韓国の小説を読む

ここでは、「韓国の小説を読む」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国語の勉強をはじめたきっかけはクイ・ヨニさんの「オオカミの誘惑」という本。

この本を図書館で借りて読んだらめちゃめちゃ面白くて(もちろん映画もよかったですよ)
彼女が出してる他の本も読みたかったんですが「あいつはカッコ良かった」以外はまだ翻訳されて
いなくてガックリ。

それなら自分で訳して読んでみよう!と勉強を始めました。

まず韓国から本を輸入してそれから勉強をスタート!

勉強を始めたころは辞書の引き方もわからないし、辞書に載ってない単語がたくさんあったりして
1ページも出来ませんでした(載ってない単語は過去形だった)

文法を勉強して半年たつころには何となく書いてあることが読めるようになり、そのころにやっと
1冊の本を1ヶ月以上かけて毎日4時間ほどかかって読み終えました。

私が最初に訳したクイ・ヨニさんの「ドレミファソラシド」
5014381.jpeg


話の内容は残念ながら期待したほどではなかったんですが、自分で訳すことができたっていう
喜びのほうが大きかったですね。
(ちなみにこの作品は映画化されたみたいですね。韓国でも公開時期が未定ですが・・・)

で、それから調子にのって韓国から何冊も本を輸入したんですが、1冊だけ訳したあとで仕事が
忙しくなったのを期に韓国語の小説は全く読まなくなりました。
まだ読んでいない本が5冊も積んである状態は自分にもちょっとしたプレッシャーなんですが
その本たちが置いてある場所を見ないようにして過ごしています(笑)

チ・スヒョンさんの「砂城と蒼い月」
593336.jpeg

次に読む予定にしているのはチ・スヒョンさんの「私とあなたの4321日」という本。
これは日本でも放送された韓国ドラマ「19・29」の原作本です。
1104675.jpeg

チ・スヒョンさんの小説はよくドラマ化されていて「私の名前はキム・サムスン」、「白雪姫」
などごらんになった方は多いはず。

あ~時間が欲しい! もしくは辞書ナシでも読めるほど賢くなりたい!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
週末にちょっと韓国語の本を読んでみたんですが、1ページを
読むのに30分ほどかかってしまいました(汗)

昔はもっと早く読めたのになぁ
(勉強を怠けた私が悪いんですが・・・)

ゆぅ☆さんも機会があれば韓国語の本を一読下さいナ
2008/03/03(月) 13:58 | URL | おりーぶ #-[ 編集]
小説を訳して読むなんて‥☆゛
私もいずれチャレンジしよう!しよう!
と思いつつ、今までダラダラと‥。・゚・(ノД`)・゚・。
TV番組も良い勉強になるんですが、
本は本で、また素敵な表現を知ることができるんですよね♪

私もおりーぶさんのように、何か1冊ぐらいは
読破できるよう、頑張らねばっ!
2008/03/01(土) 00:16 | URL | ゆぅ☆ #229/s9B6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://madakankoku.blog25.fc2.com/tb.php/23-867f614e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。