二人の妻 49~52話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「二人の妻 49~52話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第49回
チョルスが自分を嫌いになって別れたんじゃなさそうなのでますます混乱するヨンヒ。どいういうつもり
であんなカード書いたのよとかいがいしく世話するチョルスにもうわけわからん状態で。

ヨンミンは仕事で韓国に戻ったんだってさ。(国際弁護士だから企業合併の件で年末までいるらしい)
ジスクはヨンミンにソリのことが知られたら・・・と不安でたまらないらしく、ジホもそのことは秘密
にすると約束します。(でもさ~商売してたら居場所は誰かの耳に入ってるよね?)

ヨンミンは今妻と別居しててもうすぐ離婚するんだってさ。ジスクのことを自分の母がすごく傷つけた
からジスクに謝りたいっていうヨンミンに、ジホは別れた理由を聞きます。
自分の家族の猛反対にあって別れた、あのとき身ごもった子を産んでれば6歳だというヨンミン。

ミミもドヒも知らせを受けてヨンヒを見舞いますが、ジホはチョルスがヨンヒを抱きしめてたことや
ジスクの懇願、ヨンミンの話を聞いてどうしたらいいのかわからない状態。
ドヒはミミからジホが一方的に熱を上げて、ヨンヒはチョルスの件で懲りて心を閉ざしてると聞きます。
ジホの気持ちが本物だと聞いて、うちの兄はお払い箱になるわねと変わっていくヨンヒに対して複雑な
気持ちをのぞかせるドヒに、人生はそんなものよとミミがいいます。
(ま、ヨンヒを先にお払い箱にしたのはあんたのにーさんですからね!)

グァンテオンマはジスクをチョルスに世話させるためにと巧いこといってジスクの家を好き放題に使って
るんだけど・・・書斎の本に知らない男と写ってる写真があって。(ヨンミンですな)
しかもジホがジスクとその男と一緒に写ってる写真も見つけちゃって、コリャ何か怪しいと写真を勝手に
持ち出しちゃった!(ジスクとチョルスは6年越しの不倫て設定だから・・・そりゃおかしいよね)
ソリに聞いたらパパはアメリカにいたから写真がないと言うし・・・気になる気になるグァンテオンマ。

ヨンヒはチョルスの主治医に話を聞くけど、記憶を取り戻す方法はやっぱ元の環境に戻って徐々に
戻すのが一番といわれて腹をくくり、チョルスと住むと言い出してナムジュンが大反対!
だけど今のチョルスは無力だから攻撃できない、せめて同じ条件で仕返ししてやりたいと言います。
(まあこの状況じゃ、ヨンヒがチョルスにつれない態度をとってるって感じだもんね)

チョルスもみんなに自分は家に帰ると言い出して・・・みんなで僕とヨンヒを引き裂こうとしてると
被害者意識もってるから、たまらんよねぇ(笑)
チョルスオンマがヨンヒを説得して家に入れてもらうつもりだったけど、ヨンヒのほうから一ヶ月だけ
と条件つきで同居を申し出てくれて大喜び。
だけどその期限を過ぎても記憶が戻らなかったら離婚や過去のことをあらいざらい話すというヨンヒに
それ以上の負担はかけないと約束したチョルスオンマでした。

ジホはヨンヒから連絡ないし、会社も数日休暇をとるとしって電話するけど連絡がとれず、ナムジュン
に連絡してチョルスと一緒に住むことになったことを聞いて駆け出します。
グァンテ夫妻に連れられて戻ってきたチョルスを出迎えたヨンヒだけど、ジホがきていきなりヨンヒを
車に乗せて連れ去っちゃって!
--------
第50回
目の前で連れ去れたヨンヒを追いかけろ!とグァンテに車を出すように言ってパニくるチョルス。
引き返してと頼むヨンヒに、自分の気持ちを知ってるのになぜ彼と同居を?と興奮して責めるジホ。
とりあえず引き返そうとなだめるヨンヒに「絶対イヤだ!」とスピード上げて危険な運転をするジホに
困ったヨンヒでした~ (そないに暴走せんでもええのに・・・若いってことよね)

チョルスはグァンテ夫妻があんまり心配してないし、ヨンヒもさほど抵抗してなかったのでおかしいと
言い出し、心配して興奮しまくり。
ジスクはここぞとばかりに前に4人で食事したときにも親密そうな仲だったと二人がただならぬ関係に
あるみたいに強調。
で、ヨンヒの家にいれば記憶が戻るかもしれないけど、逆にこんなふうにつらい目にあうこともあると
ヨンヒとチョルスの復縁の可能性を徹底的につぶすジスクでした。
(だけど記憶が戻らないとこんなことしてもしょうがないのでは?)

前にヨンヒが連れてきてもらったことのある別荘みたいなところに車を止めたジホだけど、無言のまま
じっとしてるので・・・「大丈夫?・・・大丈夫なの?」と声をかけるヨンヒを抱きしめるジホ。
「わかってる。自分でもどうかしてると思う。正気じゃない。あなたに心を奪われたから彼と暮らすと
 聞いた瞬間からあなたを連れ出すことしか考えられなかった。
 ヨンヒさん、僕をみて欲しい。そばにいるだろ?」
と、自分がどれだけヨンヒを愛してるかアピールしまくるジホ。
「あなたの気持ちはわかってる、とてもありがたいけど・・・恋をしてる場合じゃ・・・」
とヨンヒが受け入れる気持ちがないことを言おうとしたところで・・・ジホがそれ以上言わせないよう
にキスを。

グァンテオンマのオトコは彼女からいろいろ聞いて・・・ジスクを脅してお金をせびる気かな?
ヨンミンはジスクの暮らしぶりを調査依頼してて、花屋とワインバーを経営してることを聞いて暮らし
は苦しくないなとわかったんだけど・・・チョルスとジスクとソリの家族写真を見て、引き続き夫と
娘のことについて調査を依頼します。(この時点では自分の娘だとまだ気づいてない様子)

手をつないで散歩するジホとヨンヒ。今の生活がつらいならアメリカに一緒に行こうとまで言い出して
ヨンヒを困らせるジホ君。
帰ろうというヨンヒにここで一泊すると言い出したジホだけど、ヨンヒを取って食うつもりはないん
だってさ~(笑)いっそのこと食っちまいたいだろうけどね~

チョルスが心配してるから電話をかけたいといえば、「まだ彼の心配を?」と気に入らないジホ。
この前病院で抱き合ってる二人を見たこと話して、ヨンヒの気持ちが見えないと不安で責め口調になり、
じゃあどうしろっていうのよ、賢くてクールなあなたならどうする?と聞くヨンヒに、彼の記憶を
取り戻さず、この状況を逆手にとって彼に受けた傷と裏切りの痛みを僕を利用して返すんだとジホ。
ヨンヒが苦しんだだけの報いを受けるべきだっていうジホの提案に揺れるか?ヨンヒ。

でもヨンヒはオトコが信用できないとジホにいいます。
「バツイチ子持ちの自分がなぜ好かれるのか理解に苦しむし、男は誰も信じたくない、10年間連れ
 添った夫でさえ自分を捨てたのに、なぜあなたが私みたいな女を愛するの?これ以上傷つきたくない。 ・・・怖いの」
前の夫よりハードルの高いオトコと恋愛なんかしたら絶対傷つくに決まってると怯えるヨンヒを抱き
しめたジホ。
「僕も怖い、あなたに疑われて拒まれそうですごく怖い。これからは怖がるのも苦しむのも一緒だ」
と自分も不安に怯えてるといいますが・・・ヨンヒが居心地悪いならと家に送ります。

チョルスはジスクに送ってもらいヨンヒが帰ってくるのを家の前で待ってて、ジホの車から出てきた
ヨンヒをグイグイ引っぱっていくから、思わずジホがもう片方の手を持って止めちゃって。
真っ昼間から女を取り合いっこするチョルスとジホですが、ジホが力が強かったらしくてヨンヒを
取り戻して目の前で抱きしめ、言い争う二人にいい加減にして欲しいヨンヒ(笑)

二人を引き離して一ヶ月だけ我慢してと頼むヨンヒ。ジスクに会うのもうんざりだし、私もクタクタ
だからお願いと懇願するヨンヒに渋々承知するジホ君でした。
チョルスはジスクがジホとヨンヒが浮気してるんじゃ?と彼女の気持ちが離れてることを示唆するけど、
「僕たち夫婦に浮気はありません!」とキッパリと強い口調で言うアホなチョルス。

チョルスはヨンヒにあのオトコと浮気してるのかとやきもきしながら聞くチョルスに、私が彼と浮気
したらどうする気?と挑戦的に聞くヨンヒ
--------
第51回
離婚を口にするなと怒るチョルスに、ヨンヒは彼が今自分と同じ気持ちを味わってると思うと加虐的な
気分になるわよね~ (私が受けた苦しみを味わいなっ!って感じかしら?)
チクチクといたぶるヨンヒは子供部屋で寝てと寝室も別だしね(当然だよねっ!)

ジホはヨンミンに呼び出されてジスクのことが話題に上がります。ヨンミンは彼女とやり直す気満々
なんだけど、最近結婚したことを聞いてちょっとガッカリはしてるみたい。
ジホはひたひたと彼が真実に迫ってるからちょっとマズイと思ってて。
(ジスクがいないとチョルスが戻る場所がなくて・・・ヨンヒと元サヤじゃ困るもんね)

ちなみにナムジュンはチョルスとの同居がイヤだ!と家を出て、ミミのところに転がり込みます。
ミミ・・・棚からぼたもちかな?
ズボラなミミの家の中をキレイにしてあげるナムジュンでした~(いいとこあるじゃん)

ハンビョルは父親と暮らせてめっちゃ喜んでるし、ヨンヒオンマもチョルスを受け入れてるからヨンヒ
だけが反対してる雰囲気。
幼稚園のバス乗り場まで送るというチョルスを拒むヨンヒに気を悪くするチョルスだけど・・・息子の
友だちのオンマたちは離婚のことを知ってるから都合が悪いよね。
また説明するのがしんどいし、復縁されたと思われるのもシャクだしね~

キム係長はテレビショッピングで進行役をするはずだったのに顔のトラブルでどうも無理っぽくて。
代役をたてることになりそうだね~ 
あとでジホのところに仕事のことで行ったヨンヒに、彼とあなたはどこで寝たの?と露骨なことを
聞いてくるからさすがにヨンヒも怒っちゃって。
だけど気になって一睡もできなかったと苦しい胸のうちを明かすジホ。
(一ヶ月の期限は始まったばかりでっせ~)

チョルスオンマはヨンヒオンマに一ヶ月だけ他の場所で私と暮らしましょうとチョルスたちを二人きり
にする作戦に出て、悩むヨンヒオンマ。
その話を聞いたヨンヒは二人っきりは絶対にイヤだと反対(そりゃそうだよね)

グァンテオンマとオトコはついに真実にたどりつき、ソリがチョルスの子供ではないことを知ります。
どうする?ジスクから金をせびるのはいいけど、暴露はやめてよね~ ヨンヒがぐらつくから。

ミミとナムジュンは正式に同棲契約書を交わして二人で暮らすみたい。
ナムジュンはタダでここに転がり込むつもりなのかな?(関心がないから早送りして事情がわからん)
万が一ミミを異性と感じたら同居は解消するんだってさ~ どうなるんだろね、この二人。

チョルスオンマに呼び出されたヨンヒは二人きりになるのは断固反対というのに、ジスクは仕方ないと
思ってるから我慢すると助けてくれなくて。
で、ヨンヒはチョルスが自分と一緒に寝たいと言ってるのを母親を言い訳にして逃げてるのに、母が
いないとそれもできなくなるわと挑発し、ジスクはヨンヒの家に行くと言い出して(笑)
結局チョルスオンマに泣きつかれる形でヨンヒは承知しちゃったのかな?

ジホからの電話に沈んだ声で出ちゃったヨンヒ。チョルスはヨンヒとジホが電話で話してるのを知って
怒って、夜中に電話するな!今すぐ来い!公園で待ってると大声を出せば、今行くから彼女に手を出す
な!と怒鳴り返すジホ。
ヨンヒにジホとの関係を問いただしたチョルスに、
「彼は私のことが好きなのよ、愛してるって」
とチョルスの態度に怒って教えるヨンヒでした。
ショック受けてるチョルスですが・・・同情できない(笑)
----------
第52回
思わずチョルスはヨンヒをビンタ!
ジホからもう一度電話がかかってきてて、ヨンヒがチョルスにぶたれたことを聞いてしまったジホ。
慌てて家を飛び出してました~
彼のせいで自分に冷たかったのか?とヨンヒを責めるチョルスに、だったら何よ?とケンカ腰なヨンヒ。

この後チョルスとジホは公園で言い争いになり、チョルスがジホを殴ったのでジホも応酬しようとした
のに、ヨンヒが止めに入ってチョルスをかばっちゃって・・・大きなショックを受けたジホ。
チョルスを支えながら家に帰っていくヨンヒを哀しげに見つめるジホ君でした~
ヨンヒがもしもジホと浮気してても、僕を捨てないでとすがるチョルスに・・・迷うのかヨンヒよ?

ヨンヒにはチョルスしか目に入ってないんだとさっきの彼女の態度で思い知らされたジホ。
その上ナムジュンからヨンヒオンマが実家にしばらく帰ると聞いて更にショーック!

ヨンヒオンマはハンビョルも連れて行くんだってさ。
張り詰めた雰囲気じゃ子供が気疲れするからってことで・・・ヨンヒはもうこうなったらいくとこまで
行ってやる!ってやけっぱち(笑)

チョルスは昨日のことを謝るけど、ジホには個人的に会って欲しくないし会社も辞めて欲しいとヨンヒ
に懇願するけど、初めて就職した会社だからとすげなく断るヨンヒ。
自分をかばってくれたことでヨンヒの気持ちが変わらないことはわかったけどあいつといるのは我慢
できないというチョルスに、『もうこんな芝居じみたことはイヤ!』とうんざりなヨンヒでした。
(離婚後にここまで迷惑かけられるとは思ってもみなかったよね、きっと)

出社したヨンヒに冷たい態度のジホなので・・・謝るヨンヒ。
彼の味方をしたのは寂しかったけど我慢したのに、一ヶ月も二人で暮らすなんてあんまりだ!と感情を
抑えられずに爆発させるジホ。

グァンテオンマのオトコはソリとチョルスのDNA鑑定をして、動かぬ証拠をジスクに突きつけて
ちょっと暮らしの援助をしてもらおうと言い出し、グァンテオンマもなんか流されてるよ~
(こんな怠け者のオッサンに金を渡すぐらいなら早くヨンミンがきて暴露しちゃえばいいのに)

ヨンミンはジスクの結婚相手チョルスが記憶喪失で前妻と家族しか憶えていないことや、ソリの苗字が
チョルスと違うので、もしや自分の娘では?と気づいちゃったヨンミン。
ソリと接触を図ろうとしてて・・・

会社が終わって二人で川辺にいるジホとヨンヒ。
(それにしてもさぁ・・・ジホのスーツの上着短くない?個人的になんかイヤなんだよね~ )
いっそヨンヒのことを憎めたら楽だと思ったのに余計につらい、あなたの心の片隅にも僕が入る余地は
ないと彼女のそばから離れる努力をすると言って立ち去ろうとして・・・
「努力しないで!私から離れないで。私の心にもあなたがいる。片隅じゃない、ここに・・・
 心臓の中心に深く入り込んでる」
と自分の気持ちをさらけだしたヨンヒのところに戻って彼女を抱きしめるジホ。
哀しみで硬くなったヨンヒの心臓を自分が溶かすからついてきて欲しいと頼むジホに頷くヨンヒでした。
(しかし道のりは険しいぞ、ジホの親とかまだ登場してないもんね)

ヨンヒはチョルスにジスクのことで何か憶えてないかと思っていろいろ聞くけど、チョルスはヨンヒに
自分とジスクのことを疑われたと勘違いしてて(記憶がないだけにそう考えるのは当然だけどさ)

ジホはヨンミンや友人と食事したときに、保険を紹介してもらったときに友人がうっかり悪口を言って
それをヨンヒに聞かれてたことを話します。
自分の知らないところでヨンヒを傷つけてたと知ってちょっとヘコむジホ。
そのうえヨンミンがジスクにもうすぐ会えるといい、ソリの写真まで持ってて、間違いなく自分の娘
だという彼の言葉にジホは動遥して・・・。

スポンサーサイト