ボランティアしてるから施設の人に名前を聞いて、当然ながらミオクさんだと言われます。

「もう会えないよな。握手したいけど・・・写真を撮られそうだ」と冗談めかしたスリに手を出し、
「感謝も謝罪も今日で最後にするわ。元気で・・・忘れないわ。今日が終わるまでは」
と握手したヨンシ。(で、先にヨンシから手を放してて、名残惜しいスリ)
「一生の別れかよ」
「消えるんでしょ?」
「同じ空の下にいれば偶然会えるさ」
と言いますが、二人が偶然会ってもいいことなんて起きないんだったと思い直して、偶然でもダメかと
一人ごちるスリ。
「幸せ・・・幸せになって」
と声をかけたスリは立ち去るヨンシを見送って・・・

そんな二人を見てたノ会長はスリがヨンシを好きなのを一目で見抜いた様子で、しかも彼女がお店の
ことで粘った女性だったと思い出します。
「好きなのか?」とからかうアボジに「結婚したよ」と答えるスリ。
ボンジャはスリとノ会長が一緒に出てきて親しそうだから、スリがノ会長の息子だと知っちゃって。
そうとわかったら絶対に離さないとボンジャ。(こえ~)

ビョンジュがヨンシに髪留めを買ってくれて・・・ヨンシはミオクのアドバイスどおりにその場で
つけてみます。(喜ぶ表現が若干不足気味のヨンシだけど)
こんな風に努力しないと続かないって・・・疲れるだけなんだけどね。

ミオクはインチャンがマニキュアを気にしていたのをお見通しだったらしくてプレゼントしてくれて。
さっそく塗ってみるインチャンですが、なんで女性がこんなもの塗ってるのかわからないと理解不能。
そこへジヌがきたので慌てて隠すインチャンでした~
ミオクはこのマニキュアの件でインチャンの彼女がハデな女性だと見破りますが、ヒョスクはミオクの
推理を否定してて・・・っていうか信じたくないよね。いい娘さんと見合いしてほしいオンマ。

スリは実家に戻ったんだけど元気がなくて心配するジョンヒですが、ノ会長からあいつは好きな女性が
いて片想いしてるんだと聞いて心がザワザワ(笑)
ヨンシと交わした握手の感触を思い出しながら、いかんいかんと頭を振って悩んでるスリを見つめて
いるしかないジョンヒ。

ジュアってば~ ヨンシがボンジャとビョンジュのために作ったお弁当と横取りしちゃって!
何も知らないヨンシがお弁当箱を開けると生のジャガイモが入ってて、ジュアめ!と怒るビョンジュと
妹の仕業って決め付けないで、あなたも確認してから包みなさいよと叱られるヨンシ。

フッフッフッ ジュアは自分でお弁当を作ったといってましたが、ヨンシが作った料理の中にジュアの
アレルギーの食べ物が入ってたらしくてどんどん赤い発疹ができちゃうジュアを心配するインチャン。
結局病院送りになったジュアで、自業自得だと娘に怒っておきつつヨンシにも家族のアレルギーは把握
しておいてよ!と八つ当たりするヨンシ。

ノ会長のお使いで施設にきたスリですが、シアオンマがどうしてもヨンシに渡したいものがあるから
自分をここまで連れて行ってほしいと住所を見せられて渋るスリ。
それはボン繊維で・・・どうしても行かないとダメですか?とためらうスリに、どうしてもと頼む
ヒョソン。結局スリは会社までついていくことに。
ヨンシと連絡が取れないのでメールしたんだけど・・・ヨンシはボンジャに怒られてトイレにいて、
『うれしいお客さんが来た、ロビーまで来て。このメールは削除して スリ』
という内容をビョンジュが見ちゃったよ~(完全に誤解してるな)
--------
第19回
スリはヒョソンだけをロビーに行かせて会社には近づかないようにしてて、そんな風に用心してるのに
また誤解を受けてしまったとは夢にも思わず。
ヒョソン(シアオンマ)が無事にヨンシと会えたかどうかきになっても電話できなくてもどかしくて。
そのシアオンマだけど施設を勝手に出てきちゃったから連絡受けてすぐに帰っちゃって、スリはその
後ろ姿を見かけて、ヨンシに会えたのか確認しようとしたのにそのまま行ってしまいます。
で、ヒョソンが落としたメモを見つけたスリは
『九老洞(クロドン)、ファシン工場、イ・ユンジョン、イム・・・』
と書いてあって・・・キョトン。

ヨンシは品評会に出すはずの試作品が台無しになるし、お弁当で失敗してジュアにも悪いことをしたと
ビョンジュに謝ります。
ずっとどこにいた?と勢い込んで聞いてくるビョンジュに、会議に出るなと言われたからずっとトイレ
にいたと説明するヨンシ。
ビョンジュに今日誰かに会う約束したかと聞かれて、していないと断言のヨンシに余計に悩むハメに
なるビョンジュ(笑)⇒ヨンシはマジで何にも知らないからね~

ジュアは病院からオンマに電話をかけてヨンシのことをボロカスに言うんだけど、この時点でジュアが
自分でお弁当を作ってないことがインチャンにバレたし、誰かのことをボロカスにけなしている姿を
見てやっぱ幻滅したインチャン。
家に帰ってオンマにどんな女性が結婚相手にいい?と聞いてみるとやっぱ心がきれいな女性と答える
オンマに・・・あとで一人になったインチャンは要領も器量もいいけど心があまりきれいじゃないと
ため息ついてて(笑)

家に帰ったジュアはヨンシに八つ当たりして、それをビョンジュがかばうから兄妹ゲンカに発展。
それでボンジャがうんざりだわって言い出して結局なにもかもヨンシのせいにされちゃった。

インチャンはジュアとは別れるつもりで呼び出して・・・だけどジュアは映画を見ようと引っぱって
行っちゃって。だけどそこに兄ビョンジュとヨンシがいたので慌てて逃げるジュア(笑)
インチャンを女子トイレに隠すんだけど・・・ヨンシがやってきたのでオンマやオッパにはナイショに
して、見つかったら絶対反対されるからとイヤイヤながら頼むジュア。
ヨンシはジュアに協力してビョンジュを他の場所へ行こうと連れていってくれて・・・
インチャンもヨンシも顔をお互いを直接見てないからまだ何も知らないんだけど、ミオクがインチャン
の彼女の写真を見てヨンシの義妹ジュアだと大騒ぎ!

インチャンはジュアに自分たちは最初からギクシャクしてて合わなかったと別れを切り出します。
ジュアはフラれてキーキー怒ってたけど、もういいわよ!と怒って行っちゃった。
この二人はどうなるのかな?

ノ会長はボンジャと家で会って話をしますが、ノ会長はボンジャを怒らせて交渉は決裂。
このあとスリがボンジャに気づいてジョンヒに話を聞いてるんだけど、ジョンヒがスリのことを会長が
どれだけ大事に思ってるかっていう話をしてて。
ボンジャは自分を怒らせたノ会長とヨンシを一発で倒す策を考えついたみたいで。

家に帰ったインチャンはオンマに写真の女の子との関係を聞かれてただの後輩だと答えます。
(ま、もう別れちゃったからってことで)
何か問題でも?と聞いたインチャンに、ミオクが説明しようとしますがそれを遮るヒョスク。
もう関係ないならいいやってことなんだけど・・・インチャンはイマイチ気持ちが晴れず。
ジュアは家で泣いちゃってて、別れたことをなんでかヨンシのせいにしてるし(笑)

ボンジャは憩いの場に寄付するからあなたが持っていってと小切手を渡します。
ヨンシは小切手の金額が大きいから念のためにコピーしてたのかな?
で、会社を出てすぐに男にぶつかられて・・・ボンジャが雇った男はヨンシのケータイを盗んでスリに
連絡をして、このケータイの持ち主が憩いの場で倒れていると教えます。
急いで出かけるスリ・・・そして狙われているヨンシ。
-----------
第20回
ボンジャは頃合を見計らってビョンジュを憩いの場に行かせるんだけど・・・

ヨンシがバッグを奪われる場面に出くわしたスリが男を捕まえ、そいつが自分に電話をかけてきたと
知ったスリは「誰の差し金だ!」と黒幕を吐かせようとしますがもう一人の仲間がやってきてボコボコ
にされてしまいます。
ビョンジュが憩いの場についたときには意識のないスリと、そのそばで泣いてるヨンシが・・・

病院にスリを連れて行ったビョンジュですが、ヨンシは彼が無事だとわかったら会おうともしないで
さっさと病院をあとにしちゃって・・・自分がそばにいると彼が不幸になると思って怖いのかな?

ミオクはジョンヒがジヌのことをチン社長と呼ぶし、義姉もチン社長っていう呼び方を不思議に思って
ないから「なんで~?」と一人だけ釈然としなくて(笑)
スリがケガをしたという知らせに大急ぎで出かけるジヌとジョンヒ、疑問がふくらむミオクでした~

ボンジャはスリに相当なケガを負わせてしまったことでちょっとマズかったと反省はしたんだけど、
引ったくりに遭ったことをヨンシから報告されるとスキを見せるから悪いとヨンシを責めるボンジャ。
さすがにヨンシも今度のことで倉庫の件や写真のことを考え、ボンジャが自分を苦しめるために
スリを駒として使ってるんじゃないかと思い至って。

今後は彼のために偶然でも会わないようにする、偶然が重なるともはや偶然とは呼べない、あの人と
いるときにあなたが来るのも偶然じゃないとボンジャを疑うヨンシ。
自分の母親がそんなことを企むとでも?と口にはしながら、そういうことをする人だとわかってる
ビョンジュは全否定はせず。
ヨンシはこのことでビョンジュとケンカするのに疲れたのか、あなたの好きなようにしてと言います。
「追い出すか置いておくか・・・あなたの好きにして」と。

ビョンジュは彼なりにヨンシを愛してて、ただ君を好きなだけなのになんでこんなにこじれるんだと
酒を飲みながら自分の気持ちを吐露。
「僕の好きな人と幸せに暮らしたい、それだけだ。なのにかなわない。母のせいにするな。
 君が母のことを口にすると、この結婚をやめたい口実にしか聞こえない」
と自分にすがりついてくるビョンジュには愛情のあるヨンシ。
私もあなたと幸せに暮らしたいと口にしてビョンジュを抱きしめますが・・・問題は二人じゃなくて
ボンジャなんだよね~

ノ会長はスリがケガしたことで激怒!
で、ボンジャの会社に行ったんだけど・・・ノ会長がやってきて戦々恐々のボンジャですが、実はスリ
を病院に連れていってくれたことを感謝するとお礼にきたんだとか。
このことに感謝して事業資金を出すというノ会長にぎこちない笑みを浮かべるボンジャ。
(あ~あ、張本人にお礼言ってるよ)
ヒョソンはノ会長の家に編物を教えに行ったんだけどノ会長がボンジャのところに行ってるから
すれ違い、ジョンヒは病人の料理が得意じゃなくて?スリの食事をヒョソンに頼みます。
帰ってきたノ会長は息子に殴られっぱなしだったことを怒りますが、やっぱ心配で(笑)

ジュアと別れたインチャンは友達に穴埋めを頼まれてブラインドデートへ。
実はソヨンがジュアを同じように誘っていて二人は運命の再会(笑)
直前でジュアが違うカードを選択したため、ソヨンとパートナーになっちゃったインチャンは近くに
ジュアがいるからビックリするし、ジュアはジュアで自分が選ばなかった相手が彼だと知って悔しくて
しょうがないみたいでベロベロに酔って家に帰る始末。

ヨンシは自分が小切手のコピーをとっていたことを夫にも話さず、叔父のジヌに誰がこれを使うのか
調べてほしいとたのみます。
高額の小切手をなぜ姪っ子が調べてくれというのかわけのわからないジヌですが、何とか調べてみると
答えます。(この時点ではスリのケガとヨンシの引ったくりのことは知らないから)

このあとヨンシはスリの部屋に入って『体調が心配だわ、行けなくてごめん』とスリにメールします。
スリはそのメールに対して『大丈夫』とか『君のほうはどうだ?』とか書いてみるんだけど出せなくて。
傷を負った自分よりもこのことでショック受けてるだろうヨンシを心配するスリ。

真心はいつか通じると思って選択を後悔したことはなかったヨンシですが・・・もうどうしたらいい
のかわからなくなっちゃって。

一方のスリは何かわからないけど危険な香りがすると直感で感じます。
ここで身を引いたりしたら自分はきっと後悔すると心に決めて。

で、スリはいきなりボンジャを訪ねて行って仕事を引き受けると言い、ボンジャは願ったり叶ったりで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する