韓国ドラマ ソル薬局の息子たち 視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「韓国ドラマ ソル薬局の息子たち 視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WOWWOWで放送されたホームドラマ「ソル薬局の息子たち」

しばらく恋愛モノは見れないわぁと思っていたところに録りだめていたこのドラマのことを思い出して、
さっそくサクサクと一気に見ちゃいました。

男ばっかり四人兄弟でただでさえうっとおしいのに、誰もまだ結婚してくれなくってオンマのオクヒは
頭が痛いばっかり(笑)

長男ジンプンは薬局を営んでるんだけどマジメで素朴な性格が災いして女性にモテず。
なのに近所に引っ越してきたスジンからはなぜか好かれちゃって。

次男テプンは兄がやってる薬局の二階で小児科を営んでてかなり優秀。
でも性格は最悪(笑)で、自分を慕う看護婦のポクシルをこき使い、スジンにちょっかい出すオトコ。
イ・ピルモ氏が演じるこのキャラは最高に面白い~~

三男のソンプンはTVの社会部記者なんだけど、女性にモテようとか全然思ってなくて。
動物をこよなく愛する優しくておとなしい人。

四男はかなり年が離れてて末っ子らしく、みんなに可愛がられてて。
浪人中なのに手芸に夢中になってオンマを悲しませるんだけど、この優しさが災いして友人から
とんでもないものを預かるハメに。

とまあこんな感じでストーリーは展開するんですが、長男ジンプンのエピソードについてはまったく
興味ナシ!!
だってジンプンと恋に落ちるスジンが・・・イヤなんだもん(笑)

スジンの兄ブルータスやその妻のエピソードには泣かされるのに、なぜかスジンには泣けず。
最初の性格のキャラ設定がどうも頭にこびりついちゃって、オクヒから結婚を反対されても同情する
気持ちになれず。
兄ブルータスも最初のころはなんかイヤな奴だったんだけどいつのまにやらいい奴で・・・

ワタシが興味津々だったのはやっぱ次男テプン&ポクシルと、三男ソンプン&ウンジのカップル。
テプンは自分をすごく想ってくれてるポクシルを邪険にしてスジンにアプローチしまくってて、
そんなテプンを見るのが辛いポクシル。
実はポクシルは秘密を抱えて暮らしてて・・・そのことで突然姿を消してしまうポクシル。
いなくなって初めて彼女をすごく好きだったことに気づくテプンですが・・・ひょんなところで再会。
ポクシルの正体を知ることになったテプンは衝撃で。
テプンとポクシルのやりとりがすごくいいし、ポクシル父とテプンのやりとりがサイコーに面白い!!
生意気なことばっかり言ってるけど意外と人の気持ちを思いやってるあたりがテプンのいいところ。
Sなキャラが好きなワタシにとっては心くすぐられる存在です。

ソンプンは上司の娘ウンジとお見合いすることになるんだけど、ウンジはお金持ちのお嬢様っていう
単純な設定かと思いきや、わりと複雑な事情があったりします。
クマのぬいぐるみのエピはちょっと泣きそうになっちゃった。

このドラマを見てるときにチラ見していたダンナが「なんでみんな同じジャージ着てるの?」と質問。
「同じ服を着て一致団結したいから」「私服の衣装代をケチったから」
と韓国ドラマにありがちな一家でジャージ姿のことをこう説明しています。

四人がお揃いのジャージを着て、キムチをオンマと一緒に漬けるエピはやっぱいいもんです。
野菜の買いだしから下ごしらえを兄弟でせっせと行ってて、テプンはうまいことやって何かと楽を
しようとしてて、そんな次男をたしなめる長男。
三男はマイペースで作業を続け、四男はオンマをせっせとお手伝いというほのぼのした感じ。
家族で一致団結して何かをするってすごくいい感じです。

チュソクのエピソードもよかった。
兄弟の父が率先して食器を洗うんですが、その理由を息子たちに話してるシーンが最高(笑)
確かに・・・ちゃんとしないと刺されること間違いなしですよね~

ちなみにこのチュソクで親がいなくてアメリカ暮らしが長かったスジンは失敗しちゃって。
オンマは親がいないっていうことがこういうところで影響してくるんだと言ってました。
だけどさ~ 大事なチュソクっていう行事に何の予習もしないで夫の実家に行くかなぁ?
自分を認めてもらおうと気負ってがんばったスジンですが、それが裏目に出ることに。
それなら最初から素直に「知らないから教えて下さい」と聞けばよかったのにね。
知ったかぶりしてるほうが罪だし・・・このキャラが自分に似てて余計に嫌いなのかも(笑)

54話とわりと長めですが、ちっとも退屈しません!!
自信をもってオススメできるいいホームドラマです♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。