ドラマ「信義」関連の記事を更新しています。「韓国には行ったことがありません」からブログタイトル変更しました。
お知らせ

   
   慈雨 ~ほぼ信義~ アメブロにて二次小説の記事を更新中です。  
 
   〇信義関連のインデックス一覧
      二次小説
      ドラマあらすじ
      登場人物一覧(作成中) 
      高麗末期の年表 
      50問50答  限定公開(パスワードが必要です)
      小説の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
      台本の翻訳記事 限定公開(パスワードが必要です)
            
【初めてのご訪問の方へ】
   一部の記事は、限定公開となっています。(パスワード認証が必要)
   パスワードをご希望の方は、お手数ですがパスワード希望のコメントをお送り願います
   コメントを入れる記事はこちらです(申請方法の記事にジャンプします)
     ↓
   こちら  この記事の右下にある「コメント」をクリックして申請願います
 
  


第57回
ゴヌの告白に慌てたウンジェは、彼は同情を愛だと勘違いしてるとミン女史にとりなすのに、ゴヌは
違う!ってウンジェへの気持ちを語ります。
だけどこれじゃ妹ソヒとの逆パターンじゃんって思ってたら、ゴヌもそう思ったみたいでソヒは
こんな気持ちだったんだ・・・って止められない想いの苦悩をつぶやいたりするし(笑)

復讐に突っ走るウンジェを愛してもつらいだけだからとゴヌを説得するけど聞く耳もたないので、
ミン女史は娘ソヒが兄であるゴヌを愛して自殺したことをウンジェに告白し、彼を思いとどまらせて
欲しいとお願いを・・・。

義父は娘スビンにゴヌと仕事する機会を与えて何とか二人をくっつける算段をするんだけど、
「そんなのゴメンだわ」ってスビンはアッサリ却下。
社長の娘だから誰も見合いを断らないだろうっていう父の考え方がおかしいってスビンはちゃんと
わかってるんだよね~(あの家で唯一まともなキャラだよ)

ハヌルがオッパとキスして一緒に寝たから妊娠したって言い出したから当然誤解した義父がガンジェ
を会社に呼び出すんだけど・・・チンピラだけど女性にそんなことしないし、もう家に叔母さんを
来させないで下さいと怒って出て行っちゃうガンジェ。(ちゃんと話を聞けばよかったのにね)

エリはギョビンを30分おきに電話して居場所を確認してものすごいうっとおしいほどの執着ぶり。
ウンジェは借用書をもってエリのサロンに行き、もうすぐ自分のものになるお店を下見にきたって
言い出したから「はぁ?」って気色ばむエリ。
だけどウンジェが見せた借用書に、いつものごとくカーッとなったエリはウンジェに水をかけて、
ちょうどそこにギョビンが入ってきたからウンジェは「和解しようと思って来たのに」って泣いた
フリを・・・またエリが暴れたと思い込んでるギョビンはウンジェをかばってエリを怒鳴りつけ、
踏んだり蹴ったりのエリちゃん。

その後ギョビンは気分転換したいっていうウンジェを出張先へ誘い、ゴヌからの電話には彼と今晩
夜を共にするって突き放したようにウンジェがいい、慌てまくるゴヌ。
エリも夫と電話が繋がらなくて、工事現場へ電話したら社長は奥さんと一緒にいると言われて、
ゴヌもエリも車に飛び乗り出張先へ・・・
-----------
第58回
ウンジェはギョビンとそうなる覚悟はして・・・なかったみたいでギョビンに買い物に行かせて、
トンズラしてたんだけど、それを知らないゴヌはギョビンを見つけて彼の前に立ちふさがって、絶対
行かせまいとしてました。(無駄な努力だったんだけどね)
ギョビンが部屋に帰ったすぐ後にエリがやってきて蒼白になるギョビン。だけどどこを捜しても女は
いなくて・・・だけど浴室に『ごめんなさい。先に帰ります』ってメッセージがあったからエリの
怒りは頂点に!「あんたが大事にしてる女(ミン・ソヒ)を八つ裂きにしてやるっ!!」って、
ものすごい迫力に怯えるギョビン。

ゴヌは途中でウンジェを拾って、そばで見守ると彼女を抱きしめるけどやっぱウンジェはミン女史が
心配するから思い留まって欲しいのよね。自分を愛してくれて嬉しいけど応える気持ちはないみたい。

ウンジェが開発した副作用のない自然派化粧品を大手が20億で契約したいって話が持ち上がり、
それを聞いたエリは自分の夫に手を出した報復に、副作用がないなら作ってやろうと化粧品に注射器
で有害物質を注入。だけどその化粧品の一部と注射器をハヌルがコッソリ持って言っちゃった!

そのせいでハヌルが具合悪くなったのかと思いきや・・・なんと想像妊娠!
医者から気の病が一番悪いと言われた義父はガンジェにもうしばらくハヌルと会って欲しいとお願い
するんだけど、断るガンジェ。
だけど、ハヌルは自分たちの家族に心を預けたと言われ、憎いのは私であの子じゃないはずと懇願
されるとさすがにねぇ・・・結局ハヌルはまたウンジェの家に通いつめるみたい(笑)

エリは例の化粧品をウンジェが契約するはずだった会社に有害物質入りの化粧品を送りつけて契約を
つぶし、自分たちも化粧品を売り出そうと、海外の自然派化粧品を輸入して容器を詰め替え、ベラの
商品として売り出そうと画策を(バレたら訴えられるよ~)。
ミン女史はウンジェが契約が失敗に終わったことと副作用の話を聞いてピンとくるものが・・・
実は今日ウンジェ両親の家に行ったときに遊びにきたハヌルがエリの部屋にあった化粧品と注射器を
持ってきてたという話をします。その注射器と化粧品に入ってた有害物質は同じものだと判明し、
汚い手を使って自分を妨害するエリに我慢できないウンジェ。
----------
第59回
ゴヌは初めてあの家政婦さんがウンジェのオンマだと知ってビックリ。だけどその家を経由して証拠
を入手したことは誰にもいえないから警察にも話せない。
それでエリのサロンに行ったウンジェはエリが有害物質が入ってた薬のビンを捨てるところを目撃。
エリに会い「見たわよ、ビンを捨てるところを」と言われて動揺しまくりのエリ。だけどその報復に
ウンジェは借用者の元金を今日中に返せとムチャな要求を。
「お金がないの?」って勝ち誇ったように出ていくウンジェにヒス起こしまくりのエリ。

ウンジェはさらにギョビンに電話して家に行きたいし、ベッドも見たいとわがままを。
慌てたギョビンはオンマやニノを外出させてソヒを迎え、ウンジェは懐かしの婚家に帰ってきます。
自分ほどできた夫はいないっていうアホなギョビンの話に付き合いながら、さりげなく自分のことを
聞くんだけど、本人を目の前にして「あの女は詐欺だった。妊娠を武器に一家総出金を取った」と
言いたい放題のギョビンに、ぎゅううっと握りこぶしに力をこめて耐えるウンジェ。
(悔しいよね、ウソばっかりだもん)

ガンジェはハヌルといい雰囲気♪ ハヌルが家では義姉に「とんま」といわれてると話すと、字が
読めれば充分です、とんまじゃないですよとフォローするガンジェ。
だけど・・・ハヌルは字が読めなくてあ然としたガンジェは「字ぐらい教えろよウンジェ」
と亡き妹に文句言いながら、結局毎日一時間ハヌルに字を教えてあげることにしたみたい。

エリはウンジェに差し押さえのビラをサロンの備品に貼られて怒りまくり、ウンジェのところに殴り
込んでいくけど、ウンジェが自分のネックレスや指輪をしてるから「誰から盗んだのよ!」って
掴みかからんばかりの勢い(家に行ったときにウンジェが盗み出してたのよね)。
「夫よりお店のほうが先じゃ?」って挑発されて、今日中に10億作ってやる!とタンカを切って
出て行ったエリ。

実は義父が金塊を自宅に持って帰って隠してるのをエリが見ちゃって、あれで金を作ろうと姑を外
に誘い出して、まんまと金塊を持ち出すことに成功。
しかもエリと入れ違いにガンジェが眠ったハヌルをおぶって家まで来たもんだから、ニヤリと笑う
エリ・・・そして義母が帰ってきて金塊が盗まれたと大騒ぎ!
--------------
第60回
義母は当然ガンジェが金塊を盗んだと誤解して、エリからの電話で外出したことをエリに八つ当たり。
エリはしらばっくれて「大変!」なーんて言って、そのことをギョビンに連絡。
ちょうどギョビンと一緒にいたウンジェも兄の名前が出てる話題に心配してたけどエリに呼び出され、
10億を金塊で払うと言われます。
それを自分の車に積み込んでもらうときに素早くエリの車に盗んだネックレスと指輪を忍びこませる
ことに成功したウンジェは約束通りエリに借用書を渡してエリはそれを破棄。
金塊は番号がふってあるから盗品を換金すると罪になるから換金できなかったエリは金塊の渡し、
何かあってもしらばっくれるつもりみたい。

ゴヌは会長の部屋に行った時に例の写真を見てしまって・・・オンマと会長には何か過去があるの
ではと疑って、オンマにウンジェの家族に目的があったから家政婦にしたりしたんじゃ?と詮索を
するけど、そこはホントに偶然だから誤解だというけど、写真のことはちょっとビックリしてたね。

義母はウンジェの実家に乗り込み、ガンジェをドロボウ扱いしてギャアギャア騒いで暴れまくり、
ちょうどあった事業資金をみつけてやっぱりお前が盗んだのねと確信して大騒ぎ。
事情がわからないまま暴言吐かれて悔し泣きのウンジェ母はミン女史に連絡してきて、ウンジェは
エリが急場しのぎに婚家の金塊を盗んで、その罪を兄にかぶせたと知ります。

エリは店の件が片付いたので今度はネックレスと指輪の件でギョビンを糾弾するけど、ホントに何も
知らないギョビンは「何言い出すんだ!」って怒るけどそれで収まるエリじゃない。こうなりゃ3人
で話をつけようじゃない!っていうことになり、夫を連れて自分の車でソヒのところへ行こうとして
ギョビンが座席の床に落ちてたジュエリーBOXを見つけて「これはお前の自作自演か?」って
怒っちゃって、お前が望むならミン・ソヒの男になってやるさ!と言い捨てて出ていっちゃいました。
(興奮して追及しすぎるからウンジェが仕掛けた罠により一層落ちていく性のエリちゃんです)

ゴヌは事情を聞いてガンジェと一杯つきあおうとして、出かけるウンジェに送ってもらいます。
だけどゴヌが財布を忘れちゃって届けたウンジェは兄がベロベロに酔っ払ってつらそうにしてるのを
見て泣いちゃって・・・そっと抱きしめてあげるゴヌ。

エリは家でお酒ガブガブ飲んで姑にウンジェが自殺じゃなくて、夫が海に連れていったんだとバラして
浮気する夫なんかもう我慢できないと姑とぶつかります。
姑も見張りしてた金塊盗まれてピリピリしてるし、その上息子を犯罪者呼ばわりされてカンカン。

ウンジェはギョビンからネックレスと指輪の話を聞いて作戦がうまくいったことを確認し、部屋を
とったんだけどギョビンがウンジェの酒に睡眠薬を入れてるのをみたウンジェはグラスを取り替えて
彼を眠らせることに成功し、彼のシャツをはだけた画像をエリに送り付けて・・・

<つづく>

ギョビンはさぁ、手に入れたい女にはこんな手を毎回使ってるのかねぇ、全くサイテーな男だよ。

化粧品の詰め替えとか金塊のことっていつバレるのかなぁ?
めっちゃワクワクするぅ~ 
エリってやられっぱなしではすまないからやっぱこれぐらい反撃してくれないとね。
ギョビンのことも、あの浮気はもう病気だ!ってあきらめるかと思いきや、やっぱニノの父親だし、
自分が苦労して手にいれたものだから価値が下がっても手放したくないのね~
執着が破滅になっていくよ(フフフ)

スポンサーサイト
第21回
混乱して怯えるヒョンウを連れて家を早々に出たウニョン。ヒョンウには帰りの車の中で、私の父は
あなたを怒ったんじゃなくて私を叱ったのよって説明するけどうまく理解できないヒョンウは帰って
くるなり寝込んじゃって・・・ジョンオクは事情を聞いてしばらくは実家に行かなくていいわと
一刀両断。(ウニョン父ってば実家に行かなくてもいい口実を作らせちゃったじゃない)

娘が帰ったあとで「もう!お父さんてば!」って大人気ない行動に腹を立ててたウニョン母ですが、
夫が何にも食べようとしないので心配もしてて・・・
ところでボヨンの元夫が彼女の家がいきなりリッチになったと近所で聞いてウハウハしてて、
またボヨンに接近してきそう。(こういう小ずるい男がトラブルのタネになるんだよねぇ)

ジョンウはナギョンから弟夫婦をディナーに招待しようと言われ、表面上は賛成したようにみせて
内心かなり苦い顔だけどつとめて平静を装います。
(二人とも表面上は関係修復したように見せかけてるけど・・・ダメだね、こりゃ)
そんなことよりジョンオクを破滅させるべく、父の友人で当時デパートの顧問弁護士だった人に連絡を
とって何とかジョンオクを会長の座から引きずり下ろすのに必死なジョンウ。
だけど弁護士も父が死ぬ前にジョンオクにこてんぱんにやられてるからものすごい弱腰だし、当時は
お前の父親も頑固で無理していたから死ぬことになったんだと協力を拒む弁護士をくどき落として
何とか協力を得ることができたジョンウ。
でも弁護士とジョンウが会ってるところをジョンオクにバッチリ見られてるし(運の悪いオトコ)

ジョンオクが家にいるときはほぼヒョンウの面倒みてるからウニョンがすることないし、もしかしたら
ヒョンウが一人で出来るかもしれないこともジョンオクが助けちゃってるのかな?
ウニョンは兄夫婦の家に招待されることを聞いてヒョンウにおとなしくしてないとダメよって言い
聞かせて家に行くんだけど、家に呼ばれるとやっぱジョンウがホントに結婚してるっていう現実を
目の当たりにさせられて動揺が出ちゃうんだよね~

しかもお高くとまってるジョンウ母ってばジョンウが席を外してるときに限って昔の男のことで嫁の
ナギョンが止めるのをふりきって、しつこくウニョンに何回も聞いちゃって・・・
誤解を解こうと「彼には他に家柄のいい女性がいて、離婚できないから愛人になってくれと」言われた
ことを話すんだけどちょうど入ってきたジョンウに「ヒョンウは透明人間ですか!」と注意されます。
(ヒョンウを無視して昔の男の話を人前でベラベラしゃべるなってことね)
ま、ウニョンも確かに悪いけど、ジョンウは単純に自分の身内に浮気をバラされるんじゃとビクついて
過剰反応したってことだよね。でもウニョンが話したのはホントのことだもんね~
-----------------
第22回
ウニョンはジョンウの前で自分たちも幸せな夫婦だと思わせたかったんだけど、ヒョンウがウニョン
の言葉通りにいろんなおかずをバクバク食べて、満腹なのに食べ過ぎて具合が悪くなっちゃって。
しかもオウムみたいにウニョンが家を出るときにお願いしたことまで皆にしゃべちゃってバツが悪い
ウニョンは帰りにイラッときて彼に怒ってしまいます。
(ま、ジョンウの前でカッコつけようとした自分に一番腹が立ってたんですが)

看護婦さん(ウニョン)を怒らせてしまいパニくったヒョンウはウニョンが目を離したスキにいなく
なり、ナギョンやジョンウにお願いして周辺を捜すけど見つからなくて途方にくれるウニョン。
ジョンオクからの電話に、心配させるといけないからってジョンウとナギョンに言われて、ヒョンウと
一緒にいるって嘘言っちゃったウニョン。
ちょうどその時ジョンオクはさまようヒョンウを見つけたのに、ウニョンには言わずに連れて帰り、
泣きながらウニョンが「ヒョンウがいなくなった。自分が悪いんです。どうしよう」って電話をして
きてやっと「ヒョンウは家にいるわ」とだけ言って電話を切ったジョンオク。

泣いてたウニョンは状況が理解できないんですが・・・ジョンオクは息子を見失ったウニョンを
許せなかったのかな?ヒョンウの面倒を見れなかったウニョンは反省。
当分の間ヒョンウの外出は禁止になり、二度と同じ事がないようにとクギを刺すジョンオク。
嫁のウニョンにしてみれば結婚してからジョンオクがちょっと理解しにくい部分が出てきてるみたい
なんだけど・・・それがホントのジョンオクさんですよ~

ヒョンウに「昨日は私が悪かったわ。ごめんなさい」と謝って、これからはそばを離れないと約束し、
ウニョンが手を握ってやっとヒョンウに理解してもらったみたい。
苦労して結婚させたから一回だけはミスは許すつもりらしく、翌日からまた優しい姑になって接して
くるジョンオクにウニョンは混乱気味。

ジョンウ母とナギョンはウニョンの昔の男がひどいヤツだったことでジョンウとの会話で話題に出す
んだけど・・・バツが悪くて寝たフリしたり、話をそらしたりと忙しいジョンウ(笑)
ジョンウ達は海外にいるときに不妊治療をしたけどダメだったみたいで、そのことをジョンウ母には
話してないから、早く孫を生んでと催促されたナギョンはイヤな顔・・・いっそジョンウ母に話そう
としてジョンウが止めてるもんね。(しかも今は夫から心が離れてるナギョン)

ボヨンの元夫チュ・ホンジンは母子がやってるスパまでやってきて、ボヨンに見つかりボコボコに
されてました。(復縁は・・・ナシかな?)

ジョンオクはあの弁護士を見つけて呼び出します。どうやら最後にカン会長(ジョンウ父)を
裏切ったのは長いつきあいしてたこの弁護士だったみたい。 
だけどそのことを知ってるのはジョンオクだけだから、今のうちに手を引きなさいとジョンオクに
言われてさっさと身を隠す弁護士。
ジョンウは弁護士アジョッシからいきなり手を引くと電話をもらって慌てて捜すんだけど、自分の
お抱え運転手がナギョンの命令で自分の行動を見張っていると知って・・・
---------------
第23回
ジョンウは秘書を許す代わりに今度はナギョンを見張るようにさせたのかな?妻の行動にちょっと
怪しいところがあると思ってるねぇ~

シヌはウニョンが嫁に来てから一度もウニョンと一緒に食卓についたことがなくて、そのことでモメて
イラついたシヌはウニョンが用意したご飯を捨てちゃって・・・さすがに食べ物を粗末にすることに
腹をたてたウニョンだけど、あとでそれを見ていたナギョンに慰められて「私に優しくしないで」と
泣いてしまうウニョン。(申し訳ないんだよね~こんな優しい人を騙してる自分が)
シヌはとにかく誰にでもケンカ売って歩いてるのよね~ジョンウ母ばかりかウニョンの味方をする
ナギョンにまで年下なのに無礼な態度とってるし・・・何が彼女をイラつかせてるんだか。

ボヨンの元夫ホンジンは借金取りから一人で逃げてボヨンを置き去りにして離婚したんだけど、後悔
してる、許してくれるなら死んでもいいっていうからボヨンがオンマのところに連れていこうとしたら
ウニョン母を見た途端にピューッと逃げちゃいました(笑)

ウニョンは家のすぐそばにあるコンビニまでヒョンウと一緒に牛乳を買いにいこうとするけど、それを
みたジョンオクが道で滑って転んだら危ないと外出させてもらえなくて・・・(過保護なママだよ)
ヒョンウは新聞の記事とか暗記できるほど記憶力がいいんだよね~ 彼の才能に気づいて自分のこと
のように嬉しそうなウニョンがいじらしい。

ウニョン父は酒飲んで、妻にお前は夢が叶っただろ?って皮肉を言っちゃって・・・自分たちが喜んだ
フリしていれば娘は幸せなんだからそれもできないの?って妻に言われて、不憫な娘のためにそうして
あげたいけど真面目に生きてきたからそれも出来ず、なんとも不器用な父ですなぁ。

ナギョンはジョンウ母にいきなり漢方の店に呼び出され不妊治療のために漢方を飲むように薦められる
けど、夫婦の問題だからと珍しく怒って出て行っちゃって・・・避難場所みたいにミンジェの部屋で
くつろぐナギョン。
そのころジョンウは自分が売り払った別荘の買い主がナギョンだと知り、家に帰って妻のドレッサーを
引っかきまわして別荘の権利書を見つけます。
ジョンウはオトコと過ごすためにナギョンが別荘を買ったと誤解したみたいで、ベロベロに酔っ払って
ナギョンを抱こうとしたからナギョンがすごくイヤがって・・・
(当然だね、亭主の信頼はもうないし、ミンジェに癒されてるんだもん)
----------------------
第24回
ナギョンは二度も結婚に失敗したくないし、ジョンウはジョンオクに復讐するためには義父の力が
必要だってことで、二人ともお互いの浮気に傷つきながらもこのまま知らないフリして生活するみたい。
ジョンウ母には不妊治療をしてるって嘘もついてたナギョンでした~(密会も続行中)

ウニョンはジョンオクにデパートの重役の奥様連中?の会合に出るようにと言われて一人で出かけよう
とするんだけど、シヌがウニョンを騙してヒョンウも連れてくるようにって伝えたから、ちょっと
おかしいなと思いつつも二人で出かけるウニョン。

ヒョンウはデパートに来たことがなくて見るものすべてが珍しく、ウニョンの髪に髪留めをつけて、
そのことを知らずに歩きまわったウニョンは店員に呼び止められて、ドロボウ呼ばわりされます。
騒ぎを聞きつけてジョンウが対応するけど、その様子を遠くでジョンオクが見ててヒョンウだけ連れて
先に帰り、ウニョンは置いてけぼり。(ヒョンウはウニョンを心配してて、オンマは苦々しい気分)
そんなウニョンにジョンウが「だから止めたのに」って言われて、ウニョンは自分を責めるチャンス
だろうけど、今日はもう勘弁してちょうだいってボロボロのプライドかき集めて強がるけど後で実家に
電話して、辛い気持ちを何とか奮い立たせようとしてました。
その電話で何を思ったのかウニョン父はサウナの仕事を手伝いはじめ、ウニョン母は感激。
ボヨンは元夫となし崩しに元サヤに戻っちゃったね~

ジョンオクはヒョンウを真綿でくるんでケガしないよう、心が傷つかないよう大事に大事に育ててきた
から当然世間にも息子に障害があることをひた隠しにして生活してきたのに、ウニョンがしでかした
ことでヒョンウはいずれ自分のものになるデパートでドロボウ呼ばわりされて、傷つけられたことで
ジョンオクはウニョンに怒り爆発。
謝るウニョンに「あんなに外出禁止だって言ったのに・・・今すぐ出ていって!」と大声で怒鳴り、
隠してたホントのジョンオクをぜーんぶ見せちゃった(笑)

ウニョンは自分を陥れたシヌに「今回の件で一番傷ついたのは私じゃなくてお兄さんよ。あなたは
方法を間違ったわ」と言い、さすがにちょっと失敗したな~って顔のシヌ。
すごーく疲れたウニョンはこういう時に慰めてくれることを知らないないヒョンウに、
「肩を貸してくれる?」ってお願いし、ヒョンウは寄りかかられてドキドキしてるみたいだけど
ウニョンはどこにも逃げ場がない結婚生活が辛そうで・・・(夫にもかばってもらえないもんね)
---------------
第25回
ウニョンは今まで床で寝てたのね・・・ヒョンウは寝るときは一人っていう習慣があったから、彼を
混乱させないようにヒョンウが寝てから同じ部屋の床で寝てたウニョンでした~(気の毒)

ジョンオクはウニョンが作った朝ごはんの味に文句つけて嫁イビリ。そこへアン秘書が血相かえて
やってきます。実はヒョンウをドロボウ呼ばわりした店員を解雇しちゃって、店員がネットで解雇の
ことやヒョンウのことを書いたからそれが大きな記事になってしまったみたい。
ジョンオクは早速ジョンウを家に呼びつけて、記事をもみ消せ!と簡潔に難しい注文をつけます。
却って騒ぎになるというジョンウの意見は耳に入らず、ヒョンウを守るためには何だってやってやる
つもりのジョンオク。(対応が悪かった店員も悪いけどさすがに解雇はないよねぇ)

ヒョンウはほとんど外出したことなくて、近所の人も彼の存在を知らないほどでホントに世間から隔離
されて生活してて・・・必要なものはオンマが家に持ってこさせてそれを選ぶっていうパターンの生活
にあ然とするウニョン。彼にはもっと外の世界を知って欲しいのにジョンオクが過保護すぎるのよね~

ウニョン父は家に訪ねてきて、ジョンオクにもすごく丁寧な態度をとるし、ヒョンウにも優しく接して
あまりの変わりようにみんなをビックリさせます。
家もサウナもとりあえず受け取るけど、生涯かけて働いて返すっていう覚書を持ってきてジョンオクに
返す意志があることを知って欲しかったみたい。で、その気持ちをくんで受け取ったジョンオク。

晴れ晴れとしたウニョン父ですが、家に帰ればひと騒動。なんとボヨンがホテルから朝帰りするところ
を近所の人に見られてて、オンマが相手を家に連れてこいというから元夫を連れてきたらさっそく
オンマにボコボコにされてて(笑)だけどボヨンは夫をかばって、離婚届を出してなかったからまだ
夫婦だし、夫を更生させると両親に話します。(どうだろうねぇ・・・)

ナギョンはペアの生活用品をそろえてミンジェと恋人気分。ミンジェってナギョン父が怖くて二人の
仲がダメになったみたい。その後結婚した男は別の女性と熱愛中で、ジョンウと結婚したのね。
ジョンウは二人で話をする時間が欲しいみたいだけどはぐらかすナギョンちゃん。

ジョンオクから「あのデパートはあなたのもの、だからこの髪留めもあなたのものなのよ」って言われ
たヒョンウは、その髪留めをウニョンにプレゼントするけど当然受け取らないウニョン。
「これはあなたのものじゃない、お金を払って初めて自分のものになる」というウニョンの言葉に、
ヒョンウは「オンマが間違ってる」と初めてオンマの意見を否定して、ショック受けるジョンオク。
そんなこと息子にふきこんだウニョンはますます憎たらしい存在になっちゃった。

ウニョンの実家にある連絡が・・・5年前に男の子を養子に出されましたよね?っていうその電話に
めっちゃビックリしてるオンマ。
むむむ?ウニョンが産んだ子は死産じゃなくて養子に出してて、しかもそのことをオンマも知らない
ってことは・・・あのアボジが??
第11回
兄を殺したばかりか娘のラヒにまで心の傷を負わせるようなことをしでかしたワン・ジャシルを
許せないチェ・リは離縁しようとするんですが、モ・ハソがそれをとりなします。
あなたのためにやったのだからと言われてもやっぱり肉親を殺したワン・ジャシルを簡単には
許せないチェ・リは自分の後継者はチャミョンだと断言。(やっぱりチャミョンが邪魔になるね)

ムヒュルはワン・グェンが死んだ隙をついて楽浪を攻めようと兵を集めるけど、ソン・メソルスの
実家(義父)が兵を出すのを渋っててイマイチ兵力が集まらずいまいましく思ってたんだけど、
とにかくホドンに跡を継がせないで欲しいっていうのが彼らの第一希望なもんだから今回はさすがに
考え込んでるムヒュル。
もしムヒュルがその要求をのめば、スジリョンが寵愛を受けることになるからヤバイと思った
メソルスは女官長に頼んで生理を止める薬を処方してもらい、「閉経したら抱いてやる」って
言ってたムヒュルを騙して抱いてもらおうとするみたい。
(あーやだやだ、あのオッサンとのこんな駆け引きに寒気がする)

心に傷を負ったラヒを慰めようとチャチャスン一座を招いたモ・ハソ。
座長チャスンがプックを板にくくりつけてグルグル回し、そのプックめがけて短剣を投げる芸を見せ
ようとするのに、それまでボヤーンとして興味なさそうだったラヒがニヤリと笑い、スッと出てきて
勝手に短剣を持ち出してプックに投げようとしたもんだらモ・ハソが慌てて止めます。

だけどワン・ジャシルに、これでラヒが治るかもしれないし、ラヒは剣術の練習もしてるわって
甘言をささやかれてモ・ハソもついにあきらめ、ヘンカイの「大事な妹だからやめてください」
って訴えてるのに、当のプックが「(ラヒにとりついた)悪霊を退治できるななら」って変に
自信ありげにいうもんだから結局ラヒが短剣を投げてしまい、素人だからやっぱりプックの左肩を
かすめて傷を負わせます。
モ・ハソは「なんてことを!」ってラヒをペチンとぶって、ケガして大泣きするプックに駆け寄り
抱きしめてあげるんだけど、私にはモ・ハソがなんでプックを抱きしめるのか理解不能。ラヒへの
あてつけにしか思えない、じゃなきゃその場の雰囲気で「ごめんね~」って感じかな?

この後プックはモ・ハソに傷の手当てしてもらうけど、胸の傷はギリギリ見えないんだよね~
(あ~すれ違いだわ)ごめんねって謝るモ・ハソに「病気でも殺そうとするなんて許せない」と
怒りまくりのプック。(じゃあ的になるなよって話ですが)
この件でプックは剣術を身につけようと決心したみたい。

ラヒは恐ろしいことするワン・ジャシルの娘だってことがイヤ!っていうんだけど。売り言葉に
買い言葉で「私もキライよ」っていっちゃうワン・ジャシル。
ラヒが「モ・ハソが私のオンマならよかった」っていうもんだから、そのオンマは昔あんたを
池で殺しかけたのよ、本当だから聞いてみるといいわって余計なこと言っちゃってラヒの心の傷を
えぐり、モ・ハソもそれをラヒに直接聞かれてグッと言葉に詰まり「チャミョンを助ける」と言って
しまいます。ラヒがショックを受けて立ち去ったあとで「チャミョンを助けてラヒと共に死ぬわ」
ってつぶやくんですが、それをラヒに最後まで言ってあげればよかったのにねぇ

モ・ヤンヘは夫を殺したのはワン・ジャシルだって確信してて、絶対殺してやる!って決意を。
兄が死んで跡取りになったワン・ホルはまだ少年だから実の姉が兄を殺したなんてまだ信じられない
ことだし、血縁で争うのはどうしてもイヤだよねワン・ホル君。
夫の遺体を前に怒りまくったモ・ヤンヘはチェ・リの屋敷へ行き、ワン・ジャシルに向かって火矢を
放ち・・・
----------------
第12回
ワン・ジャシルはモ・ヤンヘの火矢で右肩から腕にかけて大火傷を負い、屋敷もあちこち火をつけ
られて大変な騒ぎに。
絶世の美女が台無しとばかりに嘆くワン・ジャシルなのに、ラヒは自業自得よってガキのわりに
痛いところを突いてくるし(笑)(伯父さんを殺したのはオンマだもんね)
モ・ヤンヘはこの騒ぎを起こしたことで捕まって牢屋に入ってて、モ・ハソがいろいろと心遣いを
してくれるので次第に彼女にだけは心を許したのかな?(憎いのはワン・ジャシルだけか)
チェ・リは夫を殺された仕返ししたモ・ヤンヘを処罰することができなくて躊躇してて、イラついた
ワン・ジャシルが家臣たちの前で火傷をさらして極刑を訴えたからモ・ヤンヘの命は風前の灯火。

プックはヘンカイが病気なのにミチュが医者に診せてくれないから、金目のものをお金に替えようと
団長夫婦の荷物を物色して、血で汚れた産着とかんざしを見つけます。
あとでソソ(団長の娘)からそれを着ていたのが自分で、胸にかんざしが刺さっていたことを聞いた
プックは捨てられた上に、殺されかけてたことにショックを受けて、親を探すのはやめて欲しいと
ヘンカイに泣いて頼んでました。

ホドンは楽浪のチェ・リのところにいってラヒに求婚するつもり。ソン・メソルスは生理を止める
薬の副作用でフラフラしちゃって、どうやらそれがムヒュルの同情を誘ったかな?

ラヒは自分よりチャミョンを選んだモ・ハソを避けてたんだけど、やっぱ苦しくて苦悩をぶつけ
「オンマが悪かったわ」とモ・ハソがラヒを抱きしめて仲直り。

団長夫婦は舟に乗った子供を拾わなかったか?って知らない男に聞かれるんだけど、事情がよく
わからないからとりあえず知らないととぼけます。
(あとで問題なければ二人を引き渡して報酬をもらおうってわけだけど・・・)
育ての親としてちょっと状況を見守ろうっていう夫婦の会話を偶然聞いてしまったホ・ゴクは、
それがチェ・リの娘だと確信します。(舟に乗せて捨てるときに自分も一緒にいたもんね)
こりゃいい復讐の材料があったわいとほくそ笑むホ・ゴクに、何も知らないプックが自分の産着に
書いてあった「吉祥」っていう字をなんて読むのか聞いちゃったから、プック=チャミョンだと
ホ・ゴクにだけバレてしまいました。

チソはワン・ジャシルにそろそろチャミョンが見つかりそうだと報告し・・・

<つづく>

ますます面白くなくなってきました(汗)
私が大好きなメロっぽくもなく、主要人物たちの恋愛モードもなく・・・ヤマ場もなく・・・。
視聴を挫折しそう・・・今週は倍速で見ちゃった。

恋愛モードがない上に子役が誰一人としてけなげじゃないし、可愛げがない。
唯一ヘンカイがまともに見える(笑)
プックもラヒもまあ~可愛くない。子供らしいっていえばそうなんだけど、いじらしく思える部分が
なくて、生意気で憎たらしいだけでまーったく観る気になれません。
これから先の経験でできた人間になるのかもしれませんが、その過程となる子供時代もけっこう重要
なのに、なんだかねぇ・・・個人的にホント好きになれない(笑)

来週からやっと成長して恋愛モードに入っていくのかな?
第16回
ヒョンウの結婚にあんたの許可は求めてないわよっていうジョンオクに、ボクはヒョンウの兄ですって
いうジョンウ。
反対する理由は?って聞かれて、結婚式場から逃げたし金目当てだしって言うジョンウに、金目当ての
結婚なら文句は言えないはずだし何よりお前とは違ってヒョンウは相手を愛してるわよって言われて、
完全にジョンウの負け(笑)

ほなこれならどや!って感じでジョンウは身辺調査した結果ウニョンに出産経験があったんですよって
ジョンオクに暴露するんだけどジョンオクにいきなり一喝されちゃってあ然なジョンウ。
そんなのとっくに知ってたし、一個ぐらい弱みがあるほうがお前みたいな裏切りはしないしね!って
当てこすられて立つ瀬ナシのジョンウは、子供の父親が自分だとは告白できずすごすごと部屋をあと
にします。(意気地のないオトコだし、小細工ばっかりだよ~)

部屋の外でウニョンは二人の話を立ち聞きしちゃって、自分を貶めることばっかり言うジョンウに
腹を立ててるんだけど、ヒョンウの牛乳を買いに出たところでジョンウに車に押し込まれてしまいます。
「よくもあんなことを・・・子供に悪いと思わない?」って彼の態度に怒るウニョンに、こうさせた
のは君だって責任をスリスリとなすりつけてくるジョンウに、真実が明るみに出たら全てを失うのが
怖いからでしょ?でも私にはもうなんにもないの、だから結婚するわっていうウニョンに、これ以上
進んだら取り返しがつかなくなるって声を荒げる身勝手ジョンウ君。
「困ったわ(ニヤリ)、私の心配を?どうしよう・・・もう手遅れよ」って静かに涙を流すウニョン。
騙されるヒョンウの身にもなれって言うジョンウに、
「(あなたにとって)それほど大事な弟じゃないでしょ?私と一緒で」
って鋭いところを突いてくるウニョンちゃん。

ジョンオクはジョンウのことを「私に不満の多い子だから許して」って言うとウニョンは、今はまず
ヒョンウの健康を一番に考えてるってジョンウのことなんか眼中にないって態度を示します。

ナギョンはジョンウ母に「もし彼が浮気したら誰の味方になります?」って聞かれて飲んでたお茶を
吹き出しそうになるほど慌てるジョンウ母(嘘がつけない人ねぇ~)
「も、もちろんあなたの味方よ。人の夫を取るなんて!」って言ってるけど、絶対息子の味方だよね。
ナギョンが息子の浮気に気づいたんじゃないかと気が気じゃないジョンウ母でした~。

彼の行動を調べて日本に出張に行った日に夫が高速を利用してるってわかってその近辺に別荘の探りを
入れたナギョンは最近売りに出された家を見にいきます。
そこで自分が夫のために用意したサプリメント入れを見つけて浮気を確信!し、気にいったから週末の
別荘として契約するわって買っちゃった。(ジョンウは蒼白になるよきっと グフフ)

ウニョンが家にいることが気に入らないシヌですが、ウニョンが看病してるだけで結婚はないと答える
と「その言葉もう一度信用してあげる」って上から目線の態度。
(ジョンオクに気に入られてるウニョンが気に入らないのかな?やきもちシヌちゃん?)

ジョンオクはウニョン母が働いてる食堂に行き、サウナに連れ出して結婚とは関係ナシに管理人として
働いて欲しいとお願いを。身の程をわきまえてますからって遠慮するオンマだけど悪い気はせず。

ジョンウはこないだ失敗した業務提携の話を諦めきれず、義父にも力になって欲しくて相談するけど
「自分の地位は自分で守れ」って言われちゃって助けてもらえず。
(当たり前だわさ 嫁の父の力を頼りすぎだっつーの)
そんなとこへ不動産から家が売れたって聞いてちょっとホッとするジョンウだけど、不動産から奥様
にも家のことを話したと言われて・・・ビビッてご機嫌取りに花屋で花束買ってご帰宅。

ジョンウは妻にサプライズなんて普段したことないっていうか初めてだったらしくて、こういうときは
疑えって言うわよ。何か後ろめたいことでも?ってナギョンに聞かれてるし(笑)
オンマからナギョンがアンタの浮気を疑ってるわよって聞いたジョンウは話し合おうとするけど、
ナギョンはその席にはつかず!そっけなくされちゃって~

ウニョンが借りようとしてた部屋はアン秘書が先回りして阻止しちゃうし、ウニョン母は食堂でモメて
辞めちゃって、サウナで働こうかと本気で考えてる様子。

ついに土下座して「ボクが悪かった」といさぎよくナギョンに謝ったジョンウ君。
ネックレスを二つ買ったこと?愛人のために別荘をかったこと?ってナギョンに言われて、
「一時の気の迷いだった、遊びだったんだと」弁解するけど、自分に浮気を悟られるほど注意を払って
いなかったことに腹が立つし、一時のことでも自分にとっては地獄だったというナギョン。
「君を愛してる。全部終わった。二度としないよ」って自分を抱きしめるジョンウに、ナギョンは彼の
浮気を許しちゃったね。(でもナギョンには『不信』っていうしこりが残ったと思う)

ジョンウはまたもやウニョンに電話して、引き返す気はないか?ってきくけど、ないわってそっけなく
答えるウニョンにカチンときたみたい。
そのあとウニョン父を訪ねていき「ソ課長に話しておきたいことが・・・」って言い出して
------------------
第17回
ジョンウはウニョンを説得できるのはあなたしかいないって、父のために結婚をしようとしてるとか
家が競売にかけられちゃったとか話しちゃって「自分のために・・・そんなのダメだ!」ってショック
受けたウニョン父は胸痛を起こして危険な状態に!
ジョンウのズルいところはねぇ・・・自分がソ課長の詐欺の片棒を担いでるのにそれを言わないって
とこだよ!その話をしたらウニョン父も自分は計画的にハメられたんだってわかって気持ちが軽くなる
はずなのに、自分の保身からそれを敢えて言わないところがやなヤツなんだよジョンウってば。
しかもウニョンだってジョンオクが指図したんだってわかればさすがに結婚は踏みとどまるだろうに、
自分も加担してたことを彼女に知られたくないばっかりに白状しなかったとしか思えないんだよ~ 
浅くて悲しい男だよジョンウ君。

かけつけたウニョンはショックを受けるようなことは言わないでって頼んだのに!ってなじるんだけど
「だから警告したじゃないか、結婚を止めるためには何でもするって」って開き直るジョンウ。
話を聞いたら父の具合が悪くなるって予測できたはずなのに、しかも「死んだわけじゃないだろう」
って大事な家族を危険な目にあわせたオトコに「にゃろうっ!」って沸々と怒りが湧いたウニョンは、
ジョンウの目の前でジョンオクになるべく早く結婚したい、もう迷わないって電話を。
やめろっていってるのに反対に結婚を強行するウニョンに声が出ないジョンウ。
(ウニョンを追い詰めるからそんなことになるんだぜぇ 
 あんなに虐げられりゃ快心の一撃くらわしてやろうって思うのが人間だよ)

ナギョンはジョンウが平気な顔して自分を裏切ってたことに今さらながら傷ついてて、つい昔の男?に
電話を・・・だけど電話に出た男はナギョンて気づいてすぐに電話を切ってしまってため息のナギョン。

何で社長はあんなこと言ったのかしらってオンマとボヨンが言ってるところへウニョンがきて、結婚
することにしたと言い出して二人はビックリ。(婚約式逃げ出したのにって思ってるもんね)
父が結婚を知ってかえってしやすくなったって人が変わったみたいに「絶対に結婚する」って宣言を。

ジョンオクに会いにいったあとでシヌが「約束破ったじゃない」って顔するんだけど言い訳できない
ウニョンは理由を説明できないからおいおい恩返しするわって立ち去ります。

ジョンウはナギョンと関係を修復したくて旅行に誘ったりするけどイマイチ乗り気じゃないナギョン。
しかもナギョンはジョンウと距離をおきたくて二日に一度アトリエに通いたいのって言い出だして、
「うんうん、いいよ」って後ろめたいもんだからすぐに賛成するジョンウ。
それでナギョンの傷が癒えるなら安いもんだって思ってるけど夫に抱きしめられても空しい顔してる
彼女の気持ちなんかちっとも理解してないねコイツは。

ジョンウ母はデパート横のサウナの経営者がウニョンの母親だと聞きつけて早速ジョンウたちに報告。
自分がやりたかったって出しゃばってジョンオクに叱られて憤慨してるジョンウ母だし(笑)
そこへジョンオクから電話が入り、来週ヒョンウの結婚式だからってナギョンに手伝うようにと連絡が。
「こりゃデパートまであの女に取られちゃう!」って家族で作戦会議をしようって意気込むジョンウ
母だけど息子はそれ聞いて何も言わずに出て行っちゃいました。

ナギョンは昔の恋人(名前がわかりません)が仕事してるところへわざわざ会いに出かけ、帰国した
ことやすごく会いたかったというんだけど、彼のほうは「会いたくなかった」ってそっけなくて。
(彼の仕事はカメラマンなのかい? ケンカ別れした例の彼だよね?)
そんな態度に負けず、自分はすごく幸せで、夫とはケンカしたことないし、彼はすごく誠実で浮気も
したことないのよって幸せな妻を演じて強がるけど、ふと見せる寂しそうなナギョンの表情に、
彼もそれ以上は冷たくできなくてカフェで彼女の好きな曲をかけてもらって喜ばせたりしちゃいます。
でも「また連絡するわ」っていうナギョンに「もう連絡するな」ってキッパリした態度の彼。
(いや~ん、このドラマで一番のいいオトコじゃないのぉ~ グフフ)

ウニョンはナギョンとウェディングドレスの試着に行き、ウニョンのドレスがナギョンの手直しした
もので、彼女が優秀なデザイナーだったと知ります。
いろいろ自分にしてくれるナギョンにいろんな意味をこめて「感謝してるし、申し訳ないわ」という
ウニョン。(夫の浮気相手は自分だもんね、いやまあウニョンはジョンウに騙されてたんだけど)
このあと二人はジョンウのデパートへ行くんだけど、ナギョンがウニョンと一緒って秘密にしてたから
ウニョン見て固まっちゃうジョンウ(わかり易過ぎ)。
三人で食事にいけばナギョンがあのネックレスしてるもんだからさすがにショックなウニョンは、
彼女が席を立った間に「妻と愛人に同じネックレスを贈るような男なのね」ってジョンウを軽蔑。
表情がこわばるジョンウに家族になるんだからその顔はないんじゃない「お義兄さん」ってからかう
ウニョンに、どこまでやる気だ?ってすごむジョンウに
「まだ始めてもいないわ。あなたを奈落の底まで破滅させてやる」って笑みすら浮かべるウニョン。
結婚したからって何が出来るっていうんだって強がるジョンウだけど、
「私の存在だけでも行き地獄になるはずよ」って言われて絶句するちっちぇえ男ジョンウ。
けどウニョンも家に帰ってさすがに神経戦に疲れた模様。

ウニョンはヒョンウに結婚ってわかる?って聞くとジョンウから教えられた通りに答えるヒョンウ。
(ジョンウは全然守れてないけどね。特に『一生妻を守る』ってとこなんかペナルティでっせ)
「私と結婚してくれる?」ってヒョンウに聞くけど、反応がなくて戸惑うウニョン。
で、結婚したらいつも一緒よって説明してやっと「ありがとう」って言ってくれて嬉しい気分で。
結婚式のリハーサルする二人だけど、シヌはどうしてもこの結婚認められない!って断固反対の姿勢。
だけどそれを聞いたジョンオクが・・・
--------------
第18回
シヌの失礼な態度を叱るジョンオクだけど反抗的なシヌ。ウニョンは誤解は自分で解かないと本当の
家族になれないからと自分に任せて欲しいと頼みます。
この事でジョンオクはジョンウ家族とシヌを緊急に招集して、私がいないときはウニョンが代理を
つとめると思え、だから無礼な態度は許さないと言い渡します。
で、二人がチェジュ島へ新婚旅行に行くから同行してと言われてナギョンは快く快諾するんだけど、
ジョンウが仕事が忙しいからいけませんとちょっと反抗的な態度に出ます。
ジョンオクの機嫌を損ねたらどうなるかわかってるのに結婚には反対ですって出て行く息子に母も
ナギョンも戸惑い気味。
デパートに帰ったジョンウを追いかけてきたナギョンが、それじゃあ私がガイドを兼ねて一人で行くわ
って言うと「行くな!」って声張り上げるジョンウ。
この件に関しては異常にムキになって感情的な夫にかなり困ってるナギョンですが、ジョンオクに
頼まれたし一人で行くわって言うと「好きにしろ!」って感情のセーブが全く出来ないジョンウです。

ウニョンは結婚を明日に控えて前にジョンウと行った公園に行き、亡くなった赤ちゃんにしばらくは
来れないわとしばしの別れの挨拶を・・・

ジョンオクがジョンウのところへ来てソ課長が倒れたのはあなたが原因なのねって言われてドキリと
するジョンウだけど、かえって結婚が早まったから感謝してるっていわれて自分の行動が裏目に出たと
わかってヘコむジョンウ。(自分で首絞めたのよね~)
家の詐欺の件も今回も一番の協力者はお前なのに反対するからには理由があるのね?って聞かれるけど
彼女の過去が気にいらないだけと答え、到底家族として受け入れられないといいます。

「だけど私は過去にお前達母子を受け入れたわ、忘れてないわよね?」
ジョンオクさんスゴイ!ジョンウが一番痛いところを的確に突いてくるわ~(笑)
しかもウニョンを受け入れられないから元に戻るしかないわねって脅すし。
(あんたたち母子を追い出すわよ!ってことですな)
家に帰るとナギョンは旅行についていくつもりで用意してて、夫より会長に従うんだなって皮肉って
言う夫に「私はいつでもあなたが最優先よ」ってとりなすナギョン。
新婚旅行に私一人じゃ淋しく見えない?ってジョンウを誘うけど、行くつもり一切ないジョンウ。

ウニョンはオンマと妹と仲良く残された時間を楽しく過ごしてるんだけど、ウニョン父が意識を取り
戻して病院から抜け出しちゃって・・・家族がマンションに引っ越したと聞いて驚くウニョン父。
オンマは夫が抜け出したことをウニョンの同僚から聞いて娘にはナイショにしててとお願いを。
ちょうど父がオンマたちのいるマンションにきたから慌てて外で話を。それでとうとう明日が結婚式で
家は会長が用意してくれたと白状する妻に、あそこの息子がどんなだかわかってて嫁に出すのかと、
「何で娘を売った?!」って声を荒げるんだけど、仕方なかったのよと家を競売にかけられたし、
あなたは手術しなきゃ死んでた!って苦しかった胸の内を打ち明けるオンマ。
「オレなんか見殺しにすればよかったんだ!」って怒ったアボジはウニョンのところへいこうとする
けど妻が疲れたから楽になりたいって本人が言ってるからこれ以上苦しめないでって懇願して・・・

ジョンオクの家に棒を持って参上!だけど冷静なジョンオクが「お茶でも?」って切り出すと、
彼女の前にひざまづいて
「死ねというなら死にます。会長のいうことならなんでも聞きます。だけど娘だけは渡せません」
と結婚だけはご勘弁を~って泣きながら頼むんだけど、ジョンオクは別に結婚を強要はしてないって
そっけなく答えるんだよね。(ま、そういう風に仕向けたのは事実だけどね)
自分がふがいないのがいけないんだ、お金はどうやってでも返します、後生だから・・・って懇願する
ウニョン父に、前に私も同じ心情で土下座したから気持ちはわかるけどそのお願いは聞けませんって
感情を殺して言うジョンオクに望みが絶たれたウニョン父。
(でもジョンオクは同じ親として彼の気持ちがわかるからさすがに辛そうに見えました)

結婚式当日。ナギョンはウニョンに付き添ってあれこれと世話を焼いてあげます。ジョンウは仕事で
式場で合流することになってたんだけど、ナギョンに何かを家に取りに戻って欲しいと頼んで、自分は
なんとナギョンが出ていったのを見はからってウニョンのところへ。
(ウニョンの脅しがかなり脅威に感じてるみたい グフフ)

ウニョンは迎えの車だって言われて乗り込むんだけど、運転席に座ってるのがジョンウだったから驚き、
慌てて外へ出ようとするけどジョンウは式場へエスコートしに来ただけだとそっけなく言うもんだから
おとなしく従って・・・だけど式場とは違う方向へ車を走らせるジョンウに「どこに行くのよ」って
問いただすウニョン。
「ここまでにしろ、結婚を止めるためなら何でもするって言っただろ」と遂にはウニョンを拉致して
しまう崖っぷちジョンウ。

そのころ式場ではウニョンが来なくてちょっとした騒ぎになっちゃって・・・ジョンウが自分の運転手
にわざと遅れて迎えに行かせたからまたもやウニョンが逃げ出したのかと心配する一同。

ウニョンは「車を止めて、飛び降りるわよ」とジョンウに怒るんだけど
「いい加減にしろ!この結婚は許されない!」って怒鳴り返したジョンウ。(そりゃあんたの都合がね)
君の望みは結婚じゃなくて僕が死ぬことなんだろ?ってこのまま車での無理心中を匂わせるジョンウに、
「いっそのこと飛び降りるわ!」って言い出したウニョンに、一緒に死ぬのもイヤなほど僕のことが
キライか?って興奮して聞くジョンウに「そうよ」って言い切るウニョン。
「やれるものならやってみろっ!」ってそんなこと出来るはずないってタカをくくったジョンウの態度
にカチンときたウニョンはスピードを上げるジョンウに「やってやろうじゃない!」って車のドアを
開けちゃって・・・慌てたジョンウが急ブレーキ!
(結局ね~ そういう破滅を選ぶ度胸もないんだよ、愛してるっていうのも少しはあるかもだけど)
ウニョンはジョンウにひと睨みきかせて車をさっさと降りて・・・ジョンウは追いかけられず。

もうウニョンは来ないんじゃ・・・って皆が思ってたところへ息せき切らしてウニョンが登場。
ヒョンウとウニョンは手をつないで式場に入場し、ジョンウは陰から二人をやりきれない思いで
見つめてて・・・(要所要所で選択を間違えた結果だからしょうがないよ)
---------------------------
第19回
にょーん!にょーん!!ありえへん・・・またしても録画失敗・・・してたみたい(汗)

ふ・・・ふん! どうってことないわ。
9月になったら再放送もスタートすることだし、約200話もあるんだから1回ぐらい見損ねたって
たいして展開進んでないだろうし、どーってことないわ(泣)

あああ・・・観たかった(本音)

次回の予告だけで展開を想像すると・・・
・ジョンウは兄弟の結婚式に参加したくなくて急病で病院にいき、結婚式は出なかった。
 で、死んだ父のお墓にいってたのかな?
 息子の居場所がわからなくて必死に捜してるジョンウ母だけど、翌朝疲れた顔して戻ってきた。

・ウニョンはヒョンウと新婚生活を始めるにあたって部屋のディスプレイとか変えたらしく、
 その環境の変化に戸惑ったヒョンウが「ここは僕の部屋じゃない」と言い出した。
 韓服きたウニョンが初夜で一緒に寝ようとすると「おやすみなさい」とヒョンウに言われた。

・ナギョンは例の男と会ってるけど、男はやり直すつもりないって言いながらナギョンに肩を貸して
 しまってるし・・・

・ジョンオクがジョンウが結婚式に出なかったことに大声で怒鳴り、穏やかなジョンオクしか
 知らなかったウニョンは、ジョンウに対する彼女の態度にめっちゃ驚いた。

こんなとこでしょうか(ふうっ)
ヒョンウは毎日同じ習慣を繰り返して生活してきて、それが狂うと混乱するんだよね。
だから新しい環境になれるには少しずつ根気よくしなきゃいけないんだけど、やっぱ現実を目の当たり
にしてウニョンは先が思いやられたのかな?

ジョンウが虐げられてるのをみてウニョンはちょっとは同情したかしら?
でも何で甥なのにそこまでジョンウにキツくあたるのかはまだ知らないよね?

ジョンウは父のお墓に行ってジョンオクへの復讐の気持ちがウニョンの登場によって揺らぐのを怖れて
もう一度憎しみを募らせにでも行ってたのかしら?
でもそんな環境がイヤで父親が生きているときに家を飛び出してるジョンウ君。
父が死んだのはジョンオクのせいかもしれないけど、父を家を見捨てたのは自分なんだよね~
自責の念があるから復讐して父親に許してもらうつもりかもしれないけど、なんかジョンオクに責任を
転嫁してる気がしてしょうがないです。
------------------
第20回
うーーん。ジョンオクはジョンウが詫びに来た瞬間に「何やってるの!」って怒っちゃって、それを
みたウニョンがビックリしてたんですね。
それに気づいたジョンオクが書斎にいって、お前がこなかったせいで新婚旅行がつぶれたわ。何を
考えてるのよっていうんですが、ジョンウはいろいろ考えて意固地になってたと素直に謝り、今後は
こんなことしないと約束し、会長が前からいってたように常務に仕事を任せて当分謹慎しますと殊勝な
ことを言います。
即効で「本心かしら?」って怪しまれてる(笑)けど、チャンスを下さいとお願いしてウニョンにも
謝罪するつもりのジョンウ。
でもジョンオクはすぐに電話で「しばらくジョンウの周囲を見張って」って指示してました。
そんな急に態度変えたら怪しまれるのはとーぜんですってば。

ウニョンはさっきの二人の様子が気になっちゃってボヤンとしてたんですが、あとでジョンウが人が
変わったみたいに表向きは穏やかに「今までいろいろとすみませんでした」って失礼な態度を詫びる
もんだから余計に彼に何があったのか知りたくなっちゃったみたい。
(あれほど愛した男を急に関心がないフリも出来ないね)

ジョンオクから二人で実家に挨拶に行ってきなさいといわれて、ウニョンはそうするには時期が早い
と気が進まないのに、早く行って結婚のことを叱られて関係を修復しなさいと気を利かせたつもり。

ジョンウ母は息子と衝突したみたいで寝込んでて、ついナギョンに彼が1年ほど家出してたことを
ポロリとバラしちゃった。(口が軽いオモニだよ)
で、息子が家に帰ってきて義姉にはすでに謝罪してきたと知って途端に元気になる現金なオンマ。
ジョンウはナギョンにも謝って、これからはいい夫になると心から言うんだけど・・・すでに彼女の
心は夫から離れてて、昔の男からのメールで「メシを作ってくれ」っておねだりメールにウキウキ
してました。(メールはちゃんと削除してたね。今のところは冷静だわ)

ジョンウは従順なフリしてジョンオクへの復讐の機会を狙うつもりらしく、例の業務提携の話を極秘
ですすめてて、後輩に協力して欲しいとお願いします。
「ある人をオレの前で跪かせること、会社を最高の企業にすること。その頂上にはオレがいる」
って目標を語って・・・殺伐としてますねって素直な感想を述べる後輩だけど彼に協力するみたい。
(ジョンオクは情にかられて跪くことはあっても、敗北の土下座はしないと思うよ、多分)

ウニョンが車を運転できるのでジョンオクは外車をプレゼントするんだけど身の丈にあわないって
思ったウニョンは実家へはバスでいくことにし、その外車を羨ましがるシヌに貸してあげます。
喜んだフリしてお手伝いさんにその車をあげようとするシヌをとがめるウニョンに、
「これでわかった?この家であなたが得たものはあなたのものじゃない、好き勝手しないで」
って屈辱的なやりかたでウニョンの存在を認めないことをアピール。

ナギョンは男(チョ・ミンジェって名前だわ)の部屋に行き、寝てる彼を起こそうとしてベッドの
上でじゃれあって・・・お互いに意識しちゃった。
夕食を一緒にって楽しく準備してたのに、ジョンウからの電話で外食することになり、後ろ髪引か
れる思いでミンジェの部屋を出るナギョン。ミンジェもしょうがないよって言いながら淋しそう。

人の車を勝手に乗り回して経歴詐称して女をくどいてるヤツがいるな~と思ったらボヨンの元夫!
偶然にもボヨンがお見合いの相手と歩いてるところを見かけて「あいつ浮気か?」っていってたけど
どっくに離婚してるのに何勝手なこと言ってんだか。

ウニョンとヒョンウは彼女の実家へ行くんだけど・・・お父さんは退院して自宅療養してるのね。
娘が結婚のことを謝ると可愛い娘のことだからそれはすぐに許してくれたんだけど・・・
もともとすごく厳格な父だったもんだから、ヒョンウが食事のときに好き嫌いすることにイラッと
して、食後にお茶を飲もうとしてるのに「ビール持ってこい!」ってみんなが止めるのも聞かずに、
ヒョンウにお酒を注がせようとします。
みかねたウニョンが手伝うんだけど、ものすごい目線で睨みつけてくるからヒョンウは緊張して
ビールをこぼしちゃって・・・なのにコップを替えて「もう一度」って要求する父に、家族が
ハラハラして「お婿さんが緊張してるわ」ってとりなすんだけど、聞く耳もたない父は
「もう一度!」ってますます大声で恫喝しちゃって・・・

<つづく>

一緒にこのドラマをチラ見してたダンナはジョンオクさんが怒鳴った瞬間すくんでました。
「韓国ドラマこえぇ・・・」だって(笑)
ジョンオクさんは普段声量を絞ってるから、怒鳴るともっすごい迫力よねぇ~

それにしても回を追うごとにジョンウの保身に走るセコさ加減がヒートアップしますなぁ。
彼ってチュートリアルの福田さんと東幹久を足して割ったような顔してません?
ま、ありがちな顔って感じですなぁ(毒舌)

シヌはジョンオクの関心を得てるウニョンが疎ましいのかな?ヒョンウと張り合ったって向こうが
自分に関心がないから苛め甲斐がないってんでウニョンをいびってる感じ。
感情的にこない分嫌がらせが染みるわ~ さすがはジョンオクさんの娘だね(笑)

ウニョン父はね~ 困ったもんです(笑)
ジョンオクへの腹いせのつもりか、もしくは子供たちにしてたみたいに厳しくしつけようとしたらしい
んだけど・・・障害のある人だってわかってるのに無理強いして、ブルブル震えてるのに態度を
和らげようとしないところは単なるイジメですよ。
娘がこんな男と・・・って腹が立つのもわかるけど、あの運転手だってウニョンを捨てておまけに
愛人にしようとしてたんですぜ~(知らぬはオヤジばかりなり)
第53回
「だーるまさんがころんだ」って言いながらガンジェを待つハヌルだけどなかなかきてくれないし、
自分の周囲に人が集まってきてバカにされるので泣き出しちゃった。
エリは「青春を共有した仲じゃない」と一緒に飲みにいこうと誘うけど、ガンジェは未練も
ないみたいでそっけなく断ります。(でもエリはまだ自分に執着があると思い込んでるめでたい女)
ハヌルのところへ駆けつけたガンジェだけど、エリが二人を見つけて妹の復讐のために意図的に
ハヌルに近づいたんじゃ?ってあてこすります。
世の中みんなお前みたいな人ばっかりじゃないと否定するガンジェですが・・・面白そうな展開に
ニヤリと笑って去っていくエリ。

社長室でソヒ(ウンジェ)からもらった絵をニヤニヤしながらみてたギョビンですが、決裁をもらい
にきたゴヌがその絵を見つけて嫉妬の炎メラメラでわざとコーヒーをこぼして絵を台無しに。
それに腹を立てたギョビンがゴヌを殴って、ちょうど会長が入ってきたもんだから
「部下にまで手を上げるとは!」ってめっちゃ怒ってました。

ウンジェ父はラジオの歌謡大会があると息子から聞いて出る気マンマン。
優勝して商品のキムチ冷蔵庫をゲットする!と鼻息も荒い(笑)

ソヒはサロンで客がベラ(エリ)に貸したお金が返ってこないというのを聞いて、他にも何人かそう
いう人がいるってことを聞きつけます。エリは利子が払えないほど逼迫してて秘書にやつあたり。
秘書の報告でソヒが社長の実の娘だってわかって納得はしたみたいだけど、ウンジェと同じ顔なんて
不吉で気分悪いわとかなり目障りな存在。
エリはギョビンに利子だけでも融通してとお願いするけど、部屋を締め出したことを謝罪するまで
金は渡さないと強気な姿勢のギョビン。(ここで手綱を締めておこうってことね)

ゴヌは家に帰ってギョビンに殴られたキズをウンジェに手当てしてもらうけど、何気に彼女の手を
握ったりするもんだからミン女史が警戒する目つきで見てました。(愛に素直な男だねぇ)

ハヌルはウンジェの実家にクマのぬいぐるみを忘れちゃってガンジェが渋々届けに行くんですが、
帰りにハヌルがガンジェのほっぺにキスするのをエリがたまたま見ちゃって・・・叔母様に手を出し
たら舅が黙ってないわよと警告するんだけど、そんなつもりはないガンジェは聞き流してて・・・

ギョビンは着替えを持って家出をし、そのことで姑からギャアギャア言われてるエリ。
で、会社にいるってソヒに電話したらお弁当を持ってきてくれて有頂天のギョビンだけど、ソヒは
秘書のフリしてエリに会社に夫を迎えにくるよう電話してて・・・キスされそうになってちょっと
待って!と逃げ出したウンジェは入れ替わりにエリが来るのをみて浮気の痕跡を残していったから
エリとギョビンは大喧嘩。
あなたの運命は私が握ってるんだから!ってウンジェが死んだときのことで脅迫すれば、ギョビンも
負けじと「好きにしろよ!だが忘れるな、オレはニノの父親だぞ。子供を不幸にする気か?」と
エリの一番の泣き所をついてきて二人はお互い睨みあいのこう着状態に。

エリは姑にギョビンがまた浮気したと泣きついたけど・・・そんなに助けにはならないよね(笑)
結局ギョビンはエリにお金を貸してあげたみたい、でもウンジェはエリにお金を貸した人たちから
借用書を買い取っていずれはベラを手に入れたいとミン女史に相談し、お金を融通してもらいます。
(直接弱みが握れるわけだもんね)

ウンジェ父は娘のためにってラジオ番組で歌い、ちょうどラジオを聞いてたソヒがその歌を聴いて
家族のことが懐かしくなって号泣。
ゴヌがそんなソヒの涙をキスでぬぐって、「君のことが好きになったみたいだ」と言い出し・・・
------------------
第54回
ウンジェはもう愛なんて信用するほど純情じゃないっていうんだけど、ウンジェの心の傷ごと受け
止めるからっていうゴヌに、「あなたは私の兄だし、家族だから絶対ダメ」って拒絶するウンジェ。
(本物のソヒのときと逆パターンですなぁ)

エリはお金を借りた人から借用書を別人に渡したって言われてもあんまり気にしてなくて、今は夫との
関係修復を最優先しようと食事に誘い、せっかくいろいろ苦労して夫婦になったんだからと言うけど
看護婦との攻防のときに、自分の人生をエリがお金を惜しんだために破滅させられそうになった
ギョビンは今でも恨んでてネチネチとそのことをいいます。だけどエリが下手に出るからコロリと
機嫌が直ったギョビン。(まあ・・・操縦しやすい男だこと)
実はゴヌとソヒもギョビンたちと偶然同じお店で食事をしてて、エリとソヒが、ギョビンとゴヌが
それぞれ出会って火花を散らし、あとでソヒとギョビンがいるところへエリが来て初対面の二人を
紹介します。(初対面じゃないけどね)
ギョビンはソヒがエリのライバルサロンの娘だと知ってちょっと驚くけど、エリは夫がウンジェに
似てるから驚いてるんだと思ったみたい。あとで(あんな妻じゃ)ギョビンさんが気の毒と彼の心を
くすぐるようなことをいうソヒにまんざらじゃないギョビン。

ミン女史はウンジェにゴヌが養子だということを告白し、娘ソヒはゴヌが原因で死んだと話します。
詳しい理由は話さないミン女史だけど、ウンジェは気になるよね~

エリは姑の機嫌をとってギョビンの浮気を防止してくれるように頼むけど、息子の浮気が直ったこと
なんてないから諦めて、あなたが賢く立ち回れば?とつれない返事。
で、エリはお化粧して部屋のインテリアもかえて夫の帰りを待ってご機嫌取りするんだけど、何と
ギョビンはソヒが子供にと買ってくれたプレゼントをそのままエリに渡し、開けてみると全部女の子
用のおもちゃや服だったのでエリはオンナが買ったのね!と怒りもあらわにしてブチ切れ。
ギョビンはヘタな言い訳しながら逃げて、紙袋の中にあったメッセージから相手のオンナがただの浮気
じゃなくて恋愛してるようだとわかったエリは『天使』と名乗るその女の首をへし折ってやる!と
夫の服を調べ始めて彼女に指輪まで買い与えてる事実を掴みます。

ミン女史はゴヌ名義でチョンジ建設の株を買おうとしてて、その資料を会社までもらいにいき義父と
バッタリ出会います。なぜ自分から娘を奪ったのかと聞くミン女史に、もう過ぎたことだからと詳しく
言わないチョン・ハジョに水をぶっかけて、子供を奪われた恨みは絶対晴らす!と宣言したミン女史。

ギョビンはゴヌが資材の購入先を変えたのでカンカンだけど、会長も許可したと聞いてビックリ。
だけどその購入先がウンジェの家族が関わってると知らないのはギョビンだけなのね。

急にエリの店に客が来て不思議に思ってたらソヒの差し金でカチンときたエリだけど、ベラが儲かった
ほうが私にも都合がいいというソヒの言葉に何か察して・・・
しめしめって顔して電話切ったソヒだけど、社長に会いにきたウンジェ母と一緒についてきちゃった
ハヌルが店に来たから万事休す!
---------------
第55回
ニアミスしたけど何とか切り抜けたソヒ・・・のはずがハヌルがサロンの中をウロチョロしたせいで
ソヒがちょっと外してた腕時計を見つけ(オンマが買ってあげた時計)、ソヒを見つけてビックリ。
娘だとすぐにわかり「生きてたのね!お葬式まで出したのに」っていいながら泣きじゃくる母に、
うろたえたソヒだけどすぐに表情を変えずに「人違いです」って言って逃げちゃって・・・
(人違いなら逃げなくてもいいじゃんね~ いかにも怪しいです)
騒ぎを聞きつけたミン女史にも「人違いよ。死んだ人が生き返ってくるはずないわ」って言われるけど
店の外まで追いかけて娘を見失ってヘタリ込むウンジェ母。(ハヌルも一緒に泣いてました)
家に帰ったウンジェ母は娘が生きてたと言うんだけど、他人の空似だろうと信じてくれなくて・・・
「絶対ウンジェよ~」って泣き崩れちゃうウンジェ母。

ソヒはあとでミン女史から実はヘルパーとしてきてもらってて、その後も縁が続いてたけど動揺する
から黙ってたと打ち明けます。ソヒは母が社長からよくしてもらってたと聞いてたからミン女史に感謝
してるんだけど久しぶりに会った母が老け込んでたから復讐する決心がグラついちゃって・・・
そんなソヒに「元に戻る?」ってミン女史が聞くんだけど、捨て身で復讐する自分のことを母はきっと
止めるはずだから今はあえないというソヒ。

ソヒはギョビンがエリの夫だと知ったからもう会わないわと焦らす作戦に出て、それに釣られた単純な
ギョビンはソヒの店の前まできてなんでだ?って問い詰めます。既婚者なのは承知してたけど相手が
問題よって言われて、自分がフラれるのは業界で評判が悪いエリのせいだと思い込んだギョビン。
エリはその頃ギョビンのところに行ってて、秘書が夫を迎えに来るよう電話しなかったことや、夫が
秘書に手袋をマフラーを買いに行かせたことを知って、お互いに「あいつゥ~!!」て苦々しく
思ってて・・・ある意味気があう二人(笑)

義母は最近ハヌルと夫が一緒に出かけることが多いのでハヌルに探りを入れるけど案の定有力な
手がかりは得られず(ウンジェの実家に行ってることは夫が言ってないのね)。
考えてみれば義母だけ何にも知らないで蚊帳の外なんだよね~(あんな面白いキャラなのに)

ギョビンを疑うエリは資材の件で電話してきた夫の友人の電話にまで疑いをかける始末。だけどその
資材の件でギョビンがゴヌに電話をかけて交渉しようとして、彼がバーにいることを盗み聞きした
ソヒは先回りして酔ったフリを演出してギョビンを待ち、彼を泥酔させます。
で、バーへ迎えにいったエリはギョビンがオンナと一緒だったと知って気色ばむんだけど、その女が
名刺を(わざと)残していったときいて見てみるとなんと「ミン・ソヒ」だった!
怒りに震えるエリは・・・(ギョビンはソファでグウグウ寝てるよ、幸せだねぇ)
------------
第56回
ミン女史はゴヌにミンギョン(元婚約者)との交際をもう一度してみない?というけど、ゴヌはソヒ
が好きだからつきあうつもりはなくて・・・だけどソヒは「オンマが仲をとりもってあげて」と
後押しします。

エリは舅に夫が浮気してるからと泣きついて何とかしてもらおうとするけど、ギョビンあてに「M」
と書いた化粧品が届いて一気に頭に血が上ったエリは舅の前で大声で夫を罵倒したもんだから、
「舅の前で怒鳴る嫁も浮気する夫も同罪だからでてけーっ」と怒鳴られてしまいます。
ベラのサロンに、ミンのサロンからサンプル化粧品が届き、それにも「M」の文字があるのを見たエリ
はギョビンの浮気相手がミン・ソヒだと確信してソヒのサロンに行き、備品を壊して暴れて人のモノに
手をだして!と怒るんだけど、浮気の証拠はないわけで・・・姦通罪で訴えることもできず、屈辱を
味わっただけでソヒに報復もできず帰るという惨めな状態に。
(泥酔してたギョビンの飲食費を同じ業界のダンナ様だから払ってあげたって既成事実だもんね)

ウンジェ母はあれから食欲をなくしてふさぎ込み、夫に頼んでミン社長のサロンに連れていって欲しい
と頼みます。
ガンジェとハヌルは一緒にすいとん作りながらなにやらいい雰囲気?しかも隙をついてハヌルは
なんとガンジェにキスしちゃうし(笑)

ギョビンはミン社長から奥さんが店に来て暴れまわって備品を壊したって苦情の電話をもらって、
恥ずかしい思いをしたギョビンはエリのサロンへ行って、夫の立場を考えろ!と怒るんだけど、夫に
すぐに言いつけたのね!と逆にまた怒り出すエリ。
「あの女はウンジェに似て癇に障るからもう近づかないで、これは警告よ!」って言われてもそんな
もん素直に従うギョビンじゃないって(笑)
ともかくミン社長に謝罪に行ってくるっていうすごーく立派な口実をもらったギョビンでした(笑)。
(エリは全然思い通りに行かなくて髪の毛かきむしってキーキーしてました)

サロンの前で娘を捜すウンジェ母と付き添う父。それをゴヌが見つけて優しい態度で接して好印象を。
(ウンジェの両親だもんね、そりゃ大切に扱うわよ。)
ウンジェ両親が帰ったあとで、嫁のライバルサロンなのに友人に誘われた義母がやってきて、それを
追いかけるようにギョビンも店にやってきます。
ミン社長に謝ったあとでソヒと話をしようとするギョビンだけど、あの奥さんじゃこっちが痛い目に
あうわとソヒに捨てられそうになり慌てるギョビン。

ソヒは義母が客として来店しているのに気づいて近づき、ウンジェとソックリなソヒに驚く義母を
ニヤリと見てて・・・初対面のフリをして話をし、ベラのエリもウンジェって人と似てると言って
たわと言い、二人が顔見知りであることを義母に話し、動揺して逃げるように帰る義母。
ソヒはすかさずエリにも電話して姑さんがこっちの店にきたわよと皮肉を言い、エリを煽ります。

ハヌルは昼寝してるガンジェに寄り添って一緒に寝ちゃって、家に帰ってきた両親はそれを見て驚き、
慌ててガンジェを起こします。掃除してつかれて寝ただけのに「エリへの当て付けか?恋愛感情か?」
って両親に聞かれて困っちゃうガンジェでした~
だけどこのことが後で大騒ぎになりそうな・・・
だって家に帰ったハヌルが「赤ちゃんてどうやったらできるの?」って義母に聞いて、困った義母は
「手をつないで一緒に寝たらできるのよ」ってメルヘンなことを言ったもんだから今日のことを思い
出したハヌルは「赤ちゃんが出来た!」って思い込んだのかも・・・

ミンギョンを夕食に誘ったのに、ゴヌがそれを断って・・・オンマに聞かれたゴヌは、
「僕の心には他の女性がいる・・・ごめん、僕はソヒさんが好きだ」
って言い出して・・・いきなり自分の手をとるゴヌに驚くソヒ。

<つづく>

中盤にさしかかりこのドラマを見る気分が下降気味。
っていうか『白い嘘』が面白くなっちゃって、そっちに興味が移ったのが本音(笑)
『妻の誘惑』はギョビンとエリへの復讐が始まるころから面白くなったけど、最近はずっとエリが
負けっぱなしなのでなんだかつまらない展開です。
やられたらやり返すエリなのにねぇ(笑)先週の看護婦との攻防は面白かったけどね。

ウンジェに至っては報復してもちっとも幸せじゃないし、憎い夫を誘惑するのがそんなにイヤなら
他の女がギョビンに近づくように仕向けりゃいいのにねぇ(ため息)

ゴヌはねぇ・・・困ったちゃんですね(笑)
またもやゴヌの恋愛がらみでソヒとミン女史がうまくいかなくなるのでは?と心配しますよ。
かりそめとはいえ家族として生活してるんだからそれはNGでしょ~実の妹じゃないから大丈夫って
どっかで聞いたセリフを来週言わないでくれるのを祈るのみ(なむなむ)