妻の誘惑 第65~68回 あらすじと感想(ネタバレあり)

ここでは、「妻の誘惑 第65~68回 あらすじと感想(ネタバレあり)」 に関する記事を紹介しています。
第65回
ウンジェはギョビンをポーカーに誘って他の人とグルになって大金をスラせることに成功。
(父親から預かった工事の補償金を使い込んだおバカなギョビン)
だけど突然いなくなったウンジェをゴヌがずっと待ってると知ってギョビンをほったらかして、
とりあえずゴヌのもとへ・・・自分を心配してくれるゴヌにかなり惹かれてるかな?

ギョビンはエリが金塊を盗んだことを知って父には画像が判別できないほどだったとウソをつきます。
エリは姑を味方につけようとお小遣いをあげてお手伝いさんも雇ってあげるつもり。
舅にも自分が働いてるのは夫を支えるためみたいに言うんだけど嫁の後ろ暗いカネなんか要らん!
って突っぱねる舅。

ハヌルがウキウキして例の指輪して出かけようとしてたから義母は今度はガンジェが結婚詐欺でも
するんじゃないかってウンジェ母に電話かけて死んだウンジェのことをバカにするようなこと言う
からさすがに怒ったウンジェ両親が家まで乗り込んできて洗濯モノを台無しに。
このあとやってやられて最後はウンジェ両親がスカーッとして帰って行くんだけど、迎えにきた
ガンジェにハヌルがついていきたがって大泣きしちゃって大変でした。

ゴヌは祖父の命日に母と一緒に出かけるんだけどそこは前に会長と一緒に来た土地で、母の話じゃ
やっぱり会長と母には何かあるんだと確信したゴヌ。
だけど会長に聞くとなると・・・なんかちょっとためらったみたいね。

セファの契約の保証人になったことはすぐに父にバレてすぐにエリと話をつけてなんとかしろと
言われたギョビンだけどそれどころじゃないし(笑)
仁川の工事として任された200億に手をつけたことが父にバレないように違法賭博で取り戻そうと
してウンジェの思惑通りに動いて・・・
---------
第66回
結局ギョビンからお金を巻き上げた人たちは悪い人じゃなくてウンジェが彼にお灸をすえるっていう
ことで協力したみたい。取り上げたお金はすべてウンジェのところへ・・・
ギョビンは大金をスッちゃって呆然。

義母は夫にウンジェ両親の文句を言うけどどうせお前が怒らせるようなこと言ったんだろって相手
にしてません(笑)それにハヌルが数も数えれるようになったり、自分の名前も書けるってビックリ
してました。(そりゃ嬉しいだろうね~ ガンジェのおかげだよ)
義母に金塊ドロボーはガンジェじゃないって言ってた義父ですが・・・エリをギャフンと言わせる
にはまだまだ焦っちゃいけないそうで・・・

舅から保証人を取り消せって言われてエリは自分はお義父以上に野心と才覚があるって生意気な
発言しちゃって「けしからん女め!」って怒鳴りまくる義父。(生意気にもほどがあるよね)

ゴヌはオンマの机の上に会長が持ってた写真と同じものがあることにビックリ。ついにオンマに会長
との関係を聞きます。昔会長は自分の家で苦学生として働いてて父も信頼してたのに、ある日突然
土地の権利書をもって会長がいなくなったと。その衝撃で父が倒れて自分は天涯孤独になったと
いうオンマの告白に驚くゴヌですが、ビョルニムのことは詳しく話してもらえませんでした。

スビンから「これを女性にあげると恋が成就するのよ」ってピアスをもらったゴヌ。
それを早速ウンジェにあげてました。(恋する男は一途だわねぇ)

エリは契約のときに保証人をたてるようにアドバイスしたのがソヒだと気づき、てなづけた姑に
ギョビンの浮気相手がサロンのミン・ソヒだと明かして姑をけしかけます。それにまんまと乗った
姑はソヒのところへ怒鳴りこみ、ミン女史にも失礼なことばっかり言っちゃって大人じゃないわね。

ウンジェは仕返しとばかりに会長のところへ行って、お嫁さんはフランスから化粧品を輸入して
それを詰め替えて売ってるとバラします。それ聞いて具合が悪くなった会長でした(当然だね)

ギョビンはウンジェに助けを求め、ウンジェは待ってましたとばかりに助けの手を差し伸べます。
そのことを電話で聞いたミン女史はチョン・ハジョ(会長)に電話して会う約束を・・・
----------
第67回
母にお金を借りるけど金額が大きいから担保として仁川の土地の名義を母にしてと言われたギョビン
は迷うけど・・・背に腹は変えられず急場をしのげればいいやと承諾。おまけに助けてくれたソヒに
感謝感激してるし(笑)罠にはまったことに気づかないかねホント。

ミン女史はあの果樹園の土地を返してくれって言うんだけどそれには応じない会長に業をにやして
席を立ちます。会長は自分を憎むことで生きる糧になれば・・・って感じなんだけどさ~
詳しい経緯とかなんでそんなことになったのか二人でちゃんと話したほうがいいんじゃない?

会長は今日中に保証人を変更しろとエリに督促してイラつくエリなんだけど・・・ギョビンはソヒ
からエリがニセ化粧品を売ってるから保証人になってるならヤバイわよと言われ、しかもエリからの
借金の返済が金塊でされたと聞いて驚いたギョビン。
サロンの室長に会って事実を確認したギョビンは自分にまでエリの火の粉はかぶれないとエリに離婚
しようと言い出します。
夫がそんなこと言い出したのはソヒの差し金ね!って興奮したエリはウンジェの家にあがりこんで
暴れてモノを壊すし、ゴヌに水をぶっかけて引っかく暴れっぷり。

ウンジェの部屋でギョビンの服がかけてあるのを見て興奮のボルテージが上がるエリだけど、
「男が浮気をしたら妻にも責任がある。女房としての職務怠慢よ」ってどっかで聞いたことがある
セリフを言われてウンジェに喰ってかかるエリを家の外へ引きずりだしたゴヌ。
エリは昔ウンジェに言ったセリフをソヒに言われたわけですね~

ギョビンはエリと絶対離婚するつもりなんだけど、エリはもし離婚するならク家に行ってウンジェを
殺したことをバラすって脅します。今まではこの脅しがめっちゃ効果的だったんだけどギョビンも
お前と離婚できるなら臭いメシ喰ってやるって今回ばかりは引き下がるつもりないみたい。

エリは怒らせたら怖いわよ~ 早速ウンジェの家に行ってウンジェがソクチェで産婦人科に行った
ことをバラし、付き添いのひとがいたことも話します。それでソクチェに出かけるガンジェ。

これでしばらくギョビンもおとなしくしてるだろうとシメシメって顔のエリだけど、ウンジェからの
電話でセファにニセ化粧品を売りつけてることを言い当てられてグッと言葉に詰まり、セファにこの
ことをバラすといわれて、そんなことされたらおしまいだから話し合いましょうって低姿勢なエリ。
で、ウンジェに金塊の出所を聞かれて義父の金塊を盗んだと告白したところで舅、姑、ギョビンが
エリの後ろに立ってて・・・(ウンジェがギョビンに頼んだのね)
---------
第68回
エリは自分がソヒの罠にはまったと怒るんだけど、それ以上に舅と姑の怒りはすごくて・・・
姑なんかウンジェの家に怒鳴り込んだのに嫁が犯人だったから恥ずかしくて腹が立つし、舅はエリが
自分の罪をガンジェにかぶせたと怒り心頭だし、ギョビンはソヒと一緒に店を出ていくし・・・
踏んだり蹴ったりのエリだけど絶対に二人を別れさせてやる!って往来でヒス起こして叫んでるし。

ガンジェはウンジェがあの日ギョビンと一緒に産婦人科にきていた事実を突き止め、中絶させる
つもりでそこに連れていき、海に引きずりこんだんだろうと両親に説明します。娘がそんなふうに
殺されたなんてと泣き崩れて興奮する母だけど、ここは慎重に動かないといけないと冷静になろうと
いうガンジェ。父もなんで今ごろエリがそんなこと言い出したのか彼女の意図がわからなくて少し
困惑してて・・・ともかくウンジェの死の真相を必ず突き止めると誓う家族。

これで晴れてつきあえる~って浮かれたギョビンはウンジェの家の前でキスをしてきて、グッと我慢
してそれに応じるウンジェなんだけどゴヌがちょうどそれを見ちゃってショック~
でも見てないよってしらばっくれるんだけどね。

エリがニセ化粧品を作ってて危うく30億の違約金を払うところだったと家族に説明して離婚したいと
言い出すギョビンに、父親も今回ばかりは離婚に大賛成(笑)
ニノはうちで引き取って暮らそうという話を帰ってきたエリが聞いて、絶対に出ていかないしニノは
絶対渡すもんですか!って怒鳴り散らし、ついでにウンジェの家にいってソクチェの産婦人科に
ギョビンも行ったことを匂わせてきたと言い出したから姑は真っ青。

ゴヌはペアリングを買ってウンジェの指にはめて「結婚してほしい」とプロポーズを。
断らなくちゃいけないはずなのになんか流されてるねぇ~ウンジェ。
ウンジェはギョビンと結婚してあの家に戻って復讐するつもりなんだけどミン女史はそれに反対。
おまけにゴヌもソヒと結婚したいと言い出して、ソヒは家族で妹だからダメと大反対。
気苦労が多いミン女史ですなぁ・・・

エリは夫にも家族にも受け入れてもらえず居場所がなくて、ついにソヒにあってギョビンが前の妻を
殺した人殺しだと打ち明けるけど、それに動じないソヒに今度は土下座して店も家庭もこれ以上手を
出さないで欲しいと懇願します。子供をちゃんとした家庭で育てたいのというエリに、不道徳なこと
してきて子供を口実に助けてくれってどういうことよ?とさっさと立ち去るソヒ。
だけどソヒがエリに引導を渡す前に、セファが独自に調べてニセ化粧品だって事実を突き止めた
みたいで法的な手続きをしてるとエリに電話がかかってきて万事休す!

エリは会長の留守に部屋に入って前に看護婦が送りつけてきた動画の入ったUSBをゲット。
ウンジェの家族はギョビンに電話してもつながらないから業を煮やして家にまで押しかけていき、
それを聞いた会長は急いで家に帰ろうとします。
だけどUSBがないことに気づき、ちょうどエリが入ってきて「お探しのものはこれかしら?」
ってUSBをチラつかせて・・・(またドロボウだよエリちゃんは)

スポンサーサイト