二人の妻 85~88話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「二人の妻 85~88話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第85回
録音されたぐらいでビクつかないわと強がるヘランだけど内心ビクビクだよね。

オンマが病院に運ばれたと聞いたヨンヒは慌てて病院にかけつけます。
心労?で気絶したらしくて・・・大丈夫だという母に自分のせいでこんなことになってと謝るヨンヒ。
ナムジュンは一緒にきてたジホにジホオンマと会ってて倒れたことを話します。

ジホはオンマを責めるつもりだったのに・・・オンマはジホをなだめておいてヘランが動いてなんとか
してくれるのを待つ作戦に変更し、それにコロリと騙されちゃったジホでした。
広告のモデルもヨンヒにしようとヘランが言う辺り・・・怪しいと思ってるのに具体的な動機が見え
なくて強固に反対もできないジホ。

あれはヘランの手下が仕掛けたワナ?
ナムジュンはあの事故がひき逃げだったってことで警察に連行されちゃって!
目撃者もいるってことでものすごく不利になってるナムジュン。
(この目撃者もグルだよね)

チョルスの小説は自伝として宣伝されてしまい、テレビでも話題にされちゃって。
慌てたチョルスは先輩に連絡をとろうとするのに詐欺にあったらしい先輩と連絡もとれず。

途方にくれたチョルス。
---------
第86回
ヨンヒたちはナムジュンの事故を目撃した人を必死で捜してて。

「二人の妻」っていうチョルスの本が出て、ヨンヒはその登場人物の一人だからヘランには好都合。
ひき逃げ事故をでっちあげるっていうハン係長の作戦は知らなかったのでジホがきたときにはうまく
演技できたヘランでした~

ヘランがハン係長に言いつけてマスコミに登場人物の一人がヨンヒだと流したせいで会社の前で
マスコミに囲まれちゃったヨンヒ。
グァンテたちも当惑してるし、家にまでマスコミが押しかけちゃって、面白がってるグァンテオンマ。

ヨンヒと一緒にひき逃げの被害者に会ったジホは当たり屋だと判断し、5千万の示談金を提示してきた
男に、一億あげるから黒幕を話してくれと頼みます。
目の前にニンジンぶら下げられた男は公衆電話からさっそくハン係長のケータイに連絡をいれ、どう
しようかと相談を持ちかけます。

ジホは黒幕がハン係長だと見破って彼女を呼び出し、男との録音や通話記録を出してきてこれを警察
に届けることもできると脅しますが、ハン係長はヘランもグルだと言い出してジホを止めようとします。
だけどジホはヘランがそこまで卑劣なことしないて断言し、あなたが始めたことだから今日中にあなた
が処理しろといい、そうすれば今までの悪事は目をつぶろうといいます。

ヘランはあの小説をジホオンマにも渡し、ヨンヒの元夫が書いたスキャンダラスなものだとオンマに
吹き込んで・・・それに激怒したジホオンマは息子と一緒にいたヨンヒに小説を投げつけて罵倒し、
それをかばう息子にまでビンタして・・・なのに息子はヨンヒを連れて行っちゃった。

チョルスを追いかけてきたマスコミがジスクにもまとわりつき、ヨンミンがそれをかばってうまく
対処してくれて・・・だけどジスクをまたもや苦しめたチョルスが許せなくてパーンチなヨンミン。
-------
第87回
ジスクはチョルスに何かの間違いよね?あなたが書いたんじゃないわよね?と聞きますが、自分もよく
状況がわからないと答えるチョルスにイライラMAXのヨンミン。
そこへグァンテが現れて、出版社がチョルスの小説を勝手に修正して虚偽広告を出し、それを指示した
社長が行方不明だと説明します。(つまりはチョルスは今回の件に関しては被害者だってことで)

無理矢理自分を連れ出したジホ。
お願いだからお母様に謝ってとヨンヒに言われて・・・「謝ればいいんだろっ!」って逆ギレなジホ。
渋々オンマに謝ったら、お願いだから彼女と別れてとオンマに頼まれて板ばさみ(笑)

チョルスはヨンヒに小説を書いたお金で慰謝料を払うんだけど、小説の騒ぎで参ってるヨンヒはこんな
お金なんかいらないから返すって言って・・・だけどチョルスはソリに骨髄を提供しないとけないから
ヨンヒにもハンビョルにも会えないとつれない返事。
ハンビョルはソリが病気だからしょうがないと言われても子供だから理解できないよね。

グァンテオンマとテスは自分たちが小説に登場してないとブーイング(笑)
さすがのチョルスオンマもこういう騒ぎの中ではグァンテオンマの気楽ぶりが羨ましくもあり、
頼もしくもあるんだって。正反対のキャラだから補いあえる部分はあるよね。

ソリの手術は無事成功してチョルスは安静にしてて。
ヨンヒは仕事で忙しくてなかなかハンビョルと遊べず、スネたハンビョルは赤信号をわざと渡って
車にはねられようとして・・・車は徐行してたからケガはなかったんだけど、ヨンヒともチョルスとも
連絡がとれず、運転手はハンビョルを病院に連れていったあとで警察にいきます。
知らせを聞いたヨンヒが駆けつけて、ハンビョルがアッパに会いたくてわざと赤信号を渡ったと聞き、
あまりの不憫さに泣けてしょうがなくて・・・
ドヒに連絡したヨンヒはここで初めてチョルスがソリに骨髄をあげたと聞いてショック。
事故のことを聞いたチョルスがあとで会いにいったけどヨンヒはやっぱ怒ってて(笑)

そんななか、ジホのもとに父が死んだという連絡が入り・・・
----------
第88回
ジホは空港から父の訃報をヨンヒに連絡してニューヨークへいくと伝えます。
ヘランは自分も行くと言い出して・・・ジホオンマの後押しもあって一緒に行っちゃって。
ヨンヒはヘランの声を電話越しに聞いてもどかしい気持ちだよね。

チョルスはハンビョルに会いにいったけど、ヘソを曲げたハンビョルはパパをウソつき呼ばわりして。
先に自分と約束してたのにソリを優先したアッパが許せないハンビョル君。
出版社の先輩から連絡があって急いでむかうチョルスを見て、またソリに呼ばれたんだと誤解してるし。
でも結局先輩は誰かから追われてるらしくチョルスは会えず。
先輩には会えず、彼の奥さんに会ったチョルスは家も抵当に入ってると聞いてお金を貸してあげます。

小説が世に出た影響でジスクのワインバーも花屋も記者たちが集まるし、近所の人からは不倫女扱いを
受けるジスクを見かねたヨンミンですが、ジスクはチョルスといられるならそれも甘んじて受ける
つもりだと固い決意。

ヨンミンはこの事態にイラついてチョルスを呼び出して事態収拾の努力はしてるのか?!と怒り、
お金で解決できるならと言い、ついにチョルスがヨンミンを殴り、ヨンミンも殴り返して。
(勝手にやって~)
そこへジスクがきてヨンミンの言い草を聞いて、あなたはお母様と同じよ!とサイテー野郎呼ばわり。

さて・・・どうやらミミはウソじゃなくてホントに妊娠しちゃったらしくて。
なのにナムジュンは急な展開で父親になる準備ができてないと尻込み(笑)
ヨンヒはミミに「お義姉様」とお呼び!と早速嫁イビリのマネしてて・・・ヨンヒも少し前から二人
のことを許す気持ちになってたんだよね~(ま、ここはこれで解決してよかったねってことで)

2週間後。
ジホは父の遺骨を抱いてオンマと帰国。(ヘランも一緒)
なにやらヘランはジホとの距離を詰めた感じ?

ドヒのところで結婚式をあげようと下見にやってきたミミとナムジュン。
式を急ぐ理由を察したドヒは先を越すなんてひどいといいながら祝福してくれます。

ジホがヘランと一緒に出社してきてちょっと動遥のヨンヒ。
で、その動遥をかぎつけたヘランが、アメリカで何してきたと思う?なんて意味深なことをヨンヒに
ささやいて・・・(弱い犬ほどよく吠えるってこういうこと?)

スポンサーサイト