ドラマ「信義」関連の記事を更新しています。「韓国には行ったことがありません」からブログタイトル変更しました。
お知らせ

   
   慈雨 ~ほぼ信義~ アメブロにて二次小説の記事を更新中です。  
 
   〇信義関連のインデックス一覧
      二次小説
      ドラマあらすじ
      登場人物一覧(作成中) 
      高麗末期の年表 
      50問50答  限定公開(パスワードが必要です)
      小説の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
      台本の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
            
【初めてのご訪問の方へ】
   一部の記事は、限定公開となっています。(パスワード認証が必要)
   パスワードをご希望の方は、お手数ですがパスワード希望のコメントをお送り願います
   コメントを入れる記事はこちらです(申請方法の記事にジャンプします)
     ↓
   こちら  この記事の右下にある「コメント」をクリックして申請願います
 
  


ドラマ「信義」に登場する王たちの年表を作ってみました。

ヨンとチャン・ビンが5年来の知り合いだとうことで、どの王様のときからだろう?と疑問に
思ってウィキで確認してみました。
左端が西暦で、王様は右に行くほど古くなります。

ヨンの師匠を殺したその年に、あの忠恵王は亡くなってますね。
ドラマでもあったようにかなり問題のある王で、自分の父親(先王)の側室を無理やり自分の
愛妾にしちゃったとか。
度重なる問題行動で元国に叱られに行く途中で死んだそうですが・・・始末されたのかな?

その後は忠恵王の嫡子が王位を継ぎますが、在位わずか4年の12歳で死去。
それで庶子だった忠定王(キョンチャン君)が12歳で即位するものの在位2年で廃位され、
恭慇(コンミン)が王となって帰国したということですね。

ドラマではヨンは若いですが、実際はウンスと知り合った1351年時点で30代だったそうです。
このドラマの制作段階でイ・ミノ氏よりも年上の俳優さんの名前が挙がってたことに納得。
作ってて初めて知ったんですが師匠を殺した王と今の王は実の兄弟だとか。
年齢が離れすぎてたので、てっきり異母兄弟だと思ってた。

こういう情報もまたドラマを面白くさせてくれるのではないでしょうか?



年表