千万回愛してます 15~16話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「千万回愛してます 15~16話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第15回
ユニってばケーキを届けたのは仕方なくってわけじゃなくて、セフンの生活や家族や家がどんなのか
見てみたかったっていう好奇心ていう軽い気持ちできたんだけど、不倫がバレやしないかと慌ててる
セフンは「とんでもない女だな!」とかなりご立腹(笑)
ユニが持ってきたケーキがおいしいと家族が店を聞けば、アワアワしてるし。(自業自得だよ)

ソニョンは夫からネックレスもらったんだけどあっちのデザインのほうがよかったわと一人になった
ときにつぶやいてて、ふとさっきケーキを持ってきた女性が欲しかったほうのネックレスをつけていた
ことを思い出します。(この段階でも夫の浮気を疑わないのは信用してるからだろうね)

ガンホは同僚から会長の次男坊が女連れでお見合いしたとウンニムの前で言われて大慌て!
知りもしないのに言うなよと同僚に注意したり、隣で食事してる室長に「弁護してよ!」と小声で
頼むけど無視されちゃった(笑)

セフンはヨニが家に来たことで決心がついたらしく、彼女に別れようと告げます。
自分の都合のいいときに女を切るんだよね、こいつは。ヨニはそう簡単に別れてくれないよ、多分。

ウンニムは祖母にサーバーを買ってくれたガンホに代金を渡そうとします。
(しかし、あのガンホのシャツ・・・遠目で蝶ネクタイに見えてどうも笑えるなぁ)
お祖母さんが大変だから自分の気持ちでしたことなのにというのに、ウンニムがうちの祖母にガンホが
なぜそこまでするのか理解できないので聞いちゃうウンニム。
で、自分の気持ちをうまく伝えられないガンホは気を悪くしたと席をたってしまい、さすがにウンニム
もお礼を言うだけでよかったのに、どうも自分は彼に対して意地になってしまうと反省。

ナンジョンはガンホが好きな女性がどんな人なのか彼を尾行して一目みてやろうと決心。
そんな矢先にチョルが花束抱えてつきあってくださいと家に来て、エランがチョルを叩きまくる始末。
ついでに劣等感持ってたソニョン母のところに息子がこんなことしてるわよ!と殴り込みにいって、
気分爽快で帰ってて。(気の毒なチョル)

ウンニムはガンホにお詫びとお礼の意味で食事を誘うメールをガンホに送ります。思わず喜ぶガンホ
だけど約束の5回食事の一回にカウントされるんじゃ?と心配してて(笑)
ウンニムがこれはカウントに入らないと追伸メールしてきて安心するんだけど、もったいぶろうとして
るところへまたもやウンニムから『次にします?』ってメールがきたので慌てて電話して。
食事じゃなくて映画がいいとねだるガンホでした。(映画見てデートチックな雰囲気にしたいのかな?)

地下鉄の駅で待ち合わせしてるから浮かれて会社を出るガンホを見かけたナンジョン。これは絶対女に
会うんだろうと尾行するけど惜しいところで女性の顔は見えず。(ウンニムだよ~)
地下鉄の混雑に乗じてウンニムに密着できてるガンホは幸せそう(笑)
映画観てるときにも隣にいるウンニムが気になるのか、暗闇を利用して彼女を盗み見てるガンホだけど、
キスシーンでは隣にいる相手を気にしてなにやらもぞもぞ動く可愛い二人で。

ソニョンの誕生祝いを彼女の実家で一緒にしたセフンですが、帰りにヨニの店に寄るというソニョンに
ビクついてて。彼女のお店のケーキの味はハルモニもヒャンスクも気に入っててセフンには困った話。
お店でソニョンはケーキの配達はしてないことを知り、昨日の女の子もいなかったと何の気なしに夫に
そのことを言い、コ秘書がしてくれたからかもとごまかしてたのかな?特に不審に思わないソニョン。

映画観たあと、もう遅いからと帰るウンニムですが、別れを惜しむように並んで歩くガンホ。
思い切ってとなりを歩くウンニムの手をつなごうとした時、ウンニムが彼の気配に気づいて慌てて
先に帰っちゃって・・・かなり動遥してるウンニムだから男として彼を意識してるよね?

気持ちが落ち着かないウンニムはハルモニの家に泊めてもらいます。
この前きたステキな男性の話を聞きたがるハルモニに、ウンニムは自分は結婚しちゃいけないのよと
自分に言い聞かせるように話します。
独りで暮らしながらパンウルを捜しだして遠くからその成長を見守りたいんだというウンニムを叱る
ハルモニでした。(それじゃウンニムの人生台無しだもんね)

クムジャはお金に困ってまた例の名刺をバラまき、そのことを情報屋から聞いたウンニムは仕事を
放り出して病院に駆けつけてやっとこさクムジャを捕まえることに成功!
居場所さえ聞いたら絶対に名乗り出たりしないからと懇願するウンニムに、クムジャは相手と連絡して
たケータイはすぐ番号が不通になったし、相手の顔しか覚えてないからどこに住んでるかなんてわかる
はずもない!とキッパリ言います。
元々渡すはずだった約束の子どもをどうして捜したりするのよ!?と逆に怒られたウンニムはパンウル
を捜すアテがなくなって途方にくれてその場で泣き崩れちゃって・・・

会社の仕事を放り出したことで会長が怒るし、社に戻ればそのことで秘書室長に怒られるウンニム。
ガンホは秘書室長からそのことを聞いて彼女を心配し、外をフラフラと歩いてるウンニムをやっと
見つけるんだけど極度の疲労から倒れちゃったウンニム。
ガンホはそんな彼女を病院へ連れて行き、意識が戻るまでそばにいるんですが、ウンニムはパンウルと
引き離されたときのことを思い出してうなされて目覚め、ずっと泣きじゃくってて・・・
そんな彼女が見てられなくて思わず抱きしめてなぐさめるガンホ。
-----------
第16回
「大丈夫、僕がそばにいるから思い切り泣けばいい」といわれ、堰を切ったように泣くウンニム。
泣きつかれて眠ったウンニムですが、ガンホは家族に連絡しようと・・・知ってるハルモニに連絡を。
孫を助けてくれてありがとうと感謝しきりのハルモニに、「ところでパンウルって誰です?」と聞く
ガンホに動遥しまくりのハルモニ。
彼女がうわごとでずっと呼んでたからというガンホに、きっと変な夢でも見たんだろうとごまかして
ガンホもアッサリ納得を。
家に帰ったガンホはウンニムは具合が悪かったからあんまり叱らないでやってくれと父に頼みます。
セフンはいつまで黙っておくつもりだ?とまた聞いてるし(笑)

そのセフンもいつまで不倫を黙っておくのかしらねぇ・・・ソニョンにネックレスが二つあったけど
もう片方はどうしたの?とフツーに聞かれてギクリ!
レジャー事業の投資家の奥さんにあげたとごまかし、あっちのデザインのほうが気に入ってたからと
ソニョンは至ってフツーに聞いてるんだけど、何気ない顔するのに苦労するセフン。

ウンニムは叱られると思ってた会長から体調を気遣われて??で。
秘書室長も自分の体調不良を知らなかったのに、なぜ会長が知ってたのか不思議だよね。

家に忘れた書類をソニョンとユビンに届けてもらったセフン。
まったく連絡をもらえなくなったヨニはセフンに会いに会社まで来て、妻と子供を連れたセフンと
鉢合わせするんだけど・・・ソニョンは彼女のことをあくまでもカフェの人だと思ってるし、彼女が
前に見たネックレスと同じものをしてると知っても、流行ってるのかしら?と思うだけで夫の浮気を
露ほども疑わない幸せな性格で。

あとでヨニに思わずビンタするセフン(自分の保身が何よりだもんね)
別れをどうしても受け入れられないヨニだけど・・・そろそろセフンの心が離れたことに覚悟を
決めないといけない時期に来たのかも。

ウンニムが食欲ないらしいと秘書室長から聞いて心配したガンホはお粥を買ってウンニムを屋上へ
誘い、気遣ってくれます。
つらいことは忘れて早く元気になってと心を砕いてくれるガンホにかなりほだされたかな?

ヒャンスクはユビンの教育のことでソニョンに偉そうに言い、ソニョンの肩をもつ姑にも食ってかかる
もんだから怒っちゃったハルモニでした。
結局そんな母親と一緒に寝て仲裁に入る息子(セフン&ガンホ父)ですが、どうやらやっぱりガンホは
ヒャンスクの実子じゃないみたいで、その恩があるからハルモニもさほど強くヒャンスクにはいえない
わけで。

彼のことを気になって気持ちが傾くウンニムだけど、わざと事務的な態度をとって彼を遠ざけようと
してるのに、ハルモニのやってる店に行ったりして彼は悩むウンニムとは反対にどんどん近づいて
きていて・・・「もうやめて下さい、負担なの」と拒むウンニム。

そんな彼女の後ろ姿に向かって、ついにガンホは
「僕はウンニムさんを愛してます。本当にすきなんだ」と気持ちを告白して・・・
スポンサーサイト