台湾ドラマ 敗犬女王 23話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「台湾ドラマ 敗犬女王 23話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第23回
JJの実家の温泉は縁結び温泉で有名らしく、結婚間近のカップルが多いとジアに説明するルーカス。
父親はどうせ仮病だろうと思ってタカをくくってたJJだけど、ほんとに調子が悪いらしくて静養中。
そんなときに限って従業員が温泉の有毒ガスを吸って倒れ、夜のイベントの余興役に穴があいたと
トラブルに見舞われてて、ルーカスとジアは早速お手伝いを開始。

二人でフロントの受付をしてて、失恋の痛手を癒すぞ!と意気込みも新たなルーカスなんだけど・・・
お客を出迎えに駐車場まで行ったルーカスはシュアンの声がした気がして幻聴だと思い込もうとするん
けど、やっぱシュアンで(笑)
「これは嫌がらせか?!」って言い出したルーカスに負けじとシュアンも応酬し、昨日二人が警察に
いたことがレスリーに知られてしまいました。
で、レスリーは予約をキャンセルして帰ろうとするんだけどこの時間はもう下山できないことになって
るので仕方なく泊まることに。
お互いに忘れようとした相手がものすごい近くにいることでかなり動遥してるルーカスとシュアン。

ジアもフロントで二人が来たことを驚いてますが、恋のライバルが結婚間近だと知って安心?
二人をスイートルームに案内したルーカスは二人が部屋でもつれあうところを想像して「あーっ!!」
って感じで。なかなか部屋を出たがらないルーカスをさっさと追い出したレスリーでした(笑)

なんでこんなことになるんだとブツブツ言ってるルーカスに神の試練だからがんばって乗り越えなきゃ
と彼を慰めるジアに笑顔を見せるルーカスですが・・・レスリーの部屋の電球が切れたから交換に行く
ことになっちゃって(さっそく新たなる試練ですな)
二人が部屋着に着替えてイチャイチャしてるところへきたのはJJ(ルーカスがゴネたのかな?)
作業してるJJを無視してレスリーはシュアンにキスしたり甘い言葉を言ったりしてて、JJもその
様子にもうルーカスの入るスキはないと実感。
だけどシュアンはレスリーと話をしてて、ちょっとしたことで6年のあいだに二人が変わったことを
実感させられて、何となく距離がまだ詰まってない感じ。

「こんな状態でどう忘れろと言うんだ?!会わずにすむ場所に行かせろ!」とルーカスがJJに強引に
迫り、二人が絶対行きそうにない『失恋を癒す温泉』の清掃をすることに。
そのころシュアンも散歩に行ってもルーカスに会いそうだからと先にお風呂に入ることに。
神は失恋した僕をさらに傷つける気か?と大声でわめきながら風呂の清掃してるルーカスだけど、
ゴキブリを倒そうとして囲いにぶつかり、勢いあまってシュアンがいる温泉の湯船に落ちてしまって
大騒ぎするルーカスとシュアン。
「どこに行ったら会わずにすむんだよ?トイレか?」とどなるルーカスに、会わないようにこっちも
努力してるのに!と言い返すシュアン。
「休暇も結婚もいいが僕を他へ行ってくれ!僕を追ってくるな!」
「あなたこそ私の旅行先でバイトしないで!」
とケンカしてる二人なんだけど、レスリーの声がして慌てて隠れる二人。

レスリーは中に入ってシュアンが見当たらないので行ってしまい、湯船の中に隠れてた二人はやっと
出てきます。
なぜ自分まで隠れるんだ?と聞くルーカスに、あなたと一緒じゃ誤解されるとシュアン。
意外と自分の存在が二人の間では大きいのではないかと思ったルーカスはそのことをシュアンに聞く
けど、先輩を選んだ以上別れられないと答えるシュアン。
「先輩を選ばなきゃいけないの、私のためにケガを追い、仕事も犠牲にしてる。
 そこまで愛してくれる人を裏切れないわ」
「それは恋愛ではなくただの恩返しだ」
「だから何?先輩は何も悪くないのよ!」
「だからって僕を犠牲に?」
「あなたが平行線と言ったんじゃない!?」
「言ったのは君だ!僕との間に8歳差の線を引いた。君が僕を振り回してるんだ!
 (シュアンの腕をがっちりつかんで)・・・もう限界だ。逃げることも忘れることもできない。
 僕は一体どうすればいいんだ?」
「・・・(温泉で)のぼせて正気を失った?」
とシュアンはルーカスの問いかけには答えてくれず、シュアンを置いて出ていこうとしたルーカス。
「正気だよ。もう偽りたくない。どう結論をだそうと僕の気持ちに変わらない。君が好きだ」
「待ってた人と再会し、やっと結婚できるの。ずっと願っていた人生よ」
「(今日の)イベントが終わるまでに答えを出してくれ。先輩と僕のどちらを選ぶか。
 自分の気持ちに正直に答えて欲しい。お願いだ」
と自分の部屋番号をシュアンに告げて今夜9時に待ってると言い残してルーカスは出ていきます。
この会話をジアが聞いちゃって・・・

部屋に戻ったシュアンは思いつめた顔して悩んでて・・・他の人に心が動いたことはなかった?と
レスリーに聞いたシュアンですが、君以外にいなかったと断言されて。
シュアンにもその答えを求めるレスリーだけど、少し時間が欲しいと頼むシュアン。
再会してからの展開が早すぎて戸惑ってるから心が不安な今の状態はイヤだと正直な気持ちを言い、
ルーカスに揺れてることも否定しないシュアン。
だけどレスリーはシュアンが不安なのはルーカスのせいじゃなくて、6年間の空白のせいだと彼女に
いいます。(ま、そう思いたいんだよね。でなきゃシュアンに捨てられる~っ)

ルーカスは旅館のイベントで魔王役をやることに。
そのルーカスよりも何倍もヘンテコリンな格好したレスリーとシュアンが来て・・・

第24話へ続く。

スポンサーサイト