妻の誘惑 第61~64回 あらすじと感想(ネタバレあり)

ここでは、「妻の誘惑 第61~64回 あらすじと感想(ネタバレあり)」 に関する記事を紹介しています。
第61回
ウンジェは寝ちゃってるギョビンに今までの恨みつらみを述べて部屋をでるとそこにはエリが。
やっぱり浮気相手はあんただったのねとつかみかかるエリに、あたしの使い古しの男でよかったら
あげるわよなんてウンジェに言われてムッカーとしてフロントまで追いかけてきて大騒ぎするエリ。
目が覚めたギョビンはエリが部屋にいたからギョッとして「誤解だ~」っていうけどギョビンを
引っぱたいて首を絞めるエリ。(誤解もへったくれもないっつーの)
こんな男と結婚した自分が惨めだったのか姦通で訴えると舅や姑にも言い出して家の中はゴタゴタに。
で、誰も自分の味方をしてくれなくヒス起こしまくるエリ。

ウンジェはミン女史とゴヌにギョビンと結婚すると言い出して二人をビックリさせます。
これ以上自分の家族が苦しめられるのを見たくないっていうのが理由だけど・・・いくら何でも復讐
するのに結婚までしなくてもねぇ・・・ゴヌは案の定ギョビンに全てバラしてウンジェの復讐を阻止
するって言い出すし・・・はぁ、困ったもんだ。
ゴヌはギョビンのところに行ってミン・ソヒに近づくな~って殴るんだけど、ウンジェが追いかけて
きてミン・ゴヌは自分の兄だと聞いてビックリなギョビン。(ドラマの世間は狭いのよ~)

何にも覚えてないっていうギョビンに、あなたに初めて抱かれたのに?あなたが離婚するって言った
のに?私と結婚の約束したのに?ってウンジェから言われて全く覚えてなくて困ったギョビン(笑)

ガンジェはハヌルを送っていったときに使ったタクシーの運転手を探し出して、自分があの日手ぶら
で帰ったことを証明してもらいます。

やけっぱちなエリは姑にギョビンがウンジェを殺したし、舅はその目撃者にお金を払って口封じを
したとバラしちゃって、妊娠中の妻を殺したなんてウソよ!と言いながら夫に電話して息子がした
ことの恐ろしさに震えがとまらない姑(いやぁ名演ですよ~)

エリはミン女史にも会って娘を止めるように言うんだけど、二度も結婚してる無能な男なんかこっち
が娘婿としてゴメンだわってケンカ売るもんだから「絶対姦通罪で訴えてやる!」って言い残して
出ていったエリさん。
ところでエリは、中身だけ詰め替えた化粧品もとうとうお店で販売し始めちゃったみたい。

ウンジェがエリのところへやってきてギョビンの家の金塊が盗まれたみたいだけど・・・あの金塊は
もしかして?って聞かれてもしらばっくれるエリ。
だけどウンジェは用心深くてエリが金塊で支払うって言ってるところをちゃんと録音してて・・・
------------
第62回
ギョビンは愛想が尽きたから離婚したいというけどオヤジがそんなの許すわけないじゃんね~
そんなことより仕事に精を出せって言われて一番規模の大きい仕事を任されてたけど危なっかしいわ。
母親まで会社に来て、エリと別れたら犯罪者として扱われるから絶対離婚するなとクギを刺されて
身動きとれないギョビンはソヒ(ウンジェ)とも距離をとろうとしてて、ウンジェはこれ以上は無理
に押してもダメかってんで、代わりに金塊の話をフリます。
で、門のところに設置してある警備カメラ見てみたら?ってヒントをあげます。
(ウンジェ@ソヒが家に詳しすぎるって疑いもないのよね このギョビン)

姑はギョビンのことでエリに頭が上がらなくなっちゃってカッコ悪すぎだわって文句タラタラ。
ゴヌはスビンと一緒に映画にいった流れで家まで送ったんだけど、食事に招待されてギョビンの家族に
も会うんだけど・・・ギョビンは気にいらない様子(笑)
あとでギョビンから、あれはミン社長の息子で、ミン・ソヒの兄だって教えてもらって何っ?って
顔のエリさん(何か企んでます? ドラマの世間は狭いのよ~)

ウンジェはゴヌにホントの気持ちを聞かせてくれと言われて・・・愛してないといいます。
(自分は人を愛する資格がないって思ってるからね~)

前にウンジェと契約しようとしてたセファ化粧品はエリの化粧品(詰め替えたやつね)を気にいって
契約を持ちかけてきたからニンマリするエリ。
だけどギョビンが監視カメラの件を口にしたもんだから蒼白になったエリは慌てて金槌でカメラを
壊しにかかるけどそれを舅に見られちゃって・・・言い訳するけど苦しすぎるぜエリちゃん。

困ったエリだけどちょうどガンジェのところに行こうとしたハヌルを見つけ、彼女が通帳とか持ち
出してガンジェを助けようとしてるって聞いてそれを利用することにしたのかな?

ウンジェは金塊の件について話すエリの会話を義父に送りつけ、あとで会う約束を。
そのころガンジェにもその会話が送られてきてエリに真相を問い正すけどしらばっくれるエリ。
こりゃ元から根を断ち切るしかないと、人を雇ってウンジェのところへ行かせてスキをみてウンジェの
ケータイを盗み出させることに成功。
で、ケータイを盗まれたウンジェはとりあえず義父に会いにいき・・・
--------------
第63回
義父はミン・ソヒっていう女性と会ってみてウンジェそっくりでかなり動揺。だけど彼女の話から
エリが金塊で彼女に債務を返したと聞いて呆然とする義父。
とりあえず話を聞いて、盗品扱いにするかどうかは待ってもらうことにした義父だけど・・・そんな
ことよりもソヒの正体が気になって、あれは絶対ウンジェだっていうんで急いで秘書に素性を調べて
もらうことに。
(エリはボイスデータを削除してウンジェのケータイを水にチャポンとつけてました)

ハヌルはガンジェに自分の持ってる財産(通帳とかイヤリング)を全部あげるといってきかなくて、
困ったウンジェ両親。(もらった瞬間ドロボーッって言われそうだもんね)
ガンジェはそんなハヌルの純真さに負けてガチャガチャで指輪とイヤリングをプレゼントして、すごく
喜ぶハヌルだけど・・・エリが姑に、ウンジェの家族がハヌルに近づいてよからぬことをしてるのでは
ないかと濡れ衣を着せようとしてて・・・ヤバイよぉ

スビンはゴヌと話をして好きな人がいるってわかって単純に羨ましそうにしてました。
で、花束を持ってるスビンにこれは?って聞くゴヌに、亡くなった義姉に会いに行くって聞いて思わず
自分も一緒に行くといっちゃったゴヌ。(変に思われないかな?)
スビンは教会でウンジェに、あわす顔がなくてなかなか来れなかったことを詫びて、天国で自分たち
家族を恨んで憎んでねと泣きながら告白するスビンをじっと見守るゴヌ。
(スビンはね~ホントにいい子だよ・・・なのにスビンだけウンジェ@ソヒに会ってないんだよね)

義父はミン・ソヒがサロン・ミンの娘で(この段階ではミン女史だって知らないのよね)何とギョビン
とは内縁関係にあると報告を聞いて絶対なにかあるはずだって怪しみます。
「もしも生きてたら・・・」って考えてるよね。
そこへガンジェがハヌルの全財産を返しにやってきます。気持ちだけ受け取ってあとは全部返すって
いうガンジェに、金塊のことで疑ったことを詫びる会長に、やっぱり叔母様に字を教えてあげたいって
いう彼に考え込んでた会長。(ガンジェは誠実な男ですぜ~エリに惚れてたのは減点モノですが)
家に帰ればエリがハヌルはウンジェの家族に利用されてるって姑に吹き込んでるところを聞いてた
舅が苦い顔してて・・・そっちを信用したらダメよ~

監視カメラの映像を確認するように舅がギョビンにいいつけてるのを聞いたエリは出張にいくなら
代わりに私が電話すると言い出し、警備会社にいって自分の映ってる映像データを消して証拠隠滅に
成功したエリ。(チッ!悪運の強いオンナだよ)

一方会長の部屋に行ったゴヌはFAXで本物のミン・ソヒの大学時代の写真が送信されてきてるのを
偶然見ちゃって・・・
-------------
第64回
いっそこのまま・・・と思ったけどウンジェに電話したゴヌは急いでウンジェの写真をFAXして
来るように指示を(結局手助けしちゃうのよねぇ)。
ギリギリセーフで間に合ってニセの大学時代の写真を送ることに成功。
しかもミン・ゴヌの妹ってことでやっぱ他人の空似かってことで一応解決したみたい。
で、今度はエリのお店の経営状態を調べるように指示を・・・こっちが怪しすぎるもんね(笑)

ウンジェ両親はガンジェがハヌルに字を教えるって聞いて二人とも呆れちゃって・・・こりゃ両家から
反対されるロミオとジュリエットですがな(笑)
オモチャの指輪して幸せそ~ でもハヌルってばすぐに勉強に飽きちゃって・・・前途多難(苦)

セファ化粧品がエリの店と30億の契約をするってきいて、エリは自然派化粧品に興味なんかなかった
はずだからおかしいと思ったウンジェ。
しかもその化粧品はフランスの化粧品と同じ香りだし粒子も色も同じ。
怪しいと思ったウンジェはエリの店のゴミを回収してる業者からビンをくすねて、輸入した化粧品を
詰め替えている事実を突き止めます。

で、セファ化粧品に電話をかけて契約に保証人をつけることを助言し、セファが助言どおりに保証人を
立てろといってきたもんだから、エリはその話に逆上しながらもギョビンを連れていくことに。
エリに呼び出されたギョビンは自分が保証人として立ち会うんだとその場で知ってムッとしてました。
30億の契約で違約金は3倍だって~ 何かあったらチョンジ建設がかぶることになるからヒヤヒヤ
するギョビンに、化粧品で一発当ててラクさせてあげると短絡的なこと言うエリ。

義父はゴヌに妹に感心を持ってる息子に絶対に間違いは起こさせないと約束を。
で、思い切って古い写真のことを聞くんだけど、はぐらかしてしまった会長。

ゴヌはどうしてもウンジェを好きな気持ちを抑えられないことを知ったミン女史は、自分が折れて
息子の幸せを願ったほうがいいのかもしれないとちょっと迷ってるみたい。
また結婚のことでモメるのはホントに辛いもんね。

ギョビンは警備会社に電話するけど女性が原本を持って帰ったときいてキツネにつままれた状態。
で、エリに聞いたら原本は破損してダメだったとウソをつかれてさすがに怪しいと思ったギョビンは
真実を話すまでお前の顔は見ない!とエリを突き放し、ソヒに電話をしちゃって・・・

ちょうどゴヌと映画を観に来てたウンジェはあっさりゴヌを置いて、ギョビンの呼び出しに応じて
行ってしまいました。(ウンジェにしてみりゃ復讐が何をおいても優先されるもんね)
スポンサーサイト