千万回愛してます 21~22話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「千万回愛してます 21~22話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第21回
時間がかかってもいいから自分との結婚を前向きに考えてといいながらウンニムを抱きしめるガンホ。
悪い気はしないみたいだけど子供産んだ自分が結婚することに当惑してしまうウンニムだよね。
家ではウンニムが夜中に抜け出したもんだから家族が起きて待ってて・・・家に帰ったウンニムは散歩
してたと嘘をつきますが、ナンジョンは『空き缶』って男と会ってたんだとからかいます。
ウンニムはガンホと初めて出会ったときから着信の名前変えてないんだよね、ナンジョンもまさかその
男がガンホだとは夢にも思わず。

帰ってきたガンホに財務状態をすぐに理解したことは頼もしいと褒めた父ですが、ビジネスには危険も
つきものだから兄をサポートして欲しいといい、ガンホもウンニムと話して落ち着いたのか自分が少し
軽率だったと非を認めます。
で、オンマにも謝りにいくガンホですが、寝たフリしてるヒャンスク(笑)そんなオンマのほっぺに
キスしてごめんねと謝る息子に・・・「たまらないわよ」とつぶやくヒャンスクでした。
翌朝の朝食にはガンホの好きな大根のスープを作るヒャンスクってば・・・かわいいじゃない(笑)
(ヒャンスクは普段は料理作ったりしないけど、実はけっこう料理の腕がいいみたいね)

セフンはヨニのことでイライラしてたうえに事業も何か怪しい雲行き。
しかもソニョンはエンゼルって会社の夫人に、夫が贈ったネックレスはどうですか?と単刀直入に聞き、
そんなものもらってませんと言われ・・・じゃあ誰にあげたの?と動遥。

ガンホは家族から明日にでも彼女を連れてらっしゃいと言われ、連れてきても驚かないで下さいねと
嬉しそうに話します。(ちゃんと指輪も買って用意したガンホ)
ウンニムは結婚は出来ないというつもりだったのに、先にガンホに指輪をはめられてしまい、愛してる
けど結婚は出来ないと自分に問題があるからというウンニムに、何も言わないでと抱きしめるガンホ。
(ガンホ役の俳優さんてさ~ ちょっと顔が大きいよね?ま、いいけど。
 耳のピアスが気になってしょうがないんだよね~ あれ、つけないといけないのかな?)

家に帰ったウンニムですがさっそく指輪に目がいったナンジョンに高い指輪と指摘され、騒ぎになった
ウンニムは指輪を借りたものだととっさに言っちゃって・・・最近指輪をなくす騒動があったばかり
なので母のエランは「すぐに返してきて!返すまで外しちゃダメよ!」と注意してるし(笑)

セフンはどうやらエンゼルから投資をやめるといわれたみたいなんだけど、そのことをまだ誰にも
言ってないみたい。それでむしゃくしゃしてるのにソニョンからエンゼルの夫人にネックレスのことを
聞いて自分はもらってないといわれたと聞いて思わずかんしゃくを起こしてて。(後ろめたいのよね)
飲みに行ったバーでヨニが男たちに絡まれてるところを見かけてしまい、助けるセフン。
こりゃまた仲が戻るのかと思ったけど・・・そこまでの勢いはないみたいね。

ガンホはウンニムに何も言わずに家に連れてきてしまい、家に入ろうとしないウンニムなんだけど、
ちょうど帰ってきたソニョンに促されて・・・仕方なく家に行くことに。

で、お待たせしましたとガンホがみんなに言うんだけど、秘書のウンニムがここにいることにみんな
はちょっとキョトンって感じで、それを面白がってるガンホ。
----------
第22回
秘書のコ・ウンニムがガンホが結婚したい相手だとわかった家族は・・・微妙な反応。
家族に紹介できたことで満足したガンホは部屋で二人で話そうとしますが、今日はやっぱり帰ると
ウンニムが階下におりていきます。
ヒャンスクは正式な挨拶にジーンズで来るなんてと非難し、祖母も話にならないと同調してて、それを
聞いてしまったウンニムは挨拶もそこそこに家を飛び出すようにして帰ります。
(ガンホや~ 段階ふまないとウンニムが悪く思われるんだってば!)

黙って連れてきたことを怒ってるのか?と聞くガンホに一人で考えたいからしばらく連絡しないでと
頼むウンニムでした。
(家柄の違いとか改めて思い知らされるし、子供産んだことを黙ってることに罪悪感があるんだよね)

ナンジョンはチョルが自分のネットショップの大量注文をしてくれてた人だと知って・・・成功して
欲しかったから助けになりたかったというチョルにちょっと感激。
今度食事でもしようと自分から誘います。

ハルモニはガンホが一方的にウンニムにのぼせあがってることが気に入らないらしくて反対するし、
ヒャンスクはそんな家族の反応が面白くてかき回すし、ソニョンは二人がお似合いだと思ってたのに
家族が全然賛成しないから戸惑ってて・・・家に帰ってきたセフンも話を聞いて、ウンニムがヨニの
友人だからってことで反対してるんだよね(それはお前の都合だろっ!)
ガンホはそんな家族に、自分が結婚したい相手なんだからむやみなことを言わないでくれと怒ります。

今日のことを反省したガンホはウンニムの留守電に、君を愛する気持ちが先走りすぎた、君が幸せに
思えるようにすべきなんだよね?と謝り、あまり考え込まずに電話に出て欲しいと伝言を残します。
悩むウンニムに、彼女のハルモニは一度だけあのことには目をつぶりなさいと孫娘の幸せを願って
アドバイスします。

セフンてば事業がうまくいかないし、ソニョンには浮気してるんじゃないの?と問い詰められてしまい、
またもや家を飛び出して・・・今度はほんとにヨニとよりが戻っちゃったよ。(学習しない奴だなあ)
で、ソニョンにはあのネックレスはエンゼルの社長に贈ったといい、そのネックレスを社長が夫人に
渡してないんだろうといいます。他の女性に贈ったんだろうし、そのことで夫人が社長を問い詰めると
ややこしいことになると説明し、セフンを愛してるソニョンはそれを信じたみたい。

電話に出てくれないウンニムが気になってハルモニに連絡したガンホは彼女が母の墓参りに行ったと
聞いて戸惑いますが・・・ウンニムが墓参りしているところへやってきたガンホ。
ウンニムから生母が亡くなって、両親と義姉と妹と暮らしていることを聞き、やっと彼女の家の事情が
少しわかったガンホ。(ナンジョンがその義姉だとは夢にも思わないよね)

ハルモニに後押しされ、一緒に母のお墓参りもしたウンニムはちょびっと勇気が出たのか自分から
ガンホの手をギュッと握ります。
家まで送ってもらったウンニムだけど父とバッタリ会っちゃって・・・今日は遅いからと明日家に
伺いますというガンホ。
それを聞いたナンジョンは入社一ヶ月で男をつかまえるなんてと他人事みたいに考えてて。

だ~け~ど!
ウンニムの家に正式にご挨拶に伺ったガンホをみたナンジョンは「ガンホオッパ!」と叫んでしまい、
ガンホもナンジョンがいることに当惑してて・・・ウンニムは事情を知らないからキョトン(笑)
スポンサーサイト