妻の誘惑 第117~120回 あらすじと感想(ネタバレあり)

ここでは、「妻の誘惑 第117~120回 あらすじと感想(ネタバレあり)」 に関する記事を紹介しています。
第117回
エリは医者につかみかかって「胃がんなんてウソよ!私は妊娠してるのよ!!」と興奮しちゃって。
(ま、無理もないっすよね。自分がそんな風になるなんて想像もできなかっただろうし)

ゴヌが帰ってこないのはエリが彼を呼び出したからだと逆恨みするんだけど、オンマからウンジェを
破滅させようとしたこととかハヌルの施設を教えるために10億を巻き上げられたと聞いたソヒ。
やっと自分はウンジェを追い出したいために悪魔と手を組んだことを知り、オンマの過去の話をして
店を要求してきたことをオンマに話し、なんてずうずうしいと呆れるミン女史。
エリは私が懲らしめるし、チョン父子もぐるになって会社を乗っ取るつもりよと言い出すソヒ。

エリの妊娠に関してギョビンはゾッとしてると口にして、婚姻してるわけじゃないからその子を堕胎
してくれてもいいと言われ、意地になったエリはこの子を使って家に戻るためにもガンなんかに屈服
するもんですか!と決意してて。

淋しくてハヌルに電話したミン女史なのにガンジェの食事中だからとさっさと切られて。
おかずもみんなガンジェの前に集中してて、まあ熱い熱い(笑)
今日からトッポギ屋を始める両親に、今日は予選だから手伝えなくてごめんと謝るウンジェ。
大賞を取れば最高の栄誉だからとそんな娘を激励する両親。

だけどギョビンは両親にエリには堕胎させて縁を切ると話をし、こんな妊娠で復縁したくないと断言。
あんな犯罪者の子供なんてゴメンだという夫に、あなたに私を非難する資格はないわというエリ。
詐欺師と恥知らずが子供を作って暮らすより、ここで別れようとギョビンも別れる姿勢を崩さず、
子供を保険代わりにしようとしてるだろうけどオレは愛想が尽きたんだよ!と酷いこというギョビン。
両親も息子と二人で解決しろと援護はしてもらえず、味方はニノだけなエリ。

ソヒはウンジェのところへ行き、ほんとにゴヌと連絡とってないことを知ってガックリ。
プライドを捨ててウンジェに彼から連絡があったら私のところへ帰ってくるように頼んでとお願いし、
さすがにウンジェも見かねて連絡するけどケータイの電源が入ってなくて、留守電にソヒが心配してる
ことを入れたウンジェ。
どこかの会社に就職したらしいゴヌはそのメッセージを聞いて・・・

病気に負けてなんかいられないとエリは精密検査を受けますがガンが進行してて治療のためには子供を
諦めて下さいといわれ、子供がいないと家に戻れないから何とかして!と叫ぶエリ。

ミン女史はあなたの家の嫁がこの会社を狙って小細工してるみたいだから下心があるなら今すぐ辞めて
とチョン父子にいい、調印式にゴヌがこられないようにエリが仕組んだことをバラします。
で、自分たちはそんなことを指示してない、誤解だからとその場をおさめた義父は息子にエリの口車に
乗るな!と叱り、ギョビンはエリのせいで立場が危うくなったことでロクなことがないと怒ってて。

エリは自分が癇癪を起こして両親を死なせるハメになったからその罪を償うために両親よりも長生き
して償うことを葬式で誓ったらしく、死ぬわけにはいかないんだって。
(ウンジェ両親はひき逃げって言ってなかったっけ?相手の車が逃げたからひき逃げなのかな?)
お腹が痛くても子供に影響するから鎮痛剤は飲まずに耐えるエリだけど、ギョビンに産婦人科に呼びだ
され、子供を超音波でみれば彼の考えも変わるはずと行くのに、堕胎させられそうになって。
あなたを成功させられるのは私だけなのよ!というけど、お前の小細工がバレてオヤジが解雇されそう
になってるからもうお前はゴメンなんだ、お前と絡んだら俺の人生終わりだと言われて処置室へ連れて
行こうとし、逃げ出したエリはソヒがチクったな~とソヒの元へ。

母親を使ってうちの家族を追い出すつもり!と詰め寄るエリに、私をコケにしたんだから当然よ!と
いうソヒに、私を刺激したらゴヌとウンジェのヨリを戻させるわよ!と脅すエリ。
(コンテスト予選の初日になんとも忙しいエリやなぁ)

ガンジェは両親とは別に建築の資材を取り扱う個人商店を立ち上げたらしく、ミン女史がその会社に
資材なんかを一任するらしい。
ミン女史はハヌルが両親と一緒に屋台をすると聞いてめっちゃ不安がってるんだけど、ガンジェは
様子を見てくださいと頼みます。
義父にもハヌルが屋台をするから食べに来て下さいと言い、あいつも事業をしてるのに~とスネる
ギョビン(笑)運転手でも雇ってもらえてるだけありがたいんだけどねぇ。

ハヌルは店の呼び込みは上手いんだけどお金の計算は苦手(笑)
様子を見に来た義父にも最高の笑顔を見せてて結婚して幸せなんだなと嬉そうな義父。

ウンジェとエリは予選のときから火花パチパチ。
二人とも予選を通過して本選にいくことが決まるんだけど、本選は天然化粧品での審査だから
ウンジェに分があるみたい。(エリは吠えてましたが・・・)

義母のところにいったソヒはあの女の魂胆がわかった以上は口車には乗れないし、店は譲れないと
譲渡の話を断り、自分をからかったの?と怒る義母にハヌルの居場所を10億で売りつけたことを
暴露してお金を返してもらうわ!と洗いざらいバラしちゃって・・・激怒する義母。

ゴヌはひそかに会長と会って辞表を渡し、社長を辞めることを伝えます。母は素人だけどあなたが
いれば安心だからというゴヌに家に戻らないのかという会長。
今まで母を中心に人生の設計図を描いてたから今度は自分の設計図を描くというゴヌ。

エリがサロンで具合悪そうにしてるところへ姑が乗り込んできてハヌルの居場所を10億で荒稼ぎ
したことを非難し、家族のためにやったというエリの言葉にも、あんたの言葉は何もかも大嘘だわ!
と怒りまくっちゃって。

だけどその時お腹が痛くなってエリは助けを求めるのに、また猿芝居だわと信用してもらえず部屋を
出て行っちゃった姑。
入れ替わりにウンジェが来るんだけど・・・どうしたの?と駆け寄るウンジェには「ほっといて!」
と強がりなエリさん
-----------
第118回
あいにくだけどあたしは病気なんかじゃなくて妊娠中なのよ!と自分がいかに幸せなのかを強調する
エリは、自分の家族が死んだのはあんたの人形が原因なんだからねと責任転嫁。
(癇癪起こして運転中のアッパに人形ぶつけたのはえりだから逆恨みもいいとこだよ)
エリの両親の事故まで自分のせいと言われて戸惑うウンジェだけど・・・あとでギョビンがウンジェ
に復縁迫ってきてめっちゃ迷惑なウンジェでした~

ハヌルは家でガンジェといちゃいちゃしたいけどウンジェには気をつかえとお義父ちゃまに言われ、
それならとガンジェが暴れてる芝居してゴヌに電話を!(悪い子だよ~ハヌル)

エリは自分の両親に自分を連れて行かないでと泣いて頼んでて・・・10歳で孤児になって必死に
生きてきたのにこの仕打ちはないわよ!ってことらしいけど、まああんだけ人の幸せを踏みにじり
まくったんだからねぇ・・・因果応報だよ。
ちなみにギョビンはウンジェにフラれたら他の女と見合いでもして結婚するし、エリとは絶対復縁を
しないと言い出し、まだ結婚する気か!と怒る父。

ハヌルの作戦は成功し、ゴヌはまんまとウンジェの家にやってきて。
姉の家に来ないのは失礼だよとハヌルがガンガン酒を飲ませ、ウンジェ両親もゴヌがずいぶんやつれ
ているのを見て同情し、姻戚になったんだからと快く迎え入れます。(ウンジェは遅くなるんだって)

エリは門の暗証番号をギョビンに変更されてしまい、一時間も外で待たされてスビンに頼み込んで家に
入れてもらいます。
自分の夢は子供がいて温かい夕食をみんなで囲む平凡なものなのよ、お金持ちのお嬢さんのあなたには
わからないだろうけどねと自嘲気味にいいながらも、でもあたしには二人も子供がいるんだから幸せ
なのよ、同情しないでって感じで・・・それが逆に痛々しいエリ。
自分だけの幸せにしがみつきすぐて何にも見えなくなってるとは思わないんだよね、ちなみにスビン
がいくら金持ちのお嬢さんでも温かい家庭なんてのは金持ちでも貧乏でも見る夢だし、希望だよ。

ウンジェが帰るころには酔って寝てしまったゴヌ。ガンジェの部屋に運んで泊まらせようってことに
なったんだけど、ウンジェはオンマガ心配してると思って電話を入れます。だけどその電話を聞いて
ソヒが飛び出して行っちゃった!
眠ってるゴヌに触れようとしてやめたウンジェの手を今度はゴヌが掴んで。(起きてたゴヌ君)
自分が諦めれば命が救われると思って結婚したけど・・・と話をするゴヌのところにソヒが乱入。

モメた二人は家に帰るけど、ウンジェにもう二度と構わないから捨てないでとすがるソヒにまたもや
酒をグビグビ飲んで・・・ソヒを抱こうとするゴヌ!
「これが望みなんだろ?どうせオレはオンマとお前の所有物なんだから」
と吐き捨てるように言ったゴヌは部屋を出てオンマに土下座して、育ててもらった恩は一生かけて
返すし、一人で生きていくからソヒの夫にはなれないと謝ります。
我が子として愛したつもりなのに束縛して苦しめてたことを後悔するミン女史。(今さらだけどね)

ソヒは復縁をアピールするギョビンに接近して復縁できたら役員のポストを任せると申し出ます。
役員と言われて欲が出たか?ギョビンめ~

ハヌルはウンジェ両親がいない間にお金を持ってないお客さんにトッポギを食べさせ、自分も食べて
て呆れる両親。これじゃ商売が立ち行かないよ~

メークのコンテストの審査委員長はなんとセファ化粧品の人。エリにとっては不良品をつかませた
都合の悪い人ってことでこりゃ不利だと睨んだエリ。(本選はセファの天然化粧品を使うらしい)
エリはウンジェのモデルに接近し、なにやら画策をしたあと植物アレルギーのモデルを探すようにと
部下に指示し、審査員を調べミン女史が審査員になってることを知ってこりゃ不利だと他の審査員に
お金を渡す算段を始めるエリ。

ミン女史はソヒに相手を窒息させる愛は失格よといい、ママが間違ってたからゴヌを失う前にと話を
するオンマに、もう彼を苦しめたりしないからと彼との結婚生活を諦められないソヒ。
で、ソヒはオンマがコンテストの審査員をしてて、エリが審査員たちに根回ししてることを聞きます。
オンマはウンジェを応援してねというけど、実力重視だからと言いながら妨害しないと約束します。

ソヒはエリに電話して私が審査員たちを呼び集めてあげると協力を申し出て、エリはそれに乗って店
を担保にワイロのお金を用意するつもりみたい。
ソヒは表向きはウンジェがターゲットだと言ってるけど実はエリへの報復で何か仕組むみたいなんだ
けど、ウンジェがソヒの話を聞いててセファへ不正が行われようとしてると知らせにいくけど都合が
悪く委員長が外出してるし、大会関係者の話は終わるまでしないということで追いつめられて。
--------------
第119回
ウンジェはやっとセファのソ委員長と会えるとホテルへ急行。
で、エリはソヒの計らいで審査員たちに食事をふるまってワイロを渡すことに成功。
そこへウンジェから電話がかかり、今から会長とソウルホテルで会うから今のうちに真実を話せと
言うんだけど・・・実はこれはギョビンがウンジェに仕掛けたワナで(笑)
ソヒにそのことを報告してる会話を聞いたエリは会長でなくてもギョビンと会うのはダメよ!と知恵
を働かせてゴヌに連絡し、ギョビンからウンジェを救うのねと伝えます。
この段階でソヒとエリは足の引っ張り合いしてて、めっちゃ笑える~(グフフフ)

ハヌルとガンジェはチョン・ハジョとミン女史を招いて外食をして、その席でオッパが実はアッパだ
と打ち明けますが・・・複雑すぎると文句を言うハヌルさん。(確かにそうだわな)
だけど責めたりしないのがいい子だよね。
この後急いでるのになぜかオンマを連れてウンジェのところへ向かうゴヌ。

ゴヌから連絡をもらったウンジェは慌てて部屋を出ようとするけどギョビンに捕まり、復縁を迫られ
て「それ以上近づいたら飛び降りるわよ!」と必死に抵抗。
ミン女史とゴヌが助けにきてくれて・・・ギョビンは慌てて復縁はソヒの提案だと彼女がサインした
念書を見せ、これについにキレたミン女史はゴヌにソヒを家に呼ぶように指示を。

ゴヌに呼ばれて嬉しそうに家に帰るソヒに自分の仕掛けたワナに引っかかったわねとほくそ笑むエリ。
(この段階で自分にもソヒがワナを仕掛けたとは露とも思ってないエリ)
家に帰って何でバレたんだろう?と思ってるギョビンだけど、エリがわめくからゴヌを寄越したのは
お前か!と逆ギレされて疫病神呼ばわりされるエリ。

家に飛んで帰ったソヒだけどギョビンをエサで釣ったことで叱ったオンマはほとほと愛想が尽きた
らしく、お前を生んだ自分を後悔してるとまで言われちゃって・・・ゴヌが離婚するっていうこと
にも反対しないで任せるというミン女史。(会社には戻ってきてねと頼んでましたが)
オンマにもとうとう見放されちゃったソヒでした~

大会当日。両親や兄やハヌルにあたたかく送り出してもらうウンジェとは対照的にギョビンとケンカ
してしまうエリ。
だけど時間になってもウンジェのモデルが来なくて・・・(エリの策略で彼女は裏切ったみたい)
で、窮状のウンジェにエリがモデルを二人持ってる出場者がいたから頼んでみれば?と親切なことを
言ってくれて・・・(これが次の策略ね)ウンジェはそのモデルを借りた様子。

大会の挨拶に先立って委員長は審査員を前もって発表してた人じゃない人で公平に審査すると言い、
エリは失敗した!って顔してるし、ウンジェは公平性がこれで保てると安心。
動遥したエリだけどウンジェのモデルが植物アレルギーだから自分に勝機はあると落ち着きを取り
戻してメイクを始めます。
ウンジェもメイクを始めてからモデルの異変に気づき、植物アレルギーと聞いて愕然とするけど、
心を落ち着けてメイクに専念を。大会関係者も咳き込むモデルに注目してて・・・

ウンジェ両親は違法で露店営業してたらしく区役所の人間に道具を没収されちゃって大変なことに!

大会はセファ化粧品のソ会長が大賞候補を発表し、エリかウンジェが大賞を獲ることに。
ウンジェのモデルが植物アレルギーでそれを自分が開発したコンシーラーで隠したを話すウンジェ
だったけど・・・結局大賞はエリのものになっちゃった!
ガックリするウンジェだけどモデルに労いの言葉をかけてて・・・
そこへ連絡が入り、エリが審査員にワイロを送った不正が発覚したので大賞はウンジェになって!!

これは詐欺だわ!ワナよ!と騒ぐエリだけど証拠のロールケーキを見せられて動遥。
だけどウンジェもセファ以外の化粧品を使ったから失格よ!と息巻くエリに、自分が使ったのは天然
化粧品だからと説明したウンジェにソ会長も納得してウンジェが受賞することに。

式典のあとでセファを買収したからあんたが勝ったのよ!と悔し紛れにそんなこというエリだけど、
コンシーラーを製品化したいとソ会長が言ってきて・・・結局エリはウンジェに商談の機会を与えた
ことになったわね(笑)
そこへ騙されたウンジェのモデルがきてエリに「騙したわね!」と大騒ぎして、エリが後ろでモデル
に妨害したことをソ会長にも知られてしまいます。
ソ会長は悪い芽はメーク業界のためにならないからとウンジェに経緯書を出すようにといい、今後
エリが国内のサロンから締め出されることもありえると言い捨てて行ってしまいます。

ソヒがウンジェにおめでとうと言うのを聞いて自分がソヒにハメられたことを知ったエリは激怒する
けど、エリがサロンの社長に借りたお金は実はソヒのお金だったらしく、今すぐお金を返済しないと
店を売り飛ばすわよ!と脅される始末。
(ウンジェはこんな二人にうんざりしてる様子でした~)

スポンサーサイト