幻の王女チャミョンゴ 11~12話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>

ここでは、「幻の王女チャミョンゴ 11~12話 あらすじと視聴感想<ネタバレあり>」 に関する記事を紹介しています。
第11回
兄を殺したばかりか娘のラヒにまで心の傷を負わせるようなことをしでかしたワン・ジャシルを
許せないチェ・リは離縁しようとするんですが、モ・ハソがそれをとりなします。
あなたのためにやったのだからと言われてもやっぱり肉親を殺したワン・ジャシルを簡単には
許せないチェ・リは自分の後継者はチャミョンだと断言。(やっぱりチャミョンが邪魔になるね)

ムヒュルはワン・グェンが死んだ隙をついて楽浪を攻めようと兵を集めるけど、ソン・メソルスの
実家(義父)が兵を出すのを渋っててイマイチ兵力が集まらずいまいましく思ってたんだけど、
とにかくホドンに跡を継がせないで欲しいっていうのが彼らの第一希望なもんだから今回はさすがに
考え込んでるムヒュル。
もしムヒュルがその要求をのめば、スジリョンが寵愛を受けることになるからヤバイと思った
メソルスは女官長に頼んで生理を止める薬を処方してもらい、「閉経したら抱いてやる」って
言ってたムヒュルを騙して抱いてもらおうとするみたい。
(あーやだやだ、あのオッサンとのこんな駆け引きに寒気がする)

心に傷を負ったラヒを慰めようとチャチャスン一座を招いたモ・ハソ。
座長チャスンがプックを板にくくりつけてグルグル回し、そのプックめがけて短剣を投げる芸を見せ
ようとするのに、それまでボヤーンとして興味なさそうだったラヒがニヤリと笑い、スッと出てきて
勝手に短剣を持ち出してプックに投げようとしたもんだらモ・ハソが慌てて止めます。

だけどワン・ジャシルに、これでラヒが治るかもしれないし、ラヒは剣術の練習もしてるわって
甘言をささやかれてモ・ハソもついにあきらめ、ヘンカイの「大事な妹だからやめてください」
って訴えてるのに、当のプックが「(ラヒにとりついた)悪霊を退治できるななら」って変に
自信ありげにいうもんだから結局ラヒが短剣を投げてしまい、素人だからやっぱりプックの左肩を
かすめて傷を負わせます。
モ・ハソは「なんてことを!」ってラヒをペチンとぶって、ケガして大泣きするプックに駆け寄り
抱きしめてあげるんだけど、私にはモ・ハソがなんでプックを抱きしめるのか理解不能。ラヒへの
あてつけにしか思えない、じゃなきゃその場の雰囲気で「ごめんね~」って感じかな?

この後プックはモ・ハソに傷の手当てしてもらうけど、胸の傷はギリギリ見えないんだよね~
(あ~すれ違いだわ)ごめんねって謝るモ・ハソに「病気でも殺そうとするなんて許せない」と
怒りまくりのプック。(じゃあ的になるなよって話ですが)
この件でプックは剣術を身につけようと決心したみたい。

ラヒは恐ろしいことするワン・ジャシルの娘だってことがイヤ!っていうんだけど。売り言葉に
買い言葉で「私もキライよ」っていっちゃうワン・ジャシル。
ラヒが「モ・ハソが私のオンマならよかった」っていうもんだから、そのオンマは昔あんたを
池で殺しかけたのよ、本当だから聞いてみるといいわって余計なこと言っちゃってラヒの心の傷を
えぐり、モ・ハソもそれをラヒに直接聞かれてグッと言葉に詰まり「チャミョンを助ける」と言って
しまいます。ラヒがショックを受けて立ち去ったあとで「チャミョンを助けてラヒと共に死ぬわ」
ってつぶやくんですが、それをラヒに最後まで言ってあげればよかったのにねぇ

モ・ヤンヘは夫を殺したのはワン・ジャシルだって確信してて、絶対殺してやる!って決意を。
兄が死んで跡取りになったワン・ホルはまだ少年だから実の姉が兄を殺したなんてまだ信じられない
ことだし、血縁で争うのはどうしてもイヤだよねワン・ホル君。
夫の遺体を前に怒りまくったモ・ヤンヘはチェ・リの屋敷へ行き、ワン・ジャシルに向かって火矢を
放ち・・・
----------------
第12回
ワン・ジャシルはモ・ヤンヘの火矢で右肩から腕にかけて大火傷を負い、屋敷もあちこち火をつけ
られて大変な騒ぎに。
絶世の美女が台無しとばかりに嘆くワン・ジャシルなのに、ラヒは自業自得よってガキのわりに
痛いところを突いてくるし(笑)(伯父さんを殺したのはオンマだもんね)
モ・ヤンヘはこの騒ぎを起こしたことで捕まって牢屋に入ってて、モ・ハソがいろいろと心遣いを
してくれるので次第に彼女にだけは心を許したのかな?(憎いのはワン・ジャシルだけか)
チェ・リは夫を殺された仕返ししたモ・ヤンヘを処罰することができなくて躊躇してて、イラついた
ワン・ジャシルが家臣たちの前で火傷をさらして極刑を訴えたからモ・ヤンヘの命は風前の灯火。

プックはヘンカイが病気なのにミチュが医者に診せてくれないから、金目のものをお金に替えようと
団長夫婦の荷物を物色して、血で汚れた産着とかんざしを見つけます。
あとでソソ(団長の娘)からそれを着ていたのが自分で、胸にかんざしが刺さっていたことを聞いた
プックは捨てられた上に、殺されかけてたことにショックを受けて、親を探すのはやめて欲しいと
ヘンカイに泣いて頼んでました。

ホドンは楽浪のチェ・リのところにいってラヒに求婚するつもり。ソン・メソルスは生理を止める
薬の副作用でフラフラしちゃって、どうやらそれがムヒュルの同情を誘ったかな?

ラヒは自分よりチャミョンを選んだモ・ハソを避けてたんだけど、やっぱ苦しくて苦悩をぶつけ
「オンマが悪かったわ」とモ・ハソがラヒを抱きしめて仲直り。

団長夫婦は舟に乗った子供を拾わなかったか?って知らない男に聞かれるんだけど、事情がよく
わからないからとりあえず知らないととぼけます。
(あとで問題なければ二人を引き渡して報酬をもらおうってわけだけど・・・)
育ての親としてちょっと状況を見守ろうっていう夫婦の会話を偶然聞いてしまったホ・ゴクは、
それがチェ・リの娘だと確信します。(舟に乗せて捨てるときに自分も一緒にいたもんね)
こりゃいい復讐の材料があったわいとほくそ笑むホ・ゴクに、何も知らないプックが自分の産着に
書いてあった「吉祥」っていう字をなんて読むのか聞いちゃったから、プック=チャミョンだと
ホ・ゴクにだけバレてしまいました。

チソはワン・ジャシルにそろそろチャミョンが見つかりそうだと報告し・・・

<つづく>

ますます面白くなくなってきました(汗)
私が大好きなメロっぽくもなく、主要人物たちの恋愛モードもなく・・・ヤマ場もなく・・・。
視聴を挫折しそう・・・今週は倍速で見ちゃった。

恋愛モードがない上に子役が誰一人としてけなげじゃないし、可愛げがない。
唯一ヘンカイがまともに見える(笑)
プックもラヒもまあ~可愛くない。子供らしいっていえばそうなんだけど、いじらしく思える部分が
なくて、生意気で憎たらしいだけでまーったく観る気になれません。
これから先の経験でできた人間になるのかもしれませんが、その過程となる子供時代もけっこう重要
なのに、なんだかねぇ・・・個人的にホント好きになれない(笑)

来週からやっと成長して恋愛モードに入っていくのかな?
スポンサーサイト