ドラマ「信義」関連の記事を更新しています。「韓国には行ったことがありません」からブログタイトル変更しました。
お知らせ

   
   慈雨 ~ほぼ信義~ アメブロにて二次小説の記事を更新中です。  
 
   〇信義関連のインデックス一覧
      二次小説
      ドラマあらすじ
      登場人物一覧(作成中) 
      高麗末期の年表 
      50問50答  限定公開(パスワードが必要です)
      小説の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
      台本の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
            
【初めてのご訪問の方へ】
   一部の記事は、限定公開となっています。(パスワード認証が必要)
   パスワードをご希望の方は、お手数ですがパスワード希望のコメントをお送り願います
   コメントを入れる記事はこちらです(申請方法の記事にジャンプします)
     ↓
   こちら  この記事の右下にある「コメント」をクリックして申請願います
 
  


ソ・ジソプさんの幽霊(ファントム)見ました~

めっちゃ面白かった!!!
あとで知ったのですが、法医学ドラマ「サイン」の脚本家と演出だったとか。
どうりで面白いはず(笑)

序盤の意外な展開でググッと引き付けられるとあとはもう続きが気になって気になって。
寝る間も惜しんで・・・っていうか一度理性を働かせてテレビの電源を切ったものの、
続きが気になるあまり、うまく寝つけず結局また電源をつけてたーーっぷり見ました♪

「カインとアベル」ではあまりにもグロい手術シーンにギブアップしてしまったので、
ソ・ジソプさんのドラマは「ごめん、愛してる」以来です。

事前の情報をほぼ入れないで見たほうがこのドラマは面白いはず。
KNTVさんから毎月送られてくるガイドはこのドラマの情報がすごく詳しく載ってた
のですが、忙しくて詳しく読むヒマがなく、とりあえず録画してました。
サスペンスものの場合はあんまり教えてくれなくていい情報も載ってたりして、実際に
見始めると「はいはい、こうなるんですよね」って感じで驚かないこともあったりします。

・・・でも事前にあらすじが入っていたとしてもそりゃもう十分に楽しめるドラマでしたよ。
(何言ってるんだかわかんなくなってきた)

ウヒョンの友人パク・ギヨン(チェ・ダニエル)、ウヒョンを尊敬している同僚のガンミ(イ・ヨニ)、
現場主義でウヒョンと対立するクォン班長(クァク・ドウォン)、なにかとうさん臭そうな匂いが
プンプンするセガン証券の代表チョ・ヒョンミン(オム・ギジュン)。
どのキャラもドラマをグイグイと牽引してくれる魅力的な存在に仕上がってます。

サスペンス好きにはぜひぜひ見てほしいドラマです。


スポンサーサイト