ドラマ「信義」関連の記事を更新しています。「韓国には行ったことがありません」からブログタイトル変更しました。
お知らせ

   
   慈雨 ~ほぼ信義~ アメブロにて二次小説の記事を更新中です。  
 
   〇信義関連のインデックス一覧
      二次小説
      ドラマあらすじ
      登場人物一覧(作成中) 
      高麗末期の年表 
      50問50答  限定公開(パスワードが必要です)
      小説の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
      台本の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
            
【初めてのご訪問の方へ】
   一部の記事は、限定公開となっています。(パスワード認証が必要)
   パスワードをご希望の方は、お手数ですがパスワード希望のコメントをお送り願います
   コメントを入れる記事はこちらです(申請方法の記事にジャンプします)
     ↓
   こちら  この記事の右下にある「コメント」をクリックして申請願います
 
  


KNTVさんで放送されていた「屋根部屋の皇太子」を見ました。

週一の放送だったのである程度録画がたまったら見ようと思ってたのに
すっかり忘れていて、今月初めに最終回になったので見たのですが・・・

これが予想外に面白かった!!

愛する皇太子妃ファヨンが宮中の池で遺体となって発見され、皇太子ガクは
自分の手で犯人を捕まえるべく、新たに3人の部下を招集します。
でもその矢先に誰かに命を狙われ、すんでのところで・・・タイムスリップして現代へ。

ガクと部下3人がやってきたのはパク・ハ(ハン・ジミン)の屋根部屋。
で、パク・ハとガクたちの同居生活が始まるわけで・・・

ガクは現代でファヨンの生まれ変わりであるセナを見つけて彼女を追い掛けます。
でもファヨンは過去でも現代でもかなりのイヤな女(笑)

妹プヨン(ハン・ジミン)が皇太子妃の候補になったのが許せなくてわざと顔に火傷を
負わせ、まんまと候補になりかわってそのまま皇太子妃になります。
でもそれはプヨンが陰でファヨンを何くれとなく助けてくれてたおかげ。
宮中に輿入れしても自分の薄っぺらな教養がバレるのを恐れたファヨンはプヨンを常に
そばにおいて自分を取り繕い続け、何も知らない皇太子は教養深いファヨンを愛します。

やがてガクは現代で自分が愛したファヨンがひどい女だったと気づくわけですが・・・

最終回は号泣しながら見てしまいました。
どうなることかと最後までハラハラして見れたし、ストーリーの締め方も無理がない
いい感じで終わったと思います。

よかったですよ~♪
スポンサーサイト