ドラマ「信義」関連の記事を更新しています。「韓国には行ったことがありません」からブログタイトル変更しました。
お知らせ

   
   


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前後篇のはずが・・・後篇はまた後日。

*********************************
 王は自分がつぶやいた言葉で、王妃の顔がみるみる強張っていくのを見て慌てた。
「しまった!」。心の中でそう思っても口に出した言葉は取り返しがつかない。王妃は
顔を伏せてしまい、こちらを見てもくれない。
 先ほどから月を眺めていて、それで思い出した事柄と目の前の王妃の姿が結びついて
口から出た言葉だった。王妃は恐ら私の言動を誤解したのだ。無理もない。自分の言葉が
唐突過ぎたことを王は反省する。
『兎のようだと言った理由をどう述べたらよいのか・・・』
 王は少し考えたあと、ありのままを語ることにする。
「このような満月の日に、兎を見ました」
 柔らかい黄色みを帯びた月の光に力をもらい、王が語り始めると、王妃はピクリとする。
顔は上げないが、自分の話に耳を傾けてくれるようだ。月明かりに照らし出された庭に目
をやりながら王は語り始める。

「このような満月の日に、兎を見ました」
 それは元国に来てから二度目に迎えた中秋節の夜のことだった。当時の自分のことを、
人は江陵大君(カンヌンテグン)と呼んでいた。人質として元国に来て一年ほど経ち、言
葉もほぼ理解できるようになっていたが、高麗王室の者だという自負から、決して元国の
言葉を口にしなかった。
 高麗を骨抜きにしようとする元国に媚びへつらうことはしない。ただ、自分が帰国した
際には、元国で知り得た知識を存分に使って高麗を盛り立てていく。そんな気負いで日々
を過ごしていた頃のことだ。
 中秋節の夜。見聞を広めるという大義名分で、街を歩いていた。供をあまりつけていな
いからと気を揉むトチを尻目に、賑わいに惹かれて通りの夜店をあれこれと見ていた中で、
兎を売る店があった。愛玩が目的らしく、籠も細工が入った見目のよいもので、数羽ほど
いる兎は白や茶色の毛並で、どれも手の平に乗るほど小さかった。
 何となく惹かれてその場に佇んでいると、店の主人が草を一本手渡してくれた。それを
白い兎の前に差し出すと、小さな鼻をひくひくさせてから、前歯を使ってもぐもぐと口を
動かし、上手に草を食べた。
『買い求めようか』
 そんな気持ちになって、後ろに控えているトチに声をかけようとしたとき、目の端にふ
と留まるものがあった。
 それは自分と同じ年頃の少女だった。薄紅色の晴れ着から、その少女が身分の高い家の
子であることは一目でわかった。供の者が傍にいないことを不審に思ったが、少女が不安
げにきょろきょろと辺りを見回しているのを見て、はぐれたことがわかる。
 それで、声をかけようとしたそのとき、突然少女が通りの暗がりへと引きずられる様子
が目に飛び込む。何が起こったのかようやく理解して、慌ててそちらに駆けだす。トチが
何か言ったが、振り向きもせず少女が消えた場所へと向かった。その場に近づくと、足音
を殺してゆっくりと歩を進める。暗がりにはカマ(駕籠)が一つ置いてあり、その近くで
男が二人、早口でまくし立てていた。
 「金持ちの家」、「金になる」、声を殺すようにはしていても興奮して、我知らず声が大き
くなる。男たちは先ほどの少女を拐して金を手に入れようとしていた。では、あのカマの
中に先ほどの少女がいるのか・・・
 考えていると、ほどなく男たちがカマの前と後ろに立ち、移動を始めた。自分一人では
どうすることも出来ず、さりとて見過ごすわけにもいかず、そのまま後を追いかける。し
ばらくしてトチが自分を見つけてくれたので、二人でカマを追跡する。
 役人がいたら声をかけて手助けしてもらう、もしくは人の多い場所で声を張り上げて助
けを求めよう。武術を知らぬ己に出来るのはそれぐらいしかない。それで、人の多い通り
に出たときに「おい!」とカマの男たちに声をかけた。
 振り返った男たちは、声をかけてきたのが見知らぬ少年だったので胡乱げな目で見返す。
「カマの中に入っているものを見せろ」
 勇気をふりしぼって、自分なりに凄みを利かせた声を出す。男たちがシラを切るかと思
ったが、後ろにいた男が小心者だったようで、慌ててカマを出そうとする。前にいた男が
その拍子に押し出される格好で前に数歩出た途端、通りがかった別のカマとぶつかった。
 ぶつかられたカマには四人の持ち手がいて、こちらの二人よりも体格が良く、柄が悪か
った。すぐに言い争いに発展し、揉めだしたので「今が好機!」とカマに手を伸ばす。思
った通りカマの中には少女がいて、助け出すとすぐにその場を離れた。
 手を握って「行こう」と高麗語で声をかけた。少女が不安げな面持ちでこちらを見てい
るので、怪しい者ではないと安心させるために笑みを浮かべた。
『大丈夫、私は怪しい者ではない。そなたを助けたいだけだ』
 そんな自分の気持ちが伝わったのか、少女が手を握り返してくれた。

 信じてくれたことが嬉しくて、気持ちが通じたことが嬉しくて、少女の手を握ってそのまま
月明かりの中を駆けだした。

<続く>

ちなみにカマはこんな感じの乗り物です。
画像は王室用のカマ(駕籠)なので、装飾のないバージョンで想像して下さいナ。
SnapCrab_NoName_2015-9-28_4-18-49_No-00.png

スポンサーサイト
今日は十五夜。
中国は中秋節、韓国は秋夕(チュソク)ですね。

ということで・・・チュソクネタを一つ書いてみました。
後篇は二、三日以内にアップできると思います(多分)

こっちを書いちゃったので毎週月曜更新のムカデにまつわるお話は
ちょっと遅れそうです。(アップは来週の月曜かなぁ・・・)

ヨンとウンスではなく、今回は王と王妃のお話で。
あの時の女性がワンビだったことを知っていたことを告白して、
二人の距離が縮まった頃のお話という設定です。
**************************
SnapCrab_NoName_2015-9-27_1-44-35_No-00.png

 初めて迎えた高麗での中秋節。

 その日、王妃は王とともに朝早くから宮中の祭事に追われた。ようやく一息ついた
ころにはもう陽が落ちて、満月がその姿を東の空に見せていた。事前にチェ尚宮から祭事
についての様々なしきたりを教えてもらってから臨んだ祭事だった。
『元国から来た姫様ゆえ、高麗のしきたりなどご存じないのだ』
 臨席した者たちから、そんな風に思われて軽んじられるのは我慢ならなかった。自分を
ワンビ(王妃)として迎えたチョナのために、失敗は許されなかった。そんな風に気を張
って臨んだ祭事だった。
 それ故、滞りなく祭事を済ませた後は緊張の糸が切れてしまい、祭事の装いのまま椅子
に座りこむと、「ふうう」と長いため息を漏らす。祭事に次ぐ祭事で、朝からチョナとは一
言も言葉を交わさないままだった。それでも宮中を歩いて次の祭事の場所へと移動する際
には、微笑みを下さったり、祭事の手順にまごつく自分を温かい目で見守って下さったり
して気遣ってくださるのを感じるたびに、幸せな心地で過ごせた一日だった。
「ワンビママ、宜しいでしょうか?」
 チェ尚宮の言葉に、ハッと我に返る。
「何用か?」
 チェ尚宮が部屋に入ってくる。
「ママ、お召し替えを持って参りました」
 正装用の刺繍が施された重い服をようやっと脱げる。結い上げられた髪もようやく解く
ことができる。ワンビは安堵の息を漏らして、ゆっくりと立ちあがったが、チェ尚宮が持
ってきた着替えに怪訝な顔をして見せる。
 着替えの服は、ワンビが目にしたことのない、薄紅色のものだった。
「これは?」
 聞いた途端にチェ尚宮が顔を上げてパアッと明るい顔になる。
「チョナからの贈り物にございます。こちらにお召し替えをなさってください。ともに今
宵の満月を愛でようとのお誘いにございます」
「・・・チェ尚宮」
「はい」
「早う、支度を」
「はい、お任せ下さい!」
 疲れなどどこかに飛んで行ってしまった。嬉しさばかりがじわじわと身体を駆け巡る。
チェ尚宮は侍女たちに手早く指示をして、ワンビの髪を一旦下ろしてほぐし、今度は緩や
かに形よく結い上げる。そうしながら服も着替えさせて・・・殊の外早く支度ができあが
った。

 王が待っていたのは康安殿の庭だった。庭の一角に四阿(あずまや)があり、そこに
卓と椅子が用意されていた。卓の上には中秋節の馳走と酒の用意も整えられている。王
も正装用の服から、幾分か楽な服に着替えていた。
 月を見ながらしばらく待っていると、坤成殿から王妃がやってきた。自分が贈った薄紅
色の服を身にまとった王妃は月の光に照らされて、月の御使いかと思うほど美しかった。
しばらく見とれていた王だが、小さく咳払いすると王妃に座るよう促す。
 王妃を案内してきたチェ尚宮が後ろに下がる。チェ尚宮はアン・ドチと同じ位置まで
下がったあと、今度はアン・ドチや王を警護するウダルチらに身振り手振りで「もっと
後ろに下がれ!」と無言で命じる。
 二人きりになり・・・しばし無言の状態が続く。王がようやっと口を開く。
「寒くありませんか?」
「はい」
 月明かりの下でよくわからなかったが、王妃の顔は上気してほんのり赤くなっていた。
「いい月だ」
「ええ」
 王妃は月を眺める王を見つめていた。こうして二人きりで月を眺めることが夢のようで、
ふわふわと雲の上を歩く心地だった。
「月明かりに照らされた庭がまた美しい」
「ええ、本当に」
 ようやく王妃も庭に目をやる。月光に照らし出された庭は、いつもと全く違うさまを
見せる。二人でしばらく無言のまま月を眺めていたのだが、小さな物音がしたと思った
ら、それに重ねるようにもう少し大きい音が耳に入ってきた。
 王が王妃のほうを見ると、王妃は消え入りそうに身を縮めて恥ずかしそうに俯いていた。
朝から祭事のものを少し口にしただけで、二人ともろくに食べていなかった。腹の虫が
先に鳴ったのは王妃だが、自分の腹の虫もそれに応えるように大きく鳴ったのだった。
 王は箸をとって、数ある皿の中から目当てのものをつまみ上げる。そうしてうつむいて
いる王妃に話しかける。
「元では、中秋節に月餅(げっぺい)を食べる習慣がありましたね。高麗では、ソンピョン
(松餅)を必ず食べるのです。松の葉の香りがする餅です。さあ、一つ召し上がってみて
ください」
 その言葉に王妃が顔をあげると、なんと王が手ずからその餅をとって、王妃に箸を向
けてくれているではないか。迷ったのは束の間で、王妃は「えい」とばかりに勇気をふり
絞って「あーん」と口を開ける。
 二人は今まで一緒に食事を摂ったことがない。ヨンギョン(燕京:今の北京)からケギ
ョンへの旅路でも、二人は別々の部屋で食事を摂り、それは王宮に到着してからも、仲睦
まじく過ごすようになってからも変わることがなかった。打ち解けてはいても、意中の相
手の前で物を食べるという行為はなかなかに勇気の要ること。
 今までそんな機会もなかったのだが、今まさに好機だと王が勇気を出して箸でつまみ、
その勇気に応える形で王妃も口を開けたのだった。
 ところで、王は王妃が空腹だろうからと、良かれと思い大きめのソンピョンを選んで
いた。王妃はそれを何とか口に納めたものの、あまりモグモグと口を動かすのは行儀が悪
いし、見た目にもよくないと思っていた。
 王妃は、口の中の餅を味わうどころではなかった。前歯だけでモゴモゴと噛んで、それ
なりに行儀良く食べられたと思っていた王妃に王がポツリと呟く。
「兎(うさぎ)のようだ」
 その一言で、王妃はいっぺんに奈落の底に突き落とされる。

<続く>

ちなみにソンピョンってこんな感じです。
中に入っているのはゴマをすりつぶしたものとお砂糖をまぜた餡だそうです。
ソンビョン
何とか間に合いました(ふーっ)

ちなみに、このお話の設定はドラマでは13話あたりを想定しています。

・チルサル(七殺)との戦いは終わってて、ソヨン(書筵)の前。
 <ソヨンは、「高麗時代、国王の前で講義を行ったこと、またはその場」の意味>
・ウンスが悪夢を見ていることはまだ知らない。

こんな感じで設定していますが、徳興君のことは今回抜きで考えました。
「なんとなくこの辺りのお話かなぁ」ぐらいで見て頂けると幸いです。

 このお話のひとつ前に記事をアップしています。
 「番外編 トルベの持論」こちらもよろしくどうぞ♪
 (読む順番はどちらでもいいかな?)

********************
 陽が落ちてしばらくの後、チェ・ヨンが執務室から出てきた。康安殿の回廊
に姿を現したチェ・ヨンに、歩哨のウダルチが軽く頭を下げる。チェ・ヨンは、
チャンヒが控えている柱近くに差しかかったところで立ち止まる。
「用か?」
 チャンヒはその問いかけに応じるように、チェ・ヨンの前に進み出ると、
「チェ尚宮様からです」
 そう言って文を差し出すと、一歩下がってチェ・ヨンが読み終えるのを待つ。
その間に、ザッザッと集団で歩く足音が、回廊の向こうから聞こえてきた。
 やってきたのは、組長チュソクを先頭とした甲組のウダルチだった。日没と
なり、これから歩哨を乙組のトルベらと交代するチュソクたちだが、前方のテ
ジャンとムガクシを見止めて歩みを緩めると、やがて立ち止って遠巻きに二人
を見守る。
 チュソクが二人越しに、トルベに視線で問いかける。
『何かあったのか?』
 トルベは困った顔で首を振るしかない。(※)

<「医仙に何かあれば、僅かなことでも逐一報告しろ」
お前がそう命じておいたので、ムガクシが先ほど知らせを持ってきた。
医仙がムカデに咬まれたが、御医が直ちに手当にあたった故、至って
問題ないそうだ。
お前がこの文を読む頃には陽も暮れておろうから、明日にでもご様子を
伺うがよい>

 コモ(叔母)からの文は、簡潔なものだった。含みを持たせた文面だが、知
らせてくれたのだから有り難く受け取っておく。文を畳んで顔を上げると、文
を携えてきたムガクシと目が合う。
「返事を待っているのか?」
「あ、いえ」
 チャンヒはチェ・ヨンの顔色を窺っていた。どんな顔をしていたのか伝えよ
と命じられたこともあるが、文の内容が医仙に関することで、なにか重大な事
柄であるならば、雇い主にも一報を入れておくほうがよい。あわよくば、前に
いる男が動揺して、文の内容を漏らしでもすれば好都合と考えていた。
 だが、チェ・ヨンは文を読んで少し目を見張ったものの、それ以外にこれと
いって狼狽した様子を見せなかった。自分に問いかけた際の声の抑揚も、至極
落ち着いたものだった。どうやら文の内容は、雇い主に報せるほどの事柄では
ないらしい。
「『承知』。そう伝えてくれ」
「はい」
 チャンヒは一礼して坤成殿へと戻る。横目で見送ったチェ・ヨンがチュソク
たちを視線で促す。チュソクたち甲組の隊員らは弾かれたように、急いで引き
継ぎに入る。

 チェ・ヨンは、その場で引継ぎが終わるのを待つ。陽が既に沈んでいるとは
いえ、辺りはまだ仄かに明るかった。出仕する前に典醫寺に立ち寄って、今日
はもうこれで来ないとあの方に断りを入れておいた。
 チョナは、この国の今ある姿を知りたいと望まれている。だが、各地からチ
ョナの元に寄せられる書状には、真実が記してあるわけではない。徳城府院君
の勢力下にいる貴族たちは、私腹を肥やすために、偽りの文字や数を並べ立て
て不正を働いているのだ。
 まずは書状の内容を検め、記述が怪しいものは片っ端から床に捨て置いた。
陽も暮れる頃、机の上に山積みだった書状のほとんどが、今度は床の上に山と
積まれた。
「これが、この国の今ある姿か・・・」
 共に朝から書状に目を通されていたチョナがぽつりと呟かれる。頭でわかっ
てはいても、目の当たりにするとさすがに幻滅して、気落ちなさったのではな
いか。そう思ってお顔を窺うと、それでも笑みを浮かべておいでだった。
 チョナの視線の先にあったもの、それは机の上に残った三巻の書状だった。
「それでも、ここに希みはある。そうでしょう?」
 チェ・ヨンも静かに笑って、頭を下げる。
「御意」
 そうだ。僅かでも希みがあるなら諦めない。たとえ、机の上に書状が1巻た
りとなかったとしても、そのことに目を背けたりなさらない。そんな御方だか
らオレはお傍にいるのだ。

 交代を終えたトルベらが、整列してチェ・ヨンの後ろに控える。暫くの間チ
ュンソクにチョナの護衛を任せている。一旦宿舎に戻り、用を済ませて再び夜
半過ぎに護衛を交代することにしている。ソヨン(書筵)までは、自分かチュ
ンソクが常にチョナをお守りする体勢にしていた。
 チェ・ヨンは振り返って、任務を終えた隊員たちをさっと見回す。どの顔に
も疲労の色が滲んでいる。内功を使う者達がいるせいで厳しく、密な配備をせ
ざるをえない状況で、歩哨も常以上に気の張る務めとなっていた。
「ご苦労」
「はっ」
「先に戻って休め」
「テジャンは?」
 トルベが尋ねる。
「後で行く」
 常であれば、自分たちと共に宿舎まで戻るテジャンだった。先ほどの文が関
係しているのか、それとも違うのか。いぶかしみつつそれ以上は聞かずに、一
礼したトルベと乙組の隊員たちが宿舎へと戻って行く。それを見送ってから、
チェ・ヨンが視線を甲組に向ける。配置についた甲組の隊員たちは、其々に気
力に満ちた目でテジャンを見つめ返す。チェ・ヨンは小さく頷くと、
「頼む」
 と声をかけて、康安殿をあとにする。

 角を曲がると、折から一陣の風が吹き渡る。陽はとうに落ちているのに、そ
の風はまだ陽のぬくもりをはらんで温かく、ヨンの頬を撫でる。
 ヨンは典醫寺へと向かっていた。以前の自分であれば、あの文を読んだ直後
に不安のあまり、典醫寺へと駆け出していただろう。自分を遠ざけようとする
ヨインの態度に不安を憶え、差し伸べる手を拒まれて、どうすればいいのか、
わからなくなった。
 目の前にいるのに、その距離は遥かに遠く、よく笑う方だったのに、笑顔を
見せることがなくなった。強張った顔で押し黙るヨインを見るのはもどかしく、
そして心が重かった。
 自分がキ・チョルと刺し違えれば、ヨインは無事に天界に戻ることができる。
それが自分にできる最善の策で、ヨインの一番の望みだと思っていた。ならば
それを叶えて差し上げようとした。
『だが、今は違う』
 ヨインの望みがわかった今、自分でも不思議なほどに落ち着いていた。自分
が「大丈夫だ」と言えば、その言葉を信じて「行って来い(いってらっしゃい)」
と笑みを浮かべて送り出してくれる。命を持ち帰ったことを「よくやった(お
かえりなさい)」と喜んでくれる。
『帰りを待つ人がいる』
 そう思った瞬間、ヨインと二人で見た川岸の家が脳裏に浮かびあがる。誰か
の帰りを待つ灯りは温かく、あの家を、あの灯りを目指して夜道を急いで帰る
者が目に浮かぶようだった。オレはその者と同じ心地なのだ。
『あの方は、オレを待っている』
 今日あったことをオレに話したくて待っていて下さる。そんな気がした。そ
んなことを考えているうちに、典醫寺が見えてきた。歩いていくうちに自然と
顔がほころぶ。思った通り、あの方の部屋の灯りは温かく灯っていた。

<続く>

ごめんなさい。
ウンスが登場しませんでした(汗)
書いてる私が「あれ?あれれ・・あれっ!(汗)」でした。
ムカデもウンスも次回は必ず登場しますゆえ・・・
(タイトルもまだちゃんと考えてないワタシ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。