幻の王女チャミョンゴ 37~38話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「幻の王女チャミョンゴ 37~38話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第37回
もう一度プックが自分を呼んでくれる日を待っていたとテンション上がってるホドンなのに、プックに
「タカを呼んだのです」と宮殿の上空を旋回していたというタカの手紙を見せられて狼狽を隠そうと
するホドン。
『自鳴鼓(チャミョンゴ)を壊せ』と書いてある手紙を読み、ホドンは父は自鳴鼓を見たあとで病気を
患ったからと変な言い訳をするけどごまかすのは当然無理。
楽浪のみんなを欺くなんて・・・と陛下に報告に行こうとするプックをとめ、剣を彼女に刺しだして
「二度も自分を殺そうとしたお前だから、人の手を借りずお前が手を下せ、プックの手で」
と言い、プックも「あなたと私、こうなる運命だったのね」と剣を抜いてホドンの首に剣先を当てて。

そのころラヒは寝室を抜け出したホドンを捜してて、庭のほとりで叔父ホルと会います。
寝室にいるはずの花嫁が何でこんな所に?と聞かれて、「寝室にいるべき夫を捜しにきたの」と言って
その場を去ろうとしたんだけど・・・剣を手にもってる姪を呼び止めるホル。
その剣は夫を斬るためか?それとも巫女様を?と聞かれたラヒは、初夜の夫を呼び出す卑しい女を斬る
ためよと物騒なことを言い出すので、ラヒを止めようとするホル。
で、ホルもそのときにラヒがとっくにプックが妹チャミョンだということを知ってたんだとわかります。
妹を殺してでも愛を独り占めしようとするラヒに、見つめるだけの愛は存在しませんか?とラヒに問い
かけるホルに、ラヒは叔父がチャミョンを愛していることを知ります。
巫女様はホドンよりも楽浪を選んでいます、彼を思う気持ちは大きいけれど楽浪を選ぶのが自分の運命
だと諦めたのだから自分たちよりも気の毒な境遇の彼女に免じて戻ってくださいというホル。

ホドンはチャミョンに、なぜ楽浪がそんなに大切になったんだ?どうして太女はお前を嫌うのだ?と
どうしてもプックの心変わりが理解できなくて苦しんだから教えろというホドンに・・・剣を降ろした
チャミョンは「私の姉だから・・・私は元后様の娘チャミョンだから、私の父は楽浪の王だから」
と自分の出自をついに明かすんだけど、笑い出すホドン。
「お前がチェ・リの娘?・・・お前が妻の妹だと?・・・そんなことあり得ない!」
と彼女の告白にものすごく衝撃受けてて。
楽浪を手に入れたいのは王になるだけではなく、お前を妻にしたいからだと言うホドンに、あなたの妻
はラヒであって私ではないわというチャミョンに「プック」と呼びかけるホドン。
「プックはいない、私は楽浪国のチャミョンです」というプックに、じゃあチャミョンと言い直して、
「お前が楽浪の姫でラヒの妹ならば、尚更討たねばならぬ。そうしない限りお前を手に入れられない」
と去っていくホドンに、泣いてしまうプック。
ホドンにとっては楽浪の国よりもラヒよりもプックが欲しいわけで・・・
だけどその気持ちを到底受け入れることが出来ないプックは泣くしかないよね。

チャミョンは結局証拠となる手紙を燃やしてしまいました。
でもこの手紙を燃やしたあとで、夢に出てくるホドン&高句麗の軍と対峙する自分との距離感が段々
縮まっていくってことは・・・これが運命の岐路だったのかも?
楽浪を選んだチャミョンだけど、愛する男の死を覚悟してたチャミョンだけど、自分でその最後の機会
をつぶしてしまい、楽浪の運命は大きく変わっていったのかも・・・。
ラヒと一緒で国より男を選んじゃったのね、プック。

ラヒは叔父の気持ちをくんでこれが最後だからとチャミョンを許して寝室に戻り、ホドンが後で戻って
きたときには寝たフリを。でもラヒがいるベッドには入らずに考えこんでる夫を見つめるラヒ。
ホルも辛い気持ちで酒を飲んでるんだけどモ・ヤンヘが何も言わずにお酒を一緒につきあってくれて、
無理に笑おうとするんだけど痛々しいって感じで見つめるモ・ヤンヘさん。

ホドンは楽浪を討つために一度は高句麗へ戻る必要があるので、自分とラヒを高句麗に呼ぶ口実を
作って欲しいとチョルサン経由で父に頼むつもり。

ラヒは結局夜中にホドンが抜け出してチャミョンと会ってたことに言及してしまい、ホドンにうまく
なだめられて・・・もう私の自尊心を傷つけないでとすがっちゃうラヒ。
この後二人は王や后たちにも挨拶にいきますが、チャミョンがその席で自鳴鼓の警護を増やすようにと
言い出します。理由を話さないチャミョンにホルが助け舟を出して、高句麗の王が自鳴鼓を見ました
から狙っていても当然ですと進言します。
で、陛下とホルと自分以外は鼓がある宮に入れないことにして他の者が入れば謀反の罪で斬ることに。

ホドンはチョルサンを高句麗に侵入させてムヒュルに自分とラヒを高句麗に呼んで欲しいという伝言を
伝えますが、王の動きに不穏なものを感じたメソルス。
で、ムヒュルは病で床に就いたフリを数ヶ月も続けて・・・楽浪ではこのまま息を引き取られると民衆
から父子が仲たがいしたまま逝かせたといわれないかという話題も出ちゃってて、とりあえずは見舞い
の品を送ることにしたチェ・リ。

ムヒュルの仮病はウル・ドゥジ以外は知らないみたいで、メソルス父のソン・オクはヘエウを太子に
してから死んでもらわないと困ると大っぴらに言い出す始末。
で、ムヒュルは死ぬ前にホドンに一目会いたいと手紙を書いて・・・ホドンとラヒはムヒュルに会いに
行くことを許可されます。

出発の挨拶をするホドンに心の中で『この優しい人たちを殺めないで』とお願いするチャミョンだけど、
『人には優先順位があるものだ、私にとって大切なのはお前と父上だ、それ以上を私に求めるな』と
ホドンも心の中でつぶやいて・・・この距離は埋まることはないみたい。

高句麗へと赴いた二人だけど、挨拶したラヒは病床にいるはずのムヒュルが平気で立ってるのを見て、
あれ?と思うし、ホドンの扱いが勘当した息子に対するものでないことにも驚きます。

メソルスは自分が王に騙されていたことを怒り、そのことについて王に言及しようとします。
自分の実家の勢力だってホドンが戻ってきたら王に刃を向けるだろうとウル・ドゥジに怒るんだけど、
『自分の実家か、ヘエウが大事か?』とムヒュルからの伝言を伝えられて・・・
いまいましいけど身動きがとれないメソルス。

「自分は楽浪を討伐する、ホドンが指揮を執る。ホドンを生かし、お前も生きたいなら自鳴鼓を裂け」
というムヒュルの言葉に思わず夫ホドンを見るラヒだけど・・・何もいわないホドン。
よくも自分を騙したわね!と怒るラヒに、
「太女なら情勢を読めと楽浪を滅ぼすためではなく生かすための道だ」とホドン。
高句麗は残忍な国だからここまで大国になった、服属した国の民は奴隷にならずに済んだし、王族は
この国の貴族となって元の国の土地で民と共に暮らせる。
だが高句麗に抵抗した国はすべて滅亡した。王は命を落とし、民は奴隷になるといわれて・・・
自分は優しくしてくれた義父母を助けたいから言ってるんだと。

一国の太女として抵抗するラヒだったけど、ムヒュルは高句麗の全国民に剣を持たせて共倒れになる
まで征服を諦めないといい、ホドンは全面戦争になれば戦闘慣れしている高句麗が楽浪を壊滅させる
だろうと言うし・・・
「私にどうしろと?!どうすればいいのよ!」と泣き崩れて叫ぶラヒを抱きしめるホドン。
高句麗の妃になってくれとラヒにいい、義父母も楽浪の民も保障すると約束すると。

ついに諦めちゃったラヒは・・・
「自鳴鼓は私が裂いてあげる。喜ばないで、あなたのためじゃなく私のために裂くのよ」
とホドンが死ぬのを見たくないから自分がそうするのだというラヒの涙をぬぐい、キスをするホドン。
ラヒだけが先に楽浪に戻り、ホドンは理由つけて高句麗に残ったのかな?

ソン・オクはヘエウを太子にするってエサでムヒュルに釣らて、自分の兵を7万も引き連れてくるけど、
総指揮を執るのがムヒュルじゃなくてホドンだと知って驚きます。(ウ・ナルも驚くけどね)
楽浪を手に入れるためにホドンが潜入してたことを説明したムヒュルだけど、騙されたことを怒った
ソン・オクは自分の兵を撤収させると言い出して。
指揮官の許可もなく持ち場を離れるのは反逆罪だとホドンに言われるけど不敵な笑みを浮かべて退出
していくソン・オク。ホドンはチョルサン?に目配せをして・・・反逆罪で斬ってしまいました。
で、高句麗はムヒュルの掛け声を合図に進軍を開始し、ホドンはラヒに自鳴鼓を壊したらその破片を
タカに渡すようにとラヒに指示を。

そして・・・赤い服に身を包んだラヒは物語の冒頭シーンにあったように自鳴鼓がある宮に入り、
チャミョンと対峙して戦闘に・・・
--------
第38回
国境近くでラヒの知らせを待つホドンだけど、大将の一人から自鳴鼓がある楽浪をなぜ急に攻略できる
と進軍してきたのかと聞かれて、高句麗の偉大な王が夢に出て天啓を与えてくださったからだと答える
ホドンに、それだけの理由で?といぶかしんでて・・・自鳴鼓があるのに勝てるのかと不安なんだよね。

自鳴鼓を裂けば両親は救われ、楽浪の民は奴隷にならずに済むというラヒ。
だけどチャミョンは高句麗の王が楽浪を兄弟国にするはずがないと答えます。
(だって征服まで10年以上を費やされたんだもん。その代償を払わされるよねきっと)
「王は信じないが、夫の約束は信じる」とそれでも言うラヒに、
「あなたは愛されてない。愛する人にこんなことさせると思う」と痛いところを突くチャミョン。
自分は愛されてるとでも?と聞くラヒに、王子が愛してるのは高句麗と王であって、私への思いや
あなたへの罪悪感なんかちっぽけなものよと、自分もさほど愛されてないとうそぶくプック。

楽浪国と民、そして両親とホドンを比べればホドンはとんでもなく軽い・・・だけど私はホドンを選ぶ
と正直な気持ちを打ち明けたラヒ。
チャミョンはラヒとの剣の小競り合いに勝って、この自鳴鼓はニセモノで、いくらでも作り直せると
秘密をバラします。自分や陛下や大将軍こそが自鳴鼓だと聞いてちょっと驚くラヒだけど・・・
ニセモノと聞いてラヒが諦めたと思ったチャミョンは、高句麗が大軍を率いてやってくることを陛下に
報告するために行こうとしてラヒが隠し盛ってた毒のついた短剣で負傷。

約束の時間になっても自鳴鼓を裂いたと知らせがないので、焦れたムヒュルは作戦が失敗したのだと
怒っちゃって、この件の責任をホドンの死で購おうと息子に剣を向けます。
だけど知らせは必ず来ると信じてるホドンは父の剣を必死で受けて、防戦するしかなくて。
そんなことしてる間にさっきホドンに問い掛けた大将が兵を率いて逃げたと知らせが入ります。

毒でフラつきながらもラヒを追いつめたチャミョンなのに・・・
「ホドンを死なせたい?ホドンが死んでも平気なの?」とラヒに聞かれて剣が鈍り、隙をついてラヒが
反撃して・・・倒れたチャミョンを横目に、ついにラヒは自鳴鼓を裂いてしまいました。
(中に入ってたのは鳥じゃなくてコウモリでした~)

逃げた大将の軍を連れ戻してモメてるところにタカが自鳴鼓の皮を持って帰ってきたので、ホドンは
高句麗の兵を楽浪へと進軍させて・・・
そのころイルプムが瀕死のチャミョンを見つけ、チャスン夫婦と必死に毒を体から抜く治療をしてて。

チェ・リたちは自鳴鼓が裂かれたと知らせを受け、ものすごく驚いて。
誰も近づけないはずの場所に誰が侵入したのだと大騒ぎになるけど、ト・スギが高句麗の兵が国境を
越えて進軍してきたというので急いで迎え撃つ準備をしなくちゃいけなくて。
モ・ハソやジャシルは何となく誰がやったのか予想はついてるけど口に出すのが怖いんだよね。
そこへイルプムが行方不明のチャミョンの知らせを持ってきます。チャミョンが毒に侵されたと聞いて
気が気じゃないモ・ハソだけど・・・やっぱりラヒの仕業だと報告を受けてショックは重なります。

ジャシルはラヒのところへいって「お前が自鳴鼓を?」と聞くと素直にハイと答えたラヒをぶつ母。
「チャミョンを殺したの?」という問いにもハイと答えた娘をまたぶって・・・
オンマの言うとおり殺したいほど憎めないと死ぬほど人を愛せなかったと、ホドンのために自鳴鼓を
裂いたという娘に、「男のために国を売る王女がいるとは思わなかったし、それが私の娘だとは!」
と叫ぶ母。
嫉妬に目がくらんで国の役に立つ妹まで嫉妬のために殺したの!?と叱っているところへモ・ハソが
来たので、取り乱した自分を落ち着かせて冷静に振舞うジャシル。
「すべて私がやりました。私が自鳴鼓を裂き、チャミョンを・・・殺しました」とすべてを打ち明けた
ラヒを、ジャシルはホドンが悪いんですとかばいます。(やっぱ娘はかわいいよね)
自分の娘が楽浪を滅ぼす予言の娘だったのですと謝るジャシルに、簡単に滅びると口にしないで!と
モ・ハソは怒り、ラヒに鎧を着て陛下のそばにいるようにといいます。

殺したいほど憎んでたけど本当に殺すことになるとは・・・とさすがに妹を殺したことに罪を感じてる
ラヒに、なんでここまで壊れてしまったの?!とやりきれないモ・ハソ。
楽浪が勝てば陛下に殺されるし、楽浪が負ければ憤怒した民衆に石を投げつけられて殺されるだろう
から密かに逃げなさいと娘を助けようとする二人の母だけど・・・そんなことできないよね、ラヒ?

ホルはホドンから指示されたラヒの計略で、高句麗が侵入したときに遠くにいて迎撃に参加出来なくて、
高句麗の兵を率いたホドンがどんどん関門を突破して進軍してきます。
引き返してきたホルが陛下を救おうと敵が大勢いるところを強行突破すると言い出して・・・なぜか
帰ってきてたト・スギがホルを殴って気絶させます。
もう一人の部下が慌てるんだけど、スギはホルを楽浪の最後の希望として生き残らせたかったんだね。
ホルには報告してなかったというか出来なかったことがあって・・・それはもう楽浪の最後の関門も
高句麗に落とされてるっていう事実で・・・それを後から聞いたもう一人の部下は「陛下~」と声を
あげて嘆くけど、どうすることも出来ず。

包囲された宮殿で・・・ジャシルは国を滅ぼす運命だった娘を産んだことを詫びます。
ラヒは王印と身分証だけ渡せば助けてくれるといった言葉を信じた娘をに苦い思いで見るするだけ。
で、モ・ハソが自害用の剣を持ってくるけどそんなたやすい道は選ばぬと断り、モ・ヤンヘには退出
してホルに自害しないように伝え、楽浪の希望になって欲しいと王命を出します。
ラヒを太女の座から下ろすと宣言して、民がお前を裁くなら謹んで受け入れろ、だができるならホドン
の妻として生き、楽浪の民が奴隷になるのを防ぐために大将軍を手伝えと王命を出し、それに従うと
返事するラヒ。

ついに楽浪はムヒュルのものとなり、さっそくチェ・リを殺して楽浪の民を奴隷扱いしようとする父に
さすがに抗議するホドンだけど、楽浪から将来反逆の芽が出ることなんてたやすく予想がつくからこう
するのだと、お前はまだまだ甘いというムヒュル。
しかもホドンが楽浪側の誰とも会えないようにとウ・ナルに命令し、冷徹さでは徹底してるムヒュル。

メソルスは父の遺体の前で必ずホドンを殺すと誓ってました。(出番がやたらと減ったメソルス)

ホドンはテ・チュにプックを捜させたけど生死も行方もわからずじまい。

死に装束を身につけたチェ・リは奥方たちに、急ぐことはないからあとでゆっくり来いと言います。
大罪を犯したと詫びるジャシルの手を握り、「お前と出会えて幸せだった」とモ・ハソを抱きしめて。
ラヒは死に行く父の元へといくけど・・・娘の将来のこともあるからか、「手を離せ」と冷たい対応。
(ま、国を滅ぼした太女には、かける言葉もないんだろうけどね)

で、ムヒュルの前に引き出されたチェ・リに屈辱的な礼をさせたムヒュルだけど、耐えかねたラヒが
「お義父さま、嫁としてお願いします」と許しを求めますが、簡単に国を裏切った姫を嫁として認めて
くれるはずもなく・・・王女として見苦しいからやめなさいというチェ・リのいうことを聞かずに、
王子は自分と約束をしてくれた・・・自鳴鼓さえ裂けば楽浪を兄弟国にしてくれると。
なのに視線をそらしちゃう卑怯なホドンだよ~ 「助けて」と懇願するラヒに声をかけることもせず、
ムヒュルからは二度とその顔を私と息子に見せるなと、自国の民を捨てて父親まで売り飛ばす性悪女を
つまみ出せと言いたい放題だし。もともとこの作戦を練ったのはホドンだけど、その女を頼りに作戦を
展開してたくせに~ きぃーッとなるよね、さすがに。

ホルはそのころ自分の屋敷で陛下を思う悲しみのあまり血を吐いたりしちゃって(驚)
モ・ヤンヘは悲しみのあまりの吐血だから気にするなっていうけど、吐血って尋常じゃないよ(笑)

プックはそのころやっと意識を取り戻して馬を走らせて宮殿へ急ぐけど・・・

チェ・リはホドンに斬首してもらうことを選んで、嘘の亡命をしたときにホドンにあげた剣で自分を
斬るようにといい「チャミョン」とつぶやいて・・・亡くなったのかな?


このドラマも残すところあと1話となりました。
予定50話を視聴率不振のため39話に短縮となり、残り4話で11話分を詰め込むことになった
らしいのですが・・・ま、確かに展開は速かったですね(笑)
ただ物語の前半がものすごーくダラダラしててイライラしたから、ちょっとぐらい速いのは許します。
楽浪で四人がそろってからの展開は面白かったです。
ホルの一途さに比べて、ホドンの卑怯さが目立つ展開ではありましたが(笑)
私の中では、ラヒもあんまり悪い印象ではないんですよね、愛した男が悪かったってぐらいで。

今韓国では善徳女王が予定回数を延ばして放送しているらしいけど展開がユルくなってるそうで、
視聴率が下がってるらしいですね。(とはいっても35%前後ですが)
出演者が長期に渡る撮影疲れやインフルエンザなどでダウンし、脚本を変更しざるおえない状況が
続いてるみたいですが・・・視聴率がいいからってムリに延ばさなくてもねぇ。
このままじゃ後半はダラけて最終回にやっとちょっとだけ視聴率が上がる展開になるんじゃ?
そうなると何か尻すぼみな話だったなぁとマイナスイメージが残る可能性大ですよね。

韓国のドラマって視聴率がいいと放送回数を増やして延長することが多いんですが、早い段階で放送の
回数延長を決定するんじゃなくて中盤に差し掛かったところとか、終盤で決定してません?
なので、いきなりダラダラした展開になって「はぁ?」って思うことが多かったり、そこまですごく
面白く観てたのにつまんないと思ったりしてテンション下がるんですよね。
頼むからまんべんなくエピソードをちりばめて退屈しない展開で放送回数を延ばして欲しいっす。
急に展開を延ばしてくれと頼まれる脚本家さんも死ぬ思いでやってるんだろうけど、中盤から終盤に
かけてダラダラした展開が惜しいと思われるんじゃ延ばした意味ないし。

ちなみに「幻の王女チャミョン」は、逆に放送回数がもっと少なくても楽しめたのでは?と思って
それが残念です。(あ、これなんか最終回みたいなコメントだなぁ)
もうちょっと回数を減らして内容を凝縮させてくれたらけっこう面白いかもだったのに、残念。

何はともあれ、来週の最終回を楽しみにして週末は過ごしま~す。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する