二人の妻 33~36話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「二人の妻 33~36話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第33回
朝の挨拶で他の外交員の部下とはハイタッチできるジホなのに、ヨンヒを思わず避けちゃって(笑)
ミーティングで100人の顧客リストを1週間で作るようにとキム係長から言われて途方にくれるミミ
だけどヨンヒは頑張るしかないと思ってるみたい。

ドヒは産婦人科に行ったけど想像妊娠と診断されてショック!
帰りの車の中で泣きじゃくるドヒが可哀相になったグァンテは罪の意識に耐え切れず、橋の途中で車を
横に止めて、自分が4年間にパイプカットしたことを打ち明けます。
あまりの衝撃的な告白にとっさに車を飛び出したドヒは「二度とあたしに触れないで!」と怒って、
車を奪ってグァンテを置き去りにして行っちゃった・・・
結婚して5年だからグァンテは結婚後にパイプカットしたことになるよね?相談もなしにそんなことを
されたらそりゃ怒るよ。

ジホってば直接話をするのはダメだけど、ヨンヒにメールで攻略できそうな市場の情報を提供したり
していじらしいわね(笑)
で、元気に市場開拓に向かうヨンヒでした。

チョルスはジスクと幸せな生活送ってて、そんな息子にオンマは結婚式を挙げるようにと言います。
だけど自分はヨンヒに悪いから式に出席しないんだってさ。
今でも気持ちは割り切れず、ヨンヒを娘みたいに思ってるオンマにとって悲しい出来事だよね。

グァンテは家にも帰ってないドヒを心配してチョルスに理由を話しますが、やっぱり怒られちゃって。
そのころドヒは一人でショックに耐えてて。

ヨンヒはカラオケボックスに営業に行ったのに、そこのお客にコンパニオンと間違えられちゃって!
なりゆきでカラオケにつきあったものの、何とか抜け出して本物のコンパニオンと交替に成功!
このことでヨンヒを勘違いしてた店長が申し訳ながって保険の話を聞いてくれることになり、大喜びの
ヨンヒ。

家ではグァンテオンマがチョルスオンマにドヒは想像妊娠にショックを受けたんだと説明。だけど真相
は自分の息子がパイプカットしたことなのでそれがバレたら家を追い出されると隠してて(笑)
ミミとヨンヒと合流したドヒは泣きじゃくりっぱなしで、話を聞いたミミはだから結婚て怖いのよと
愛妻家だったはずのグァンテの所業に呆れるんだけど、冷静なヨンヒは彼の話を聞くべきと言います。

ドヒってば疲れてるからおんぶしてやろうか?と背中を見せたグァンテを足蹴にしちゃって(笑)
ミミは深刻な事態もあの二人にかかるとドタバタ喜劇になると大笑い。(まさにその通り!)

そこにジホから電話がかかり、何で電話にでない?わざと心配させたのか?とワケのわからんことを
ヨンヒにいい出しちゃって(笑)
ミミはそんな風にジホに叱られてるヨンヒを見て笑ってて。

グァンテは明日復元手術を受けてくるとドヒにいうけど、失った信頼は戻らないと怒ります。
義母や義妹を受け入れたのもあなたを悩ませたくないからそうしたのに、これはあんまりだとドヒ。
で、グァンテは黙って手術をした理由をトラウマのせいだと話します。母親の波乱万丈な人生のせいで
結婚しないと誓ったのに君に出会って結婚に踏み切れたんだけど、子供は怖いと心の葛藤を話します。
ドヒへの愛は本当なんだけど子供は怖いっていうグァンテに・・・困っちゃったドヒでした。

ジホはヨンヒが心配でご飯を食べてなかったらしくガツガツ喰ってて。
「またどこかで泣いてやしないか、ケンカして派出所にいるかと心配したんだ」
「ソン・ジホ、変わったわね。前はイヤミな男だったのに今は優しすぎるわよ、戸惑うわ」
と笑うヨンヒ。
「どんな切れ者の男でも好きな女の前では崩れるのさ!」
と言いつつも一般論を言っただけだから深読みしないでと思わず言い訳するジホに、しないわとヨンヒ。

で、帰るヨンヒを呼び止めるジホ。
「ヌナ、そこから三歩だけ僕のほうに来て。距離が縮まったらもっと分かり合える。
 恐れないで。僕のほうへ来て。そうすれば僕をきっと理解できる。そして僕の気持ちが見えるはずだ」
って告白したジホに・・・その場に立ち止まっていたヨンヒはゆっくりと前を向いて歩いて行き、二人
の距離は段々離れていきます。(ま~ 切ない展開だわね)
-----------
第34回
結局去っていくヨンヒを見つめることしか出来ないジホでした。

グァンテはチョルスオンマに避妊してたことを謝ります。叱ったあとでチョルスオンマはお母さんの
せいで自分の人生を台無しにしないで、それぞれの人生があるんだからと諭します。
愛するドヒが今回のことでどれだけ傷ついたかはグァンテが一番よく知ってるからヘコんでるんだよね。
そんな息子のトラウマをものともせずグァンテオンマは無神経にドヒを慰めてて(笑)幸せな人。

ヨンヒがカラオケのことを笑いながら同僚に話してるとキム係長が離婚経験者だと尻軽なのねと変な
いちゃもんをつけるのでミミが「あんたは婚約解消されてるけどヨンヒは結婚経験者よ!」と対抗。
ケンカしてるところへ入ってきたジホに、仕事の指導をしてたと言い訳したキム課長だけど、私生活に
まで口を出すのは嫌がらせですと怒り、ヨンヒにも無鉄砲な営業してたら痛い目にあいますよ!と心配
の入り混じった怒り方しちゃって。
営業に行ったのに男の前で何で歌うんだよとあとでブツブツ怒ってるジホだし(笑)

チョルスが離婚したいっていう妹を説得するんだけど、ちーっとも説得力ナシ!
お前が言うな!ってセリフばっかりで、ドヒも兄の言葉に余計にムカついてる状況。
グァンテは部下から女はイベントに弱いと言われて・・・何やら作戦を思いついたかな?

ナムジュンはセリから今日ここでチョルスたちが式を挙げると聞いてドヒに八つ当たり。
(どうして言ってもしょうがない人のところに言ってそんなことを言うのかねぇ)

キム係長はゴルフ練習場のチャン社長がなかなか契約してくれないと他の社員に言われ、ヨンヒとミミ
を送り込んでやろうと画策。
ミミは都合があって行けないので結局ヨンヒが一人で行くことに・・・
スケベおやじにどう対処してるかしらねぇとキム係長と古参の部下が話してるのを聞いちゃったジホ!

ヨンヒは相手がスケベおやじとは知らないんだけど、やたらと体に触ろうとするから会社に戻ろうと
しようとしてるのに引き止めるオヤジに思わず悲鳴をあげちゃって。
そこにジホが助けにきてくれて、「触るな!その手をどけろ!」とヨンヒを連れて行こうとします。
お前は何者だ?と聞く社長に「俺か?この女性の夫だ。文句あるのか?!」とケンカ腰。

心配しすぎて怒鳴るジホに、自分のドジを見るのが楽しいから追い掛け回すの?とヨンヒも怒ってて。
「プライドは捨てろって言ったくせ!自分がどんな目にあってもあなたが見なければいい!」
「無理だ。気になってしょうがない。見えないと不安だし、見ると腹がたつ。」
と言ってジホがいきなりヨンヒを抱きすくめ、あらがうヨンヒをなおも強く抱きしめちゃった。
「すまない、怒鳴って悪かった。つらく当たるつもりはなかった」
と謝るジホに・・・どうする、ヨンヒ?

グァンテは出会った頃の軍服姿でドヒにアピールしまくって、みんなが見てる前で謝罪の運動を始め、
あまりの恥ずかしさにたまらなくなったドヒが許してしまいます。
この夫婦はホントに面白い~
------------
第35回
2件も契約が取れたと浮かれているヨンヒを見て、義兄が式を挙げたことが言えずに苛立つナムジュン。
結局そのことを言っちゃって楽しい食事が台無しになり、さすがにオンマも怒ってて。
(せめてご飯食べ終わってからいえよ~ おバカなナムジュン)
覚悟していたことだけどさすがにショックで部屋に閉じこもるヨンヒ。
ナムジュンからその話を聞いたジホもヨンヒを心配してて・・・
ちなみに式に出席しなくちゃいけなかったドヒも、ヨンヒに悪いって気持ちが強くて家に帰っても
モヤモヤしてて・・・罪な兄貴だよ(笑)

ジホはヨンヒを呼び出して、台風のあとにはさんさんとした太陽があると彼女をなぐさめ、今度社員の
運動会があるからストレス発散のためにもがんばってと勇気づけてくれます。
「ありがとう、話し相手になってくれて・・・」
と彼に感謝するヨンヒでした。

ナムジュンは酔ってミミのところへ夜遅くに行ってそのまま泊まっちゃって!
朝起きたナムジュンはベッドで自分が裸で寝てるもんだから、「ヌナ、僕に何したの!?」と大騒ぎ。
どうやら酔ったナムジュンがミミのベッドでゲロを吐いたんだってさ(笑)
ともかくこのことはヌナ(ヨンヒ)にはナイショにしようと二人の意見は一致!
ミミは世話の焼ける弟だと思ってたナムジュンを男としてちょっと見始めたかな?
でもヨンヒがミミに電話したときにミミがナムジュンを呼ぶ声がヨンヒにも聞こえてたんだよね~

社員の運動会はなんとハンドボール大会!(ヨンヒが得意なスポーツじゃなかったっけ?)
先輩社員と新入社員に分かれて勝負し、ヨンヒやミミの活躍で新入社員チームが圧勝!
ジホに冗談も言えるし、笑顔も取り戻したヨンヒでした~

チョルスとジスクはソリを預けて二人で植物園に行き、買って来たプランターがトランクで倒れてる
ので、一旦車を横に止めて直すチョルス。
作業を終えて車に戻りかけたチョルスを居眠り運転の車がはねちゃって!
(ついにこのエピソードが来ましたね~)
--------
第36回
病院に担ぎこまれたチョルスはかなりの重傷で、ジスクが彼の家族に連絡を。
夜中に連絡をもらったドヒ、チョルス、グァンテたちが病院に急行し、ドヒはジスクが無傷なので
思わず「なぜあなただけが無傷なの?」と聞いちゃって・・・申し訳ないと謝るしかないジスク。

手術は成功したと医者から聞き、三日ほどはICUに入ることになったチョルス。
チョルスオンマはヨンヒとハンビョルを呼ぶようにとグァンテたちにいい、それを聞いたジスクは
傷ついちゃって。
もし手遅れになったらハンビョルが可哀相だっていうので呼びたいんだってさ。

ヨンヒはドヒから連絡を受けてショック受けちゃって・・・なかなか病院にこないヨンヒを待ってる
チョルスオンマ。
実はチョルスオンマはヨンヒを傷つけたから天罰が下ったんだと思ってて、だからヨンヒが来て許すと
言ってくれれば息子は目を覚ますからと信じてるんだよね。

話を聞いたヨンヒオンマはハンビョルを連れて早く行きなさいっていうんだけど、いきたくないヨンヒ。
結婚式を挙げたと聞いて天罰が下ればいいと自分が彼を恨んだからこうなったのかもしれないと思って
自分を責めるヨンヒ。
ハンビョルにはまだ父親が必要なのにどうしよう・・・と泣き出すヨンヒでした。
話を聞いたナムジュンは神様の制裁だと言い、死んでも会いにいくなと姉に言い、オンマに叱られて
ました。(グァンテオンマとナムジュンはホントに『困ったちゃんキャラ』だわ・・・)

麻酔はとっくに切れたはずなのに目を覚まさないチョルス。
焦ったチョルスオンマはジスクの前で、ヨンヒはまだなの?とドヒに聞くほど切羽詰ってて。

ミミにチョルスの事故のことを話し、彼のために流す涙はもうないからと行くつもりのないヨンヒ。
ジホはミミからチョルスの事故のことを聞いてヨンヒを心配してて・・・
一人で泣いてたヨンヒはドヒからチョルスが目覚めないと聞いてたまらず病院に駆けつけます。

ヨンヒを見たチョルスオンマは息子を助けて!とすがりつき、土下座までしちゃって・・・
ジスクには「疫病神」扱いするチョルスオンマ(笑)
思いつめたチョルスオンマは気を失っちゃうし、それぞれ辛い立場にたたされたヨンヒとジスク。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。