ドラマ「信義」関連の記事を更新しています。「韓国には行ったことがありません」からブログタイトル変更しました。
お知らせ

   
   慈雨 ~ほぼ信義~ アメブロにて二次小説の記事を更新中です。  
 
   〇信義関連のインデックス一覧
      二次小説
      ドラマあらすじ
      登場人物一覧(作成中) 
      高麗末期の年表 
      50問50答  限定公開(パスワードが必要です)
      小説の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
      台本の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
            
【初めてのご訪問の方へ】
   一部の記事は、限定公開となっています。(パスワード認証が必要)
   パスワードをご希望の方は、お手数ですがパスワード希望のコメントをお送り願います
   コメントを入れる記事はこちらです(申請方法の記事にジャンプします)
     ↓
   こちら  この記事の右下にある「コメント」をクリックして申請願います
 
  


セウォル号の事故についてソン・ジナ女史が記事をアップされていましたので
意訳でご紹介します。


*****4/19 今もなお、祈ります*****

呼吸するたび、痛みでいっぱいです。

多分皆そうでしょう

夜中何度も寝返りを打って寝て覚めて、寝て覚めて・・・

昨夜おいしく食べたご飯が胃もたれしました。


それでもまだ待ちます。

5分に1回はニュースを探しながら

新しい知らせを待ちます。

多分皆そうでしょう


今もなお祈ります。

最後の結果が出ればその時悲しみます。



この国で子供を育てる両親の心が

みな繋がっているようです。

この国に友達を持った人たちの心と

この国に弟と兄を持った人たちの心も繋がりました。

その心が共に待ちます。



憎んだり恨んだり誰かのせいにする

暗い心が希望の心よりもっと大きくなれば

もしや縁起が悪いかと思って。

今は希望だけ持ったら良いです。


今は祈っています。


そして、こちらの記事が事故から9日後にアップされました。


*****停留所*****

以前にこんな言葉を使いました。

『この世は停留所だ』と・・・

.......................
時々こう考えます。
この世はただ・・・停留所なのです。
次の世に行くためにしばらく留まる所。

片道チケットを買うために待って、しばらくは周囲の人々と争ったり、
座る場所を争ったりもして、とても短い瞬間の時間を過ごす場所だと。

それなら先に行った人々はただ私より少し先にバスに乗っただけのこと。

もしかしたらこの停留所でこの時間を過ごしているのは、どこへ行く
片道チケットを買うのかを定めるための過程かもしれません。
......................

今でもそう考えています。
先に行った人たちは、どこかの停留所で新しい人生を始めたり、
でなければ最終到着地に到着していることでしょう。

珍島(チンド)の海で先に行った方々・・・子供たち・・・
もう新しい停留所に到着したんですか?
でなければ、残されたご両親や親しい人々が心配でまだ留まっているのですか?

今回の停留所に留まる時間はとても短かくて、それで心残りがたくさんあるでしょう。
大丈夫です。 振り返ることなく行きましょう。
次の停留所へ・・・

残された人々の傷は私たちが慰めあって耐え抜くから。

「黎明の瞳」という作品を30代の初めに書きましたが、その時エンディングで
一人生き残ったハリムを通してこう言いました。
『彼らは行って私は残った。私には残された理由があるのだろう』


その理由を探さなければなりません。
今・・・責任を負わなければならない人たちが、その責任から抜け出すために
目を逸らせようとして私たちを惑わせるでしょう。既にそうしています。

その目くらましに押し流されたりせずに、忘れずに、
ちゃんと見て生きなければなりません。

こんな痛みにまた遭うかもしれないと怯えながら・・・
助かった者も生きなければならなくて・・・

ちゃんと問いかけながら生きなければなりません。

時々は・・・ 先に行った人たちが羨ましいです。



お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト