台湾ドラマ 敗犬女王 12話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「台湾ドラマ 敗犬女王 12話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第12回
ルーカスの指示どおりにしぐさなどを変えていき、スッポン女脱出をはかるシュアン。

シュアンってばルーカスにドレスのファスナーを上げて~ってお願いして(笑)
彼女にドキッとしながらファスナー上げてあげたルーカスだけど、これはシュアンがルーカスの教育通り
に、人に助けを求めて優雅なしぐさでふるまい、優しい口調で素直にお礼をいうっていう練習で。
シ「胸が高鳴った?素直に認めなさいよ」
ル「ああ、上手だったよ」
シ「よし!やったわ。今度こそお見合いを成功させる!」
とガッツポーズのシュアンを横目に、
『なぜ落ち込むんだよ。僕が彼女を変えられたんだ。喜ぶべきだろ?』と複雑な気分のルーカス。
で、ルーカスはスッポン女から脱出できたお祝いにとドレスをプレゼント。これはお見合い用の戦闘服
なんだって。それを着てみたシュアンなのに寒いからとコートを着ちゃって(笑)。
露出が高い服にする目的は脱ぐことにある、戦闘服っていっただろ?と注意するルーカスに、
「何よ?服からミサイルでも出るの?」と減らず口のシュアンに、愛の弾丸が出るとルーカス。

で、ソファに並んで座って上着はこうやって脱ぐんだと彼の指示どおりにシミュレーションすることに。
言われた通りに上着を脱いで彼に預けたシュアンに、これで男はみんなとりこになると言ってくれる
ルーカスですが・・・『本当だ。必ず君を好きになる』と心の中でつぶやいて。
疑似体験なのにめっちゃ意識してるルーカス。
で、ドレス姿になったらきっと相手は君を押し倒すといいながらシュアンにそれを実行するルーカス。
シ「それから?」
ル「それから・・・君は・・・(かなり接近して)ダメよと言って押し戻す」
はあ?というシュアンに、そのほうが男はもっと夢中になるからとアドバイスするルカースだけど、
内心では危なかったと思ってて。『でも何が危ないんだ?』と焦ってて(自覚してないんだよねぇ)

だけど肝心の相手がいないとルーカスが言ってたところに結婚相談所から医者がシュアンを指名して
きていると朗報が。
これで例会までに何とかなると思ったシュアンは思わずルーカスに抱きついてお礼をいいますが、何か
二人とも意識しちゃって・・・変な空気に。(いつもなら何かいうルーカスも硬直してたしね)

で、大事な本番に向けてルーカスを相手に模擬デートをして教えたことが身についたかチェックする
ことに。
朗報があって喜ぶべきなのに気持ちがガッカリしちゃったシュアン。気分はハイテンションよ!と言い
ながら腕を振り上げるけど・・・やっぱりなんだか喜べず。
ルーカスもせっかく育てたスッポンを誰かに奪われて食べられるのが惜しくなったか?と自嘲気味。
で、JJのところに行ってシュアンをノックアウトする香水を借ります。そこまでしてシュアンに
本気でいどもうとすることを指摘するJJだけど自分の気持ちを何かとごまかすルーカス。

シュアンは模擬デートなのに何かときめいちゃって。(久しぶりって事も含めてらしいけど)
ルーカスとキスしてる自分を妄想してたのに・・・来たのはJJで。

ルーカスは?と聞かれたJJは昨日のルーカスとの会話を回想。
JJがシャンユン以外の女に本気になったのか?と聞き、それで我に返ったルーカスはシャンユン以外
の女を好きなはずがないと、代わりにデートに行ってくれとJJに頼みます。
シュアンに本気になったのか?とJJに聞かれたルーカスは、
「勘違いするな、好きだなんて思ってない。でも僕だって男だから理性が体の反応に追いつかない
 ケースは多い」
と変な言い訳してたし(笑)(ホルモンのせいにしちゃいけません。心とホルモンは連動してるよ)

いきなり相手を変更してきたルーカスにも怒るし(期待してたから)、おごりだから来たというJJに
も八つ当たりのシュアン。
で、JJには飲み屋での借りがあるわよね?と脅迫してルーカスの元カノの話を聞きだすシュアン。

そのころルーカスはジアを連れてシュアンのためにネックレスを買いにいってて。誰かにあげるの?
と聞くジアに「スッポンにやる」と答えて??なジア。
二人は海に行ってシャンユンの思い出に浸ります。

あの日。グラマラスな女に親切にしてるルーカスを怒ったシャンユンは顔色が悪いのに海に出て。
(喘息持ちだったんだね)
ケンカしてボードを持って海に入ったシャンユンに腹を立てたルーカスがちょっとだけ目を離し、彼女
はその間に見えなくなって・・・必死に彼女を捜すルーカス。

この話をJJから聞いたシュアンは「彼女は助かったの?」と聞きます。
見つかったけど既に亡くなってて・・・だけど「ウソだ!」と叫びながら人工呼吸を続けるルーカス。
知らせを受けて駆けつけたシャンユンの母親から、
「あなたが殺したのよ!あなたに悲しむ資格はないわ!あの子が死んだのはあなたのせいよ!」
とビンタされ、罵倒されたんだね。

JJは誰のせいでもなかったのに、あいつは自分を責めてるといい、偶然だけどジアはシャンユンの妹
なんだとシュアンに教え、驚くシュアン。(二人に運命感じた?)

ジアは二人のことを思って泣くけど、シャンユンとの思い出は楽しいことばかりだから、だから笑って
いたいとルーカスは言い、ジアにも「笑えよ」と笑みを浮かべます。
その強さはシュアンさんと似てるわねと口にしたジアに、その名前を出すなとちょっと怒るルーカス。
シャンユンを失った海辺でその名前は聞きたくないらしいそうで・・・新しい恋をしてシャンユンを
忘れてしまいそうな自分を責めてるのかな?

ジアの面倒を見てることに納得のシュアンですが、ヒヤシンスはシュンヤンの分身だとJJから聞き、
それで触ったときにあんなに怒ったのかと鉢植えのことを思い出します。
あれはシャンユンの最後の贈り物で『枯れても、また咲く』と、二度目に花が咲いたら意味がわかる
という言葉を残してて。
だから彼女の死後それを大事に育ててきたけど、二度目の花が咲いたことはないからあいつはずっと
彼女の言葉を探しつづけてるんだとJJ。(それで余計にふんぎりがつかないわけだよね)

「辛いでしょうね。答えを知りたくてたまらないはずだわ」というシュアンにJJがルーカスから
預かったとネックレスを渡します。
(シュアンも元カレからフラれた理由を知りたいだろうから、苦悩する気持ちがわかるんだよね)
見合いが成功するようにとプレゼントしてくれたらしいですが・・・
『光の輪が土星を守るように、ずっと見守ってる』ってメッセージは意味深じゃ?

お金がないくせに無理して・・・と口にしながら嬉しいシュアンはJJに、
「ヒヤシンスの謎は私が解くわ。それで少しは気が楽になるかも」
と言いますが、草花に詳しい人はそうそういないよとJJ。
だけどシュアンは覚えてたんだよね~ あんなに話が長いと嫌がってた見合い相手のタンだけど、内容
はちゃんと耳に入れてて、彼が花や有機栽培に詳しいからと早速会いに行きます。

だけどタンってばイジワルしてヒヤシンスのことを教えて欲しければ引き換えに作業をしてくれといい、
シュアンはルーカスのために大量の花の苗に培養土を入れます。午後のお見合いの時間は迫ってるのが
わかってるんだけど、やっぱりルーカスを優先したいシュアンなんだよね。
でもその作業中にネックレスを落としたのに、気がつかないシュアン!

見合い相手はやっぱり医者の先生で・・・シュアンは間に合わず、待ちぼうけをくわされて帰ってて。

13話へ続く。

ヒヤシンスの謎は次回で解き明かされるみたいですね~
グラマラスな女も再登場ってことで・・・後半のメインキャラなの?
例会は明日に迫ってて、やっぱルーカスを連れて例会に行くしかないと思ってたけど、ヒヤシンスの
ことで二人はケンカしそうな雰囲気。
これじゃ例会には行けないのでは?それともあの医者が来るとか?
スポンサーサイト