ドレミファソラシド #1

ここでは、「ドレミファソラシド #1」 に関する記事を紹介しています。
ジョンウォン(19)は親友のユナと一緒にいるときにストリートミュージシャンを見かけます。
そのボーカルの男の子はすごく歌がうまいんですが、ジョンウォンはユナにあいつがあの時の
男の子だとユナに教えます。

半年ほど前。遊園地でバイトしてたジョンウォンとユナ。
ジョンウォンはファーストフードのウエィトレスで、ユナはそのウエィトレスの仕事を
断固拒否して洗い場にいました。
(ユナが拒否したウエィトレスの制服っていうのは、竜の頭を被って服にはしっぼまで
 ついてるので、年頃の女の子が喜んで着るようなしろものではなかったんですね)

ジョンウォンはその被りモノをしてお店に入ってきた男女8人のところへ行くんですが
その人たちを自分より年下だと判断してかなり横柄な態度をとります。
女の子たちは男の子たちがいる手前おおっぴらに「ちょっとあんた何よ!」とは言えない
状況なので我慢していたんですが、その中の一人の男の子がジョンウォンをからかいます。
「(服についてる)しっぽが落ちたよ」とか「(竜だから)お客さんの前で火を吹けよ」
「(被りモノしてるので顔なんか見えないのに)ブサイクに生まれて気の毒」
などとからかわれてあったまにきたジョンウォンはそばにあったコーラをその生意気な男の子に
ダバダバと頭からかけてしまいます。

呆然とする男の子。その男の子の友達がジョンウォンにつかみかかろうとしたのでジョンウォンも
戦闘態勢になったんですが、ユナともう一人のバイトに引きずられてあえなく退場。
で、即刻クビになってしまいます。

ケンカの決着がついてなかったので未だにムカついてると知ってるユナは歌い終わった彼を
捕まえてボコボコにしてやろうかと提案しますが、ジョンウォンは
「(コーラをかけた制服の)クリーニング代を請求されたらどうするの」といってそのまま
家に帰ります。

その日の夜。
弟のチェガン(18)が家の屋上でタバコを吸ってるところを見つけてケンカになります。
(ジョンウォンもチェガンもケンカは強いみたいです)
で、あげくの果てに洗濯ヒモが首に引っかかるという情けない格好になったジョンウォンを
隣の屋上から見ている人々が・・・

それは先週越してきたばかりのお隣の一家で、夫婦ときれいな女性とそしてバカにしたような
目をしている男の子でした。
慌てて挨拶をしてその場を去るジョンウォンですが、ハタと気がついて振り向きます。

そう、その男の子こそ遊園地でジョンウォンをからかったあげくにコーラを頭からぶっかけられ、
そして今日ライブをしていたヤツだったのです。
ビックリするジョンウォン。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://madakankoku.blog25.fc2.com/tb.php/25-0af0ed6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック