妻の誘惑 第33~36回 あらすじと感想(ネタバレあり)

ここでは、「妻の誘惑 第33~36回 あらすじと感想(ネタバレあり)」 に関する記事を紹介しています。
第33回
定食屋の出前を無理矢理やらせてもらったウンジェだけど慣れない仕事で失敗して
出前もまともにできない有り様。

ギョビンと義母はハヌルに内緒で夜中に高級な刺身をナイショで食べてるところを
義父にみつかって大慌て(アラっていう魚って高級魚なの?)
「嫁が死んだのに平気で刺身なんか食ったりしてそれでも人間か!」
と怒鳴りつける義父。
その上二人で組んでニセの書類で女房を追い出したくせにと責めますが、義母も
負けじと追い出したのはあなたじゃないかと言い返します。
・・・それを言われちゃうと義父は辛いよねぇ~

ウンジェ母は家の外でウンジェが帰ってくるまで待ってて・・・ウンジェは仕事の
帰りに気になって家の前までいくけど母の姿を見て慌てて隠れます。
生まれ変わって会いにいくからそれまで待っててと、自分をあきらめずに待ってる
母に心で詫びて・・・。

義父はウンジェを信じてあげられなかったお詫びにとウンジェ名義で作った通帳を
妻に渡してウンジェの実家に行ってせめてそれを渡してくるようにと言いつけます。
(義母はその大金にビックリしてたけどね)

ゴヌはどうしてもミン女史から離れたくなくて一緒に住んでるんだけど、財産が
目当てならおあいにく様とか容赦ない罵声を浴びせられます。
ゴヌの部屋へ行って暴れまくるミン女史を必死に止めて、部屋を借りるからそれま
では待って欲しいと懇願するゴヌに、養子離縁を進めてるから弁護士から連絡が
いったらよろしくねと冷たい仕打ちのミン女史。
ソヒに申し訳ないからゴヌに冷たくしてるらしいけど、八つ当たりもいいとこ。

義母は自分があの家に行ったら何されるかわからないからと通帳を持っていく役目を
ギョビンに押し付けようとしますが、ギョビンもガンジェに殺される~ってんで
その役目をエリに任せようと言い出します。(たらい回しでっせ)
エリは義母に恩を売るつもりかもったいぶって引き受けて・・・

ゴヌは友人からウンジェが無理して仕事してると聞いて当座の服やら化粧品を買って
持っていくんですが、あっさり断られちゃって。
人には頼りたくないしそんなに弱い人間じゃないって断るウンジェにソヒを重ねて
見てせつなくなるゴヌ君。

エリは義母がウンジェ名義の通帳を持ってるのをみて、どうせク家の人間は娘の命
の代償のお金なんて受け取らないから自分のものにすればいいとそそのかして、
義母もそれにちゃっかり乗っちゃって結局お金をネコババ。
(エリに弱みを握られたんだよ、大丈夫?)

案の定ウンジェ母にお悔やみを言った時点でキレられて義母は髪をわしづかみに
され、ウンジェ父には水をぶっかけられてさんざんな弔問に。
だけどク家に渡すはずだったお金が自分の懐に転がり込んできたから、すぐに機嫌
も直っちゃった。
ネコババしてニマニマしてる姑に、このことは黙ってるからとエリは交換条件を
持ち出します。欲深い義母は「お金を半分よこせってこと?」と警戒するんだけど
エリの望みは自分を嫁として、ニノを孫ととして認めて欲しいってことで、
「ま、それならできなくもないわ」ともったいぶる義母。

ウンジェは自分の得意な石鹸を作って看護婦さんや院長(ゴヌ友人)に配ってて。
ゴヌにも渡してほしいとお願いして自分は仕事に出かけます。

だけど外出したギョビンと街中でニアミスしてしまい、慌てて逃げ出すウンジェ。
ギョビンはウンジェを見かけた気がしてその後を追いかけ・・・
-----------------------------------
第34回
近くのビルまで逃げ込んだウンジェを追いかけてきたギョビン。
ウンジェは仕方なく非常階段に逃げるけどそこまで追いかけてきたギョビンから
逃げ切るためにやむなく飛び降りて、下にあった炭で足を大火傷!
ウンジェを見失ったギョビンは幻覚だったと諦めて・・・立ち去るギョビンを
火傷の激痛をこらえつつ強い視線で見送るウンジェ。
だけど結局このケガがもとで食堂をクビに。

義母は友人たちにエリとニノを目撃されて大慌て。それでもエリとは取引したので
友人たちにエリとギョビンは元々恋仲だったとか必死に言い訳してギョビンが不倫
して家庭を壊したって噂をもみ消そうとしてて。
娘のスビンはそんな母親に呆れてるし、エリが噂を流して結婚までこぎつけようと
してるのをわかってて、エリがオンマの手に負えるタマじゃないと忠告します。
でもオンマの味方になるつもりはなくて、義姉が死んだのに平気な顔してる母や
兄にゾッとしてる!と言い捨ててさっさと部屋を出て行って・・・

大暴れされたけど通帳だけ投げつけて帰ってきたとウソの報告を夫にする義母。
義父は仕事があんまりうまくいってなくて、何より罪の意識でちょっと顔色が
悪くてさすがに義母も心配を。

ウンジェは火傷の手当てを自分でしてるんだけど、自分の部屋で消毒液を患部に
かけてギャア~って悲鳴あげてて(これはさすがに他の入院患者に迷惑では?)
痛みのせいで気絶しちゃった。

心配症でおせっかいなゴヌはウンジェの薄着が気になって看護婦さんに着替えを
渡しにくるんですが、そこで彼女が部屋から全然でてこないし顔色も悪かったと
聞いて部屋へ訪ねていき、倒れているウンジェを発見。
友人に傷を診てもらい、自分で手当てしようとしていたことを聞き、彼女には一体
どんな事情が・・・と気になってて、どうやったら力になってあげられるんだろう
と思ってるおせっかいゴヌ君。
(ソヒと同じ日に海で溺れてたんだから縁を感じてるのかもしれないけど)
「水が怖いの、お願い助けて」とうなされるウンジェの手を握って励ますゴヌには
ウンジェがソヒに見えちゃって・・・

ウンジェ母はウンジェの好物のにんにくの浅漬けを作ったり、3人分のおみやげを
持って帰ってきたガンジェに「ウンジェの分は?」って聞いたりしてちょっと様子
が変なんだけどそのうち落ち着くだろうからと見守るウンジェ父。
だけどウンジェ母はいきなりガンジェやウンジェ父に、なんでウンジェを苦しめる
ことばっかりしたんだとヒステリックに責めたてたりして情緒不安定な状態に。

ミン女史はゴヌの部屋をさっさと借りちゃって、明日家裁にも養子離縁の手続きを
するために来るようにと言います。
その夜は眠れず、ゴヌのシャツをアイロンがけして最後の朝食をつくったミン女史は
ゴヌを起こしにいきますが、感謝の手紙を置いてゴヌは家を出てしまっていて。
彼の置いていった荷物にはミン女史がゴヌを引き取ったときの気持ちをつづった
手紙があり、ビョルニムという娘を失った代わりにゴヌを慈しんで育てることを
自分が約束した内容を読み、そうだったとそのはずだったのにと泣き出すミン女史。

ウンジェ母は近所の人からウンジェが失踪した日にギョビンの車に乗るウンジェを
見かけたときいて慌てて夫とガンジェに話します。
で、ガンジェは家を飛び出してギョビンを問い詰めますがシラを切ってその場を
逃げるギョビン。
ガンジェは次に義父の会社まで乗り込んで近所の人がギョビンの車でウンジェが
連れていかれたと話し、せめて遺体を捜して欲しいと懇願します。

ガンジェは次にエリを訪ねて家までいきますが、ニノが出てきて・・・
------------------------
第35回
ガンジェから話を聞いた義父はギョビンを呼び出しますが、ギョビンはあの日は
エリと一緒にいたと必死に言い訳してて、その最中にニノが行方不明になったと
連絡が入ります。

実はニノがオンマがいなくて寂しいと言い出してガンジェにへばりついちゃって、
困ったガンジェはエリに連絡とろうとするんですが肝心な電話が通じず。

一方覚悟を決めて家裁の前でミン女史を待つゴヌですが、ミン女史はやっぱりゴヌを
離縁できず、ゴヌを会社へ呼び出してゴヌとは親子でいくことを決めたと話します。
そうしないとソヒが悲しむだろうし、子供を失った傷を抱いたまま生きていくという
ミン女史にただそばにいさせて欲しいと息子でいさせてくれる母に感謝するゴヌ。

ゴヌはウンジェに何くれとなく世話を焼こうとします。ソヒに何にもしてあげられ
なかったからその罪滅ぼしにウンジェにいろいろしてあげたいみたいですが、
ウンジェにしてみりゃそれは余計なお世話なわけで(笑)
「名前を聞いても?」って尋ねるゴヌに
「ありません。名前も家族も海に置いてきたから」
とすげない返事のウンジェに、それでもめげてない様子のゴヌ。

ガンジェはなんとニノを家に連れて帰っちゃってウンジェ母はカンカン。
ウンジェ父もあとで向こうの家やエリからどんな難癖をつけられるかわかったもん
じゃないといいますが、ニノに当たるウンジェ母をなだめてて。
結局電話が通じて慌てたギョビンとエリが迎えにきますが、ウンジェの件でガンジェが
誘拐したと騒ぎ立ててガンジェをビンタしたエリにウンジェの両親がブチ切れてて。
(やっぱり難癖つけられたよね~)

ついでにあの日ギョビンを目撃した近所の人に会っていけというガンジェに、かなり
うろたえて拒否るギョビンですが、エリが「どうせならここでハッキリさせましょ!」
と受けてたちます。
近所の人は警察で証言どうのこうのという話になったとたんにしり込みしちゃって
明言できないと逃げちゃってエリは勝った!ってほほ笑みを。
意気揚々と帰るギョビンたちに悔しい思いしきりのウンジェの家族。

だけど安心できないエリはウンジェが自ら海に行ったという証拠を残しに再びあの海
へと向かいます。
で、海で拾ったとウンジェの結婚指輪とウンジェが書いていた日記の切れ端を警察
に渡して、その連絡をウンジェの家族に入り嘆くばかりのウンジェ両親。

エリはそれでも安心できず、火種はいつかまた燃え上がるからこの際ウンジェの家族
には地方にいってもらいましょうと言い出します。
実はウンジェの実家の保証金はギョビンが支払ってるので、それを返済してくれと
言えばいいとギョビンをそそのかし、ウンジェを殺したことがバレるのを恐れた
ギョビンもどうやらその作戦にのっちゃった様子。

ウンジェの家族は遺書が見つかったことで諦めがつきウンジェの葬儀を出すことに。
ギョビンとエリも教会の外にいるんだけど入りたくはないみたいで戸口のところで
「これですべて終わった」と話してさっさと帰ってて。
寄り添って立ち去る二人を木陰からウンジェが睨んでいて・・・
---------------------------
第36回
ウンジェは弱かった過去の自分とは決別しようと太ももにできたあの火傷を軟膏も
塗らずにそのままにしておくことに決めた様子。
石鹸を自分で作って売ろうとしてて・・・

葬式を出したばかりのウンジェ家族たちに、ギョビンの代理人から一ヶ月以内に
保証金を返せと通告されて驚くガンジェとウンジェ父。
どうやらウンジェ父がテープを作ったお金のせいでギョビンに保証金を肩代わり
してもらってたみたい。
ガンジェはこの際ウンジェもギョビンも忘れて引っ越そうというんだけど、母は
ウンジェの思い出が残るこの家を離れたくないと泣くし、ウンジェ父はこの寒空に
はした金でソウルには住めない、それだけウンジェに甘えてたんだと反省しきり。

ミン女史は優秀な人材を発掘するためオーディションを行うつもりがあるみたいで
ゴヌもその公募のポスターを預かります。

義父はいろいろあってこたえたのかギョビンを社長職に戻すことにしたんだけど、
ギョビンってば、もったいぶるから義父はカチンとしてて(笑)
エリとギョビンは再婚して式をあげるつもりだけど義父は苦々しく思いつつ、前ほど
反対してなくて・・・孫がニノだけになっちゃったもんね。

だけどハヌルは断固反対!
「タチウオ(エリのことね)母子は(ウンジェの部屋には)入れない、結婚してみろ
 タチウオの缶詰にしてやる!」
と宣戦布告(笑)

ミン女史はゴヌとのことで改めて亡き娘ビョルニムの消息を調査してもらい、娘の
父親だった男(ギョビン父のことね)が成功していること、彼が娘を連れていった
ことを知り、娘に会えると喜んだのですが・・・1歳にもなる前に熱病で死んだと
報告を受けて落胆。
田舎で医者にもかかれずに熱病で死んだと聞いたミン女史は自分から娘を奪って
わざと殺したんだと悔し泣きして・・・

ウンジェ父は義父の会社まで行ってギョビンが保証金を返せといってると訴える
んだけどウンジェの実家があの通帳のお金を受け取ったと思い込んでるから、
さすがにこれ以上金を要求してくるなんてずうずうしいとウンジェの家族に同情
できなくてギョビンに直接交渉してくれとあしらっちゃった。

ウンジェは天然石鹸を作って売れ行きも悪くないんだけど化粧品屋のまん前で商売
してたので営業妨害だと文句を言われ、その帰りに偶然ギョビンが公衆の面前で
エリにプロポーズしているところに出くわし、怒りが込み上げてて。

ガンジェはウンジェ母が大事にしていた写真を燃やし、ギョビンにすがってまで
あの家に住むことはないと説得し、その様子を見ていたウンジェは二人が去った
あとで燃え残ったギョビンとの結婚写真を拾い上げ・・・ウエディングドレスの試着
したりして幸せの絶頂にいるエリに「ク・ウンジェ」からの手紙として送りつけます。

エリはてっきりウンジェの家族が送ったものだと思い込み、人を雇ってウンジェの
両親を家から追い出しにかかります。

ウンジェが石鹸を作って売っていることを知ったゴヌはウンジェの力になりたいと
看護婦さんに自分からということを隠してウンジェに大量注文を出します。
張り切って店に材料を調達しにいったウンジェですが、そこにエリがやってきて・・

<つづく>

やっとミン女史とゴヌの仲が修復したって感じでやれやれです。
ミン女史の娘ってハヌルのことだよね?
義父は義母と結婚するときに、子供の存在を知られたくなくて子供を死んだことに
して、妹として籍を入れなおしたのかな?
でもそれってちょっと調べりゃわかる話では?

最近やたらとウンジェは天然素材の石鹸を作ってばかりいるけど、これがウンジェ
がエリを巻き返すための秘策になるってことかなぁと思いつつ観てます。
ミン女史のオーディションにも応募するつもりかな?

今度は立場が逆転しちゃってエリはウンジェの攻撃に怯えることになるのよね?
写真とか送りつけるのはかなり効果があると思うけど、会ってしまえば整形してる
わけでもないからウンジェだって丸わかりなんですけど・・・
いっそ整形でもするのか?

うーんどうなんだろ
そしてウンジェの家族はいったいどこに住むのかなぁ
前にチラッとウンジェ父の知り合いのつてを頼るみたいなことを言ってたから
ひとまずソウルには住むのかな?
スポンサーサイト