二人の妻 45~48話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「二人の妻 45~48話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第45回
ジホは職場の上司でもあるけど、幼なじみだからお母様に挨拶でもと思ってきたと関係を話すけど、
「もう帰ってくれ、妻と話がある!」と怒ってヨンヒを連れて中に入っちゃうチョルス。
チョルスは妻に身持ちを堅くしろ、自分が寝込んでる間にあいつと浮気したのか!?とヨンヒを責めて、
あなたのほうがもっとひどかった!と言い返そうとしたところへハンビョルがきたのでそれ以上言えず。
(チョルスめ~ 記憶が戻ったらタダじゃおかないぞ~ にゃろう!)

僕は君の夫だぞ!とまたあとでヨンヒを叱るチョルスに、『だから堂々と浮気して私を捨てたの?』と
言いたいところをグッとこらえるヨンヒ。
会社にはもう行くな!退職願いを出せとヨンヒに怒るチョルスに、帰ってきたナムジュンがブチ切れて、
夫失格のくせに姉さんに指図するな!父さんを死なせただけじゃすまないのか!?と爆弾発言。
ヨンヒオンマがそんな息子を引っ叩いてとりあえず事態を収拾させて、グァンテ夫婦がチョルスを自宅
に回収します。

チョルスの交通事故を聞いてショックを受けてヨンヒ父が亡くなったのだとウソの説明をします。
真実が重過ぎて耐えられないからだろうけど・・・都合よく言い過ぎだよ~
ヨンヒもナムジュンも今はそれでまだ辛いから、こっちの家で療養してくれと頼むグァンテ君。

家に帰ったチョルスは目の前にまたあの女性ジスクがいるから、何でだよ~と泣きたい気分。
でもジスクもここで追い返されたらチョルスを取り戻せないと必死で、あなたの役に立ちたいんですと
懇願して・・・諦めたチョルスでした。

翌日の朝。出勤しようとしたヨンヒのところにジホが迎えにきて。
送迎を再開するというジホに、負担だと言ったでしょ?と拒むヨンヒなのに、会社では僕の思いはもう
おおっぴらにしてるし、あなたは独身だから人目をはばかる理由もないと答えます。
昨日元夫に連れていかれるヨンヒを見て、何もしなかった自分に腹が立ったというジホ。
「僕の言うことを聞かないと、何をするかわからない」
とまで言うジホに・・・ため息つきながら車に乗るヨンヒ(笑)
(ジホに『好き』って会社で公言されると、もれなくキム係長からイビられるんだってば!!)
なので会社では目立つ行動しないでと頼むヨンヒなのに、堂々と気持ちを伝えたいと平然としてる
ジホは、私が困るのって言ってるヨンヒにおかまいなし。
ヨンヒがチョルスとヨリを戻しはしないかと思って、めっちゃ必死なジホですなぁ

会社のテレショップで保険を売ることになり、番組の進行役が社員の中から選ばれることになり、
オーデションがあるんだけど、ヨンヒは参加するつもりないのにジホはそんな彼女をオーディションの
ためとか言って、無理矢理エステに連れて行ってて(笑)
仕事は口実で、二人でいろんなことしたいだけみたいだけどね~

ジスクはチョルスに献身的に尽くしてるけど記憶が回復する兆候は見られず、うたた寝してるチョルス
の髪に触れたらストーカー呼ばわりされて嫌がられるし・・・さすがに気の毒だわ。

ヨンヒをグァンテの家の前まで送ってきたジホ。
「行って」って促すヨンヒに、元夫のところにあなたを送りたくなんかないというジホですが、
今一番つらいのはどうみてもヨンヒなので、仕方なく手を行かせます。
だけどヨンヒを抱きしめちゃって・・・ヨンヒも自分で何やってるのかわからなくなってジホの胸に
抱かれたままなんですが・・・ジスクやグァンテ夫妻とチョルスオンマがそんな二人を目撃!
(ジホは見られたほうが好都合なんだろうけどね~)
------------
第46回
チョルスさんは何も知らずあなたに一途なのに、もう男がいるのねとイヤミなジスクに、あんたみたい
に不倫じゃないしと言い返すヨンヒ。
そんなヨンヒをビンタしようとするジスクの手をつかんで、いい加減にしてとヨンヒが睨みつけて、
火花散らす二人でした。

ドヒはヨンヒを見損なったっていうけど、別にチョルスとはもう夫婦じゃないもんね~だ。
しかもチョルスの記憶が戻ればジスクと去るはずだから、ヨンヒは貧乏クジじゃん。
どうしろってのよ~ 親友を二度も泣かせるつもりかねぇ、ドヒさん。

ヨンヒにジスクが作ったごはんを一緒に食べようというチョルス。
あまりの無神経さに腹が立ってかんしゃく起こすヨンヒだけど、それを見ていたチョルスオンマは
もう少し言動に気をつかって欲しいと頼みます。
ま、さっき男と一緒にいるヨンヒをみたあとだから風当たりもちょっとキツメかな。

ジスクはジホを呼び出してただの同僚じゃないわよね?と話を切り出します。さっき抱き合ってるのを
見たといい、あの二人の復縁を阻止したいならヨンミンさんのことは秘密にしてというジスク。
ソリが先輩の娘だから?と単刀直入に聞かれて動遥しまくりのジスクに、先輩は娘の存在を知ってるの
かとジホが聞きき、彼には永遠に知らせるつもりはないとジスク。
ソリの出生の秘密は言わないと約束するジホですが、君の恋のために彼女を苦しめたら絶対に許さない
と警告もしてて。

チョルスはヨンヒが自分につれないのは義父の死があったからだと都合のいいように解釈してて。
ここで静養して早く君の元に帰るというチョルスの心からの言葉に、もう何がなんだか考えるのが
つらいヨンヒは泣けてしょうがなくて・・・

ナムジュンはミミとセリを天秤にかけて、資産を持ってるほうをビジネスパートナーにするといい、
二人は資産を書いた資料をナムジュンに渡すんだけど・・・ミミは体力が資産だと体力診断書を渡し、
セリは若さと強調して戸籍抄本を渡してて(笑)
これはミミがナムジュンを懲らしめるためにした作戦みたい(彼をよくわかってるミミでした)

グァンテとドヒは買ったばかりのゴルフウェアがなくなったことでちょっとケンカしちゃって。
またグァンテオンマの仕業だと疑うドヒに、いくらなんでも男物を着たりしないだろとかばう息子。
(だけどグァンテオンマがダーリンにと、勝手に服をもっていったんだよね)

ジスクは自分の花屋にチョルスを連れていくけど反応ナシ。
『ここには思い出がいっぱいなのに、あなたの記憶はどこで迷ってるの?』
と切ない気持ちのジスク。

しかもそこからの帰りにヨンヒに電話して一緒に食事しようと誘いますが、ヨンヒはちょうどジホと
一緒にいて、彼女は僕と食事の約束があるとヨンヒを譲らないジホ。
で、ジスクが4人で食事しましょうと提案して・・・
----------
第47回
ジホとジスクはチョルスがヨンヒにかいがいしく食事をよそってあげてるのを目にしていや~な気分。
二人は顔見知りじゃないってことにしてあるので、どういった関係ですか?と聞くジホに、
チョルスさんの世話をしている者ですと答えるジスクでした。

チョルスが電話に出て席を外している間に、ヨンヒとジスクがやりあって、元夫と新しい恋人を二股に
かけて楽しそうねとヨンヒをコケにするジスクに腹を立てたジホはいきなり席を立って出て行きます。
で、すかさずジスクを呼び出して彼女の腕をつかんで話をしに行くんだけど、その二人をチョルスが
見ちゃって・・・(おかしいと思うよね~)

ケンカを売るな!と怒るジホに、チョルスさんに覚えてもらってるだけなのに自分が上にいるような
態度をとるヨンヒに腹が立つというジスク。
自分の前でこれ以上彼女を侮辱したら秘密を守ってやれないと怒るジホだけど、吐き気がしたジスクを
見て・・・彼女が妊娠してるって知っちゃったかな?

チョルスとジホは二人で話を。チョルスがいっちょまえのダンナみたいに親しいのはわかるけど注意
してくれというので、カチーンなジホ。
「あなたがどう思おうと、必要なら彼女と一緒にいます。それがイヤなら奥さんを養えるように
 稼げばいい」
とキツーイこと言って、態度を改めるつもりは毛頭ないとケンカ売ったジホでした。

ヨンヒはジスクと二人で話を。
元夫にうろつかれるのはもうたくさんだからさっさと家に連れて帰ってというヨンヒに、記憶が戻る
なら何でもしますか?とジスクに聞かれてもちろんよと答えるヨンヒ。
「あなたの家で暮らすことが一番だと主治医のアドバイスなんです」と言い出したジスクに、あんた
たちの勝手であたしに彼を押し付ける気?と怒るヨンヒだけど、自分だってイヤだけどこのままじゃ
回復のめどがたたないから仕方がないんです、最後の方法だから考えて下さいとジスク。

グァンテはドヒにお灸をすえようと外泊したんだけど・・・これはやりすぎでは?
結婚して初めての外泊だし、連絡がとれなくて心配で職場まで行ったドヒを無視したグァンテ。
これは・・・ドヒの逆鱗に触れたのでは???

ジホは同級生が会社を興したのでそこで営業させてあげるとヨンヒを連れていきます。
どうやらジホはこの友人にヨンヒのことをつきあってる人だと前置きしてたみたいで・・・当のヨンヒ
をみた同級生は、彼女は年上だし、今までの彼女とずいぶん・・・と言葉を濁すんだけど、
「ほかの女性とは比べられない、初恋の人で・・・最後の恋の人であって欲しい」
とベタ惚れしてるジホは友人に堂々とそう言うんだよね~

でもヨンヒが帰り際に忘れ物をして戻ったときに、その友人が
「ジホはヘラン(元恋人?)にフラれてどうかしたらしい、おばさんを連れてきて初恋の人だってさ」
と電話で誰かと話してるのを聞いてしまったヨンヒ。
帰りの車の中で上機嫌のジホとは反対に黙り込んだヨンヒだけど、
「同情してるの?私が哀れなの?これ以上ミジメにさせないで」といきなり怒り出しちゃって。
何をいわれた?って聞くジホに、どうせ私はオバサンよというヨンヒに、
「今さらなんだよ。垢抜けないおばさんで、子持ちのバツイチは僕に釣りあわない。
 ・・・にもかかわらず僕はあなたが好きだ。それで十分じゃないか」
と自分の気持ちばっかり押し付けるジホに、ヨンヒがキレてペチンとビンタを。
「身勝手ね、私の気持ちはどうでもいいの?何がそんなにえらいの?私をバカにしないで。
 傷つけられたくない」
って怒ってるヨンヒをいきなり抱きすくめるジホ。
「傷つけない。絶対に傷つけない。僕を信じて・・・すまなかった。
 あなたの気持ちを無視して悪かった」
そういうジホだけど、ヨンヒはあらがって彼から離れます。
「僕の真心を・・・信じてくれ」
自分を見つめてくるジホにヨンヒは・・・
---------
第48回
どうなったのだ?? ともかくジホはヨンヒの手を握りながら運転してるんだけど、ヨンヒは窓の外
ばっかり見て顔を合わせてはくれない感じ。

自分の事故が原因で義父がなくなってしまったことをヨンヒオンマに謝罪するチョルス。
記憶がないチョルスは義母にも優しくてさ~ お二人みたいに僕たちも一生愛し合いますってチョルス
に言われてもさ~ 嬉しい顔はさすがに出来ないヨンヒオンマ。

ヨンヒを送ってきたジホを食事に誘うナムジュン。
チョルスもヨンヒオンマと戻ってきて、一緒に食事をすることに。
ナムジュンに結婚しないの?と聞かれたジホは、
「好きな人はいるけど苦戦してる、僕に心を開かなくてな」
とヨンヒに視線をロックオンして答えてるし(笑)

この状況がつらいヨンヒは具合が悪いといって部屋で横になり、チョルスはジホとヨンヒを引き離せた
ので嬉々としてヨンヒにかいがいしく接してて。
だけど自分のおでこに触ったチョルスに異常なほどに反応して
「出て行って!何で勝手に家に来るの!?」
と激怒するヨンヒ。
チョルスはなんでヨンヒが怒るのか理解不能で、ジホのせいか?と下衆なかんぐりを。
それで余計にヨンヒを怒らせてケンカになり、ナムジュンが「もう帰ってくれ!」と姉をかばいます。

だけどヨンヒが苦しそうに倒れちゃって・・・ジホが抱き上げて病院に。
過労による急性胃けいれんと診断されたヨンヒは二日ほど入院することになっちゃった。
ナムジュンが用事でそばにいられないし、チョルスが看病するといいだして心配なジホはすかさず
ジスクに連絡して、二人きりにさせないようにするみたい(笑)

やってきたジスクにチョルスを連れて帰れというジホ。
ヨンヒの病気はどっちのせい?と聞かれたジホは、「両方だ。だから胸が痛むよ」とちょっと反省。
「僕の思いが彼女を苦しめてしまった」と反省しまくりのジホに、ジスクはジホが本気でヨンヒを
好きだとわかってかなり安心。(ヨンヒとチョルスにヨリを戻されたらたまらんもんね~)

チョルスをなだめすかしてジスクが連れて帰ってくれたおかげで、ジホがヨンヒに付き添います。
目を覚ましたヨンヒの手を握って、僕のせいなら謝るよとジホ。
「自分のことばかりであなたの立場は考えてやれず悪かった。もう悩まないで。知ってる?
 『恋をすると男は拒絶におびえ、女は置き去りにおびえる』
 つまり男はフラれるのを、女は捨てられるのを恐れる」
「あなたも恐れてるの?」
「もちろんだよ、強がってみせても男は女より弱いんだ。
 だからおばさん、早く元気になってこの哀れな男を救ってくれ・・・いい?」
と冗談めかしてヨンヒの気を楽にさせてあげるジホ。

チョルスはヨンヒがもしやジホに心を寄せているのでは?と心配みたい。
ヨンヒはジスクが彼の子を身ごもってるのにこの状況はよくないと思ってて、彼をうちに住まわせれば
回復が早いらしいとジホに言い、
「一緒に暮らすつもりなのか?」
と強い口調で問いただすけど、ヨンヒが調子悪いと思い出してこの話はやめてからだをいたわってと
いいます。(二人が一緒に住んだらジホもジスクも眠れない夜を過ごすことになるもんね)

グァンテに機嫌とりまくりのドヒだけど・・・何か報復を考えてるみたい。
何もしらずに亭主関白気取りのグァンテが気の毒(笑)

ヨンヒは病院のテレビで、離婚直後にチョルスがヨンヒにあててしたためたメッセージが読まれるのを
偶然目にしてしまいます。
『幸せなことだけ覚えてて僕が与えた傷は忘れて欲しい。君を愛した歳月も今の僕の気持ちも本物だ。
 幸せになれ。君が幸せになれば僕も報われる』
という内容に・・・自分を愛していたというチョルスの言葉に気持ちが揺さぶられるヨンヒ。
そこへちょうどチョルスがやってきて・・・泣きじゃくりながらあなたがキライ、大嫌いよと言う
ヨンヒを抱きしめて、二度と泣かせないと約束するチョルス。

そんな二人を病室に来たジホが見てしまい・・・外へ出て壁に向かい苛立ちをぶつけてて。
お!ヨンミンさんがついに帰国ですな~
チョルスを連れてきたのはジスクなのかな?一緒にいるジスクとジホだけど、ジホにヨンミンから電話
がかかってきて、帰国を知らせてきて動遥するジスク。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。