妻の誘惑 第89~92回 あらすじと感想(ネタバレあり)

ここでは、「妻の誘惑 第89~92回 あらすじと感想(ネタバレあり)」 に関する記事を紹介しています。
あーもう!
最近ちっとも面白くないこのドラマ・・・ほとんどノルマ状態でみてるのに、レビューはダラダラと
書いてるから記事にするのに時間がかかってめっちゃ憂鬱。
このまま盛り上がらずに終わるならいっそのこと早く終わって欲しい(頼むわ~)

第89回
ニセソヒの母親が誰か知りたいなら追加料金ちょうだいとイさんが言い出して、姑にお金持ってる
でしょ?とずうずうしく聞くエリに呆れる姑。
実の親が誰だってもういいわよとお金払うぐらいなら聞かないと諦めた姑なのに、エリはお金は必ず
用意するとイさんに約束を。(エリと取引したらあとで痛い目にあうよぉ、イヒヒ)

で、エリは姑にウンジェが生きてて、ニセソヒとして家に入ってると教えてあげます。
あれ?じゃあもうイさんの情報はいらないんじゃないの?証拠として必要なだけなのかな?
ギョビンや家族に生き地獄を味あわせるために家に入りこんだから危害が及ぶ前に追い出すべきだと
いうエリにやっぱイさんにお金を払ってでも正体を知るべきよね?と頼っちゃって。

ギョビンは書類を持ち出したことをごまかすけど父が必死で捜してるから書類を返して欲しいと懇願
するんだけど・・・ミン女史はたとえチョン・ハジョが警察にいってもあの土地を返すつもりはない
とウンジェに言うので、ギョビンにはとりあえず時間を稼ごうと連絡を。

エリに言われてソヒ=ウンジェだと確認するために桃が入ったドリンクで確かめようとする義母だけ
どギョビンが邪魔して失敗を。それでウンジェは義母が自分をウンジェだと疑ってると知ります。
(ウンジェは桃食べると全身にじんましんが出るから確かめろってエリに指示されてるんだよね)

結局イさんと取引して手に入れたのは安っぽい腕時計。だけどそれはウンジェが母親にプレゼントし
て母親が大事にしてたものだとエリは知ってたからこれが証拠になると真っ向から対決するつもり。
ウンジェ母は電話で時計をなくしたことを娘に電話してました。
イさんはあのあとウンジェのところに行って時計を武器にウンジェとも取引するつもりみたい。
(欲の皮が突っ張ったアジュンマだけど・・・痛い目にあわないかしらねぇ)

ハヌルの見合い相手はろくでもない男で家が金持ちだからって狙ってただけなんだけど、ガンジェが
助けてくれます。この二人はこれでゴールインかな?

エリはウンジェ両親の家に行って時計をチラつかせてソヒはウンジェなんでしょ?ってえらそうに
言うんだけど、時計はタンスに入ってると言い張るウンジェ母。
でもそんなのウソよ!って言い張るから、ウンジェ母がエリに自分の時計を見せてあげて・・・
目の前に自分の持ってるのと同じ時計があるからウソやん!って顔のエリさん。
それもそのはずウンジェは母とペアで時計買ってたんだね。で、イさんが来たし、母が時計をなく
したって聞いてたから母に電話して、もしエリが来たら自分の時計を見せるようにと指示してました。
エリはそれに引っかかったってわけで(笑)
でもそれに怯まずエリは両親の写真を持ち出して、これでイさんに確認させようと写真を持ち逃げ!
それを持ってイさんに会ったエリだけど、金を先に要求されて自分のつけてた貴金属を渡したのに、
写真とは別人だと言われてカッとなっちゃって。
実はイさんは両親から連絡うけたウンジェが先回りして取引してて・・・両方から金せしめたわけね。

ミン女史はニセの権利証を作って、それを義父に返すようにとウンジェに言います。
名義は自分に替えちゃって喜ぶミン女史だけど・・・法に触れるよね?ダメじゃないの?

義母はスビンにも桃を使ってソヒがウンジェなのか確かめると食事を用意するんだけど・・・平気な
顔して桃が入った料理を食べるソヒにアレ?って顔の義母とスビン。
しかもニノにアレルギーが出ちゃって大変だし(笑)
ウンジェは自分が疑われてるってわかってたから抗アレルギーの薬を前もって飲んでて症状が出て
なかったみたい。とばっちりで酷い目にあった気の毒なニノ君。

うまく切り抜けたウンジェだけどエリが実家に電話してギョビンの妻が交通事故で瀕死の重傷だと
ウソをつき、ギョビン経由でウンジェにも同じようにウソ情報を流したので慌てた両親とウンジェが
病院で出会って無事を確かめたところで・・・エリが登場!
--------------
第90回
よくも騙してたわね!とウンジェにつかみかかるエリだけど、自殺にみせかけて俺たちを苦しめた
お前を俺たちが許せないとウンジェ家族が怒ります。
正体を知った以上は自分のほうが優位なんだからあの日海で死ななかったことを後悔させてやると
言い残して立ち去るエリ。

正体がバレたんだから実家に帰ろうという両親にやることがあるからとギョビンの家に帰るウンジェ。
エリはギョビンを呼び出して、ソヒがウンジェだと言ってあげるのに信じてもらえず。
でも家に帰ったギョビンはソヒに、泳げないと知りながら自分だけ逃げたわね!となじられて呆然。
すぐ我に返ってウンジェに殺される!と家から飛び出して・・・結局助けを求めたのはエリで(笑)
冷静に考えたら子持ちのあなたに近づくなんておかしかったのよとギョビンをこきおろし、ウンジェ
が死ななかったのはあなたに運がないからよとさんざんな言われようだけど事実だもんね。

で、江南の土地まで盗られた!と騒ぐギョビンを、嫁の座奪回のチャンス!と思ったエリはあたしが
何とかしてあげると甘い言葉を言うんだけど、ギョビンはお前の行いが悪かったから離婚して再婚
するハメになったんだ!と逆ギレで責任転嫁(笑)

ウンジェはハヌルの大好物をたくさんつくってあげて幽霊なんかじゃなくて本物のウンジェだと証明
してあげて・・・5回泊まったら帰るって言ったのにと抱きついて泣くハヌルに心の中で詫びます。
で、スビンにも自分の正体を明かして、これから家でいろんなことが起きるけどそれはあなたの兄の
せいだからあなたに恨みはないのよと言ってさっさと別れの挨拶を。
結局はスビンも隠したからサラリとした別れになっちゃったのかな?

で、義母に今までの恨みつらみをさんざん言って(最初の子供が流産したこととかね)、義父にも
叔母の土地のことで自分を疑ったことを糾弾し、残念だけどあなたの財産は何ひとつ残らないはずと
言い捨てて腰が抜けてる義父と義母を置いて家をでるウンジェ。

ゴヌはオンマからウンジェが家を出たと聞いて喜ぶけど、(復讐が終わって)これからどうするの?
って明るく尋ねるゴヌに、「私がチョンジ建設をいただくわ」って言い出したからビックリ!
-------------------
第91回
そんなに会長に恨みがあるのかとオンマにドン引きするゴヌ(笑)

義父は江南の土地の権利書が戻ってきてることに不審を抱いて確認を。あと仁川の工事の状況も確認
するようにと秘書に指示を。
そこへギョビンがオドオドしながらやってきて・・・ソヒだったウンジェに財産を渡したのかと糾弾。
秘書は自宅と奥様名義の財産が刺し押さえになったうえに、江南の土地が名義移転になってると報告。
ギョビンは自分が何とかするからと慌てて部屋を逃げ出して、義父は名義がミン女史になってるって
聞いて具合悪くなっちゃって・・・

エリは早速家に入ってニノと喜びの再会。で、姑が家と土地をウンジェにとられる~とアワアワして
るから、私が取り戻してみせますわとこのチャンスを逃がすもんか!って勢い。
ギョビンはミン女史に会って家と江南の権利書を返して欲しいと土下座するけど、お父様に江南の
土地は返してもらったわよと伝えてちょうだいとだけ言われちゃって、取り付く島ナシ。
ウンジェにこのとおりだから家も土地も江南の土地も元通りに戻してくれとお願いするけどダメで。

エリは家が仮差押さえになったのでウンジェに会いにいき、全部返せとウンジェに詰め寄るけど、
ギョビンが賭博してそのお金を補填するために仁川の工事の権利書を渡したからと説明して、事態が
けっこう悪い状況だと知ったエリはちょっと言葉がなくて・・・

ミン女史は義父に会いに行くんだけど、あの土地は妹に渡すものだったという義父に呆れちゃって。
(ハヌルはピョルニムなんだけど・・・あくまでも打ち明けない義父が事をややこしくしてるよね)
ウンジェと組んだのはこのためか!って声を荒げる義父に、ウンジェはあくまでもあの家の恨みから
行動してて、自分は黙認してただけよと答えるミン女史。

家が競売にかかったから慌てて会社に来た義母はミン女史をみて髪の毛引っつかんでケンカしようと
するんだけどそれを義父が阻止して・・・誰の味方よ!って怒ります。

ミン女史はサロンはウンジェに任せて、自分はチョンジ建設を経営するからゴヌにも手伝うようにと
お願いを。(経営はシロウトなゴヌなんだけど・・・ウンジェとオンマに言われて頑張るらしい)

義父は家に戻ってエリから仁川の工事がミン女史名義になってると知ってビックリ!
しかもギョビンが賭博でスッてそうなったとエリが説明して、よけいに具合が悪くなった義父。

ハヌルはちょっと前からウンジェ家に勝手に居候してたんだけど、ガンジェは妹の復讐を完成させる
ためにハヌルを家に帰らせちゃった。ハヌル一人ぐらいいいじゃんよぉと言いたくなる展開(笑)

エリはウンジェと戦って家を取り戻すのよ!って言ってるのに、ギョビンは自分とまた結婚したん
だから彼女は自分を愛してると血迷っちゃって(笑)現実逃避もいいとこだよ~

ウンジェに会いにいって後生だから助けてくれとお願いするギョビンに、子供を返してくれたらそう
してあげてもいいわと到底叶えられない要求を突きつけます。
そこへエリが来て、あなたの結婚は始めから破綻してて、それをあたしは拾っただけよとずうずう
しいこと言って、ベラの社長の座を返せとウンジェにつかみかかるけど・・・ギョビンが助けたのは
なんとウンジェ!で
---------
第92回
エリはギョビンに冷静になれといいます。あんたの宿命の女は私なんだからと。
仁川の工事のことで倒産の噂が流れて資金繰りに苦労する義父。

ゴヌは自分のところへきて欲しいとあらためてウンジェにプロポーズ。
このままじゃエリとギョビンの家とのゴタゴタにゴヌを巻き込むことになるからとためらうウンジェ
だけど・・・心はかなりゴヌにグラついてるよね。(ゴヌのどこがいいのかあたしは理解不能)

エリはミン女史はこの家に恨みはないはずだから姑が頼みにいけば何とかなるかもしれないとお願い
して・・・渋々お願いしにいったんだけど、ミン女史からあんたの夫がビョルニムを死なせて、父親
の土地を盗んだんだって聞いて、そっくりそのまま夫に聞いて「何のことかわかる?」と尋ねる義母。
で、いきなり怒りだした義父の反応を見てエリは何かあると睨んでるね。(正解です)
ギョビンはエリがニノを産んだからこんなことになったんだと八つ当たりしてるし(笑)

投資してる人たちが会社に殺到して対応に困ってる義父のところにミン女史が登場して、自分に経営
権を渡してくれたら投資金も会社も社員も守られると提案されて・・・迷う義父。
あとでエリが来てビョルニムがミン社長と舅の子供だったんですねと言い出してビックリしますが、
お義父様はミン女史と戦ってください、私はウンジェと戦いますと協定を結ぶことに。
(やっぱ妻には自分の過去を知られたくない義父でした)
スポンサーサイト