台湾ドラマ 敗犬女王 25話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「台湾ドラマ 敗犬女王 25話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第25回
レスリーは家に戻ってきてあらためてシュアンにプロポーズして指輪を贈り、シュアンはずっと待って
たはずのプロポーズに・・・イマひとつときめかず。
しかも指輪を家具のすきまに落としてしまい、棚を押しのけて取り出しますが・・・

そこで初めてルーカスの落書きに気づいたシュアン!
ルーカスがずっとずっと自分のことを真剣な気持ちで愛してくれていたことに気づいたのに・・・

同じころルーカスも隣の部屋でシュアンが出した答えにケジメをつけ、「さよねらシュアン」とドア
越しに声をかけて去って行きます。

「・・・ごめんなさい」と号泣しながら棚を戻したシュアン。
プロポーズしてもらったときも何だかムリに笑ってた感じの彼女なのに、ルーカスが残した告白に
胸をうたれて泣きまくってるシュアン・・・
謝罪の意味で結婚したってレスリーは不幸になるだけなのに、こんなにルーカスのことで思いがあふれ
てるシュアンなのに・・・他の男と結婚なんて出来るのぉ??

シュアンはいずれこの気持ちは思い出になるわとタカをくくってレスリーとの結婚準備を着々と進め
ているけど・・・「ルーカス」っていう名前に思わず振り向いちゃうぐらいだからダメだってば(笑)
(ヒ~ レスリーの胸のところにポッケがあるシャツ・・・めっちゃ気持ち悪いっ!)

さーてそんな風にシュアンが結婚準備に没頭しようとあえて努力しているころに・・・他の週刊誌に
ルーカスがシャンユンを殺したという記事がデカデカと掲載されちゃって!
これはジアがやったことだとすぐにピンときたルーカスだけど・・・彼女の死にはやっぱり責任を
感じてるから自分を弁護なんてしないかも!?失恋でヤケッパチだし。

結婚まであと二日。
幸せぶってるシュアンですが自分の記事がスクープになるはずだったのに他紙がめっちゃ売れてて、
しかもその記事がルーカスが恋人を殺したのではないか?という疑惑を匂わせるもので驚くシュアン。
彼が大変だからとその後のレスリーとのブライダルの予約をキャンセルして仕事に向かうシュアンを
見つめながら・・・大事なのは仕事なのかルーカスなのかと聞いてみたい、置き去りのレスリー。

ルーカス父はもともと政界に行くつもりはなかったみたいなんだけど、息子のことが週刊誌に載って
いると聞いて驚愕。
父が有名人だけに息子のルーカスが起こしたらしい事件はかなりの話題でテレビでも中継がでてたり
する事態で、会社で一緒に働いてたシュアンの同僚たちもあんな人とは思わなかったと言い出す始末。

それでシュアンはガス爆発事件以来ずっとルーカスと同居してたことを明かし、元恋人をすごく愛して
いたことも知ってるからそんなことする人じゃないし、今ごろ目撃者が証言したこともおかしいし、
ルーカスが薬を隠したと仮定して、なぜ目撃者はシャンユンにそのことを教えなかったのかおかしいと
疑問点をあげるシュアン。
で、シュアンは真相を徹底的に突き止めると宣言!

さっそくルーカスを探そうと社を出ようとしたところへJJとであったシュアンだけど、ルーカスが
行方不明と聞いて困っちゃって。
そこへジアがちょうど出社してきたのに辞表を出しにきたと言うので、事件の真相を追いかけるから
協力してと頼むシュアン・・・だけどジアはあの記事を信じてと逆にシュアンにいうから驚く二人!!

ジアが週刊誌にあの記事のネタを売ったと知って当惑する二人に、あの記事が本当だからルーカスは
姿を消して出てこないんだと自分の行動を正当化するジア。
そんなジアにあなたは昔から相手を責めて自分を正当化してきたんでしょ!?と怒るシュアン。
JJにもフラれた腹いせにあいつを苦しめたいんだろ?でも前にあいつはやめろと忠告したはずだと
静かに叱られるジア。
まずは理性を失ってひどいことした自分と向き合いなさいと言い残して立ち去るシュアン。

JJから前にジアがメイホアン(ナイスバディな女)と自分の店で会ったと聞いたシュアンはきっと
その女がジアに話したんだと彼女を捜しにいきます。

そのころルーカスはシャンユンを亡くした海にいて・・・
オヤジは今ごろマスコミに追いかけられてるだろうと自分を親不孝モノだと自嘲し、JJは自分を
必死で捜してくれてるだろうし、シュアンは本領を発揮してこのネタを追ってるだろうとつぶやいてて。
「だけど真実を知ったら彼女は失望するよな・・・」とルーカス。
(え?ええ?実は真相って他にあったの??)

メイホアンの居場所を突き止めたシュアンとJJは彼女から話を聞くんだけど・・・
あの日ケンカしたルーカスとシャンユン。そのせいで安全器具を彼女につけてあげなかったと語り始め
るメイホアン。(でもさ~ 安全器具は基本的には自分でちゃんと責任もって取り付けるもんだよね)
その直後にルーカスがシャンユンの喘息の吸入器を隠したと証言したメイホアンに、怒って席を立つ
JJですが・・・シュアンは冷静に質問して帰ります。
今ごろになって証言した理由に、姉を殺したルーカスを慕ってるジアが可哀相だからって・・・それは
ちょっと怪しすぎるよねぇ(笑)
(メイホアンて買い物しすぎて借金まみれだし、怪しい薬にも頼ってるのかな?)
シュアンはメイホアンの請求書をチラッと見てなにかあるとにらんだかな?(動遥してたメイホアン)

JJにルーカスの捜索を頼み、自分は彼の父親に会いに行くというシュアンに慌てるJJ。
あの事件のせいで医学部を辞めることになってしまって、父親に申し訳ないとルーカスも思ってるけど
シャンユンの母親に償いの意味で毎月お金を送るためにずっと働いてて、そのせいでよけいに父親から
職にもつかず愚かな息子だと思われてるというJJ。
シュアンはルーカスが何のために必死でお金貯めてたのか、これで初めて知ったんだよね~

父親にあったシュアンですが・・・ルーカス父は事件の真相について詳しく聞く前に息子が家を出て
いってしまったから知らないと答えます。
だけど息子のことは誇りに思ってるんだよね。教授に口答えしたのも医療倫理についてだったし、
医療に携わるものとして一番大事なのは「心」なんだと息子の行動を誇りに思ってて・・・
(話せばわかる父なんだけど・・・お互いに無器用なだけなのかもだよね)

第26話へつづく。
スポンサーサイト