韓国ドラマ エンジョイライフ 35~36話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「韓国ドラマ エンジョイライフ 35~36話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第35回
ジンスが電話をかけてみても電源を切ってるみたいで連絡がとれなくて。
心配そうなミンスに、別れても心配はなんだねとジンス。
「当然でしょ!居場所すらわからないのよ!・・・別にあたしは心配ってわけじゃ・・・」
といい年して父親とケンカするなんてバカだわと心配のあまり怒るミンスに、
「家出の原因はヌナだよ。ヌナがそばにいれば辛くても耐えたはずだ。あいつは本気だったんだよ。
 ヌナの気持ちはわかるけど好きだったらもう一度・・・」
とジンスが言いますが、お互い気持ちは整理したの!と言い切るミンス。

でもやっぱユジンが心配でメールしようとしたんだけど、ためらって送信をキャンセルしたミンス。
「バカなんだから・・・」

ナリにはバカにされて頭に来るし、ユジンの居場所はわからないしでイライラしまくりのインシク。
イェジュがミンスの弟さんから話を聞いたけど彼女も居場所は知らないみたいだと答えるのに、
親を捨ててまで自分を選んだ男を簡単に諦めるはずがない!絶対に隠してるんだ!と決めつけて、
夜遅くにカフェに来い!とミンスを呼び出そうとします。
だけどミンスは話すことはないから行きませんとちゃんと答えて、待ちぼうけをくらうインシク。
イラついたインシクは今度は自宅に電話してミンスを呼び出そうとして、別れたのになんで今さら娘を
呼び出すんだ?と聞く両親に、ユジンが家出したからと教えるジンス。

こりゃ娘一人で行かせるわけにはいかないとミンス父が同行しますが、インシクはやっぱり失礼な態度。
別れたのに今さら何の話ですか?と聞くミンス父に、
「それは娘さんに直接聞きましょう、ちょっと来い」
とミンスを連れていこうとしますが当然ながらミンス父が断ります。
話ならここでしてくださいというミンス父に、
「連絡を取り合ってるだろ?」
とミンスにいきなり問い詰める口調のインシクだけど、ミンスは家出のことも今日知ったと答えます。
気持ちはわかるけど自分は関係ないですと言って、父と帰ろうとしたミンスの腕を取るインシク。
「だまされないぞ、私の息子をどこに隠した?小細工をして息子をたぶらかしてもオレは絶対認めん。
 だからさっさと言え」
と娘の服をつかむインシクに、「一体なんのつもりですか!」と怒るミンス父(当然です)
ここでオンマとジンスも援軍でやってきて、今度は何の理由で娘を苦しめるんですかとオンマも怒って。

「娘さんのせいで息子は家を出たんだぞ、息子の人生をめちゃくちゃにして・・・」
「こっちのセリフだ。娘もお宅のせいで迷惑してるんだ。これ以上関わらないでくれ。
 人として間違ってる、良心のカケラもない人間だ」
インシクが言いたい放題なのでついにミンス父もキレてそういえば、ミンス母も
「こんなに非常識な人ははじめて見ました。ひどいことを言われても娘のために我慢しました。
 娘のためを思って耐えたんです。あなたのように人を見下す人間は最低です。
 自分さえよければいいんですか?金持ちはみんなそうなんですか?これ以上バカにしないでください」
と今まで我慢してきた分だけ言いたいこと言って。(観てるこっちはスッキリよ~)

だけどミンスはお父様と話がありますとオクボンと三人でカフェに行きます。
オクボンは体が冷えたミンスを気遣ってホットミルクをすすめ、息子が心配でここまで来ちゃったの
本当にごめんなさいねと謝ります。
自分もお父様に失礼なことを言ったので申し訳ありませんでしたと謝るミンスに、心にもない謝罪は
いらないと偏屈なインシク。
で、ミンスとユジンが本当に別れて、連絡も取ってないと聞いて・・・さすがに心配なインシク。

ミンスはユジンが本当にお父様を愛していたと話します。
だから理解してくれるまで信じて待つと言っていたと聞いたインシクは複雑な心境。
ユジンは自分にはもったいない人だと別れてからわかりました。だからユジンにはお父様のことで
苦しんで欲しくないからどうかユジンを理解してあげて欲しいと頼むミンス。

帰り道、ユジンはミンスさんにいろいろ話してたのねとしんみりするオクボンに、息子があの女を好き
になった気持ちがわかると言い出したインシクにビックリのオクボン。
ナリよりは性格がマシなんだってさ(笑)

インシクは懲りもせずにお見合いおばさんにユジンと釣り合う結婚相手を紹介してくれと頼みますが、
ナリがユジンに子供がいると噂を広げてる以上はエリート階級の人との結婚は望めないし、紹介も
できないと断るお見合いアジュンマに慌てるインシク。「ナリめ~」と怒ってて(笑)

ユジンは浜辺で酒浸りの日々でも送ってるのかな?

ギョンス&チャンス夫婦のシーンは全部飛ばしてみてるから経緯がさっぱりわからないんだけど・・・
ギョンスの知り合いがなんとミンスを捨てたあのギウクと知り合いみたいで・・・
今後彼が絡んできそうだなぁ・・・
----------
第36回
ナリにユジンの名誉を傷つけられたインシクは彼女を呼び出して余計なことを言うなと忠告。
だけどナリは「バカ言わないで、私は被害者なのよ!」と反撃し、なんて癪に障る娘だとカンカンの
インシク(笑)⇒思いどおりにいくもんですか~

ミンスは道場で掃除してたんだけど、ユジンがどこに行ったのか連絡もなくて心配してて。
そこへユジンの評判を上げるにはこの方法しかないと、ミンスに来たインシク。
・・・インシクってば、ミンスがユジンのことを本当に愛してるのはよくわかった、だけど一人で子供
を育てるのは大変だろうとミンスの手を握って言い、「だからその子は諦めよう」と言い出して!
(お見合いおばさんに、子供がいるなら誰にも相手されないわと言われたから片付けようとしてるし)

「この子はお父様には何の関係もありません!だから子供のことは忘れて二度と来ないでください!」
と当然ながら怒るミンスですが、
「これはユジンのためなんだ、将来ユジンは子供のことで辛い思いをするだろう、だからユジンのため
 を思って、ユジンを愛してるなら子供を諦めてくれ」
と食い下がるインシクに、道場まで迎えにきたミンス父がバケツの水をインシクにぶっかけた!(笑)
「出ていけ!今すぐ消えろ!子供をおろせだと?ふざけるな!!」
「何だと!失礼じゃないか、あんたの娘のために・・・」
と二人が言い争いを始めたので慌てて止めるミンス。
父と一緒に来てたジンスがさっさとインシクを「さあ帰ってください」と引っぱって行っちゃって。

ミンスは今になってユジンが父の言う通りの人生を歩もうとしていたときのことを思い出します。
何であんなに父親のことで悩んでいたのかやっとわかったとユジンの苦悩の原因を理解したミンスは
彼に申し訳ない気持ちでいっぱい。

ユジンは夜の海でまたもや酒びたり。
ミンスにメールしたいんだけど「元気?」なんてとても聞けやしないと自分がミンスを苦しめていた
から連絡もとれないと暗い部屋で一人苦悩してて。

ミンスの家族がインシクのしたことを聞いてなんて奴だと怒るのは当然ですが、ユジンの家でも
オクボンが弟ボングから子供をおろせと迫って断られたときいて・・・
「なんてことを・・・許せないわ」
と、あまりにも勝手な夫の行動にかなり怒りのボルテージが上がってて。

ミンス母が産着を作ってくれようとしてて・・・涙が出ちゃうミンス。
親の顔に泥を塗った自分にここまでしてくれるなんてと泣けちゃうミンスですが、オンマは世間体の
ために反対したんじゃなくて、苦労するのが目に見えたから反対したんだと言います。
(インシクはどう考えたって世間体のために反対したタイプだよね)
オンマも昨日のインシクのことを夫から聞いたらしく、
「もしあのお父さんがふざけたマネをしたらオンマがただじゃおかないわ!」
とミンスを守ってくれて。

ユジンの家族はいつまでたっても連絡が取れないから心配でしょうがないくて、オクボンは二人の
結婚を認めてあげてとインシクに頼みますが・・・絶対に認めない!と怒るインシク。
世間のみんなにユジンはどうしたの?と聞かれるのがイヤでしばらく旅行にでも行こうと言い出した
夫に、「私の話を聞いて、聞いて!」と叫ぶオクボン。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する