韓国ドラマ もう止まらない~涙の復讐 1~5話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「韓国ドラマ もう止まらない~涙の復讐 1~5話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
復讐モノで日々ドラマ・・・設定はたぶん似たりよったりでしょうが楽しませてくれる要素がある
ことを祈って視聴を開始!
初回のほうはやっぱ人物紹介がメインなので話のスジがさっぱり見えず(笑)

第1回
ヨンシ(キム・ギュリ)はバイトをいくつもかけもちして忙しそうな毎日を送ってて。
オンマを交通事故で失ってて、その現場にいたらしく今でも夢にうなされるヨンシ。

このヨンシに興味を持ってるのがバイト先の課長ビョンジェ(ウォン・キジュン)。
ビョンジェの妹ジュアがアルバイトの子(ヨンシ)にいれあげてるわよ~とオンマに告げ口してて、
オンマのボンジャ(チョン・エリ)はご立腹。
どうやら惚れっぽい性格らしくて前にもこんなことがあったみたい。

ビョンジェが関心を持っていろいろアプローチしてくるんだけど、ヨンシはなんであの人が自分に
なれなれしかったり、自分のことをいろいろ知ってるのか変に思ってるぐらいで意識せず(笑)

ヨンシのバイト先の雑貨屋?のオーナーが家賃を二ヶ月も滞納し、連絡もとれないってんで大家の
アジョッシが商品をテキトーに運び出してて。
そこにきたヨンヒは何とか食い下がって、作った人たちの思い入れのある作品だから何とか販売させて
欲しいと頼み、その熱意に負けた大家アジョッシは一ヶ月という期限付きでOKしてくれます。

この大家アジョッシは実はスリ(イ・ジフン)のアッパだったんだよね~(世間は狭い)
病気だとウソをついてどうやら息子のスリを外国から呼び戻したみたい。
どうせ自分の無事を確かめたらまた出国するんだろ?というアッパに、仕事を任せられたからしばらく
は韓国にいると答えたスリ。
「引退したよね?」って聞いてくる息子に返事しないアッパ。この辺は事情でもあるのかな?

ヨンシのオンマのヒョソン(イ・ボヒ)は死んだんじゃなくて生きてて!
このことはヨンシと一緒に住んでる叔母ヒョスクしか知らない事実みたいで・・・それというのも
事故のショックで精神が崩壊してしまい、ずいぶん治った今でも娘や事故当時のことがあやふやで、
とてもじゃないけどヨンシに会わせられないとヒョスクが判断して秘密にしてるみたい。

母が生きているとは知らずヨンシは母の供養のためにお寺へ行きますが、そこには先客(スリ)が。
スリもアッパから母に挨拶にいってこいと言われて寺へ来たってことはオンマはなくなってるんだよね。

叔母ヒョスクは義妹ミオクとお見合い業者みたいなことしてて、なんとジュアを仲介しようとしてて。
オンマのボンジャに言われて渋々ながらいうこと聞いたジュアだけど、友だちが初恋の先輩インチャン
の情報を仕入れてきたのでお見合いをスッポかします。
(このインチャンもあとで登場するメインなキャラみたい)

叔母に連れられて出かけたヒョソンですが、ジュアのお見合いトラブルでヒョスクが席を外したスキに
ウロチョロしてしまい、その姿を見つけたボンジャは驚愕!
それもそのはずボンジャが昔車ではねて死なせてしまった女(ヒョソン)がうろついてるんだから亡霊
にでも会ったような気持ちで逃げ出すボンジャ。

ボンジャはそのまま誰かと会う約束もすっぽかして帰っちゃって。
このボンジャとアポをとってた女性はどうやらスリのアッパの部下みたい。

ヨンシはお寺でいつの間にか眠ってしまい、夢のなかで子供に戻ってて。
車道の端を歩いていたヨンシはもっていた毛糸の玉を落としてしまい、車にはねられそうになります。
運転していた女は出てくるなり、「貧乏人は用心も足りない」と吐き捨てるように言ってそのまま
立ち去ってしまいます。
その毛糸はどんどん転がっていき・・・少し先で倒れているオンマのところで止まります。

「オンマ・・・オンマ」とうなされるヨンシを起こしてあげたスリですが、「大丈夫か?」って声を
かけてるのに無視!

それもそのはずうっすらしていた記憶がわりとクリアに見えたらしく、その女が言った言葉や安っぽい
化粧品の匂い、履き古したハイヒールの記憶がよみがえるヨンシ!
------------
第2回
ヨンシが慌てて起きたのでスリが母を祀っていた位牌を落としてしまい、そのことを心からスリに
詫びるヨンシに、「オンマは大丈夫って言ってるさ」と母が中学に上がる前になくなったことを話して
くれるスリ。
自分の母があんな風に亡くなったからか、スリの母がなんで死んだのかと聞くヨンシですが、さすがに
失礼だったと思って「すみません」と謝ります。

胃がんだったけど死因はショックによる心臓マヒだったというスリ。
全てを奪われた人たちが家に押しかけてきたことが原因で亡くなった、父の罪を母が背負って逝ったと
ヨンシの質問に答えたスリ。
そしてヨンシにあんまり簡単に謝るなと言います。
「怖い世の中だ、くそったれ!って聞こえるぜ」と去っていったスリ。

スリアッパのノ・マンジェの下で働いてるのはジョンヒって女性なんだけど、スリに特別な感情を
抱いてるのに、スリってば「ヌナ」って扱いなので淋しく思ってて。
ジョンヒはマンジェに仕事をまた始めたことをスリが知ったらと心配してましたが・・・
何の仕事?と思ってテレビガイドを見たらヤミ金業者でした(笑)
そりゃ息子がいやがるはずだよ~ オンマもそれが原因でなくなったようなものだから。

ビョンジェが入れあげてる女(ヨンシ)の写真を見て驚くボンジャだけど、ヒョソンの娘だってこと
知ってるの?
身元を証明するものを出させるようにヨンシの担当売り場の主任に命令するボンジャ。

ヨンシが雑貨屋のお店に行くとスリが掃除しててビックリします。
スリはあの偏屈な会長をよく説得できたなとヨンシに感心してて、自分はこのビルの管理人だから気に
しないでと言います。
ヨンシがバイトしてるこの雑貨屋は手作りのものしかおいてない工房みたいなもので、作った人の
思い入れがあるからどうしても売りたいヨンシはスリに販売事業計画を見せます。

ジュアが憧れてる先輩インチャン(ユ・ゴン)は会計士をやりながらモデルもしてて。
ほんとはモデルが夢なんだけどオンマのために会計士だけで生きていくみたいですが・・・オモ!
オンマってヒョスクのことだったのね~ ってことはヨンシとは従兄妹になるのかな?

ヨンシは雑貨を路上販売することにしてスリを客引きに使ってて(笑)
二人して仲良く店に戻ってきたところを待ってたビョンジェが目撃し、面白くないビョンジェ。

自分がヨンシに斡旋したランジェリーブランドのデザイン面接の締め切りの話をヨンシにしてるけど、
なにげにスリに対抗意識燃やしてて、スリもビョンジェの話を聞いてるよね。

ヨンシの家族構成を見て他人の空似と判断したボンジャ。
どうやら事故の前にヒョソンと会ったというか、ヒョソンが面接に来たのかな?そのときに娘が一人
いると言ってたのを覚えてて。
ヨンシには父(海外勤務中)も母ヒョスクも健在だし、警察は死んだっていってたから違うと判断した
ボンジャだけど、息子がいれあげてるのが気にいらないから適当な理由を作って解雇するよう指示。

ところでしばらくぶりに帰ってきたらしいインチャンの叔父ク・ジヌってヒョスクの弟なんだね。
また一緒に住み始めるみたいだけど・・・ミオクとはどうも相性が悪いみたい(笑)
ミオクが書いたチラシについてケチをつけるジヌに、私が息さえ吹きかければチラシが借り手を見つけ
てきてくると言い、「前より症状がひどくなった」とからかうジヌ。
(しかしミオク、『イカす部屋、マジで安い』っていう文句じゃちょっと借り手がつかないぞ~)

ヨンシは「憩いの場」っていう施設に行ってそこでヒョソンと会って!
---------
第3回
ヨンシは「憩いの場」で、ボランティアでもしてるのかな?
やってきたヨンシをいきなり外へと連れ出したヒョソンにビックリするヨンシ。
お店に行って靴下を買い、子供ッぽい髪留めをもらっちゃったヨンシは戸惑いますが・・・
「自分には娘がいるの、9歳になるシアよ」というヒョソン。
ヨンシはちゃんとその髪留めを髪につけます。

で、お嬢さんお名前は?と聞かれたヨンシが名前を名乗ると黙るヒョソン。
ヒョスクもなんで娘の名前を間違えてるのか不思議がってたけど、ボンジャと会った回想シーンでも
「自分はシアの母です」って言ってたヒョソン。
シアっていう名前には何か母子だけの秘密があるのかな?

自分が病気だから娘の面倒が見れない、だから一緒に住んでないというヒョソン。時々頭がおかしく
なるからこんな姿をシアに見せたくない、だけどシアにすごく会いたいというヒョソン。
で、自分のことは「シアオンマ」って呼んでねというヒョソンに、はいと素直に答えるヨンシ。
自分は出歩けないからまた来てねというヒョソンを見送りながら不思議な気持ちのヨンシ・・・
(まさか母親が生きてるとは夢にも思わないから・・・ね)

ボンジャはジョンヒに会ってお金を都合して欲しいと頼んでたんだけど、人相が悪いからって断られ
ちゃったみたい(笑)
ノ会長(スリ父)は商売が商売だからかあまり顔を知られないようにしてて、最近は右腕だった
チン社長と手を切ったとかっていう噂もあるんだって。

ヨンシはバイト先の下着売り場で客がケンカしてるのを仲裁しますが、そのスキに品物が万引きされた
ことに気づきます。
だけど主任にそのことを訴えても、お客を万引きと疑ったことを責められて辞表を出せといわれて。
主任はボンジャからヨンシを辞めさせろと言われてたからこれが格好の理由になると強気な態度。
だけどそこにビョンジェがしゃしゃり出てきて、バイトの責任者はあなただからあなたが辞めろと
言ってヨンシを連れて行っちゃって・・・主任はすぐにボンジャに通報(笑)

ビョンジュはヨンシに自分が出せといった企画書を出さないヨンシに怒ってて。
ヨンシはバイトがあるからそんな時間がないんですと答え、安い工芸品を売る時間とボン繊維の課長
であるオレが企画書を出せと言ってるんだからどっちが得なのか考えたらわかるだろ?と言います。
工芸品は売上を出すと約束したんです、約束は守るためにあると教わりましたとヨンシも言い返して。
自分に指図しないでくれと言って立ち去るヨンシに、
「君に関心があるんだ、君の好みの男は?」と聞いちゃうビョンジュに冷たい態度のヨンシ(笑)

スリはついにアッパのマンジェが商売を再開したと聞いて失望。
自分の父が表では感謝されてても裏に回ったら呪われてることや、お金にまつわるトラブルで父が
他人に恨まれるのは耐えられないんだよね。
怒って家を出て行っちゃって・・・

あれ?スリとインチャン叔父のジヌって仕事仲間?(狭い世間でドラマは進むわねぇ)
なんでチン社長なの?と疑問に思うミオクですが・・・このあとトイレでジヌとひと悶着あって
そのことは忘れちゃったかな?

ボンジャは娘ジュアのお見合いに付き添いで行き、その近くで偶然ジョンヒを見かけて芋ヅル式に
ノ・マンジェという男を間近で見ます。
このあとどう動くつもりなのかな?

ところで課長に辞表を出せといわれた主任が困ってボンジャに泣きついたのに冷酷に突き放したから、
今度は主任がボンジャを脅してきて。
なんとボンジャは商品を横領して多額の裏金を集めてたらしく、それを公にすると証拠書類を前に
脅されてもみあった主任とボンジャですが、ボンジャが落としたスカーフを拾ったヨンシが偶然二人
の会話を聞き、ボンジャが階段から落ちそうになったのをヨンシがかばって代わりにケガを!
---------
第4回
ヨンシの手当てを主任に任せて、とりあえずは書類を確保しようとしたボンジャですが、一歩早く
ビョンジュがそれを取っちゃって。でも中身は平凡な資料だったらしく胸を撫で下ろすボンジャ。
なんでバイトの子にこだわるの?とシラを切って尋ねるボンジャに、ケガ人が出たんだから心配する
のは当然だろととぼけなおすビョンジュ。お互いに腹の探り合いで・・・似たもの同士な母子(笑)
またヘンな女に夢中になってトラブルを起こす息子を警戒する母親と、始まったばかりの恋愛に
早々のジャマがはいることを嫌うビョンジュ。めんどくさい母子だなぁ。

ヨンヒはこの件でビョンジュが社長の息子だということを知ってしまいます。
気持ちが少しはときめいたけど所詮住む世界が違う人だと思ったし、手当てに付き添ってくれた主任
から、社長は他人に厳しくて自分に寛大な人だから気をつけてと忠告されます。
課長(ビョンジュ)があなたを見る目が違うからといい、これから先のヨンシの人生に待ち受ける
苦労を一番先に見抜いたのは主任かも。

この主任はあとで社長のボンジャに土下座して解雇しないでくれと頼むけど自分を脅した奴をそばに
なんか置いておけないという社長に、今度はチン社長の連絡先を提供する主任。
事業をうまくいかせるためにも資金を確保したいボンジャはノ会長に断られて困ってたから、彼の
もとを離れて独立したチン社長にもすがりたい気持ちでその取引に応じます。
(主任は結局地方に飛ばされたけどね)

病院にいったけど既にヨンシは帰ってしまってて、肋骨にヒビが入ってると聞いたビョンジュは自宅へ
お見舞いに行きますが、まだヨンシが帰ってなくて。
ヨンシは工房のお店に行ったんだけど、そこで男が寝てたからビックリしてバッグで殴りまくり。
家出したスリがこのお店で寝てただけだとわかって話をする二人。
家族が心配するからケガしてるけど家に帰らないというヨンシ、確かにあなたの言う通り肩身が狭い
暮らしではあるかもと正直な気持ちを吐露して・・・伯母は母じゃないし、父は顔も知らない、親が
どちらか生きてれば幸せなんだからお父さんを大切にしてあげてとスリに言うヨンシ。
お寺で少し話をしただけでスリが父のことをちょっと恨んでることをヨンシはわかってたんだよね。

で、タクシーで一緒に帰ってきたヨンシとスリをまたもや目撃するビョンジュ。
(スリはそのままタクシーで帰ったけど)
家まで来たビョンジュに自分は孤児だというヨンシ。家族は伯母一家で戸籍上の家族だと。
そんなヨンシに恋愛は省いて結婚しようと唐突なことを言い出すビョンジュに、自分は苦労ばかりの
人生だったし、課長との恋愛も苦労になると断るヨンシに、三回だけ僕の気持ちを受け入れて欲しいと
懇願するビョンジュ。(この男は恋に夢中になってる自分に陶酔してるのか?)

叔父がサウナのチケットをくれたのでシアオンマを誘って出かけたヨンシ。
人が多い場所は苦手だけどあなたがいるから大丈夫とかなりヨンシに心を許してるシアオンマ。
それで病気になった原因を聞こうとして、「憩いの場」の所長?から彼女が交通事故で病気になったと
聞いたのを思い出したヨンシはそれ以上尋ねるのをやめますがシアオンマが自分から交通事故でそう
なったと答えます。
今でも時々夢の中に怖い車が出てくるというシアオンマ。
このあと二人が横断歩道を歩いているといきなり記憶が甦ったシアオンマが混乱して震え出し、慌てた
ヨンシがタクシーを呼ぼうとするのに、腕をギュッとつかんでくるシアオンマ。
「逃げて・・・奥様は怖い人なの。走ってヨンシ・・・ヨンシ・・・」
というシアオンマに驚くヨンシ。
------------
第5回
混乱したシアオンマが意識を失ってしまい、慌てたヨンシはビョンジュに電話して今すぐ来て欲しい
と助けを求めます。

ジュアがお見合いを途中で抜け出してそのまま帰ってこなかったのでヒョスクの面目丸つぶれ。
最初は途中で逃げたジュアに怒ってたオンマのボンジャも相手がそれほどじゃなかったし、とりあえず
挨拶だけはしたんだからと簡単に許してて。

そのことでヒョスクが先方にちょっと失礼だったのでは?と会いにきてボンジャにそれとなく言うけど、
ボンジャはお見合い相手を紹介してるヒョスクをポン引き呼ばわりして追い出す始末。
で、正面玄関のところまで出てきたヒョスクだけどどうにも腹の虫がおさまらなくてイライラ(笑)

ちょうどそこにボロい車に乗ったノ会長がやってきます。警備員は乗ってる車がボロいからこんな所に
車を止めるなとノ会長とモメてて、それを偶然見かけたボンジャは取り入るチャンスだと思ったのに、
頭にきたヒョスクが戻って来てボンジャの髪をつかんで暴れ、鼻血が出るボンジャ(笑)
それでもノ会長のところに行って、お客様にそんな失礼な態度はないわよと警備員を叱るボンジャ。
ノ会長はそのまま帰っちゃったんだけど・・・さては自分の会社に興味があるのかと判断したボンジャ
ですが、なぜかチン社長にも連絡してて。

このチン社長がやっぱりジヌ!
ジヌは姉の家では文無しの厄介者みたいな感じなんだけど・・・世を忍ぶ借りの姿なんだね。
自分がヤミ金融なんてしてるとわかったら姉が悲しむから黙ってるのかな?
ボンジャから連絡が入り、とりあえず会うだけという約束をしたジヌ。
ミオクはその電話を聞いてて、なんでチンなの?とジヌに聞き、慌てるジヌ(笑)

ジュアは偶然をよそおってインチャンに会いますが・・・後輩だといってもなかなか思い出してもらえ
なかったのに「あ!大きなホクロのジュアか~」って(笑)
でもホクロがないからそのことを聞かれて「医学の力を借りました」と言い訳するジュア。
インチャンが運命を信じてる、その人との縁があれば会えるというもんだから何やら画策するジュア。
この子ってオンマに新しい服を買ってもらうためだけにお見合いしてあんまりいい子じゃないんだけど、
これから変わっていくのかしら?それともインチャンが不幸になるのかな?

シアオンマはすぐに意識を取り戻したというか「あ~よく眠った」って感じで自分がパニくったこと
さえも覚えてない様子で。
送ってくれたビョンジュに礼をいうヨンシに、深く考えずに今日みたいにつきあおうとビョンジュ。
君に近づくのをつきはなさいだけでいいからというビョンジュにさすがに意識するヨンシ。

スリが店番してる工房のお店をジヌが訪ねてきます。
家出したというスリに、いい年した大人が~とからかうジヌですが、自分は兄貴と違って父とは縁が
切れないからとブーブー言うスリ。
で、ジヌはスリがミオクが書いたチラシをもってるからビックリしちゃって!!

実はヨンシたちの家には二階に空き部屋があって、ミオクが間借り人を募集するチラシを配ったん
だけど「イカす部屋」って書いてたからジヌがこれじゃダメだろとからかったんだよね。
でもそのチラシをスリが持ってたことでまさかミオクには念力でもあるんじゃないかと驚いてて。
「どうしたの?」
「これうちだよ」
「ホントに?ヨンシは?」
「(ヨンシは)姪だよ」
と答えて・・・やっと経緯がわかって、やっぱミオクは魔女じゃないなと判断(笑)
ヒョン(兄貴)の家なら行きたいというスリに家賃さえ払えば問題ないさと答えるジヌ。

ミオクからヨンシが前に来た課長に花束を貰ってたと聞いたヒョスクはヨンシに彼をどう思ってるのか
聞いてみますが、向こうが一方的に思ってるだけと聞いて安心してて。
(あのボンジャの息子じゃヨンシの苦労は目に見えてるもんね)
じゃあ他の人とお見合いしなさいという伯母に、結婚するつもりもないのに会うのは失礼だわとヨンシ。
ヒョスクはヨンシが心配でついキツイこと言っちゃって・・・聞いてたジヌはあんまり言うなよと姪を
かばいます。

スリはアッパに会って客観的にお父さんを見たいから独立すると言います。
住む所は間借りしたというスリですが、チン社長の家だとは言わないままで。

ヨンシが電話でお見合いする場所と時間を伯母と話をしているのを聞いたビョンジュは気になって
そのホテルに行きます。
相手の男がトイレで会話しているのを偶然聞いてしまったビョンジュ、相手の男は他の女と同棲中して
いるのにヨンシにも酒を飲ませて手を出そうとしてるので、見合いの席にいってヨンシを連れていこう
としたビョンジュですが、男が殴ろうとしたのでそのこぶしを止めて反対に殴ったビョンジュと
突然のことに驚いたヨンシ!

ここで主要な人物がだいたい出てきたので整理するためにざっと書き出します。

ヨンシ・・・バイトをいくつもかけもちしてる頑張り屋。母を交通事故で亡くし、自身もその事故の
      記憶がおぼろげながらある。
      父がいないので本当は孤児だが、戸籍は伯母夫婦に入っている。

ビョンジュ・・・ボン繊維の社長令息(今は課長)。ヨンシにいれあげててスリの登場で対抗心から
        猛アタックをしかけてくる。

スリ・・・母を供養しに行った寺でヨンシと出会う。父はヤミ金融の業界で有名なノ・マンジェ。
     でも、母が亡くなった原因が父の仕事だったせいもあり、父の仕事を嫌ってる。

ジュア・・・ビョンジュの妹。お金持ちの娘らしく自分勝手でわがまま。初恋の人インチャンに接近
      するために運命の出会いとやらを画策中。

インチャン・・・ヨンシの従兄弟。モデルと会計士の仕事を両立させてたけどオンマの希望もあって
        モデルは辞めることにしたみたい。でも本当にやりたいのはモデル。

ヒョスク・・・ヨンシ伯母でインチャンのオンマ。妹ヒョソンが生きていることを知っているたった
       一人の人物。お見合い仲介業をしていてジュアにも会ったことがあり印象は最悪。
       ジュアオンマにも会って余計に印象悪いし(笑)

ヒョソン・・・ヨンシの母。交通事故でボンジャに車ではねられたショックで精神的に不安定になり、
(シアオンマ)娘の記憶は9歳のまま。たまに記憶が甦るもののすごく怯えている。事故に合う前に
       ボンジャとヒョソンは顔見知りだったような雰囲気がうかがえるが詳細は不明。
       「憩いの場」で知り合ったヨンシに不思議と親しみを感じる。

ボンジャ・・・ボン繊維の社長。ビョンジュとジュアの母。
       昔ヒョソンを車ではねて死なせた(と思ってる)人物だけど罪悪感は一切ナシ!
       自分に甘く他人に厳しい韓国ドラマ特有の悪役キャラ。

ノ・マンジェ・・・スリの父であり、ヤミ金融業界のドンとも言える人物。
(ノ会長)    最近になって仕事を再開したことでスリとモメるけれど、父子仲はいいみたい。

ジヌ・・・・・ヒョスクの弟。最近になって家に戻ってきた。家族は彼が何の商売をしているのかは
(チン社長) 知らないみたいで放蕩モノっぽいけど、家族からは愛されてる存在。
       最近までチン社長という名前でマンジェの右腕として働いてきたのに、最近になって
       マンジェと決別したらしい。(詳細は不明)
       スリはマンジェの部下だったジヌをすごく慕ってる。

ミオク・・・ヒョスクの義妹。(ってことはヒョスク夫の妹ってことかな?)
      占いとかをやってるのかな?だけど当たってるかどうかは怪しい(笑)
      このミオクとジヌがよくケンカみたいにジャレあってるけど、恋愛関係とかに発展する
      ことになるのかな?(なって欲しいなぁ でも血縁が深すぎるからダメかな?)
      30過ぎぐらいだけど未婚。

ジョンヒ・・・マンジェのもとで働く有能な部下。スリのことをずっと好きだったみたいだけど、
       スリはジョンヒのことをただのヌナだとしかみてない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。