台湾ドラマ 敗犬女王 1~4話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「台湾ドラマ 敗犬女王 1~4話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
これ9月からBS日テレで放送が始まった台湾ドラマなんですが、けっこう面白い!
BS日テレ公式HP

話の内容は32歳のキャリアウーマンと8歳年下のフリーターとのラブストーリーです。
強がりなことばっかり言ってしまうけど実はけっこう優しくて繊細な心の持ち主なヒロインと、
そんな彼女の強がりを理解して、とことん優しくしてくれる年下のオトコとの恋愛モノは私にとって
かなりなツボです(笑)

ちなみに第二回は録画に失敗してネットであらすじ検索しました(泣)

第1回
シュアンは仕事で成功してスタイリッシュな生活も手に入れて社会的には成功してるんだけどオトコが
いないのよね~
半年後には33歳になるっていうのに結婚してないから母親が寺院に祈願するんだけど、狐大仙に
願いを聞き届けてもらうためには背中を叩かれなくちゃいけなくて・・・代理なら300回本人なら
30回と聞いてひるむ母だけど頑張って受けたのかな?
村で一人だけお嫁にいってないから母はシュアンを負け犬だと心配してて。

そのシュアンはクリスマスイブだってのにも、次期首相候補ヨウジョンに愛人と隠し子がいるっていう
スクープを入手するために女子高生に変装してクリスマスパーティに潜入。

ルーカス(25歳)とジェイは何でもできるし、何でもやるっていうバイトの達人みたいな事業をして
るみたい。イケメンのルーカスは依頼先でかなりモテてるけどわりと冷めてる感じかな?

ヨウジョンは愛人と隠し子には大事な時期だからってけっこう冷たい態度だねぇ。
シュアンたちは何とか証拠写真を撮ることに成功するんだけど見つかって追いかけられて逃げまくり、
編集会議に間に合わせるためにタクシーを捕まえようとするんだけど止まってくれず、目に付いた
自転車に乗って行っちゃって・・・実はそれは子どものプレゼント用の自転車で、サンタとしてそれを
渡す役目だったルーカスはサンタの扮装のままシュアンを追いかけるハメに。

編集会議に間に合い、シュアンの記事はトップ扱いになるんだけどシュアンは同僚から全く好かれて
ないみたい(笑)悔しかったらあたしに勝ってみろって態度がまた憎たらしいんだよね多分。
しかも彼氏とクリスマスを・・・っていう後輩に配慮もないからそりゃ嫌われるさ。

ルーカスはシュアンの会社に自転車を取り返しに行くんだけど、一緒にきた子どもたちに謝らないし、
お金で解決しようっていうシュアンと大ゲンカ。
しかもサンタクロースなんかいないわよ!って子ども相手に大人げないことしたシュアンに、ルーカス
は子どもたちが孤児だと説明を・・・さすがにバツが悪いシュアンだけど今さら謝れず(笑)
シュアンにも恋人レスリーがいて婚約してたんだけど、彼は6年前に突然姿を消したらしくて、
それがシュアンの心の傷になってるのかな?

今度会社に入る新人のジアは子どもが泣いてるので自転車をみてあげる天使みたいな子で、手が汚れた
ジアにディッシュを出してかいがいしく拭いてあげるルーカスにちょっとときめいた?ジア。
シュアンが持ってきた記事のせいで残業になった同僚たちから聞くに堪えないような自分の悪口を聞い
てしまったシュアンは街へ出るけどどこもカップルばっかり(笑)
数ヶ月前に結婚した親友にクダをまきにいって煙たがられ、女の友情なんて!とクサクサした気分。
家に帰ればなが~い母からの結婚に関するお説教でウンザリ。
------------
第2回
ルーカスはシュアンのせいでバイト代がもらえなくなり家賃を払えなくなってジェイの高級マンション
に転がりこんだのかな?ジェイは旅館の息子でお金持ちなんだけど実はルーカスの家もそうみたい。
だけどルーカスは実家とは距離をとってるみたいだし、アルバイトも目的があってお金をためてるよう
な口ぶり。
でもジェイの部屋って実はシュアンの隣で、シュアンが夜中に歌ってるのなんか丸聞こえ(笑)
隣の変なオバさんは気にするなっていうジェイでした~

ルーカスは恋人を亡くしたらしくて、彼女が言ってた二度花が咲くっていう植物をずっと育ててるん
だけど、二度目の花は今も咲いてないみたい。

シュアンの記事で雑誌がバカ売れしてお祝いをすることになったんだけど、同僚たちはシュアンに
イタズラしてやろうってことでその仕掛け人としてジェイを雇います。

シュアンは母に連れられて狐大仙にいって縁結び祈願を。そこで偶然アルバイトにきてたルーカスが
あの高慢ちきなシュアンを見つけて仕返しのために電灯を点滅させてイタズラを。
その現象に狐大仙が願いを聞いてくれたとちょっと信じるシュアン。
あとでルーカスは母子の会話聞いたり、母のために黙って背中をベシベシ叩かれてるシュアンを見て
ちょっとだけ彼女を見直したみたい。

その夜別のバイトしてたルーカスのところへジェイを仕掛け人にしてシュアンにひどいイタズラを
仕掛けるつもりだって連絡が入り、急いで駆けつけるルーカス。
-------------
第3回
ルーカスはシュアンが席を外しているときに店に入ってきて、こんなのやめるべきだってジェイに言う
んだけど、ただのイタズラだからとジョに言われても気になって帰ることができずに、店の外で様子を
みてるルーカス。

シュアンはジェイ扮するニセ記者に騙されていい気になって、みんなの前でキスするイベントに誘われ
たのに・・・ジェイは「誰がこんなオバさんなんかとキスするもんか」って言ってシュアンに恥を
かかせ、あまりのことに硬直しちゃうシュアン。

そこへルーカスが入ってきてシュアンにキスをして店の外へ連れ出してくれるんだけど、ルーカスが
あのサンタで、今日も電灯をカチカチさせた奴だとしって怒りまくるシュアン。
面倒見切れないルーカスはシュアンを置いて帰ろうとするけどクリスマスに一人ぼっちはイヤだから
お金でルーカスを買おうとして、呆れたルーカスが立ち去ろうとするんだけど、道ばたで年甲斐もなく
泣いてるシュアンに負けて結局タダで一緒にいてあげることにしたルーカス。

オトコを誘ったのはいいけどどうしよう(汗)と動揺しまくりのシュアンと平然としてるルーカス。
それもそのはずルーカスは別にシュアンとHしようってつもりはなくて、トランプでもして一緒にいて
あげればいいかってぐらいに思ってるだけなんだけど、ここは行っとかないと!と鼻息荒い下着姿の
シュアンに誘惑されて、誘われたんならいただきますよって感じでルーカスはシュアンをベッドへ
連れて行きます。
誘い慣れたフリするシュアンだけどルーカスのシャツをギュウウッと握ってるシュアンに思わず笑み
がこぼれてしまうルーカス。
で、キスしながら服を脱ぐルーカスなんだけど・・・コンドーム出した拍子にIDカードが落ちて、
それを見たシュアンはビックリ!
ルーカスが自分よりも8歳年下だって知ったシュアンはガキなんか相手に出来ないと上半身裸のまんま
のルーカスを部屋から追い出してしまいます。そこでルーカスがお隣さんだと知ったシュアンでした。
ルーカスはそんな理不尽なことされたのに、年のわりにウブな感じだなと悪い印象はないみたい(笑)

ヨウジョンが隠し子報道を全面否定したし、愛人のリン(シュアンの高校の先生)も関係を否定した
ので、会社に抗議の電話が殺到するんだけど社長は動じてなくてシュアンに追加取材を要請。

ルーカスがイタズラの邪魔したので同僚たちはルーカスのサイトに中傷コメントを書き込んで、仕事の
信用を落とそうとしたので、ルーカスはシュアンの会社抗議にやってきます。
そこへシュアン宛ての爆弾が送られて来て、ヨウジョンへの中傷をやめろという警告が・・・
------------
第4回
同僚達は警察に届けるべきだっていうけどシュアンはこれで不倫報道が真実だってわかったじゃないと
前向きな発言にみんな引いてるし(笑)
で、社長はコー・ヨウジョンへの報道を続けるならシュアンが危険だからってそこにいたルーカスに
シュアンの助手兼ボディガードを依頼します。
報酬がたっぷりあると聞いて即座に「やります!」っていうけどシュアンはお断りなんだよね(笑)
まあ結局二人で事件を追っかけることになりました。

ちなみにルーカスって有名大学の医学部を中退してるそうで・・・ケンカ腰でルーカスの履歴書にケチ
つけまくるシュアンだけど、なんせバイトの達人なルーカスだから多岐に渡った彼の才能を知って、
うちにはもったいないから他をあたってとさっさと不採用にするシュアン。
でもシュアンにキスしたから仕事を干されたんだし、責任取ってっていうルーカスに、あんたみたいな
尻軽なガキなんかにあたしの貴重な命を任せられないわっ!って断るシュアン。
でも結局ルーカスの首にキスマークをつけたこと、寂しくて自分を金で買おうとしたことを同僚たちに
バラしちゃうぞと言われて渋々採用することに。
だけど自分は気難しいから二日ももたないわよっ!って豪語するシュアンに、試してみろよとニヤリと
笑って自信ありげなルーカス。(報酬がいいからルーカスも絶対諦めないつもりね~)

同僚たちは予想に反してあのシュアンがルーカスを採用したと聞いてビックリ。コーには隠し子なんて
いないという同僚でいつもシュアンと張り合うロミオが言い出して、いると断言したシュアンは隠し子
がいなかったらバニーガール姿で出社すると宣言!
(ロミオのTバック姿もシュアンのバニー姿も周囲に迷惑だと同僚たちはブーイングでしたが・・・)
ちなみにジアはこの時前に出会った彼がルーカスって名前なのねとハート目線で見てました。
(今のところかな~り存在感が薄く設定してあるジアでした)

ルーカスも簡単にいくもんじゃないぞというんだけど「簡単じゃない仕事なんてないわ」とシュアン。
とりあえず愛人(先生)に真実を語らせようと出かけるシュアンをバイクに乗せて行くルーカス。
シュアンはバイクに乗ったことがなかったらしく怖くてずっと叫んでるし、どこつかんでいいのか
わからないからルーカスのパーカーの裾しか持ってなくて危なっかしいったら。
しかも着いたら強がって全然平気なフリするんだけど、足腰フラフラ状態で(笑)

学生だった時に遊びに行ったことがあるから先生の自宅はすぐにわかったシュアン。それで先生に会う
んだけど、自分を記事にした教え子になんて話すことはないと頑なな態度の先生に、録音はしないから
と前置きして、立場を悪くしたことは謝るけどウソはいけませんというシュアン。
コーは賄賂を受け取ってるし、それを隠すために先月海外に行って口座を作ってる。とても誠実な人
じゃない、彼を愛してる先生にはホントの彼が見えていないというシュアンの話に動揺する先生。
ちなみにシュアンはちゃっかり録音してました(笑)呆れてるルーカス君。

コーは先生にしばらく海外にいってるように指示。子供は睡眠薬で眠らせてるというコーにさすがに
怒った先生はシュアンから聞いた賄賂の話をコーにしてみたら明らかに動揺してて・・・失望する先生。
コーは外で自分たちを見張っているシュアンたちに気づいてそばにあったカレンダーをちぎってメモを
書いて部下に何か指示を・・・

張り込み中のシュアンとルーカスですが、シュアンは自分勝手だと言います。さっきの件でも先生と
子供に対する真心がないから話が聞けなかったんだというルーカス。
図星をさされてシュアンは時給がいいからこの仕事してるだけのくせに!と言ってケンカになり、
ルーカスは辞めたって帰ろうとして・・・思わず引き止めようとするシュアンなのに、ルーカスが振り
むいた途端に「な、何よ?まだ何か用?」って強がっちゃって・・・
それに気づいたルーカスはあの夜一緒にいたのも、仕事に付き合ったのも金のためじゃなく、君と一緒
にいたかったからだと言うんだけど・・・「退職のあいさつ?」って憎まれ口を叩くシュアン。
結局退職は認めないからね!って言ってルーカスを残して自宅に帰っちゃうシュアンなんだけど・・・
何かにつけて素直にいえないシュアンに「(心の表現が)不器用すぎる」と呆れるルーカス。
(でもシュアンの気持ちはルーカスに伝わってるのよねぇ)

シュアンは北極グマの写真の男性にひどくフラれたらしくてそこから立ち直れてないのよね。何かに
つけてクマの写真相手に毒づいてるもんね。

ルーカスは自分のバイクに「パパラッチ、家を爆破してやる」というメモがあるのを見つけて慌てて
シュアンの家に向かいます。
その時の過去の回想でルーカスが浜辺で恋人に救命処置をしてるんだけど手遅れで・・・でもシュアン
はまだ手遅れじゃない!と急いでて・・・その頃シュアンはのんきにお風呂に入ってて、その間にガス
管をナイフで切られて部屋にはガスが充満してる状態に。
ルーカスは部屋に飛び込んでバスタオル姿のシュアンを危ないからと無理矢理部屋の外に連れ出して、
その直後に爆発が!

病院で気づいたシュアンは看護婦さんに助かった人は一人って聞いて、まだ25歳なのに、頭も顔も
よかったし、動きも機敏だった、こんなことならガキ扱いしなきゃよかった、クリスマスの夜だって
追い出さなきゃよかったと泣き出しそうになるシュアン。
「本当に?」って笑いながら病室に入ってきたルーカスに声が出ないシュアン(笑)
ケガしたのはシュアンだけで、ルーカスは無傷だからそういう言い方したみたい(そりゃ誤解するよ)

ニュースの報道で長い独身生活に耐えかねてガス自殺した女性っていう扱いになってるのを見て笑う
ルーカスと怒りまくるシュアン。(書いてたメモが自殺めいた雰囲気だったのでよけい誤解された)
で、いきなり「レスリー」とつぶやいて病室から走り出したシュアンに驚くルーカス。
シュアンは裸足で家まで走って戻っちゃって同僚はビックリだけどシュアンは素通りで部屋に入って
北極グマの写真立てを探し出してちょっと泣いてて・・・シュアンを気遣うルーカス。

さすがに心配する同僚たちの前で明日は出社するし、寝るところだってある!と強がるシュアン。
親友に泊めてと頼むけど断られて、お隣のルーカスのところへ泊めてもらうシュアン。
あの植物ってヒヤシンスだったのね~(オトコのくせにヒヤシンス?とシュアンが言ってました)
手のすり傷の手当てしてくれるルーカスに「痛いわけないでしょ」とまたもや強がりなシュアン。
(ピングーのぬいぐるみ持って泊まりに来てるシュアンなのに~)
痛いのに強がるシュアンに笑みがこぼれるルーカスですが、バカにされたと思って怒るシュアンに、
「痛いときは強がらずにそう言えよ」とルーカスは優しく言ってました~
スポンサーサイト