白い嘘 96~100話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「白い嘘 96~100話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第96回
ガーーーーン!!!

なぜかスカパーの映像だけが受信されてなかったorz
音声のみで20数分間録画されてても・・・韓国語を聞き取る力はほとんどない私なので、さっさと
諦めるしかないんだけど・・・でもなんで映像だけなのよ~(泣)
途中で気がついて慌てて電源を再投入したけど残り5分ぐらいしか見えないし。

シヌはナギョンにオンマには義姉と兄のことを言わないでと頼んだのかな?
奇跡を信じてるって前に予告で言ってたから・・・シヌにまでかばわれるウニョンが憎らしいよね。

ジョンウは警察か検察にあの書類を提出して告訴したらしい。
これで復讐は終わったし、あの伯母も最後だと思って達成感と微妙な寂しさを感じて浸ってたのに、
翌日血相変えた部下が告訴を取り下げられたと報告してきて「な~にぃ??」って何がなんだか
わからないジョンウ君。

提出した書類が、昨日確認したのと数字と金額が違ってる書類だったからどこかですり替えられたに
違いありませんという部下に、ウソだウソだ、ウソだ~!!なジョンウ。

そのままジョンオクのところに言って、何をやったのか白状しろ!と肩をわしづかみにして詰め寄り、
ジョンオクは勝者の笑みを浮かべて完全にバカにしてるし。(まあ、大変)
------------
第97回
「あんたが殺したんだろ!!」と父を自殺に追いやったことを詰め寄るジョンウだけどアン秘書に取り
押さえられ、このまま黙って引き下がらないぞと負けイヌの遠吠えを。
明日の理事会で社長を解任すると言われたジョンウは大ピーンチ!

ジョンオクはハン常務が弱みを握られてジョンウ側にいたことを知っててチャンスをあげるわと言い、
明日の社長解任の件で彼を動かします。

慌てて家に帰ったジョンウはナギョンに義父と連絡が取れないと焦ってて。ジョンウは義父が保有して
いるドリームインデパートの株が必要だと言います。
発言権を委任し欲しいというジョンウに、ナギョンはビアンの件を聞いてくれるなら譲渡もできるわと
言い出して・・・なんでそんなにあの子に執着するんだと怒り出すジョンウ。
ここでナギョンは正直に「あの女からビアンを奪いたいの」と言い、ビアンはあなたの子だから愛して
育てるわとジョンウに選択を迫ります。(まー困ったわね)

ジョンウ母から新しい嫁候補みたいな女が家にいると聞いたウニョン母が心配して家に行くと、運悪く
ヒョンウがヨニと一緒にいて・・・まんざらじゃなさそうにみえる婿に失望して、こんな家にいるべき
じゃないと怒る母。だけどジョンオクに会って・・・威圧されて帰ってきてしまい、あとで泣く母を
慰める父。(しょうがないよ、みんな圧倒されてるもん)

シヌから兄を治す自信はあるの?と聞かれ、最善を尽くすわというウニョン。
でもシヌってばウニョンがヒョンウの絵を公募に出すって言ってるのに、手伝ってはくれないんだよ~
(何だよ~ 手伝ってくれてもいいじゃんよぉ~、オンマに気兼ねしてそれは出来ないのかよ~)

ヒョンウはウニョンの笑顔を絵に描くけど目は悲しそうで・・・見抜かれてるな、ウニョン。

ベロベロに酔っ払って外泊したジョンウは結局答えを出せず、部下から社長解任の臨時株主総会がある
と電話で聞いて慌てて駆けつけるけど、有無を言わせず解任されるし、ハン常務は裏切るし(笑)

その後で頭痛がするジョンオクは家に帰る途中でアン秘書に薬局によってもらうんだけど、その車を
尾行してたジョンウが具合が悪いジョンオクを拉致しちゃって・・・
----------------
第98回
ジョンウはジョンオクを父の墓に連れていきます。
「父さんに謝れ!父さんの気が済むまで百度でも謝れ!」と謝罪を強制するけど、謝って欲しいのは
こっちよ!とジョンオク。
ジョンウの父は愛人と息子ジョンウとの家庭を築きたくて、妊娠してたジョンオクが離婚したがらない
ので、殴ったり薬を飲ませようとしたりしたとぶちまけるジョンオク!!
だけど幼い頃のヒョンウは普通だったと彼女の主張を否定するジョンウに、自分の子供だからとという
理由で常に優秀なお前と比較して羞恥心を抱かせたからあんな風になったというジョンオク。
ヒョンウをあんな風にしておいて自分は自殺だなんて一番楽な死に方を選んで!と墓に罵倒して暴れる
ジョンオクを止めたジョンウは、そんな話を信じないと言います。
姑を味方につけて自分たちを苦しめたお前の話なんか信じないというジョンウに、それならここで自分
を殺せばいいと首をみせつけて迫り、さあやってみろと言わんばかりの態度にキレたジョンウは首を
絞めるんだけどアン秘書が駆けつけて止められちゃった。
(いくら妻が憎くても妊娠中の子供を殺そうなんて、なかなか悪い男だったのね)

帰りの車中でジョンオクは夫との最後の会話を回想中。
一文無しになった夫に、「悪かった、許してくれ、助けて欲しい」と言えば助けるというけど、俺を
誰だと思ってるんだと最初は謝る気のない夫だけど、結局土下座して謝ります。
デパートを助けたいならあなたが消えてと口にしたジョンオクに、俺に死ねと?と聞く夫。
そこまでは考えてなかったというジョンオクに、最初から許す気なんてなかったんだと夫が激怒して
ケンカになって売り言葉に買い言葉で・・・まあそうなっちゃったみたい。

ウニョン家族はスパから手を引き、今度は食堂を始めます。ホンジンが下調べして店も初日から繁盛し
てご機嫌なウニョン母。(うーむ・・・順調すぎやしないか?)

ヒョンウが内緒でビアンと会うことを利用して、自分と出かけるのが楽しいみたいな演出をするヨニ。
ウニョンはこの段階でまだビアンとヒョンウがちょくちょく会ってることを知らないみたい。
で、このときはヨニを連れて外出する口実がいるわけで・・・周囲はヨニを気にいってると誤解。

シヌはミンジェに金持ちの娘だからっていう理由で解雇されるのは納得できないと食い下がりますが、
ミンジェがシヌを追い出そうとして争ったときにカメラのレンズを落としちゃって・・・それはシヌが
あげたカメラだったので、大事なものを壊すほど自分は嫌われてるんですねと途端に寂しそうになった
シヌ。(さすがにミンジェも悪いと思ったみたいだけどね)
で、自分は好かれる性格じゃないから・・・お世話になりましたと荷物をもって出て行ったシヌ。

ジョンウは父の墓でたそがれてたけど、ビアンに会いに幼稚園へ行きます。だけどそこでみたのは我が
子がヒョンウをパパと呼んで仲良くしてる光景で・・・
その頃ジョンウ母は社長が解任されたと聞いて本家に行こうとするけどナギョンに止められて。
結局ジョンウは家に帰ってナギョンにビアンを連れてくると口にしました。
----------------
第99回
ジョンウが社長を解任されたと聞き、ウニョンはナギョンが前に夫の更生は妻の役目って言ってた言葉
を思い出しちゃって・・・(当たってます、そうですよ~、ナギョンさんの仕業です)

ジョンウは明るく振舞って母にも養子をとることにしたと言い出します。
だけど自分の血筋に固執する母はあんまりいい顔をしなくて・・・(実子ですけどね)
そうとなればビアンの母親と伯母さんの説得はあなたに任せたわよと言われ、わかったというジョンウ。

ウニョンは母からヒョンウが女を連れてビアンに会いにいってると知らされ、ヨニとそのことで言い
争いになるんだけどちょうどそこへジョンオクが帰ってきてまた注意されるウニョン。

ジョンウはウニョンを呼び出し、君があの家にいたいならいればいいと言い出して・・・ありがとうと
答えたウニョンに、その代わりに子供は引き取るというジョンウ。
君が騒ぐなら裁判を起こすというジョンウに、姑に全てを話すと圧力をかけるウニョンだけど、別に
構わない、もう何も怖いものはないと開き直りのジョンウ。
で、言い争いになった二人を偶然みかけたシヌが誤解して・・・

家に帰ってモメるシヌとウニョンだけど、オンマに言えないシヌもフラストレーションたまっちゃって
どうにかなりそうで・・・。
ウニョンはヒョンウが治ったら家を出ようと思ってるんだけど、その時間も残りわずかみたいだと悟り、
淋しそうな表情。

ジョンオクはシヌの発言から何かおかしいと勘づき、アン秘書がウニョンが結婚前に男と同棲してた
ことまで突き止め・・・ジョンウとビアンの遺伝子検査をするようにアン秘書に指示を。
(今ごろになって鶏アレルギーのことを思い出したジョンオクさん)

ジョンウはトウドウの委任さえあれば経営に参与できるからとトウドウの動きを部下に探らせます。
ジョンオクはアン秘書から検査結果の書類を渡されるけど、それを見る前にジョンウが来てドンフンが
ビアンの実父じゃないと言い出します。
で、会長がお考えの通り、ビアンの実父は私ですと言い出すジョンウ。
------------
第100回
何をたわ言いってるのよ、出て行きなさいというジョンオクに、ヒョンウが望んでいるからと無理に
連れてきた女が、僕が6年前に同棲していたソ・ウニョンですと言うジョンウに、復讐のために何でも
利用するのねというジョンオク。
だけど自分は最初からこの結婚に反対してたでしょ?でもあなたは僕を信じなかったというジョンウ。
全てはあなたの企みが原因で、あなたの欲のせいで僕は愛する女性を捨て、大金を使って彼女を買い、
結局墓穴を掘ったんだと。
(むむ、ジョンオクのせいにしてるけど・・・ウニョンを捨てたのは自分の意思だろ、こらぁ!)
もしヒョンウが不幸になったらそれはあなたのせいだと言って出て行ったジョンウ。
あとから書類を確認してビアンとの父子鑑定が99%で、かんしゃくを起こすジョンオクさん。

ヒョンウを呼んだジョンオクはもしも、もしも看護婦さんがいなくなったら?と聞きます。
「息ができません」とヒョンウは答えて、ここ(胸)が苦しくて息ができませんと、彼女なしの人生は
もうありえないと表現する息子に複雑なジョンオクさん。

ジョンウの女性秘書が退職することになり、奥様にお金を借りていたからと返します。
妻が見返りなしに君にお金を?と追及するジョンウだけど、秘書は何も語らず辞めて言っちゃった。
(スパイしてたってバラしてくれてよかったのにぃ)
ジョンウは妻にお金を渡し、ナギョンはあなたから秘書の窮状を聞いたのよと平気でウソをついてお金
を受け取りますが・・・話してもいないジョンウは妻を怪しみ、ナギョンは秘書に電話してジョンウに
はバレてないことを確認。(フフフ、腹のさぐりあいになりそうな予感)

ヒョンウは自分が選んだワンピースを来たウニョンを急に意識しちゃって(笑)
そんな二人の会話を部屋の外で聞いてるジョンオクが険悪な表情してるのをシヌがみて、オンマと話を
するけど・・・シヌが知っていながら黙ってたことが気に入らなくて叱りつけるジョンオク。
話も聞いてもらえないシヌがちょっと気の毒。
こんな家の雰囲気なのに、ウニョンが眠ってるときに彼女にキスしてみるヒョンウに救われる気落ち。
(ま、ウニョンは寝てるから知らないんだけどね)

シヌは朝になってウニョンに「オンマがもう・・」って言いかけたけど、何もなかったようにふるまう
オンマに戸惑ってて・・・だけど昨日話の中で『死に値する罪だ』といってたオンマの言葉が何か気に
なるシヌ。

ウニョンがいない間に机の上にあの鑑定書を置いて、ジョンオクが全て知ってしまったことを知り、
衝撃を受けるウニョン。ジョンオクが部屋へ入ってきたので「申し訳ありません」と泣きながら謝る
しか出来ない嫁に、
「結婚できないというあなたを嫁に望んだのは私だった」と自分が息子の嫁にしようとした罪だという
ジョンオクに、「離婚します」とウニョンが言うけど・・・
「あなたが生きてたらヒョンウが追いかける。私はそんなのみたくないわ」
というジョンオクに何が望みですか?と泣きじゃくりながら聞くウニョンに、
「あなたは何もできない、あなたのせいで死んでいく私をそばで見てなさい」とおもむろに薬を取り
出して飲んじゃうジョンオクを慌てて止めるウニョン。
「死に値する罪を犯したのは私です!だからやめてください!」
とすがりついて泣くウニョンに
「ホントにそう思う?・・・じゃあ、死んで」とアッサリ言うジョンオクさん
(息子を残して死ぬつもりなんかまーったくないわけよね、当然)
スポンサーサイト