千万回愛してます 25~26話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「千万回愛してます 25~26話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第25回
会社じゃ自分のほうが上司なんだから態度をわきまえろ!とセフンがいえば、
「上司なら上司らしくしろ!立場を利用して私的に脅すな!」
とウンニムを連れて部屋を出ていっちゃって・・・言うこと聞かない弟にかんしゃく起こすセフン(笑)

社内をガンホがウンニムの手を引っ張ってズンズン歩いていくので注目の的に。
屋上にまでいってウンニムを抱きしめたガンホは何も言わないでと切り出します。
「君に申し訳なさすぎして死んでしまいそうだ。兄貴には二度とあんなこと言わせない」
とギュッと抱きしめるガンホに、自分は大丈夫だからと答えるウンニム。
予測してた試練の一つが来ただけで、覚悟してるから大丈夫。だけどあなたが感情的になれば私が
板ばさみになってしまうと言われてもガンホはウンニムが傷つくのはイヤだと言います。

ウンニムのことになるとどうしてもやんちゃなことをしちゃう自分にちょっと反省のガンホだけど、
自分を守ってくれようとするガンホに嬉しくなって自分から抱きつくウンニム。
「私のためだったら大丈夫だから、焦らないで。私本当に大丈夫よ」
とけなげなウンニムだけど・・・社内でうわさの的になっててけっこうしんどい状況だよね。
ナンジョンは家に帰って沈むウンニムに高見の見物なんだけど、両親にそのことを話してるあたりは
家族として心配してるんだよね。エランは向こうの家族に反対されてるんじゃ?と口にして、結婚を
したとしても今後ずっと苦労するだろうと釣りあわない相手との恋愛を非難。(家族はイヤだよね)

ヒャンスクはこのまえホテルで他の人からレジャータウンの事業が難しいと聞いてしまい、夫に大丈夫
なの?と聞きます。
ちょうど帰ってきたセフンも家族の前で急に事態が悪化したといい、セガンの投資が受けられなければ
難しい状況になるだろうと口にしたガンホ父に家族はかなり動遥。
ヒャンスクはセガンの娘スジョンがガンホに好意をもっているならと、投資をあてこんで結婚をすれば
乗り切れるんじゃ?と言い出しますが、ガンホ父はそのことをガンホに言うなと口止めします。
(セフンは自分で相手を選べたのに、ガンホは政略結婚って・・・そりゃないよね)

父親が席を外したあとで家に帰ってきたガンホを呼び、兄の事業の投資が失敗して大変なことになって
いるとヒャンスクが説明しますが・・・そんな大変なときに女と会ってた兄に、前にこの事業の推進を
見直せといったときに耳を貸さなかった兄に、「兄貴は何をやってるんだ!」と思わず大声でちゃった。
あとで秘書室長に会って詳しい現状を聞いたガンホ。(スジョンのこともこれで納得)
常務(セフン)が会社を担保に銀行から融資を受けてるのに、事業が失敗すれば創業以来の危機を
迎えることになると言われて・・・なにやら行動開始?

ハルモニとヒャンスクは一族を守るためならと、スジョンとガンホの結婚をすすめるつもり。
社内では会社の危機とガンホの政略結婚の話があっという間に噂になって広がり、ウンニムもそのこと
を聞いてしまいます。
この事態を何とかしようと独自に動き始めたガンホだけど、ハルモニがスジョンとの結婚を進めるため
にランチに誘ったりして周囲から固められてきてる感じ。
スジョンは自分に気がないフリしてると思ってるみたいで、それが余計に気になるとけっこう乗り気。
ハルモニも向こうが乗り気なのがわかって・・・あとはガンホの気持ち次第だと思ってて。
ウンニムとのことを反対してるハルモニには、スジョンとのことが渡りに船なんだよね~

ガンホはウンニムを送っていきながら、会社の財政が厳しいからちょっと忙しくなりそうだと説明を。
会社の問題が解決したらおのずと自分たちの問題も前進するから大丈夫というガンホの言葉に安心する
ウンニムだけど・・・家族から帰ってこいとの電話が入り、イヤな予感のウンニム。

家に帰ったガンホは自分抜きで家族がスジョンとの交際をすすめようとしてて、心に決めた人がいるん
だからと話を切り上げて行こうとします。会社が心配じゃないの?とヒャンスクが叱るんだけど・・・
「オンマ、兄貴の仕事に口を挟むなってオレに言ったでしょ?ヒョン、自分で解決しろよ。
 オレを巻き込むなよ。有能だろ?それにウンニムさんを邪険に扱うな」
と怒っちゃうガンホ。セフンは二人だけで話をしようとガンホを連れていき、確かに投資の失敗はオレ
のせいだけど、セガンは融資してくれるかもしれないからと会社のために冷静になれと諭します。

だけどヨニのことを知ってしまったガンホにとってセフンへの尊敬は地に落ちたも同然(笑)
こんな結婚はオレにもスジョンさんにとってもよくないというガンホに、
「無責任な奴だな。会社や家よりも女が大事か?しっかりしろ」と怒るセフンですが・・・
積もり積もった兄への不満がこの言葉で爆発したガンホ(笑)
「兄貴こそしっかりしろよ。少なくともオレは女を囲って、妻にウソをつきながらずうずうしく暮らし
 たりなんかしない」
と兄のやってることを非難し、ケンカにな。(お前がなに偉そうに言うんだよって思うよね)
手を出したのはセフンが先なのにヒャンスクはガンホだけ叱っちゃって・・・またもや淋しいガンホ。
このあとハルモニはコさん(ウンニム)を明日解雇するように言ったからあなたも反対しないでと
ガンホ父に言い・・・会社を守るために父もそれを容認。

今まで全然レビューに書かなかったけどチョル母は一緒に仕事してる監督とケンカしつつもなんだか
ちょっといい感じ?だけど一緒に住んでる妹(チョル叔母)は彼が好きなんだよね?
このドラマのお笑い担当となっているチョル家ですが、この先展開に関係してくるのかな?
(お笑い担当ならあんまりこれ以上話が広がったりしないか・・・)
商売もそんなにうまくいかず、退屈していたナンジョンはチョルたちと花札をしようと家に行きますが、
叔母も母もいないというのにチョルと二人だけで仲良く遊んでて。
ベッドに並んで寝転んで映画みてたらなんだかピンクなムードになった二人(笑)
チョルが肩を抱いてもまんざらじゃないというかナンジョンも積極的になって、彼の足に自分の足を
からませたり、彼の手を握ったりして・・・チョルはその手に顔をスリスリして・・・

あっという間に一線を越えちゃった二人ですが・・・冷静になってみて慌て出すナンジョン。
チョルはナンジョンさん一人ぐらい引き受けますよと言ってるのに、相手にしないでさっさと帰って
いくナンジョンでした~

翌朝携帯を忘れて出かけたウンニム。ナンジョンがかかってきた電話に出て「解雇する」って言われて
ビックリするし、聞いた両親も驚いちゃって。(電話で解雇って軽すぎない?)
何も知らないウンニムはフツーに出勤して自分の席に座るけど、微妙な顔の秘書室長。
結局彼から自分が解雇されたことを聞かされてウソでしょ?って顔のウンニム。
私物を持たされていきなり会社を去ることになったウンニムは展開についていけずボンヤリしてて。
入れ違いで会社にきたガンホは同僚イルナムからウンニムの解雇の話を聞き、慌ててウンニムを追い
かけるけど彼女はバスに乗ったあとで・・・ケータイにかけたらエランが出て、会長の息子と恋愛した
からって解雇なの!?と怒鳴られまくり、あとで説明しに伺いますってガンホが言ってるのに、
結構よ!恐れ多くて家にも上げられやしない!と理不尽なやり方にカンカン。

家に先回りしてウンニムを捕まえたガンホは彼女を乗せて車で海へ。
二人で寄り添って海を見つめながら、仕事はまた見つけるから大丈夫よと彼を慰めるウンニム。
ガンホもこうして二人一緒にいるんだから今の状況も悪くないと前向きな二人。

会社ではけっこう大変なことになってて・・・新聞にレジャータウンの近くで行われるはずだった
宅地?造成計画が中止になったという記事が載り、秘書室長がこのことを常務に報告したのに常務は
そのまま押し切ったと報告したので怒った父ですが・・・50臆の手形が回ってきて明日までに決済
できないと不渡りを出してしまうと知って倒れちゃった。
ガンホもそのことを知って慌てて戻ってきて病院に駆けつけます。
意識が戻った父はガンホと二人で話をして、「今会社を救えるのはお前しかいない」と手を握り・・・
八方塞がりになっちゃったガンホ!
----------
第26回
今週中には投資を受けないと会社がダメになるという父親の言葉に考え込むガンホ。
ウンニムも会長のことが心配でずっと病院の外で待ってて・・・父は大丈夫だといいながら深刻そう
な顔してるガンホが気になるウンニム。
それでも帰り際にほっぺにキスして嬉しそうに去って行くガンホを暖かい目でみつめるウンニム。

ホントにウンニムが解雇されちゃったのでエランはどうやって暮らしていくのよ!と怒ってるけど、
何にも言わない娘の代わりに文句言ってる感じもするよね。

ガンホはアメリカの友人の父が韓国での投資先を探していたことを思い出し、会って話を聞いてもらう
約束をとりつけます。

クムジャは娘ヨニのケータイからセフンの番号を見つけて電話しちゃって!!
電話にでたセフンは焦りまくってヨニのところにいって、母親から電話がきたことを話して二度と
こんなことさせるなと叱ります。
今大変なときなのにお前まで手を焼かせるなというセフンに申し訳なくて謝るしかないヨニ。
(チッ!自分の都合ばっかりだよ)

ガンホは事業計画書をみて投資さえ受けられればこの事業は問題ないと父にいい、セガンでも他の
ところでもいいから投資をしてもられたらその代わりにウンニムとの結婚を認めて欲しいと父に頼み、
わかったとその条件をのむ父。

チョルはロマンチックにナンジョンにプロポーズしたんだけど・・・そんな気はないの!と彼の指輪
を受け取らないナンジョンにショック受けるチョル。
あの日愛し合ったのに・・・っていうチョルに、やめてよね!とあの日のことを後悔しているという
ナンジョンに、わかりましたと去って行っちゃったチョルでした。(やりすぎだよナンジョン)

ガンホは友人の父に会いに日本へ出張し、戻って父の病院にいきますがちょうどスジョンがお見舞いに
来ていて・・・彼女を車で送るガンホですが、それをウンニムが見ていて。
切ない気持ちのウンニムと、別に恋愛感情のないスジョンをこっちの事情で振り回してる自分に
嫌気がさしたガンホ。
ウンニムを家の前で待ち伏せして彼女を抱きしめながら、自分がグラつかないようにつかまえててくれ
と頼むガンホ。

家に帰ったガンホに、自分の部下を連れて出張に行ったことをネチネチと叱るセフンに、連絡が取れ
なかったんだからしょうがないだろと怒るガンホ。
(クムジャから電話が来たから慌てて電源切ったのはセフンだもんね)

残念ながら今回は友人の父は投資してくれなかったんだけど、投資会社ベルの韓国支社長を紹介して
もらえたガンホですが・・・書類だけ預かって直接会うことはできなくて。
ウンニムはソニョンから呼び出されますが、その場にはヒャンスクもいて手切れ金を渡されます。
こんなことはなさらないで下さいと泣きながら出ていったウンニム。追いかけてきたソニョンからも
会社が大変だからガンホさんのお見合いがうまくいくように応援してと言われて辛いウンニム。

何度もかかってくるガンホからの電話に出ないウンニムに・・・会いにきたガンホ。
なんで電話に出ない?と聞くガンホから逃げていくウンニムをつかまえたガンホなのに、
「私やっぱりムリだわ。苦しくて自信がなくて別れたいの」
と言い出したウンニムに、誰に何を言われたんだ?と問い詰めるガンホ。
こっちだってギリギリなのになんで君まで困らせるんだ?とガンホもけっこうつらい状況で奮闘して
いると言いますが・・・
「だから・・・私がいなければ楽になるじゃない」
「それじゃ、オレがお前を捨てるのか?そうして欲しいのか?」
そう言ってキスしてきたガンホに・・・抱きしめられるウンニムでした。

だけど・・・ムリして銀行に融資を頼みにいった父がまた倒れ、頼みの綱だったベルからの連絡も
今回は見合わせという答えがきて・・・呆然としているガンホのところにスジョンから連絡が。
父がガンホさんに会いたいといってるんですが・・・という電話で、ガンホは会いにいったのかな?


スポンサーサイト