台湾ドラマ 敗犬女王 9話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「台湾ドラマ 敗犬女王 9話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第9回
サバイバルゲームでシュアンは次々と同僚を倒していくんだけど・・・
ルーカスとJJの会話を誤解して機嫌が悪いシュアンに、
「なぜ今日は機嫌が悪いんだ?(キスの)味見しなかったことを後悔してる?」
なーんて聞いてくるルーカスの指をガブッとかじるシュアン(笑)

単独で敵を追いかけたシュアンは生き残ったロミオと遭遇してとどめを刺すチャンスだったのに、
弾切れで逃してしまい・・・それをルーカスがしとめてくれました。(シュアンチームの優勝ね)
だけどロミオを撃つときに「ルーカスめ!死ね!」って言ってたからそれを咎められるシュアン(笑)
「なぜ僕の名前を呼ぶんだ?」と聞くルーカスにプリプリしてフンッて無視して行っちゃうんだけど、
そんな態度をとるシュアンに「オバサンはやりにくい」ってルーカスがつぶやくからカチン!ときた
シュアンは、「どうせかわいくもおとなしくもないわ!」とますます怒っちゃって。
別にそんなこと思ってないよと言うルーカスは、昨日のキスでシュアンの様子がおかしいのかと思って、
10代の少女でもあるまいし何を気にしてるんだよと余計なことを言って、
「オバさんは軽いノリについていけないの!」とムキになって怒るシュアンでした~

ちなみにシュアンはジアにひどいことしたエディソンを誘い出して捕まえてて、社員全員でジアの報復
を手伝い、ジアはペイント弾をエディソンに撃ちこんで過去と決別を。
「悪役が板につきすぎだ。昨夜言ったことは・・・撤回する。
 もし僕が先輩なら絶対に会いに戻ってくるよ。心の一番温かい部分を彼のために空けてある、そんな
 君の元へ」
ってシュアンにめっちゃいいこと言ってくれるルーカスなのに・・・ジアがルーカスを呼んじゃって。

皆からそんなに離れてないところで話をするジアとルーカス。ジアは自分とルーカスのミサンガを彼に
見せます。恋人にあげたものを持ってるジアに、「なぜ君がこれを?」と驚くルーカス。
ジアはルーカスと元恋人だけが知ってる言葉?を言って・・・ジアは彼女の妹だってわかったの?
感無量で抱きつくジアとそれにこたえるようにギュッとジアを抱きしめるルーカスの姿をなかば呆然と
見てるシュアン。

JJにもシャンユンの妹としてジアを紹介し、ジアはルーカスがねんざで入院してた姉シャンユンの
気を引く為にめっちゃ必死だったエピソードをJJにも披露して笑う三人。だけどジアが、
「姉は恋人のあなたが誰にでも優しくすると気にしてて、かわいそうだったわ」と口にして、それで
ルーカスは彼女が亡くなったことを思い出して「申し訳ないと思ってる」と言い残して席を外します。
JJはジアにあまりあいつを責めるなと言い、彼女が逝ってから毎日この店で酔いつぶれて結局大学も
中退したし、脳外科医の権威でもあるオヤジさんとケンカして家を飛び出して、罪を償うかのように
寝る間も惜しんで働いていたと聞かされます。(恋人亡くしてから、そんな人生送ってたのね)

シャンユンが生きてたころもやっぱり誰にでも優しかったルーカスは他の女の子にも優しくサーフィン
を教えてたらしく、それに怒ったシャンユンが溺れたフリしたことがあったみたい。
で、海は危険なんだからとお守りのミサンガを彼女にプレゼントして、お互いを守るためにと赤いほう
をルーカスが、青いほうをシャンユンが持ってたのに・・・ルーカスと一緒にサーフィンしてて、海で
亡くなっちゃったんだよね。

今のところルーカスからは妹みたいな扱いを受けるジアだけど、運命の人が現れるまで守ってやるから
頼っていいよと言われて有頂天。なのにJJからは「あいつを好きになるな」と忠告されます。
「今のあいつに恋愛を期待するな」と言われて、過去を引きずるのはよくないわというジアだけど、
誰かとつきあうにしても君とはありえない、妹とわかった時点で候補から外れたというJJ。
(よっしゃ、いいぞ~JJ・・・ま、シュアンとも「あり得ない」って言うだろうけどね)

なのにJJはルーカスに最近恋愛運が絶好調だなとシュアンとジアの話を持ち出しますが、冗談はよせ
とちょっと怒るルーカス。さすがに恋人の妹には手をだせないし、シャンユンを毎日思い出すからと
JJはジア案を引っ込め、「じゃあシュアンは?」と提案するJJ。
実は居酒屋で目を閉じた彼女を見たとき一瞬だけ可愛く感じたというJJに、「彼女はかわいいよ」と
ルーカスも言い、穴で過ごしたことを思い出してほほ笑むし。
(この瞬間あんたを幸せな気分にさせてくれてるのはシュアンだけだって気づかないかなぁ)
「シュアンねえさんに幸せが訪れて欲しいな」とJJが口にすれば、「そうだな」ってルーカスも
答えてるってことは・・・二人とも自分が幸せにするってことは想定してないんだよね(おいおい)
居酒屋ってクリスマスの出来事よね?で、今は新年のカウントダウンってことは時間軸がそんなに
経ってないってことだよね?いろんなことがあったのに、過ぎた月日はたった1週間ってこと?!

シュアンは新年のお祝いムードの街中を一人でブラブラ。そこへルーカスからのメールが。
『魔女さん、一人で何してる?
 新年おめでとう、新年のお祝いメールだ。今年こそ売れ残りませんように』
何よ、一人ってお見通しなのねと文句言うシュアンだけどやっぱ嬉しかったみたいで笑顔がこぼれてる。
『軽いノリの若者へ、新年おめでとう、
 お祝いメールを返すわ、いい年でありますように。追伸:その作り笑いには本当にうんざりよ』
シュアンからの返信メールで自分が作り笑顔してることを見抜かれてたと気づくルーカス。
JJはそれを知ってて痛々しいと思ってるけど、他の人は知らなかったよね?彼を本当に思う人しか
そのことを見抜けないってことだよね~

新年早々寂しい思いにとらわれたシュアンは結婚しちゃったキャシーのせいだと親友のもとへ。
洞穴でキスしたことを話すけど年下には興味はないとうそぶくシュアンさん。
恋愛から遠ざかってたから優しくされてつい道をそれたんだってさ~
だってもうすぐ33になるんだもん、5年後は彼が28か29だけど私は38というシュアンに、
さすがにそりゃヤバイわとキャシーも同意(笑)
そんな年下にかまけてるほど時間の余裕はない、人生計画は先輩にフラれていっぱい狂っちゃったと
いうシュアン。

キャシーから3年に一度開催される登山同好会の会があると聞いて「私は行かない」というシュアン
だけど・・・前の会のときに酔っ払って先輩にフラれたネタで暴れまくり、3年後の会には先輩以上の
男を連れてくると皆に豪語しちゃってたらしく、その画像をキャシーに見せられてあちゃーなシュアン。
一週間後の会までにどうやって相手を捜すのよ!とキャシーに怒るんんだけど彼女はルーカスを推薦。

で、プールで撮影してるカメラマンの男はシュアンの言ってた先輩ってことかな?
ヒザを痛めてるのかちょっと辛そうな顔してました。
さてさて次回から彼がどうからんでくるのかな~ 楽しみ♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する